移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

原作+映画「聲の形」聖地巡礼まとめ (1:大垣市内紹介)

新規投稿 2018/06/25・最終更新 2020/07/21

今回は岐阜県大垣市が主な舞台である「聲の形」の聖地スポット紹介記事となります。

f:id:nichinichisou0808:20200330190756j:plain

※劇場配布特典「Special Book」/ 劇画配布公開前フライヤーより

本記事内の全ての情報・写真が正確とは限りません。また掲載資料は作中近似写真を選出しております(記録期間2016-2020)

本記事では聖地巡礼(舞台探訪)にて撮影した写真との比較・検証のため、『映画「聲の形」』の本編より一部を引用させていただいております

引用画像の著作権は大今良時氏、講談社、映画聲の形製作委員会に帰属していることを明示させていただきます

 

はじめに

本記事では原作版「聲の形」と「映画 聲の形」の聖地スポットについて、網羅的にご紹介することを目的としております。

主に記事ボリュームの関係から、本記事は「大垣市内」「大垣市外」「聲の形 資料」の3部構成となっております。

「1.大垣市内の聖地スポット紹介」 (当該記事です) 

「2.大垣市外の聖地スポット紹介」 (以下リンクより)

原作+映画「聲の形」聖地巡礼まとめ (2 : 大垣市外紹介)

「3.大垣市街地など「聲の形」掲示物紹介」 (以下リンクより)

原作+映画「聲の形」聖地巡礼まとめ (3 : 関連掲示物紹介)

次項より1:大垣市内の聖地紹介となります

 

大垣市総合福祉会館

■「大垣市総合福祉会館」の情報

本作品は桜が満開となった四季の広場から物語が進むため、初夏の他に桜満開の写真もご紹介します。 

聖地情報

【出典】原作・映画

【作中名称】なし

【住所】大垣市馬場町124

【アクセス】大垣駅南口より徒歩20分、西大垣駅より徒歩15分

■「大垣市総合福祉会館」の写真

1.四季の広場から見た総合福祉会館f:id:nichinichisou0808:20200720222722j:image

2.総合福祉会館 正面玄関 -(映画)美也子が西宮家謝罪後に将也を諭すシーンです。f:id:nichinichisou0808:20200331022125j:image

3.【参考】総合福祉会館 正面玄関施設名称f:id:nichinichisou0808:20200719040951j:plain

4.総合福祉会館 館内1F -(原作)将也が福祉会館に入館時のカットに近いです。f:id:nichinichisou0808:20200709010002j:plain

5.【参考】総合福祉会館 館内1F〜2F階段f:id:nichinichisou0808:20200709005957j:plain

6. 総合福祉会館 館内2F -(映画)硝子の夢に出てくる、少年の将也が居る場所です。f:id:nichinichisou0808:20200709003053j:plain

7.総合福祉会館 館内2F吹抜 -(映画)将也が福祉会館に入館してくるカットです。f:id:nichinichisou0808:20200708232734j:plain

8.総合福祉会館 館内2F吹抜付近 -(映画)3Fから逃げてきた硝子は手摺部分に身を隠します。f:id:nichinichisou0808:20190712232357j:image

9. 総合福祉会館 館内2F吹抜付近 -将也と硝子が向き合い手話で会話をするシーンです。f:id:nichinichisou0808:20190924084006j:image

f:id:nichinichisou0808:20200720091921j:plain

10. 総合福祉会館 館内2〜3F階段 -将也を認識した硝子が逃げ降りていく階段です。f:id:nichinichisou0808:20200709003057j:plain

11. 総合福祉会館 館内3F -右側奥2番目の引戸から高校生の硝子が退出してきます。f:id:nichinichisou0808:20200330105941j:image

12.総合福祉会館 館内3F -手話サークルの部屋を退出してきた硝子を呼び止めます。(他)f:id:nichinichisou0808:20200401042132j:image

13.館内3F北バルコニー -(映画)結弦と永束が北バルコニーにいる時のシーンです。f:id:nichinichisou0808:20190924085748j:image

15. 3F北バルコニー -(映画)結弦と永束が美登鯉橋上の将也達を見ています。f:id:nichinichisou0808:20190731204036j:image

16. 【参考】3F北バルコニー 四季の広場と大垣市街地を望む (2018)f:id:nichinichisou0808:20190924090044j:image

17. 桜満開時期の福祉会館周辺 -(原作)将也が対岸より福祉会館を見つめています。f:id:nichinichisou0808:20200720134408j:image

18. 館内2F,3F北バルコニー -(映画)桜満開の時期(2017年)です。


f:id:nichinichisou0808:20200720134020j:image

f:id:nichinichisou0808:20200720134017j:image

19. 3F北バルコニー -(映画)四季の広場と大垣市街地を望む (2018)f:id:nichinichisou0808:20200720134411j:image

20. 総合福祉会館 2F/3F北バルコニー -(映画)作中と違い美登橋は桜に隠れて見えません。 

f:id:nichinichisou0808:20200720091927j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720083705j:plain

■比較用 本編レイアウト

(左)写真8.参考 / (右)写真11.参考


f:id:nichinichisou0808:20200719161816j:image

f:id:nichinichisou0808:20200719161809j:image

(左)写真10.参考 / (右)写真8.参考


f:id:nichinichisou0808:20200719161916j:image

f:id:nichinichisou0808:20200719161913j:image

(左)写真9.参考 / (右)写真6.参考

f:id:nichinichisou0808:20200719135647j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720100341j:plain

(左)写真13,18.参考 / (右)写真20.参考 

f:id:nichinichisou0808:20200719161946j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720100335j:plain

(左)写真2.参考 / (右)写真6.参考 

f:id:nichinichisou0808:20200720100337j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720104458j:plain

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「大垣市総合福祉会館」位置情報

 

美登鯉橋

■「美登鯉橋」の情報

本作品における美登鯉橋とは、特別な場所であると考えます。初夏の他にも作中描かれた桜満開、桜散り始め、夜間(夏季)の写真も併せてご紹介します。  

聖地情報

【出典】原作・映画

【作中名称】原作:なし("小さな橋"表記のみ) / 映画:水門橋

【住所】大垣市西外側町二丁目

【アクセス】大垣駅南口より徒歩17分、西大垣駅より徒歩12分

■「美登鯉橋」の写真

美登鯉橋 橋全景f:id:nichinichisou0808:20200719110140j:plain

美登鯉橋 美登鯉橋から見る四季の広場f:id:nichinichisou0808:20200719110146j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200719110136j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720134645j:plain

美登鯉橋 水門川沿いより -将也と硝子が水門川に潜ってノートを捜索していた近辺です。f:id:nichinichisou0808:20200719110153j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200719110157j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720224558j:image

美登鯉橋 橋下(西)f:id:nichinichisou0808:20200719034839j:plain

美登鯉橋 全景(南西)f:id:nichinichisou0808:20200719110128j:plain

美登鯉橋 全景(南東)f:id:nichinichisou0808:20200719110143j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200719110201j:plain

美登鯉橋 全景(南)f:id:nichinichisou0808:20200719110150j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720092221j:plain

【参考】美登鯉橋 桜満開時f:id:nichinichisou0808:20200720093548j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720093552j:plain

美登鯉橋 桜満開時 -(映画)f:id:nichinichisou0808:20200720083634j:plain

美登鯉橋 桜満開時 -(映画)f:id:nichinichisou0808:20200720083642j:plain

美登鯉橋 桜満開時 -(映画)

f:id:nichinichisou0808:20200720100429j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720071116j:plain

美登鯉橋 桜散り始め -(映画)f:id:nichinichisou0808:20200720083627j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720083649j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720083654j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720083700j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720083646j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720083624j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720083657j:plain

美登鯉橋 夏季夜 -(映画)f:id:nichinichisou0808:20200720085534j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720091718j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720085527j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720085515j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720085510j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200720085523j:plain

■比較用 本編レイアウト

(左)写真.参考 / (右)写真.参考

f:id:nichinichisou0808:20200720104447j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720135528j:plain

(左)写真.参考 / (右)写真.参考

f:id:nichinichisou0808:20200720135525j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720135531j:plain

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「美登鯉橋」位置情報

 

四季の広場

 ■「四季の広場」の情報

四季の広場は「滝のカーテン」「虹の橋」「東屋」など作中スポットだけでなく、美登鯉橋も内包しており、福祉会館とも隣接をしている聖地スポット集合体です。今後の記事更新時には、初夏日中に桜満開・夏季夜写真を追加予定です。

聖地情報

【出典】原作・映画

【作中名称】原作:なし / 映画:なし

【住所】大垣市馬場町

【アクセス】大垣駅南口より徒歩17分、西大垣駅より徒歩12分

■「四季の広場」の写真

1.【参考】四季の広場 虹の橋から四季の広場全景 (西方向)f:id:nichinichisou0808:20200102191255j:plain

2.四季の広場 美登鯉橋から見た四季の広場全景 (東方向)f:id:nichinichisou0808:20200102134758j:image

3. 四季の広場 東屋f:id:nichinichisou0808:20200720223609j:image

4. 四季の広場 滝のトンネルf:id:nichinichisou0808:20200720222919j:image

f:id:nichinichisou0808:20200720223021j:image

f:id:nichinichisou0808:20200720223430j:image
f:id:nichinichisou0808:20200720223422j:image
f:id:nichinichisou0808:20200720223427j:image

5.四季の広場 四季の路から見る対岸大時計f:id:nichinichisou0808:20200330152202j:plain

四季の広場 虹の橋 (南側)f:id:nichinichisou0808:20200108201252j:image

ハーピアンf:id:nichinichisou0808:20200719035502j:plain

四季の広場 虹の橋 (北側)f:id:nichinichisou0808:20190914033405j:image

6.四季の広場 水上ステージから見る滝のトンネル他f:id:nichinichisou0808:20190924073600j:image

四季の広場 自噴水モニュメント付近f:id:nichinichisou0808:20190924090751j:image

■比較用 本編レイアウト

(左)写真.参考 / (右)写真4.参考

f:id:nichinichisou0808:20200720140809j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720141315j:plain

(左)写真4.参考 / (右)写真4.参考 

f:id:nichinichisou0808:20200720141312j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720141235j:plain

(左)写真4.参考 / (右)写真5.参考 

f:id:nichinichisou0808:20200720140812j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720141238j:plain

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「四季の広場」位置情報

 

四季の路 (清水橋~住吉橋) 

■「四季の路」の情報

【情報整理中】  

聖地情報

【出典】原作・映画

【作中名称】原作:なし / 映画:なし

【住所】大垣市丸の内二丁目~船町

【アクセス】大垣駅南口より徒歩15分、西大垣駅より徒歩10分

■「四季の路」の写真

四季の路 清水橋付近f:id:nichinichisou0808:20200105070153j:image

四季の路 竹橋付近f:id:nichinichisou0808:20200105070201j:image

四季の路 竹橋~俵橋間f:id:nichinichisou0808:20200105070157j:image

四季の路 俵橋付近f:id:nichinichisou0808:20200105070209j:image

f:id:nichinichisou0808:20200330113518j:plain

総合福祉会館 北側f:id:nichinichisou0808:20200719040948j:plain

滝のトンネル付近f:id:nichinichisou0808:20200720223843j:image

【参考】四季の路の終点付近f:id:nichinichisou0808:20200330092039j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200330164627j:plain

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「四季の路」位置情報① (清水橋付近)

■「四季の路」位置情報② (住吉橋付近)

 

大垣市役所周辺

■「大垣市役所周辺」の情報  

大垣市役所周辺は映画版の聖地スポットが集まっています。

(大垣市役所 旧本庁舎)西宮邸の入居するマンションが建っています。

(西外側橋)将也が八重子にビンタをもらう橋です。

(竹橋)西外側橋の奥に描かれている橋です。

(水門川 西外側橋南)硝子を助けた将也が落下する地点です。

作中ではすべて夜のシーンであったため、今後の記事更新時には、夜の写真を追加予定です。

聖地情報

【出典】映画

【作中名称】なし

【住所】大垣市丸の内二丁目

【アクセス】大垣駅南口より徒歩15分、西大垣駅より徒歩10分

■「大垣市役所旧庁舎周辺」の写真

【参考】大垣市役所旧庁舎 正面玄関 (東) f:id:nichinichisou0808:20200330153524j:plain

【参考】大垣市役所旧庁舎 (西) f:id:nichinichisou0808:20190124225817j:image

【参考】大垣市役所旧庁舎 旧庁舎(左)と水門川に架かる西外側橋f:id:nichinichisou0808:20190727014149j:image

■「西外側橋周辺」の情報

深夜に自宅付近まで送ってもらった結弦が、将也に手話で「硝子の妹」と告白をします。そして直後、西宮(母)から良いビンタを喰らいます。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅より徒歩15分、西大垣駅より徒歩10分

 【住所】大垣市丸の内二丁目

 【出典】映画

 【備考】周辺環境に変化あり

■「西外側橋周辺」の写真

西外側橋 清水橋から見た西外側橋 (北)f:id:nichinichisou0808:20200402010938j:image

西外側橋 四季の路から見た西外側橋全景 (北西)f:id:nichinichisou0808:20200402010934j:image

西外側橋 橋上西側から対岸を見るf:id:nichinichisou0808:20200330045911j:image

西外側橋 橋上東側から対岸を見るf:id:nichinichisou0808:20200330045908j:plain

■「竹橋」の情報

映画作中、深夜の西外側橋上にて、西宮(母)が将也にビンタをお見舞いする直前の背景に描かれいます。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅より徒歩0分

 【住所】大垣市高屋町一丁目

 【出典】映画

 【備考】周辺環境に変化あり

■「竹橋」の写真

竹橋 竹橋全景 (南側)f:id:nichinichisou0808:20200402010730j:image

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

 

■「大垣市役所周辺」(旧本庁舎付近)位置情報

■「大垣市役所周辺」(西外側橋)位置情報

「大垣市役所周辺」(竹橋)位置情報

 

大垣公園

■「大垣公園」の情報

謹慎中の将也が姪のマリアを遊具で遊ばせたり、家出をした結弦が遊具の中で一晩過ごすなど、公園北側は登場頻度が高いのではないでしょうか。

さらに映画作中では、遊具付近以外にも公園南側の芝生広場や噴水が描かれたシーンもあります。

聖地情報

【出典】原作・映画

【作中名称】原作:なし / 映画:なし

【住所】大垣市郭町二丁目

【アクセス】大垣駅南口より徒歩10分、西大垣駅より徒歩15分

■「大垣公園」の写真

大垣公園 園内中央から見る遊具全般f:id:nichinichisou0808:20200330181201j:plain

大垣公園 東屋と複合遊具 (北東)f:id:nichinichisou0808:20200330181240j:plain

大垣公園 別の東屋と複合遊具 (南東)f:id:nichinichisou0808:20200330090839j:image

大垣公園 園内南から見る芝生広場全景f:id:nichinichisou0808:20200330105953j:plain

大垣公園 芝生広場中央の噴水f:id:nichinichisou0808:20200719034938j:plain

大垣公園 南東側公園入口f:id:nichinichisou0808:20200330105956j:plain

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「大垣公園」位置情報

 

西公園

 ■「西公園」の情報

原作版第36話「欲しかったもの」にて、映画制作に夢中な永束が将也にエキストラの少年達を紹介する場所です。

聖地情報

【出典】原作

【作中名称】なし

【住所】大垣市日の出町二丁目

【アクセス】大垣駅南口より徒歩30分、西大垣駅より徒歩5分

■「西公園」の写真

西公園 公園内の藤棚f:id:nichinichisou0808:20200719050511j:plain

西公園 遊戯広場f:id:nichinichisou0808:20200719034904j:plain

西公園 遊戯広場f:id:nichinichisou0808:20200719034828j:plain

■「西公園」位置情報

 

郭町商店街一丁目周辺

 ■「郭町商店街一丁目周辺」の情報

 【情報整理中】

聖地情報

【出典】映画

【作中名称】なし

【環境】周辺環境に変化あり

【住所】大垣市郭町一丁目目

【アクセス】大垣駅南口より徒歩10分

f:id:nichinichisou0808:20190712233016j:image

f:id:nichinichisou0808:20190712233039j:image

f:id:nichinichisou0808:20200330152106j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200713072549j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200331022116j:plain

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「郭町商店街一丁目周辺」位置情報

 

新大橋周辺

■「新大橋周辺」の情報

OKBストリートの中間位置にあります。作中では硝子が将也に告白をする場所です。

原作版と映画作中では、告白する硝子と将也の立ち位置などが異なります。

聖地情報

【出典】原作・映画

【作中名称】なし

【環境】変化あり

【住所】大垣市

【アクセス】大垣駅南口より徒歩10分

■「新大橋周辺」の写真

新大橋 橋上f:id:nichinichisou0808:20191219153854j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200108220851p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200108215129j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200108215126j:image

新大橋 新大橋外観 (北東)f:id:nichinichisou0808:20191219153725j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200331145349j:image

f:id:nichinichisou0808:20200331022033j:plain

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「新大橋周辺」位置情報

 

JR大垣駅

 ■「JR大垣駅」の情報

 【情報整理中】

聖地情報

 【アクセス】大垣駅より徒歩0分

 【住所】大垣市高屋町一丁目

 【出典】原作・映画

 【備考】周辺環境に変化あり

■「JR大垣駅」の写真

1. 【参考】JR大垣駅 JR大垣駅ビル全景 f:id:nichinichisou0808:20200330091112j:image

2. JR大垣駅 JR大垣駅南口階段 -(原作) f:id:nichinichisou0808:20190712235008j:image

3. JR大垣駅 JR大垣駅構内 全景 -(映画)f:id:nichinichisou0808:20200330104104j:image

4. JR大垣駅 JR大垣駅構内 南側連絡口f:id:nichinichisou0808:20200330104101j:image

f:id:nichinichisou0808:20190712235353j:image

5. JR大垣駅 JR大垣駅構内 改札口全景 -(原作)f:id:nichinichisou0808:20190914034918j:image

6.【参考】 JR大垣駅 JR大垣駅構内 切符売場全景f:id:nichinichisou0808:20190518200935j:image

7. JR大垣駅構内 自動券売機f:id:nichinichisou0808:20200330104058j:image

8. JR大垣駅構内 JR運賃表f:id:nichinichisou0808:20200721001242j:image

9. 【参考】JR大垣駅 JR大垣駅構内 5番ホーム北階段付近f:id:nichinichisou0808:20200330091226j:image

■比較用 本編レイアウト

写真5.参考

f:id:nichinichisou0808:20200720145258j:plain

(左)写真7.参考 / (右)写真7.参考

f:id:nichinichisou0808:20200720142729j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720142725j:plain

(左)写真4.参考 / (右)写真3.参考 

f:id:nichinichisou0808:20200720142816j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720142732j:plain

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「JR大垣駅」位置情報

 

養老鉄道大垣駅

 ■「養老鉄道大垣駅」の情報

 【情報整理中】

原作版第40話「デートごっこ」にて、養老公園に行く将也と硝子が待ち合わせをした場所です。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩1分

 【住所】大垣市高屋町一丁目

 【出典】原作

 【備考】周辺環境に変化あり

■「養老鉄道大垣駅」の写真

養老鉄道大垣駅 改札口付近f:id:nichinichisou0808:20200330155120j:plain

養老鉄道大垣駅 駅舎 (南側)f:id:nichinichisou0808:20200330155032j:plain

■「養老鉄道大垣駅」位置情報

 

大垣駅南口周辺

 ■「大垣駅南口周辺」の情報

 【情報整理中】

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩0分

 【住所】大垣市

 【出典】原作・映画

 【備考】周辺環境に変化あり

■「大垣駅南口周辺」の写真

大垣駅南口 駅前広場中央の水都タワーf:id:nichinichisou0808:20200330172724j:plain

大垣駅南口 駅ビル前歩道

大垣駅南口 駅前バス停留所f:id:nichinichisou0808:20200330091109j:plain

大垣駅南口f:id:nichinichisou0808:20200331134340j:image

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「大垣駅南口周辺」位置情報

 

興文小学校周辺

 ■「興文小学校周辺」の情報

 【情報整理中】

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩13分

 【住所】大垣市西外側町一丁目

 【出典】原作・映画

 【備考】周辺環境に変化あり

 ■「興文小学校」の写真

興文小学校 東側校門外側f:id:nichinichisou0808:20190731205411j:image

興文小学校 校舎東側

f:id:nichinichisou0808:20200330105939j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200330172555j:plain

興文小学校 校庭内遊具 ※f:id:nichinichisou0808:20190723000506j:image(※匿名様より貴重な資料をご提供いただきました) 

f:id:nichinichisou0808:20200331022051j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200330214833p:plain

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「興文小学校」位置情報

 

東外側橋周辺

■「東外側橋周辺」の情報

原作版第10話「よかったよかった」にて、将也が朝登校途中に橋上の結弦に見つかると、飛び蹴りからの連続キックを食らいます。最後は新大橋沿の道で別れます。

映画作中でも自転車に乗る将也の背景に、東外側橋が見切れながらも描かれています。

聖地情報

【出典】原作

【作中名称】なし

【住所】大垣市高砂町一丁目付近

【アクセス】大垣駅南口より徒歩6分

■「東外側橋周辺」の写真

東外側橋周辺 東外側橋南側

f:id:nichinichisou0808:20200330091012j:image

f:id:nichinichisou0808:20190417071611j:image

東外側橋周辺 東外側橋付近 (南)f:id:nichinichisou0808:20200331134046j:image

■「東外側橋周辺」位置情報

 

八幡大橋

■「八幡大橋」の情報

【情報整理中】原作版に登場しています。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩10分

 【住所】大垣市丸の内一丁目付近

 【出典】原作

 【備考】なし

■「八幡大橋」の写真

八幡大橋 八幡大橋全景 (北)f:id:nichinichisou0808:20180625171312j:plain

八幡大橋 八幡大橋付近f:id:nichinichisou0808:20200331134111j:image

■「八幡大橋」位置情報

 

丸の内橋

■「丸の内橋」の情報

原作版第51話「西宮硝子」にて、硝子の意識に浮かんだ水門小学校近くの風景が丸ノ内橋です。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩12分

 【住所】大垣市丸の内二丁目

 【出典】原作

 【備考】なし

■「丸の内橋」の写真

丸の内橋 四季の路より見る丸の内橋f:id:nichinichisou0808:20200331124015j:image

f:id:nichinichisou0808:20200331124010j:image

■「丸の内橋」位置情報

 

大垣市スイトピアセンター

 ■「大垣市スイトピアセンター」の情報

原作版第58話「成果」にて、新人映画賞審査会場として登場します。外観、ホール内、階段横自販機スペースなどが描かれています。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩15分

 【住所】大垣市室本町五丁目

 【出典】原作

 【備考】なし

■「大垣市スイトピアセンター」の写真

大垣市スイトピアセンター 大垣市スイトピアセンター全景 (東側)f:id:nichinichisou0808:20180625145100j:plain

【参考】大垣市スイトピアセンター 大垣市スイトピアセンター 館内1F全景f:id:nichinichisou0808:20200331022003j:plain

大垣市スイトピアセンター 大垣市スイトピアセンター 館内1Ff:id:nichinichisou0808:20200331145341j:image

f:id:nichinichisou0808:20180625145000j:plain

■「大垣市スイトピアセンター」位置情報

 

大垣市民病院

■「大垣市民病院」の情報

映画作中にて、硝子が耳の治療で通院をしており、終盤には将也が入院をしていた病院です。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩25分(路線バスあり)

 【住所】大垣市南頬町四丁目

 【出典】映画

 【備考】なし

■「大垣市民病院」の写真

1. 大垣市民病院 正面玄関

f:id:nichinichisou0808:20200719034846j:plain

2. 大垣市民病院 正面エントランスf:id:nichinichisou0808:20200330113508j:plain

3. 大垣市民病院 正面エントランスから駐輪所を見るf:id:nichinichisou0808:20200330113458j:plain

4. 大垣市民病院 救急病棟裏f:id:nichinichisou0808:20190623160025j:image

■比較用 本編レイアウト

(左)写真1.参考 / (右)写真3.参考

f:id:nichinichisou0808:20200720105008j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720104438j:plain

写真4.参考

f:id:nichinichisou0808:20200720104346j:plain

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「大垣市民病院」位置情報

 

大垣市 鶴見斎場

■「大垣市 鶴見斎場」の情報

映画作中にて、西宮いと(硝子の祖母)の葬儀会場となっています。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩30分(路線バスあり)

 【住所】大垣市鶴見町

 【出典】映画

 【備考】なし

■「大垣市 鶴見斎場」の写真

大垣市 鶴見斎場正門f:id:nichinichisou0808:20190518201331j:image

大垣市 鶴見斎場 敷地外斎場沿

f:id:nichinichisou0808:20200330113639j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200330215711p:plain

大垣市 鶴見斎場 式場内※f:id:nichinichisou0808:20190723000626j:image(※匿名様より貴重な場内資料をご提供いただきました) 

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「大垣市 鶴見斎場」位置情報

 

アクアブリッジ

■「アクアブリッジ」の情報

原作版第30話「支え」にて、将也と結弦がアクアウォークを後にした際、アクアブリッジを並んで歩いています。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅より徒歩1分

 【住所】大垣市林町六丁目付近

 【出典】原作

 【備考】なし

■「アクアブリッジ」の写真

【参考】アクアブリッジ アクアブリッジ全景f:id:nichinichisou0808:20200331145345j:image

アクアブリッジ 大垣駅側水都ブリッジとの連絡口f:id:nichinichisou0808:20200330091407j:image

■「アクアブリッジ」位置情報

 

アクアウォーク大垣

■「アクアウォーク大垣」の情報

原作版第30話「支え」にて、将也と結弦がアクウォークのイートインを利用時には将也が奥の白い椅子、結弦が手前のプラスチック椅子にそれぞれ腰掛けました。

映画作中では、夏休みの将也・硝子・結弦の3人でハンバーガーを食べるシーン、青のカウンター席に並んでいました。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅北口より徒歩3分

 【住所】大垣市林町六丁目

 【出典】原作・映画

 【備考】なし

■「アクアウォーク大垣」の写真

アクアウォーク大垣 アクアブリッシ直結のアクアコート部全景 (南)f:id:nichinichisou0808:20200330091443j:plain

アクアウォーク大垣 2Fフードコート スプリングコートf:id:nichinichisou0808:20180608152520j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200330215514p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200330215504p:plain

f:id:nichinichisou0808:20180608152506j:plain

【参考】アクアウォーク大垣 2Fアピタ側エスカレーターf:id:nichinichisou0808:20190130114715j:image

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「アクアウォーク大垣」位置情報

 

イオンタウン大垣EAST

■「イオンタウン大垣EAST」の情報

原作版第41話「みんな」にて、映画観賞後の将也・硝子・結弦は、イートインの柱下にある円形テーブルで食事をしています。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩20分

 【住所】大垣市三塚町

 【出典】原作

 【備考】なし

■「イオンタウン大垣EAST」の写真

イオンタウン大垣EAST 外観f:id:nichinichisou0808:20200330091632j:image

イオンタウン大垣EAST 1Fフードコートf:id:nichinichisou0808:20190727192249j:image

f:id:nichinichisou0808:20200330220747p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200330220807p:plain

f:id:nichinichisou0808:20190727192259j:image

■「イオンタウン大垣EAST」位置情報

 

大垣コロナシネマワールド

■「大垣コロナシネマワールド」の情報

原作版第41話「みんな」にて、将也・硝子・結弦の3人での映画鑑賞はこちらと予想されます。

映画作中では永束に誘われた将也が2人で映画鑑賞に来ます。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩20分

 【住所】大垣市三塚町

 【出典】映画

 【備考】なし

■「大垣コロナシネマワールド」の写真

【参考】大垣コロナシネマワールド 正面外観f:id:nichinichisou0808:20200330172645j:plain

大垣コロナシネマワールド 劇場受付、チケット・グッズ売場f:id:nichinichisou0808:20180201155250j:plain

大垣コロナシネマワールド 受付内部f:id:nichinichisou0808:20190124224437j:image

大垣コロナシネマワールド シアター内f:id:nichinichisou0808:20180201155420j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200331024747j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200331024815j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200330113444j:plain

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「大垣コロナシネマワールド」位置情報

 

大垣フォーラムホテル

■「大垣フォーラムホテル」の情報

原作版最終話「聲の形」にて、成人式の会場がこちらの宴会棟の広間となるようです。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩45分(路線バスあり)

 【住所】大垣市万石二丁目

 【出典】原作

 【備考】なし

■「大垣フォーラムホテル」の写真

1.【参考】大垣フォーラムホテル 宴会棟外観f:id:nichinichisou0808:20190802185914j:image

2.【参考】大垣フォーラムホテル ホテル棟外観f:id:nichinichisou0808:20190802185921j:image

■「大垣フォーラムホテル」位置情報

 

揖斐大橋

■「揖斐大橋」の情報

作中冒頭にて、将也が橋から飛び降りようとするシーンで登場します。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩50分(路線バスあり)

 【住所】大垣市万石町付近

 【出典】映画

 【備考】なし

■「揖斐大橋」の写真

1.【参考】揖斐大橋 橋梁外観全景 (南側)f:id:nichinichisou0808:20200330152210j:plain

2. 揖斐大橋 橋梁外観f:id:nichinichisou0808:20190731210139j:image

3.【参考】揖斐大橋 橋梁内全景 (西側)f:id:nichinichisou0808:20200330105936j:plain

4. 揖斐大橋 橋梁内全景 (東側)f:id:nichinichisou0808:20180130053403j:plain

5. 揖斐大橋 欄干f:id:nichinichisou0808:20200330152143j:plain

6.【参考】 揖斐大橋 橋上から見る北側風景f:id:nichinichisou0808:20200330113511j:image

7. 【参考】揖斐大橋 橋上から見る南側風景f:id:nichinichisou0808:20200330091816j:plain

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「揖斐大橋」位置情報

 

揖斐川河川敷

■「揖斐川河川敷」の情報

原作、映画ともに「近からず」と考えています。参考イメージとしてご覧ください。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩45分(路線バスあり)、東大垣駅より徒歩15分

 【住所】大垣市東町付近

 【出典】原作・映画

 【備考】場所特定できず

■「揖斐川河川敷」の写真

すべて花火大会風景としての資料です。f:id:nichinichisou0808:20200330181951j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190209004608j:image

f:id:nichinichisou0808:20200404005320p:plain

f:id:nichinichisou0808:20200330155708j:plain

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「揖斐川河川敷」位置情報 (信頼度低)

 

大垣市高屋町周辺

■「大垣市高屋町周辺」の情報

原作版第29話「ばーちゃん」にて、1コマ目で描かれています。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩2分

 【住所】大垣市高屋町

 【出典】原作

 【備考】なし

■「大垣市高屋町周辺」の写真

大垣市高屋町 平和通り高屋町交差点付近f:id:nichinichisou0808:20200330100103j:image

■「大垣市高屋町周辺」位置情報

 

大垣市宮町周辺

■「大垣市宮町周辺」の情報

原作版第11話「そんな顔」にて、夜間外出した結弦が帰宅するために歩いた道です。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩10分

 【住所】大垣市宮町

 【出典】原作

 【備考】周辺環境に変化あり

■「大垣市宮町周辺」の写真

大垣市宮町 大垣市宮町一丁目宮町通り付近f:id:nichinichisou0808:20200330152109j:plain

■「大垣市宮町周辺」位置情報

 

大垣市林町周辺

■「大垣市林町周辺」の情報

映画作中にて、硝子が佐原の自宅を訪ねるシーンとなります。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅北口より徒歩10分

 【住所】大垣市

 【出典】映画

 【備考】なし

■「大垣市林町周辺」の写真

1. 大垣市林町 大垣林町郵便局付近Af:id:nichinichisou0808:20200330110102j:plain

2. 大垣市林町 大垣林町郵便局付近Bf:id:nichinichisou0808:20190731210014j:image

3. 大垣市林町 大垣林町郵便局付近Cf:id:nichinichisou0808:20190731205953j:image

■比較用 本編レイアウト

(左)写真1.参考 / (右)写真2.参考

f:id:nichinichisou0808:20200720104343j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200720104451j:plain

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「大垣市林町周辺」位置情報

 

大垣市東外側町周辺

■「大垣市東外側町周辺」の情報

原作版第51話「西宮硝子」にて、夜間に全力疾走する硝子が描かれています。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩10分

 【住所】大垣市西外側町

 【出典】原作

 【備考】周辺環境に変化あり

■「大垣市東外側町周辺」の写真

東外側町と西外側町の境界部分f:id:nichinichisou0808:20200402001358j:image

■「大垣市東外側町周辺」位置情報

 

大垣市郭町周辺

■「大垣市郭町周辺」の情報

【情報整理中】原作版作中に登場しています。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩17分

 【住所】大垣市郭町

 【出典】原作

 【備考】周辺環境に変化あり

■「大垣市郭町周辺」の写真

大垣公園南東口と大垣城ホールの境界部f:id:nichinichisou0808:20180625150812j:plain

郭町交差点付近f:id:nichinichisou0808:20190417070903j:image

「大垣市郭町周辺」位置情報

 

大垣市神田町周辺

■「大垣市神田町周辺」の情報

(歩道橋)

原作版第58話「成果」にて、永束を先頭に「新人映画賞審査会」会場に向かう際、歩道橋を利用します。

映画作中、将也が結弦のカメラを取りに西宮邸に向かうシーンの背景として、歩道橋が描かれています。

(住宅街)

映画作中にて、序盤では将也が結弦に傘を差し出し(拡大右)、終盤では硝子が植野に傘を差し出す(拡大左)場所です。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩15分、東大垣駅より徒歩10分

 【住所】大垣市

 【出典】原作・映画

 【備考】なし

■「大垣市神田町周辺」の写真

神田一丁目交差点内から見る歩道橋 -(原作)f:id:nichinichisou0808:20200330152120j:plain

大垣市神田町 西大垣通りから見る歩道橋 -(映画)f:id:nichinichisou0808:20180201132538j:plain

大垣市神田町 西大垣通り沿い住宅街 -(映画)f:id:nichinichisou0808:20200719030543j:image


f:id:nichinichisou0808:20200719030448j:image

f:id:nichinichisou0808:20200719030444j:image

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「大垣市神田町周辺」①位置情報 (歩道橋)

■「大垣市神田町周辺」②位置情報 (住宅街)

 

大垣市馬場町周辺

■「大垣市馬場町周辺」の情報

【情報整理中】

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩20分、東大垣駅より徒歩5分

 【住所】大垣市船町

 【出典】原作・映画

 【備考】周辺環境に変化あり

■「大垣市馬場町周辺」の写真

大垣運河沿いの東屋 -(原作)f:id:nichinichisou0808:20200719035509j:plain

大垣運河沿い -(映画)f:id:nichinichisou0808:20200719034842j:plain

■「大垣市馬場町周辺」比較用 本編レイアウト

準備中

■「大垣市船町周辺」位置情報

 

大垣市羽衣町周辺

 ■「大垣市羽衣町周辺」の情報

原作版第14話「西宮結弦」にて、銭湯の男更衣室から逃げ出した結弦、さらに荷物を持って追う将也と永束が橋と隣接する公園前で偶然硝子と出会います。

聖地情報

【出典】原作

【作中名称】なし

【住所】大垣市羽衣町三丁目

【アクセス】大垣駅南口より徒歩20分

■「大垣市羽衣町」の写真

大垣市羽衣町 羽衣公園 公園フェンスf:id:nichinichisou0808:20200719040955j:plain

大垣市羽衣町 羽衣公園 公園外から見る園内f:id:nichinichisou0808:20200719035455j:plain

大垣市羽衣町 羽衣公園東沿 新規川 東側 -将也f:id:nichinichisou0808:20200719031627j:image

大垣市羽衣町 羽衣公園東沿 新規川 西側f:id:nichinichisou0808:20200719031630j:image

■「大垣市羽衣町周辺」位置情報

 

大垣市花園町周辺

■「大垣市花園町周辺」の情報

原作版第14話「西宮結弦」にて、結弦のことを男だと思っていた永束が、力尽くで結弦を男湯更衣室に引きずり込んだ銭湯です。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩25分(路線バスあり)

 【住所】大垣市花園町三丁目

 【出典】原作

 【備考】閉店

■「大垣市花園町周辺」の写真

大垣市花園町 恵比寿湯全景f:id:nichinichisou0808:20200719031009j:image

■「大垣市花園町」位置情報

 

大垣市久瀬川町周辺

■「大垣市久瀬川町周辺」の情報

原作版番外編「姉妹」にて、小学生低学年の結弦が、硝子の耳のことで嫌がらせを受ける下校途中に踏切と住宅街が描かれています。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅南口より徒歩25分、西大垣駅より徒歩7分

 【住所】大垣市久瀬川町

 【出典】原作

 【備考】なし

■「大垣市久瀬川町周辺」の写真

大垣市久瀬川町 養老鉄道12号踏切付近f:id:nichinichisou0808:20200330152214j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190914010032j:image

大垣市久瀬川町 大垣市立西小学校付近 (南側)f:id:nichinichisou0808:20190914010146j:image

■「大垣市久瀬川町周辺」位置情報

 

大垣市三津屋町周辺

■「大垣市三津屋町周辺」の情報

将也の実家となります。

聖地情報

 【アクセス】大垣駅北口より徒歩40分、東赤坂駅より徒歩15分

 【住所】大垣市三津屋町

 【出典】原作・映画

 【備考】なし

■「大垣市三津屋町周辺」の写真

大垣市三津屋町 ヘアーメイクトムトム全景f:id:nichinichisou0808:20190124224222j:image

f:id:nichinichisou0808:20190727081810j:image

大垣市三津屋町 ヘアーメイクトムトム店内f:id:nichinichisou0808:20190124224241j:image

f:id:nichinichisou0808:20190124224230j:image

f:id:nichinichisou0808:20190131024352j:image

大垣市三津屋町 ヘアーメイクトムトム周辺f:id:nichinichisou0808:20190727081901j:image

f:id:nichinichisou0808:20200330232208p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200330232216p:plain

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「大垣市三津屋町周辺」位置情報

 

青柳橋周辺

■「青柳橋周辺」の情報

【情報整理中】

聖地情報

 【アクセス】美濃青柳駅より徒歩15分

 【住所】大垣市青柳町

 【出典】映画

 【備考】なし

■「青柳橋周辺」の写真

大垣市青柳町 杭瀬川付近f:id:nichinichisou0808:20200330113451j:plain

大垣市青柳町 杭瀬川に架かる青柳橋f:id:nichinichisou0808:20200330113514j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200330113436j:plain

大垣市青柳町 青柳橋から見る抗瀬川f:id:nichinichisou0808:20190126074645j:image

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「青柳橋周辺」位置情報

 

柳橋周辺

■「柳橋周辺」の情報

【情報整理中】

聖地情報

 【アクセス】美濃青柳駅より徒歩15分

 【住所】大垣市青柳町

 【出典】映画

 【備考】なし

■「柳橋周辺」の写真

大垣市青柳町 柳橋全景f:id:nichinichisou0808:20180201132954j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200330164746j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200330215928p:plain

■比較用 本編レイアウト

準備中

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

■「柳橋」位置情報

 

記事本文(1 : 大垣市内の聖地紹介)はここまでとなります

・大垣市外の聖地スポットは以下リンクよりご覧ください

原作+映画「聲の形」聖地巡礼まとめ (2 : 大垣市外紹介)

・大垣市街地など「聲の形」関連掲示物は以下リンクよりご覧くださ

原作+映画「聲の形」聖地巡礼まとめ (3 : 関連掲示物紹介)

 

最後に

本記事の3部構成中では構造的にこちらががメイン部分なので、後書き…いや途中報告項を設置いたしました。

①記事完成度について

今後大垣に行き続ける限り100%にはなりません…(阿保)

②7/21現在の進捗は当初予定よりも遅れています。以下言い訳を。

1.まず、作品の画像を記事内引用時の著作権調査、それに伴う記事の仕様変更に時間を割いていました。

2.次に、その引用画像の準備が…まずは映画版優先とさせて頂きます。

3.更に、当初は掲載資料については移行のみの予定でしたが、結局は大部分の写真を入れ替えつつ、iPhone写真の掲載率を1割以下にしました。以上

③現時点の記事内容は映画の聖地スポット寄傾向かと思います。以下言い訳を。

・映画「聲の形」から作品に入ったのが間違いなく1つの要因かと

・2020年は原作スポット巡りの予定が「コロナのバカヤロー」状態やよ

・原作のみのスポットは、大垣市民さんでも探しだす難易度が高いと思うのです。以上

④しかしながら、大部分のスポット項目設置及び、暫定での写真配置は8割方完了の認識です。

皆様のお暇つぶしになってくれると嬉しいのですが。。。

⑤今回はブログ内「聲の形」聖地巡礼記事の統合や更新停止・公開終了などを行いました。

いつか落ち着いたならば、改めてご案内をさせていただきます。

 

以上となりますが、本記事の2部と3部も是非ご覧ください。

追伸  本記事をご覧くださったのならば、以下の記事は是非とも! 2020年現在の主に大垣市街地の聖地スポット最新状態を公開中です。

その他関連記事もどうぞ。 

JR岐阜駅周辺は最高に美しいと思う

新規投稿 2020/03/05・最終更新 2020/07/19

今回はJR岐阜駅とその周辺の紹介記事となります。

 

はじめに

これまでにもSNS上にて「JR岐阜駅超カッコイイ!」やら「センス良すぎ」、仕舞いには「JR大垣駅より好きかも知れない」などと、意味不明な投稿を定期的に行ってきましたが、遂にブログ1記事分の岐阜駅素材は一応揃ったと判断し、今回執筆をしました。

f:id:nichinichisou0808:20200305162755j:image

過去の投稿記事には (以下ブログ内リンク)

挨拶がわりに「大垣駅ビル」を撮影していた 

  (以下ブログ内リンク)

日本の中心 大垣駅は「こんな」駅 (駅周辺紹介) 

など鉄道駅を主題とした記事を投稿しており、本記事で3記事目となります。

 

毎回の記事内にはテーマを設けていますが、今回は「JR岐阜駅の1日」として、早朝から深夜までの岐阜駅周辺をご紹介します。

記事中には大した枚数の写真は無いのですが、約3年間で撮影した大部分を今回公開いたします。

※記事内写真は"1日風"であり1日での撮影ではありません

 

岐阜駅 日の出~朝

まずは早朝から午前中となります。

東側から太陽が昇ってくる岐阜駅北口周辺は右が岐阜駅北口となります。

真下の車線の多い道路はJR岐阜駅と並行している岐阜停車場線です。

f:id:nichinichisou0808:20200304221916j:image

再開発された北口一帯は、ペデストリアンデッキが張り巡らされており、駅やバス停などと一体化を図っています。

丁度このあたりから岐阜駅までのデッキは「杜の架け橋」の愛称で呼ばれています。

f:id:nichinichisou0808:20200304221912j:image

地上部分。左はJR岐阜駅1階入口となり、右にはタクシープールや一般車両停車場、左奥(高架ホーム下)には「ハートフルスクエアG」(生涯学習センター)の拠点があります。 

f:id:nichinichisou0808:20200304223449j:image

ペデストリアンデッキの岐阜駅2F入口付近です。下にはバスロータリーがあります。

f:id:nichinichisou0808:20200304223458j:image

駅構内の名古屋方面ホームエスカレーターです。

f:id:nichinichisou0808:20200304222453j:image

f:id:nichinichisou0808:20200306030950j:image

f:id:nichinichisou0808:20200304222450j:image

朝陽を浴びる岐阜駅ホーム。

f:id:nichinichisou0808:20200304222109j:image

岐阜駅発の名古屋方面は5時台から運行していますが、大垣方面の始発が6時と知って驚きました。

f:id:nichinichisou0808:20200305122257j:image

こちらは高山本線の通勤車両です。

f:id:nichinichisou0808:20200304234547j:image

東海道本線の通勤車両です。

f:id:nichinichisou0808:20200305134715j:image

朝8時が近づくとすっかり陽も昇ったようです。

f:id:nichinichisou0808:20200305133027j:image

中央改札口は2Fにあります。

f:id:nichinichisou0808:20200719014613j:image

f:id:nichinichisou0808:20200719014639j:image

地上、バス案内所付近です。

f:id:nichinichisou0808:20200305120913j:image

地上、路線バス(高速バス)乗り場です。

f:id:nichinichisou0808:20200304233238j:image

朝陽を浴びる織田信長公像。

f:id:nichinichisou0808:20200304223453j:image

信長公像の視点から見たJR岐阜駅です。

手前の噴水付近はイベントなども開催する「信長ゆめ広場」、奥の大階段は「信長ゆめ階段」の愛称で呼ばれています。

f:id:nichinichisou0808:20200305134719j:image

f:id:nichinichisou0808:20200304223008j:image

この岐阜駅中央北口と繋がるデッキ上には見事な意匠の「大屋根」が存在感を高めています。

またこの付近では夏季には「杜のミスト(霧)」による省エネ冷房での涼が期待できます。

f:id:nichinichisou0808:20200304223004j:image

再び駅ホームの様子です。

f:id:nichinichisou0808:20200304233321j:image

高山本線 特急ひだ3号は、名古屋からの車両と、新大阪からの車両を岐阜駅で連結して高山本線に入ります。

f:id:nichinichisou0808:20200304233234j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305131120j:image

連結風景です。

f:id:nichinichisou0808:20200305130130j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305123453j:image

日の出~朝はここまでとなります。

 

岐阜駅 日中

岐阜停車場線を見下ろすこの位置は・・・

日の出は向かいのデッキからこちらを眺めていた格好となります。

左の高層ビルが「岐阜シティ・タワー43」、右の高層ビルが「岐阜スカイウイング37」です。シティ・タワー最上階には無料の展望室もあります。 

f:id:nichinichisou0808:20200304235404j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305122225j:image

上写真の交差点の右側はビジネス街、商業地区、歓楽街があります。

f:id:nichinichisou0808:20200305195358j:image

f:id:nichinichisou0808:20200304235422j:image

f:id:nichinichisou0808:20200719014503j:image

中央部北口そばには水飲み場もあります。

f:id:nichinichisou0808:20200305160457j:image

ペデストリアンデッキから岐阜駅ホーム(3F西側)となります。

f:id:nichinichisou0808:20200305131233j:image

ペデストリアンデッキから岐阜駅ホーム(3F東側)となります。

f:id:nichinichisou0808:20200305131220j:image

駅ホーム下の2Fから岐阜駅構内に入りましょう。

東側には駅ビル「ASTY岐阜」が2フロア展開をしています。

f:id:nichinichisou0808:20200719014625j:image

岐阜市観光案内所です。

f:id:nichinichisou0808:20200719014628j:image

奥よりASTY、観光案内所、みどりの窓口、自動券売機が並びます。

f:id:nichinichisou0808:20200719014618j:image

改札口は2F部分に1ヶ所、3f部分にもあります。

f:id:nichinichisou0808:20200305123502j:image

改札内売店。

f:id:nichinichisou0808:20200305162010j:image

再び名古屋方面ホームエスカレーターです。

f:id:nichinichisou0808:20200719014635j:image

f:id:nichinichisou0808:20200719014632j:image

JR岐阜駅のホーム構造を簡単にご説明します。

ホーム3本の6線です。1,2,5,6番線が主に東海道本線、3,4番線が高山本線となります。

f:id:nichinichisou0808:20200305195728j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305122222j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305130027j:image

名古屋方面に向かう列車。

f:id:nichinichisou0808:20200304235347j:image

信長ゆめ広場では盛大な催しが開催中の様です。

f:id:nichinichisou0808:20200304235427j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305130035j:image

f:id:nichinichisou0808:20200304235358j:image

奥に見える高層ビルは「岐阜イーストライジング24」です。

f:id:nichinichisou0808:20200305120821j:image

デッキの下から見上げると、一切の妥協の無さを感じさせる造りです。

f:id:nichinichisou0808:20200305131210j:image

岐阜シティ・タワー43展望室からの岐阜駅。


f:id:nichinichisou0808:20200305161725j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305161730j:image

バスロータリーには「芝生広場」や「やすらぎの里」などの自然配置にも気を遣っています。

f:id:nichinichisou0808:20200305133033j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305121054j:image

気がつくと信長ゆめ広場にはカラーコーンが配置されています。 

f:id:nichinichisou0808:20200305130409j:image

実は長良川花火大会 会場送迎バスの待ち列なんです。(2020年は中止)

f:id:nichinichisou0808:20200305130426j:image

そしてここで初登場のJR岐阜県南口となります。

f:id:nichinichisou0808:20200305160916j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305160910j:image

南口の駅前交差点です。

f:id:nichinichisou0808:20200719014621j:image

日中はここまでとなります。

 

岐阜駅 夕刻

日中の最初に居たデッキ部分となります。岐阜駅へ向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20200304225155j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305200009j:image

1,2分で中央北口です。

f:id:nichinichisou0808:20200304225138j:image

中央改札はなかなかの混雑です。

f:id:nichinichisou0808:20200305160622j:image

今度は大垣方面の6番ホームに来て見ました。

f:id:nichinichisou0808:20200305160718j:image

f:id:nichinichisou0808:20200304225134j:image

f:id:nichinichisou0808:20200328071251j:image

お隣の5番ホームは岐阜駅折り返しの名古屋方面行きとなります。

f:id:nichinichisou0808:20200305121357j:image

最初は岐阜駅ホームのみが明るくなりますが。

f:id:nichinichisou0808:20200304225149j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305160803j:image

ペデストリアンデッキが穏やかなブルーでライトアップされます。

f:id:nichinichisou0808:20200304225217j:image

夕刻日中はここまでとなります。

 

岐阜駅 夜間

夜間ではこれまでの駅付近スポットを再訪します。

昼との違いをお楽しみください。

f:id:nichinichisou0808:20200305195000j:image

f:id:nichinichisou0808:20200304224242j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305195030j:image

朝方からずっと掲載していたこちらのベンチは「映画 聲の形」の聖地スポットなのです。

f:id:nichinichisou0808:20200304224225j:image

かなり美しいと思いませんか。

f:id:nichinichisou0808:20200304224218j:image

f:id:nichinichisou0808:20200304224257j:image

f:id:nichinichisou0808:20200304224251j:image

岐阜シティ・タワー43展望室からの岐阜駅。

f:id:nichinichisou0808:20200304224247j:image

f:id:nichinichisou0808:20200304234351j:image

f:id:nichinichisou0808:20200304234348j:image

名古屋方面には最終列車の掲示がされました。

f:id:nichinichisou0808:20200304234344j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305123505j:image

テナントの営業も終了した岐阜駅1F部分。

f:id:nichinichisou0808:20200304234338j:image

そして最後は・・・何故か南口で。

f:id:nichinichisou0808:20200304234354j:image

南口周辺。

f:id:nichinichisou0808:20200305161913j:image

 

JR岐阜駅・雨天

然程の資料はありませんが、雨天時となります。

f:id:nichinichisou0808:20200305194643j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305194639j:image

デッキから岐阜市街地(ビジネス街〜歓楽街)方向となります。

f:id:nichinichisou0808:20200305194648j:image

 

名鉄岐阜駅

JR岐阜駅というからには、、、他社線の岐阜駅もあります。

f:id:nichinichisou0808:20200305200512j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305200506j:image

 

最後に

JR岐阜駅と周辺はいかがでしたか。

なかなか都心でも見られない意匠を凝らしつつ、自然を大切にする姿勢も伝わってきませんか?

実は駅ビルには商業施設、東海ツアーズ、岐阜施設観光案内所などで埋まっているのですが、内部構造についてはまた次回にご紹介させて頂きます。

f:id:nichinichisou0808:20200305162644j:image

 

今回は以上となります。

 

ブログ内記事リンク紹介

■岐阜県を含む鉄道・駅記事

■岐阜県観光情報記事

■大垣市の「大垣三大祭り」記事など 

■大垣市が舞台の「聲の形」聖地巡礼記事  

■大垣市「観光・紹介」記事  

養老鉄道の車両アルバム・他

新規投稿 2019/08/26・最終更新 2020/07/19

今回は岐阜県大垣市から三重県桑名市などを結ぶ「養老鉄道 養老線」の記事となります。 

f:id:nichinichisou0808:20200703025640j:plain

 

はじめに

大垣が舞台の映画「聲の形」聖地巡礼をする上で、「養老鉄道」が欠かせない存在であることから私も度々乗車をしていましたが、元来の鉄道好きと合わさり「養老鉄道に乗車したら写真撮影」が癖になりました。

f:id:nichinichisou0808:20190830141217j:plain

養老鉄道発売の「聲の形」グッズ

今までは写真整理もしていませんでしたが、近頃では引退する列車が相次いでいるため、一度まとめることとしました。

 

養老鉄道とは

三重県桑名市を起点として、岐阜県大垣市を経由、終点は岐阜県揖斐郡となります。

養老鉄道は以前、近鉄(近畿日本鉄道)の支線であった関係から、2018年までは営業車両の全てが近鉄から譲渡された車両でした。

f:id:nichinichisou0808:20190826142804j:image

現役の近鉄名古屋線のデザインは養老鉄道とほぼ同様 

しかし2019年からは東急電鉄から車両を購入・改造して、近鉄車両と順次置き換えが行われております。

f:id:nichinichisou0808:20200719005336j:plain

新旧車両並び(西大垣駅)

・・・なんかもう、日本中に旧東急車両が走っていてつまらんと思います。

 

養老鉄道 車両アルバム

今回は「600系・610系・620系」車両紹介となります。私が大垣に行き始めた2016年9月時点で12編成が現役でしたが、2020年6月現在では7700系の増備により、6編成にまで減っているようです。

(記事中写真、記載なし車両外観は大垣駅撮影...対応中)


f:id:nichinichisou0808:20200703034208j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703034212j:image

(養老駅)

 

600系 (6編成)

元近鉄名古屋線1650系などから編成されたグループです。 

D01編成

3両編成 (桑名 501,551,601 大垣)

養老線初のシングルアームパンタに変更された車両です。

f:id:nichinichisou0808:20190826125229j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703024114j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190830103347j:image

2016年10月から17年3月まで「東海じゃらん号」ラッピングとなりました。(西大垣駅)

f:id:nichinichisou0808:20190830143629j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830103300j:image

2019年7月から11月末迄のキティちゃん仕様です。

f:id:nichinichisou0808:20190911115048j:image

 

D02編成

3両編成 (桑名 502,552,602 大垣)

現在ではパンタグラフがシングルアームに変更されています。(養老駅)

f:id:nichinichisou0808:20190826132053j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826132020j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703024609j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200703024606j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190830103311j:image

乗務員室そばの運賃箱。養老鉄道は全区間ワンマン運転となります。

f:id:nichinichisou0808:20190826142752j:image

D02車内となります。天井エアコンの間には扇風機ではなく送風機が装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190826144321j:image

 

D03編成  H28/4 廃車済

2両編成 (桑名 503,603 大垣) 

残念ながら資料がありません。私が大垣入りをする以前に廃車となっています。

 

D04編成

2両編成 (桑名 504,604 大垣) 

センロク塗装のリバイバル仕様です。 

f:id:nichinichisou0808:20190826125224j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826132030j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830103227j:image

以下3枚は養老駅。

f:id:nichinichisou0808:20190830103307j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703041512j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703041417j:image

D04車内となります。

f:id:nichinichisou0808:20200703015815j:plain

2019年9月からの京急塗装仕様です。

f:id:nichinichisou0808:20190910150245j:image

 

D05編成  H13/4 廃車済

編成不明 

残念ながら資料がありません。私が大垣入りをする以前に廃車となっています。

 

D06編成

2両編成 (桑名 506,606 大垣) 

ラビットカラー塗装のリバイバル仕様です。

f:id:nichinichisou0808:20190826125217j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830121221j:image

シングルアームパンタ変更後です。

f:id:nichinichisou0808:20190830103223j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703021411j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190830121234j:image

 

610系 (4編成)

元近鉄名古屋線1800系などから編成されたグループです。 

D11編成 H31/9 廃車

3両編成 (桑名 511,571,611 大垣) 

現在はパンタグラフがシングルアームに変更されています。

f:id:nichinichisou0808:20190826125302j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826132115j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826132108j:image

2017年の「養老鉄道でおでかけ 養老」ヘッドマーク掲出です。

f:id:nichinichisou0808:20190826132142j:image

右側の中間車は元々運転台のある車両でしたが、冷房改造時に撤去されました。

f:id:nichinichisou0808:20190826142745j:image

D11車内となります。

f:id:nichinichisou0808:20200703020133j:plain

 

D12編成 H31/6 廃車

3両編成 (桑名 512,571,612 大垣) 

平成13年までは3両編成でしたが、現在は2両編成となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190826125250j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703025410j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200703025418j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190830103331j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703025740j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190826132038j:image

平成29年3月から12月まで「養老紀元1300年」ラッピングとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20190826125235j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830121310j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703024603j:plain

D12車内となります。

f:id:nichinichisou0808:20200703025415j:plain

 

D13編成 H31/4 廃車

2両編成 (桑名 513,613 大垣) 

平成28年11月から30年3月まで「大垣共立銀行」ラッピングとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20190826125245j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830103132j:image

 

D14編成 H31/11 廃車

2両編成 (桑名 514,614 大垣) 

パンタグラフがシングルアームに変更されています。

f:id:nichinichisou0808:20190830103249j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826132145j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830103328j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826132122j:image

2017年の「養老鉄道でおでかけ 大垣市」ヘッドマーク掲出です。

f:id:nichinichisou0808:20190830103256j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830103715j:image

D14車内となります。

f:id:nichinichisou0808:20200703020130j:plain

 

620系 (4編成)

元近鉄南大阪線6000系などから編成されたグループです。 

D21編成

3両編成 (桑名 621,561,521 大垣) 

近鉄からの転属が早い時期のため、養老線では初の冷房搭載車です。

f:id:nichinichisou0808:20190830103252j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826135811j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703021046j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200719005529j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190826132138j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830121400j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703021217j:plain

D21車内です。天井エアコンの間には扇風機がついています。

f:id:nichinichisou0808:20190826142807j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703020409j:plain

 

D23編成 H31/1 廃車済

3両編成 (桑名 623,563,523 大垣) 

マルーン1色リバイバル塗装となった第1号編成です。

f:id:nichinichisou0808:20190826132023j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826132130j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703023515j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190830103141j:image

D23車内となります。

f:id:nichinichisou0808:20200703020807j:plain

 

D24編成

3両編成 (桑名 624,564,524 大垣) 

近鉄時代の編成そのままに運用されています。

f:id:nichinichisou0808:20190826125255j:image

f:id:nichinichisou0808:20200719005319j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200719005310j:plain

養老鉄道100周年のヘッドマーク掲示です。

f:id:nichinichisou0808:20200703023512j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190830103138j:image

 

D25編成 H30/10 廃車済

3両編成 (桑名 625,565,525 大垣) 

新参者の私は知りませんでしたが、このD25編成は特別な人気のあった編成のようで、さよなら運転イベントも行われました。

他の車両との相違点として以下があるようです。

・ラインデリア装備車

・屋根上機器が大きい

・窓のサイズが小さい

・正面屋根デザインが鋭角

f:id:nichinichisou0808:20190830103231j:image

偶然D25は豊富に撮影していたようです。

f:id:nichinichisou0808:20190826132126j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830103344j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830103154j:image

養老鉄道では珍しい下枠交差パンタが装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190826150613j:plain

車内は天井エアコンの間は扇風機ではなく、ラインデリアとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20200703015419j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190826142749j:image

ドア部分の窓枠も他車両と違うようです。

f:id:nichinichisou0808:20190830103316j:image

聲の形の聖地巡礼用に撮影したものです。

f:id:nichinichisou0808:20200703015543j:plain

 

7700系

元東急池上線など7700系から編成されたグループです。 

TQ12編成

3両編成 (桑名 7912,7812,7712 大垣) 

歌舞伎塗装バージョンです。元は東急電鉄の車両ですが、車内は大規模リニューアルが施され、電車の制御装置もVVVF方式に改造済みです。

f:id:nichinichisou0808:20190826132043j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703035837j:plain

車内です。

f:id:nichinichisou0808:20190826144740j:image

f:id:nichinichisou0808:20200719005305j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200719005345j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200719005322j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200719005332j:plain

 

更新前編成

西大垣に留置されていました。

f:id:nichinichisou0808:20200703035832j:plain

現時点で東急から編入の車両は撮影をしていません。順次追加します。

次項は養老鉄道の駅紹介です

 

養老鉄道 駅アルバム

■大垣駅

正面入り口に窓口と切符発売機、有人改札が並びます。

f:id:nichinichisou0808:20190826151505j:image

f:id:nichinichisou0808:20200703030426j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190826151519j:image

大垣駅有人改札。改札内には冷房完備の待合室もあります。

f:id:nichinichisou0808:20190826151508j:image

左が1番線(桑名方面)、右が2番線(揖斐方面)のホームとなります。 

f:id:nichinichisou0808:20190830103216j:image

大垣駅ホームは1面2線構造ですが、1番線からは桑名方面に、2番線からは揖斐方面に列車が折り返して行きます。

f:id:nichinichisou0808:20190830103219j:image

広い敷地の大垣駅ですが、養老鉄道は左端にあるホームとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190830103126j:image

 

■西大垣駅

養老鉄道の本社と検修区が隣接しています。終日有人駅です。

f:id:nichinichisou0808:20200719005350j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190826151512j:image

f:id:nichinichisou0808:20200719005315j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200719005340j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200719005328j:plain

大垣駅を桑名方面に向かう列車は隣の西大垣駅で列車交換をします。乗務員の交代も行っているようです。

f:id:nichinichisou0808:20190826132103j:image

f:id:nichinichisou0808:20190911115619j:image

f:id:nichinichisou0808:20200719010154j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200703030422j:plain


■東赤坂駅

列車交換のある無人駅です。

f:id:nichinichisou0808:20190826151501j:image

大垣駅から揖斐方面に向かう列車は、こちらで列車交換をすることがあります。

f:id:nichinichisou0808:20190826132203j:image

 

■美濃青柳(やなぎ)駅

単線1面ホームの無人駅です。

f:id:nichinichisou0808:20190830103129j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826154549j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200719005310j:plain

 

■美濃高田駅

f:id:nichinichisou0808:20200703032247j:image

 

■養老駅

養老駅の駅舎はとても歴史があります。

f:id:nichinichisou0808:20190826165002j:image

養老駅改札。終日有人です。

f:id:nichinichisou0808:20190830103150j:image

養老駅ホームは3番線までありますが、普段は1・2番線のみ使用します。

f:id:nichinichisou0808:20190826151731j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200703030415j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200703030410j:plain

養老駅では必ず列車交換があります。

f:id:nichinichisou0808:20190826132057j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826151211j:plain 

 

 

 

■多度駅

有人駅です。上下列車の交換も行われているようです。

f:id:nichinichisou0808:20190830103246j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826165125j:image

 

■桑名駅

もともと近鉄の支線だったからか、養老鉄道の駅舎は無く、ホームも1面1線となっています。

(2020年7月に桑名駅はリニューアルを終えています) 

f:id:nichinichisou0808:20190830103202j:image

・・・さすがに全駅は無理ですが、細々と追記予定です。

 

D25さよなら運転動画

Youtubeで発見した動画です。私は「サヨナラ運転駆け込み隊」や「葬式鉄」属性は無いのですが、以下の動画で養老駅の3番線ホームに入線する列車を見て驚愕しました。

左が養老駅1,2番線の線路で、右の・・・風化した30レール!?が3番線なのです。こんな線路でも走行可能なんですね。 


f:id:nichinichisou0808:20190830121455j:image

f:id:nichinichisou0808:20190830121459j:image

 

最後に

7/19更新につきまして

・一部構成を変更いたしました

・車両写真を追加いたしました

・西大垣駅風景を追加いたしました

 

7/3更新につきまして

・一部構成を変更いたしました

・車内風景を追加いたしました

・車両写真を追加いたしました

・養老駅風景を追加いたしました

 

年度は失念しましたが、養老鉄道の営業係数は182.0とのことです。

これは100円の収入上げるために182円の経費が掛かっているという事であり、国内の各JR、大手私鉄、中小私鉄、第三セクター、モノレールの全事業者でワースト10に入る程なのです。

ちなみに私の地元西武鉄道は80.7です。

 

・・・もっと養老鉄道を利用しましょう!

 

今回は以上となります。

 

あわせてぜひご覧ください

鉄道系記事は他にもございます。  

大垣市役所新庁舎と「聲の形」聖地巡礼

 新規投稿 2019/04/18・最終更新 2020/06/27

今回は大垣市役所旧庁舎解体・現庁舎建設工事と「聲の形」聖地巡礼の記事となります。

※本文では「旧本庁舎」「現本庁舎」「新本庁舎」が混在しておりますがご容赦ください

f:id:nichinichisou0808:20190721032442j:image

※大垣市配布の「聲の形」舞台モデル紹介 より

 

はじめに

「映画 聲の形」の聖地、岐阜県大垣市の中枢となるのが「大垣市役所本庁舎」(3代目)です。

そして大垣市役所の現本庁舎(2019.6現在)は昭和39年に建設のため、現在は老朽化が進行し、加えて維持費増加も懸念されている様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418120428j:plain


f:id:nichinichisou0808:20190928002118j:image

f:id:nichinichisou0808:20190928002143j:image

現本庁舎東側(左)と西側(右)

そこで平成29年に大垣市では新本庁舎の建設を開始し、平成32年(令和元年)内に完成の予定としました。

大垣が大好きな私は、この大垣市役所新庁舎工事を見守ろうと固く心に決め、本記事を書き始めました。(ホントは他に理由がありますが後程)

 

大垣市役所 新本庁舎イメージと配置

まずは新庁舎を南東から眺めたイメージです。左側の駐車場予定地は現本庁舎建設地(2019.6月現在使用中)となります。

f:id:nichinichisou0808:20190418011558j:image

 

新庁舎を南西から俯瞰のイメージです。手前駐車場予定地は、ほぼ現本庁舎(含駐車場)が使用中です。

f:id:nichinichisou0808:20190418011629j:image

 

現本庁舎ホールにある、新庁舎完成模型です。

f:id:nichinichisou0808:20191030031641j:plain

 

新庁舎予定配置図(北↑)では、「第1来庁者駐車場」西側の7割程度及び、「新庁舎」の南側1/4程の土地に現本庁舎(2016.12月現在)が含まれています。

f:id:nichinichisou0808:20190418011632j:image

そのため現本庁舎の北側(新庁舎の南側1/4相当)を2017年内に部分解体し、その部分の土地が空いてから新庁舎建設に移行するようです。

 

貼り出された新庁舎工事関係業者・団体。さすがお役所。しっかりされている。

f:id:nichinichisou0808:20190514150438j:image

 

簡潔にではありますが、現本庁舎解体と新庁舎建築を工程順にしました。 

全体工程

①水門川沿いでは新立体駐車場が稼働中

②現本庁舎北側を部分解体して土地を開ける

③部分解体後に新庁舎の建設が始まる

④新庁舎完成後に「現本庁舎解体」「第1来庁者駐車場整備」「公園整備」となる (2020,1月以降)

全体工程としては、平成29年4月より令和3年末(平成33年末)迄となっています。新庁舎建築物部分については令和2年初頭より一部共用開始されました。

※以上の画像と予定は大垣市役所HPにて公開されています

※正確な情報及び工期等予定は大垣市役所HPをご確認ください

 

大垣市役所工事を記事にした理由

私は学生の頃に工事現場にて日雇いの「ザ・ガードマン」でしたが、建築技術・様式から重機についての知識はゼロに近い全くの素人であると同時に、残念ながらその方面には興味がありません。

そして私は関東在住であり、大垣市には大っぴらに好意を寄せてはいますが、市役所の庁舎を記事にするほどの事は・・・これが大アリなんです。


f:id:nichinichisou0808:20190928010827j:image

f:id:nichinichisou0808:20190928010824j:image

 

・・・実は「大垣市役所」の現本庁舎位置には、映画「聲の形」内で(登場人物)西宮さん一家がお住まいにならる、素晴しきマンションが存在をしています。

また先程の配置図にある「西外側橋」では、将也が硝子の母親からきっついビンタを喰らっています。

更には物語の後半、将也が西宮家のベランダから下の水門川に命懸けのダイヴをしたのです。

f:id:nichinichisou0808:20190418122733j:image

将也の着水地点はこの地点であると確信した

私的に大垣市役所と周辺は一級品の聖地なのです。

 

現実の「大垣市」映画の「水門市」

映画「聲の形」では大垣市を作品の舞台としながらも、作中では大垣市とはせずに「水門市」の設定となっています。

そしてこの項では「現実の大垣市」と「聲の形の水門市」、特に旧大垣市役所本庁舎(西宮邸)付近の街並を比較してみます。

比較画像は全て、夜の景色が「水門市」、昼の景色が「大垣市」の街並となります。

※今回は比較目的のみに「聲の形」本編画像を使用します

 

①左手の集合住宅に西宮家は入居しています。部屋番号おせーてください。

f:id:nichinichisou0808:20190418013357j:image

清水橋からの水門川。

大垣市では左手に旧本庁舎があります。水門川に架かる「西外側橋」と、右手の川沿いの歩道、1番奥の建物(福祉会館)が一致をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190418015359j:image

 

②将也(少年)の立っているのは橋の上です。

f:id:nichinichisou0808:20190418013353j:image

大垣市「西外側橋」の上から市役所を背にして撮影をしました。倉庫やロードミラーも一致をしています。実は左にある高層マンションも描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20190418015527j:image

 

③ビンタ後に去る西宮母。右には西宮邸を含む集合住宅となります。

f:id:nichinichisou0808:20190418013619j:image

実際の大垣市には西外側橋の対岸右手に旧本庁舎があります。

しかし橋対岸右に設置の物置や街灯、風景奥の税務署をはじめ、大垣共立銀行 本部までもが一致をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190418015758j:image

 

「聲の形」は原作となった漫画作中の大垣再現度も高かったのですが、映画では更にすんごいリアルな大垣市になっているのです。

・・・いきなり結論となりますが、これより部分的〜全解体される建築物(大垣市役所旧本庁舎)は、先程赤字強調した通り、私とっては西宮さんのお家そのものなのです。

おかげさまで2016年10月から大垣聖地巡礼の度、嬉々として西宮さんの家(旧大垣市役所)の撮影を続けた結果、今回こうして「新旧・大垣市役所本庁舎」の変遷記事にまとめることができました。

それでは事項では、旧本庁舎健在の頃をご紹介します。

 

現本庁舎健在時 (2016年秋当時)

ここからは本題の大垣市役所 新庁舎建設の話題となりますが、まずは現本庁舎が完全健在の頃をご紹介いたします。といいましても私は2016年9月下旬からの姿しか知らず、本庁舎建設予定地では、すでに建築物撤去が行われた後でした。

 

現本庁舎は東側に正面入口があります。

f:id:nichinichisou0808:20190418022220j:image

西(または北西)側となり、本記事で頻繁に登場します。

f:id:nichinichisou0808:20190418113914j:image

こちらは西側からの現本庁舎となります。西外側橋は1枚上の写真と同じとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190418120559j:plain

市役所北西に架かる「西大垣通り」の清水橋より西外側橋をメインに。

f:id:nichinichisou0808:20190927225415j:image

こちらは南西側からの現本庁舎となります。石垣の下には水門川が流れています。

f:id:nichinichisou0808:20190418032609j:image

 

2017年の大垣市役所風景

ここから本題の大垣市役所 現庁舎取壊し&新庁舎建設の日々をお送りいたします。

そしてくどいようですが、私には建築関連の知識は一切なく「西宮邸」としての興味のみとなります。(建築用語や理解に難ありとご理解ください)

 

1月28日

北側より現本庁舎を見る限り、まだ部分解体工事は始まっていません。

f:id:nichinichisou0808:20190418022950j:image

珍しく西外側橋の欄干入りです。

f:id:nichinichisou0808:20190930153211j:image

西外側橋より南方向です。

f:id:nichinichisou0808:20200627134418j:image

南西より。

f:id:nichinichisou0808:20190925052841j:image

夜にも同位置から。

f:id:nichinichisou0808:20190927225100j:image

西側からの本庁舎です。

f:id:nichinichisou0808:20190418032641j:image

まだまだ現状維持しております。

f:id:nichinichisou0808:20190418114219j:image

西外側橋より南方向です。

f:id:nichinichisou0808:20200627134342j:image

 

2月19日

東側より現本庁舎の正面玄関を眺めます。解体準備は開始していませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190418030407j:image

北西からの西外側橋をメインで。

f:id:nichinichisou0808:20190927224834j:image

 

3月5日

北の清水橋(欄干入り)より朝の市役所です。

f:id:nichinichisou0808:20190930153305j:image

夕方も清水橋より。

f:id:nichinichisou0808:20190418114429j:image

新庁舎建設予定地では何らかの作業が行われています。

f:id:nichinichisou0808:20190418114516j:image

普段はあまり撮影しないアングルです。

f:id:nichinichisou0808:20190418023017j:image

 

4月2日

午前中に北側清水橋より。

f:id:nichinichisou0808:20190930153346j:image

北側からの本庁舎。

気のせいかもしれませんが、解体予定部分の庁舎内では機材が撤去され始めたのでしょうか。

室内には光がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190927224116j:image

舟下りは良いですよ。

f:id:nichinichisou0808:20190927224526j:image

少し離れて南側の竹橋より。

f:id:nichinichisou0808:20190927224304j:image

たまには異なる視点(水門川舟下り)からとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190418112846j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927223905j:image

西外側橋の増したが見えるなんて・・・将也的な視点?

f:id:nichinichisou0808:20190927230102j:image

東側正面玄関です。

f:id:nichinichisou0808:20191005095505j:image

 

4月7日

北側から本庁舎となります。2〜4階の解体予定部分は蛍光灯が消灯しているようです。

f:id:nichinichisou0808:20190927230306j:image

北西側より。

f:id:nichinichisou0808:20190418022958j:image

雨の荷か満開の水門川沿いの桜と西側より。

f:id:nichinichisou0808:20190927230426j:image

西外側橋市役所川です。この物置と通行止標識が健在です。

f:id:nichinichisou0808:20191005095532j:image

2019年大垣市で再上映時に気付きましたが、結弦と永束が福祉会館バルコニーに居る時の背景に大垣市役所が描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20191031185047j:plain

 

4月15日

北西側からの本庁舎となります。(実はこのアングルが大好きで)

f:id:nichinichisou0808:20190927230913j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927230559j:image

夜も北西側からの本庁舎となります。

f:id:nichinichisou0808:20190925055809j:image

まだ解体予定部分で業務をされているようですが、22時過ぎですよ・・・お疲れ様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418111322j:image

 

4月30日

前回訪問より3週間経過しましたが、外観には特に変化が認められません。
f:id:nichinichisou0808:20190418022955j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927231036j:image

養生する様子や解体の重機などの姿も認められません。

f:id:nichinichisou0808:20190418023038j:image

 

5月13日

何となくですが、解体部分は既に庁舎内整理が完了しているように感じられます。

f:id:nichinichisou0808:20190418111348j:image

このアングルもなかなか。

f:id:nichinichisou0808:20190418105121j:image

まさか後日、西外側橋が通れなくなるとは。

f:id:nichinichisou0808:20190930153425j:image

この日は「大垣まつり」。折角なので正面玄関から撮影しました。

f:id:nichinichisou0808:20190418023057j:image

 

 

6月7日

北側清水橋より。

解体予定箇所の1階が部分的に囲いがされています。

f:id:nichinichisou0808:20190925060005j:image

北西側から。

f:id:nichinichisou0808:20190925060009j:image

 

6月24日

いつもの清水橋より。囲いに変化はないようです。

f:id:nichinichisou0808:20190930153458j:image

西外側橋から観る西宮邸も好きです。

f:id:nichinichisou0808:20190418023046j:image

珍しい角度です。西外側橋の市役所側から煽りです。

f:id:nichinichisou0808:20190930153529j:image

本庁舎北側ですが工事向け外壁が組まれました。そして解体部分の窓から硝子が取り外されだしたようです。。。「硝子」は「しょうこ」と読むのは常識ですね。
f:id:nichinichisou0808:20190418023053j:image

本庁舎西側の窓が縦に全て外された箇所があります。予想ではここを境に左側を解体するのではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190418023042j:image

仮庁舎の案内が開始されました。

f:id:nichinichisou0808:20190418105552j:image

 

6月26日

清水橋より。

間1日なので変化は感じられません。

f:id:nichinichisou0808:20190930153807j:image

実はこれ早朝4時台です。

f:id:nichinichisou0808:20190930153804j:image

 

7月8日

北西側本庁舎です。どうやら解体予定部分の窓が全て撤去された様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418030519j:image

西外側橋から眺めます。

f:id:nichinichisou0808:20190925060306j:image

南西側から。こう見ると解体予定部分の見分けは容易です。

f:id:nichinichisou0808:20190418030515j:image

 

7月15日

清水橋より。新たに西側1階部分にブルーネットが張られました。

f:id:nichinichisou0808:20190930153854j:image

西側からの本庁舎です。一気に廃墟感を醸し出してきました。

本庁舎と水門川の間に並んでいた物置(作中作画あり)風の建造物が撤去されています。
f:id:nichinichisou0808:20190418023023j:image

東から正面へ。

大垣は飛行機雲よく見ます。

f:id:nichinichisou0808:20190925060422j:image

 

7月22日

北東より現本庁舎です。解体される部分は隙間が出来るほどにもぬけの殻状態です。

f:id:nichinichisou0808:20190418101131j:image

2枚続けて西側から。

f:id:nichinichisou0808:20190925060555j:image

窓から草が生えているように見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190925060558j:image

東から正面へ。飛行機雲?だらけ。

f:id:nichinichisou0808:20190927234542j:image

そしてついに部分解体の時はきてしまうのか?

f:id:nichinichisou0808:20190418031154j:image

 

7月29日

北西側からの本庁舎です。解体部分には飛散防止の養生シートで囲まれていました。

f:id:nichinichisou0808:20190418031239j:image

内部が全く見えません。

f:id:nichinichisou0808:20190925060727j:image

こんな聖地はちょっと・・・

f:id:nichinichisou0808:20190927234615j:image

南西方向から。

f:id:nichinichisou0808:20190925052008j:image

北東側。重機も搬入されていますが、解体用では無いようです。

f:id:nichinichisou0808:20190418031242j:image

東側正面。ここだけを見ればまだまだ健在。

f:id:nichinichisou0808:20190925052114j:image

 

8月18日

北西側からの本庁舎です。すっかりシートに囲まれたため、こちらから中は窺い知れません。

f:id:nichinichisou0808:20191005095742j:image

引き続き低層建築部分の解体作業が進行中です。

f:id:nichinichisou0808:20191005095750j:image

f:id:nichinichisou0808:20191005095745j:image

北側からは複数の重機が確認できます。すべて解体用でしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190925060905j:image

西外側橋からです。

f:id:nichinichisou0808:20190418031403j:image

本庁舎北側に重機などのゲートがあります。本庁舎東側部分もいよいよ解体を待つ状態の様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418031407j:image

シートの中が気になります。

f:id:nichinichisou0808:20190418101255j:image

 

8月26日

北西清水橋からは・・・平和そうに見えますが。

f:id:nichinichisou0808:20190925052233j:image

北側ゲート付近です。一気に解体作業が進んでいます。

こ、こわされてゆく・・・

f:id:nichinichisou0808:20190418023014j:image

前回8/18から僅か8日経過ですが、解体作業は早いです。

f:id:nichinichisou0808:20190930153936j:image

ゲートが開きました。

f:id:nichinichisou0808:20191005100040j:image

今回残った本庁舎部分とは切断も済んでおり、青のカバーで仮外壁が設置されていました。

f:id:nichinichisou0808:20191005095954j:image

西側本庁舎です。一部シートが外されています。

f:id:nichinichisou0808:20190418023100j:image

こちらは南西側からの本庁舎です。平和そのものです。

f:id:nichinichisou0808:20190418031508j:image

朝にも竹橋上から撮影をしました。

f:id:nichinichisou0808:20190927231510j:image

 

9月9日

北西側からです。

解体の済んだ部分のシートが撤去されました。

f:id:nichinichisou0808:20191005100126j:image

北側ゲート付近です。どうやら西側本庁舎の解体作業は終わったようです。

f:id:nichinichisou0808:20190927231623j:image

8/26に解体していた部分は跡形もありません。

f:id:nichinichisou0808:20190930154024j:image

北東側。7/29の同アングル写真と比較すると、明らかに減ってますね。
f:id:nichinichisou0808:20190418023034j:image

北西側からの本庁舎。左側にある2階建ての庁舎も今回の解体対象です。

f:id:nichinichisou0808:20190418022948j:image

なんか痛々しい。

f:id:nichinichisou0808:20190927231726j:image

f:id:nichinichisou0808:20190925052423j:image

北東から本庁舎正面方向となります。

f:id:nichinichisou0808:20190418031610j:image

東から本庁舎正面玄関となります。

f:id:nichinichisou0808:20190925052506j:image

 

9月24日

観光バスが・・解体見学ツアーかしら。

どうやら水門川の市役所対岸では「市役所立体駐車場」の建築が開始される模様です。

先に駐車スペースを用意するあたり周到ですね。さすが官。

f:id:nichinichisou0808:20190927231852j:image

どうやら解体対象部分は全て解体済みとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20190925052607j:image

 

10月8日

西側本庁舎です。切断面が新たに養生シートで囲まれています。

f:id:nichinichisou0808:20190418023026j:image

 

10月21日

特に変化はありませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190418023007j:image

 

11月3日

工事現場の仮囲い板には新庁舎の告知が表示されています。

f:id:nichinichisou0808:20190418031703j:image

つーかワシもすみたい。

f:id:nichinichisou0808:20190418031706j:image

紅葉と市役所(残存部分)。

f:id:nichinichisou0808:20190930154137j:image

そして大垣市職員の皆様、夜遅くまで公務お疲れ様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418102644j:image

個人的には「ビンタ橋」と呼ぶ聖地の「西外側橋」が通行禁止となりました。

市役所側通行止め看板です。

f:id:nichinichisou0808:20190925061136j:image

 

11月19日

西側から本庁舎(西側)です。切断面は完全に埋められ、養生シートも撤去されています。応急工事完了でしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190418023003j:image

紅葉真っ盛りな南西側から。

f:id:nichinichisou0808:20190927232124j:image

 

12月9日

特に変化はありませんでした。

「立体駐車場」予定地に囲いが出来ました。

f:id:nichinichisou0808:20190418031847j:image

西外側橋の閉鎖期間は平成30年内までと表記されていますが、実は平成31年でも閉鎖状態が継続中です。(現在、工期変更はされています)

・・・まさか架け替えたりしないでしょうね。「聖地なくすの反対!」

f:id:nichinichisou0808:20190418031843j:image

対岸左手、新庁舎建設地でも作業が行われています。

f:id:nichinichisou0808:20191005100206j:image

南西側の竹橋からです。

f:id:nichinichisou0808:20190925061409j:image

 

2018年の大垣市役所風景

どうやら予定していた現本庁舎北部分の解体は完了したようです。

解体によって空いた土地と、既に確保済みの土地部分への新庁舎建築が始まるものと思われます。

 

1月20日

どうやら解体した2階建部分との切断面も応急工事完了でしょうか。

・・・しかも「立体駐車場」が約1月の間でほぼ完成してますよ。

f:id:nichinichisou0808:20190422201027j:image

夜同場所から。

f:id:nichinichisou0808:20190927232333j:image

夜の南西側(新庁舎完成まで延命)部分です。

f:id:nichinichisou0808:20190925053025j:image

水門川を北に進むと、対岸には新庁舎建設地がよく見えます。

f:id:nichinichisou0808:20191005100325j:image

 

1月26日

雪景色を見に。

清水橋欄干の積雪もなかなか。

f:id:nichinichisou0808:20190920183421j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190920183455j:plain

記憶に間違いがなければ休工でした。

f:id:nichinichisou0808:20190418023154j:image

雪の夜です。

f:id:nichinichisou0808:20191005100351j:image

翌朝。

f:id:nichinichisou0808:20190930154405j:image

 

2月26日

新庁舎建築予定地(現庁舎の北)に簡易的な囲いが出来ていました。

f:id:nichinichisou0808:20190906053711j:plain

 

3月17日

ついに新庁舎建設地に様々な重機が搬入され始めました。建設予定には地震発生時の液状化防止のために地盤改良を行うようです。

「立体駐車場」は仕上げの舗装中でしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190925061535j:image

北側の西大垣通り沿いに重機搬入用ゲートが出来ました。

f:id:nichinichisou0808:20190418031917j:image

 

4月1日

朝は北西から。

f:id:nichinichisou0808:20190927232830j:image

昼間は水門川の桜がよく見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190930154509j:image

すっかり本庁舎は平静を取り戻したようです。

f:id:nichinichisou0808:20190418023207j:image

西側。満開の桜とともに。

f:id:nichinichisou0808:20190418023204j:image

南西側。こちらも満開の桜と。

f:id:nichinichisou0808:20190930154536j:image

夜も北西から。

・・・って「立体駐車場」に明かりがついている・・・もう運用開始ですか。(楽しみが1つ減った)

f:id:nichinichisou0808:20190927232654j:image

 

4月2日

普段はあまり見る機会のない南西側からの現本庁舎となります。

こちらの解体は新庁舎完成後なので、ついつい後回しにしてしまいます。

f:id:nichinichisou0808:20190418023145j:image

本庁舎の部分解体も終わり、新庁舎建設現場では慌ただしく作業が続いています。

f:id:nichinichisou0808:20190418023159j:image

 

5月4日

新庁舎建設の西側仮囲い板には新市役所一帯の完成図が表示される様になりました。

f:id:nichinichisou0808:20190418031955j:image

 

5月11日

素人なので目に見える進捗はなさそうに見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190925061755j:image

 

5月14日

12,13は土日のため、11日夜のままでしょう。(朝6:30)

f:id:nichinichisou0808:20190925062206j:image

 

6月2日

現存する現庁舎は・・・新庁舎の運用開始までは安泰かと。

f:id:nichinichisou0808:20190418023137j:image

新たに大通り面に立派な搬入ゲートができました。

現場を覗くと重機だらけです。
f:id:nichinichisou0808:20190418023141j:image

これは何でしょう。

f:id:nichinichisou0808:20191005100452j:image

北側の西大垣通り歩道沿いもしっかりとした囲いが出来ました。

f:id:nichinichisou0808:20190418023150j:image

 

7月7日

北西側からの本庁舎です。水門川の増水以外変化はありません。

f:id:nichinichisou0808:20190418032038j:image

翌朝、水門川の水量はほぼ普段通りになりました。

f:id:nichinichisou0808:20191005100521j:image

 

8月5日

新庁舎建設現場に巨大重機が搬入されたようですが、お休み中の様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418104556j:image

 

9月1日

先月同様に巨大重機は爆睡中です。

f:id:nichinichisou0808:20190418105425j:image

 

10月7日

いつもの清水橋より。重機が気になる〜。

f:id:nichinichisou0808:20190925062443j:image

彼はいつ稼働しているのだろうか。

f:id:nichinichisou0808:20190930154657j:image

この西大垣通りに新しい市役所の正面玄関が設置予定です。道路反対側が建設地です。

f:id:nichinichisou0808:20190925062439j:image

 

11月3日

少し期間が開きましたが、すんごい重機の動作をついに確認しました。(目立ちまくり)

f:id:nichinichisou0808:20191005104117j:image

右手にある煌々としているのが大垣市役所の新立体駐車場となります。

f:id:nichinichisou0808:20190418032714j:image

 

2019年の大垣市役所風景

2018年11月の段階で新庁舎は全く姿を見せませんでしたが、ここから一気に行くのでしょうか。(聞いた噂では)鉄骨は組むのが早いらしいですね。

 

2月2日

北西側から。

f:id:nichinichisou0808:20200627131805j:image

約3ヶ月間で新庁舎の鉄筋が組み上がっています。これは北側から見た新庁舎です。

f:id:nichinichisou0808:20190418032224j:image

これは西側から見た新庁舎です。

f:id:nichinichisou0808:20190418032230j:image

f:id:nichinichisou0808:20190925053418j:image

新庁舎完成までの間は現本庁舎も安泰でーす。

f:id:nichinichisou0808:20190418032227j:image

 

4月1日

約2ヶ月経過しましたが、新庁舎建設には目に見えた進捗はなさそうです。(これだから素人はこまる)

f:id:nichinichisou0808:20190418032256j:image

f:id:nichinichisou0808:20190925062806j:image

さらに超でかいクレーンが稼働中!

f:id:nichinichisou0808:20190418032301j:image

北西側からです。

f:id:nichinichisou0808:20191005100615j:image

 

5月10日

北西側から。

f:id:nichinichisou0808:20190925053755j:image

約1カ月経過ですが、ものすごい速度で建築が進んでいます。

f:id:nichinichisou0808:20190512173352j:image

北西側から。

f:id:nichinichisou0808:20190512173346j:image

西側から。

f:id:nichinichisou0808:20190512173325j:image

南西側からです。

f:id:nichinichisou0808:20190512173329j:image

やや北西側から。現本庁舎と合体しそうな近さです。

f:id:nichinichisou0808:20190925053907j:image

 

5月11日

大垣まつりの掛芸披露が現本庁舎前にて行われました。

この組み合わせは今年で最後かもしれません。
f:id:nichinichisou0808:20190512173342j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514150645j:image

 

6月16日

さらに約1カ月経過です。北側は西大垣通りに面した正面玄関となりやす。

f:id:nichinichisou0808:20190623155222j:image

以下2枚は北西側から。

f:id:nichinichisou0808:20190623155226j:image

f:id:nichinichisou0808:20191005100701j:image

南西側からです。

f:id:nichinichisou0808:20190925054304j:image

 

7月29日

さらに約1カ月経過です。

北東側から。

f:id:nichinichisou0808:20190925055046j:image

ほぼ北側(おそらく正面玄関)から。どうやらガラスが入ったようです。いよいよ電気設備や内装に着手をするのでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190801210928j:image

北側、新庁舎正面からとなります。

f:id:nichinichisou0808:20191005100803j:image

北西方向から新庁舎。

f:id:nichinichisou0808:20190801210934j:image

北西方向より現本庁舎。通行止めの西外側橋は雑草が伸びていました。

f:id:nichinichisou0808:20190801210922j:image

北西から、いつもより距離をとりました。

f:id:nichinichisou0808:20191005100829j:image

 

9月9日

さらに約1カ月経過ですが、チクショーかっこいいなぁ。

新庁舎の外観全てを眺められる状態になったようです。こちらは北側正面玄関側です。

f:id:nichinichisou0808:20190911110230j:image

税務署とツーショット。

f:id:nichinichisou0808:20190911110225j:image

f:id:nichinichisou0808:20190925055326j:image

北西側です。

f:id:nichinichisou0808:20190911110242j:image

南西側からです。

f:id:nichinichisou0808:20191005101003j:image

北東側から現本庁舎正面玄関側です。

f:id:nichinichisou0808:20190925054436j:image

南西側、水門川沿いの現本庁舎と新庁舎です。

f:id:nichinichisou0808:20190911110237j:image

東から現本庁舎です。この様に見ると健在ですね。

f:id:nichinichisou0808:20190925055612j:image

 

10月19日

前回より1ヶ月ほど経過しました。

北東側から新庁舎です。よく見ると館内照明が点灯しています。

f:id:nichinichisou0808:20191025115501j:image

東側から。

f:id:nichinichisou0808:20191025115509j:image

やや北東からです。

新庁舎建設は順調な様ですが、現庁舎北側に足場が組まれています。まさか、、、

f:id:nichinichisou0808:20191025115456j:image

東側、現庁舎正面玄関です。

これからは特に現庁舎に注目します。

f:id:nichinichisou0808:20191025115448j:image

正面玄関です。

f:id:nichinichisou0808:20191025115505j:image

f:id:nichinichisou0808:20191025115437j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627134139j:image
正面玄関を背にロータリー部分です。

f:id:nichinichisou0808:20191025115432j:image

右手すぐに正面玄関、左手は駐車場です。

f:id:nichinichisou0808:20191025115451j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627134132j:image

初めてのカットの南東から。

f:id:nichinichisou0808:20191025115444j:image

こちらも初めての南側。

利用したことはありませんが、土日祝用の入口ではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20191025115441j:image

南西側。

f:id:nichinichisou0808:20200627134135j:image

南西側、竹橋より。

f:id:nichinichisou0808:20200627134128j:image

今回は西外側橋にも注目しました。

f:id:nichinichisou0808:20191030033410j:image

f:id:nichinichisou0808:20191030033420j:image

対岸の標識も撤去されています。

f:id:nichinichisou0808:20191030033417j:image

工期の長さが気になります。

f:id:nichinichisou0808:20191030033413j:image

 

10月28日

工事(主に現庁舎)が気になるので10日ぶりにきました。まずは新庁舎を北側から。 

f:id:nichinichisou0808:20191030031624j:image

f:id:nichinichisou0808:20191030031621j:image

北側正面玄関です。

f:id:nichinichisou0808:20191030031636j:image

f:id:nichinichisou0808:20191030031707j:image

やや北西から。

f:id:nichinichisou0808:20191030031616j:image

清水橋から。

f:id:nichinichisou0808:20191030031704j:image

北西から。

f:id:nichinichisou0808:20191030031701j:image

水門川に映る新庁舎。

f:id:nichinichisou0808:20191030033615j:image

西側から。現庁舎には足場の高さ以外変化はありません。安心しました。

ここからは現本庁舎です。

f:id:nichinichisou0808:20191030031631j:image

f:id:nichinichisou0808:20191030031658j:image

南西より。

f:id:nichinichisou0808:20200627134023j:image
f:id:nichinichisou0808:20200627134018j:image

南側より。

f:id:nichinichisou0808:20191030031638j:image

南側にある休日受付です。

f:id:nichinichisou0808:20191030031652j:image

東側・正面玄関です。

f:id:nichinichisou0808:20191030031618j:image

新庁舎カウントダウン

f:id:nichinichisou0808:20191030031711j:image
現庁舎の館内、中央ホールと天井です。(利用者が一切写らないのはここが限界です)

f:id:nichinichisou0808:20191030031644j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191030031655j:plain

21:30過ぎです。お疲れ様です。

f:id:nichinichisou0808:20191030033622j:image

 

12月7日・8日

いよいよ新庁舎建物部分が完成をしました。

12/8には新庁舎の内覧会が開催されました。

内覧会で知りましたが、新庁舎北側は正面玄関ではありませんでした。確か南側または東側が正面玄関とのことです。

新庁舎を北から。

f:id:nichinichisou0808:20191218201739j:plain

北西より。

f:id:nichinichisou0808:20191218194936j:plain

確定ではありませんが、予想通り西外側橋も架替となりそうです。

・・・一帯の聖地全滅です。

f:id:nichinichisou0808:20191218194925j:plain

南西より。

f:id:nichinichisou0808:20191218194922j:plain

南側。

f:id:nichinichisou0808:20191218194852j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627133922j:image

南側敷地内。

f:id:nichinichisou0808:20191218194905j:plain

f:id:nichinichisou0808:20191218194902j:plain

南東から正面玄関。

f:id:nichinichisou0808:20191218194847j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627133804j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627133918j:image

正面玄関の植込みが撤去されました。

f:id:nichinichisou0808:20191218194858j:plain

北側玄関。

f:id:nichinichisou0808:20191218203450j:image

現庁舎の周りには鉄骨が並び、足場も組まれていました。12月下旬からの解体準備でしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20200627132847j:image

f:id:nichinichisou0808:20191218194916j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191218194909j:plain

現・新庁舎の並びです。

f:id:nichinichisou0808:20200627133437j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627133433j:image

f:id:nichinichisou0808:20191218194939j:plain

南西部分。

f:id:nichinichisou0808:20200627133244j:image

新庁舎内覧会時に新庁舎3階デッキより現庁舎北側です。

f:id:nichinichisou0808:20200627132953j:image

f:id:nichinichisou0808:20191218194834j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627132957j:image

 

12/7夜、一切灯の付いていない新庁舎。

f:id:nichinichisou0808:20191218203138j:image

f:id:nichinichisou0808:20191218203142j:image

 

2020年の大垣市役所風景

2020年1月、いよいよ「新庁舎は現庁舎」となり「現庁舎は旧庁舎」へと変わりました。

これから旧庁舎は解体となり、跡地には駐車場や水門川沿に公園が整備される予定です。

 

2月1日

旧庁舎周辺は隈なく囲まれてていますが、解体が開始されてはいませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20200204225443j:image

理由はこれではないかと予想されます。

f:id:nichinichisou0808:20200204225514j:image

北東から。

f:id:nichinichisou0808:20200204225618j:image

東側(重機出入口)から。

f:id:nichinichisou0808:20200204225621j:image

南東から。

f:id:nichinichisou0808:20200204225625j:image

北西水門川に向かいから。

f:id:nichinichisou0808:20200204225629j:image

 

3月2日

解体作業が進められています。

f:id:nichinichisou0808:20200627132226j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627132223j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627132219j:image

この後コロナの流行により大垣には行けず、大垣市役所を見るのはこの日が最期となりました。

大垣在住の方が発信して下さる解体状況より、6月下旬に建物の解体が完了を確認しました。

 

大垣市役所立体駐車場

参考掲載です。

市役所新庁舎から水門川対岸に新設されました。
f:id:nichinichisou0808:20191030033625j:image

f:id:nichinichisou0808:20191030033817p:plain
f:id:nichinichisou0808:20191030033618j:plain

 

最後に (6/27)

約3年間に渡り「偶然」かつ「適当」に(実は西宮邸を狙って)撮影し続けた、大垣市役所旧本庁舎の観察記録は、今回こそ最終更新とさせていただきます。

本記事を2019年4月に初投稿したわけですが、まさか旧庁舎最後の3ヶ月間をこの目で確認できないとは…記事未完結は痛恨の極みです。

ところで、本記事のタイトルは「新庁舎」としていましたが・・・まあ内容からバレバレでしょうが、実は旧庁舎にしか興味はありますせんでした。

…水門川に架かる「西外側橋」の行く末も気になりますが、そちらは聖地巡礼関連にて記録予定です。

 

最後に発掘された桜の季節の旧庁舎他をご覧ください。

福祉会館3Fバルコニーより。

f:id:nichinichisou0808:20200204231922j:image

こちらは2F。

f:id:nichinichisou0808:20200204233234j:image

水門川、俵橋上より。(右側桜満開が市役所・2枚)

f:id:nichinichisou0808:20200204231930j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627141215j:image

俵橋の淡墨桜と市役所。(2枚)

f:id:nichinichisou0808:20200204233213j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627141125j:image

水門川舟下りと市役所。

f:id:nichinichisou0808:20200204231926j:image

 

今回は以上となります。

 

是非併せてご覧ください

大垣情報ならば宿泊から食事に祭もあります。

映画 「聲の形」聖地を4K画質で眺める

最終更新:2020/06/29 01:39

今回は映画「聲の形」の聖地・大垣市などの巡礼写真を、超高解像度(4K相当)でご紹介する記事となります。

f:id:nichinichisou0808:20200604162424j:image

・画像サイズが大きく読込に時間を要する場合もあります

・掲載画像には作中同様のアングルではありません

・参考などとして聖地スポット以外の画像も掲載しています

 

はじめに

本記事にて公開の写真は4K解像度並に精細な6000×4000pixel(最大・一部画像除く)となっています。モニター環境が4Kや5K表示対応、またはiPad Pro(2700×2400pixel)上では、特に高精細な画像をご覧になれます。

本記事の公開理由と推奨閲覧環境につきましては、以下のブログ内リンクをご覧ください。

 

本記事の方向性

本記事タイトルは"「聲の形」聖地"となっておりますが、作中のスポットを紹介する他の聖地巡礼記事とは違う運用を考え、これまで撮影した中から「比較的写りの良い」写真を選別・編集して掲載させて頂きました。

聖地巡礼(網羅的)記事は以下リンクよりご覧ください。 

次項より本記事の主題(写真紹介)となります。

 

短期特集 〜iPhone7早朝巡礼

大垣巡礼資料を整頓時に発掘をしたこれらの写真は、2018年5月14日(大垣まつり翌日)の6:30頃からiPhone7にて撮影をしたものです。(4K解像度程度は満たしております)

f:id:nichinichisou0808:20200629012052j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629011949j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629012040j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629012129j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629011909j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629012013j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629012108j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629011936j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629012611j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629012001j:plain

大垣公園f:id:nichinichisou0808:20200629012203j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629011923j:plain

新大橋f:id:nichinichisou0808:20200629012025j:plain

大垣駅f:id:nichinichisou0808:20200629012406j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200629012416j:plain

以上となります。

 

聲の形 聖地巡礼 (シーン別)

こちらでは季節・天候等の環境(シーン)別の項目内にて、大垣市街地に存在する複数の聖地スポット写真を一挙にご紹介いたします。

■1.新緑の大垣で聖地巡礼

f:id:nichinichisou0808:20200624135603j:image

※低解像度

[撮影情報]

本項では新緑時期の大垣市聖地や風景の紹介となります。

今回は大垣駅〜郭町一丁目まで駅通りを直進、大垣公園を抜けて水門川沿に「四季の広場」内まで「四季の路」を歩くルートとなります。(記事向けに再構成しました)

記事掲載の写真につきましては、全て2018年6月2日にミラーレス機撮影で統一されております。

[本編]

当時は新しいカメラ購入直後に望遠・連写性能を試すため、日帰りにて午前中からの大垣街地巡礼とランチ、それから岐阜駅よりバスで友人の待つ高山市へ行ったようです。  

大垣駅ビルは2018年8月末までアピオでしたね。f:id:nichinichisou0808:20200604124622j:plain

原作版では描かれていた養老鉄道の大垣駅。f:id:nichinichisou0808:20200604124542j:plain

原作版ではアクアタワーが描かれていました。f:id:nichinichisou0808:20200604125341j:plain

この頃の新大橋は好きな聖地の上位でした。f:id:nichinichisou0808:20200604125304j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604125359j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624211023j:plain

聖地集合体的な郭町一丁目

f:id:nichinichisou0808:20200604125610j:plain

作中では西宮硝子さん御用達のフラワーショップ。f:id:nichinichisou0808:20200604130602j:plain

大垣公園ではイベント準備中でした。f:id:nichinichisou0808:20200604130544j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604130654j:plain

現在地の清水橋付近から四季の広場付近迄、この水門川付近は聖地スポットのラッシュです。f:id:nichinichisou0808:20200604130759j:plain

西外側橋も交換が決定した様です。f:id:nichinichisou0808:20200604131248j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604131228j:plain

竹橋から次の俵橋がみえます。f:id:nichinichisou0808:20200624210903j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604131924j:plain

美登鯉橋周辺が続きます。f:id:nichinichisou0808:20200604132029j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604132008j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604131841j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604131904j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604131946j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624210936j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624211120j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604132547j:plain

ここは「四季の広場」内を通る「四季の路」です。f:id:nichinichisou0808:20200604132710j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604132649j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624211055j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604132728j:plain

映画では背景と化した虹の橋。f:id:nichinichisou0808:20200604132608j:plain

ここ虹の橋中央付近から四季の広場を見るのが好きです。f:id:nichinichisou0808:20200604132629j:plain

大垣市総合福祉会館。f:id:nichinichisou0808:20200604133415j:plain

福祉会館内(2F)f:id:nichinichisou0808:20200604133326j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604133310j:plain

後日、追記予定です。(6月26日)

 

■2.桜満開の大垣で聖地巡礼

f:id:nichinichisou0808:20200624135721j:image

※低解像度

[撮影情報]

本項では大垣市街地が桜満開時の聖地などの紹介となります。

今回は大垣駅から新大橋、新大橋からは水門川沿に四季の広場、船町川湊まで「四季の路」を歩くの ルートとなります。(記事向けに再構成しました)

記事掲載の写真につきましても、大半(9割以上)が2018年4月1日撮影となり、撮影は全て同型のミラーレス機となります。

[本編] 

前日は京都の宇治市にて「響け!ユーフォニアム」聖地巡礼と桜見物、夕からは仲間で呑み、私だけ前夜のうちに京都を発ち、心の故郷大垣入りをしていたため、この1日は朝7時台から大垣での活動開始です。

f:id:nichinichisou0808:20200624141008j:image

少し懐かしい大垣駅改装前外観です。f:id:nichinichisou0808:20200624022030j:plain

「大垣駅南街区広場」は当時完成前。f:id:nichinichisou0808:20200624064738j:plain

新大橋 (元に戻って〜)f:id:nichinichisou0808:20200624055224j:plain

新大橋からは水門川沿の遊歩道(四季の路)を行きます。f:id:nichinichisou0808:20200624055726j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624021753j:plain

高岡橋から見える「春の舟下り」乗船場です。f:id:nichinichisou0808:20200624055406j:plain

水門川沿の桜は八幡神社まで満開ですね。f:id:nichinichisou0808:20200624055531j:plain

龍の口橋からの舟下り乗船場です。f:id:nichinichisou0808:20200624055742j:plain

八幡大橋は原作聖地となります。f:id:nichinichisou0808:20200624055642j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624055628j:plain

興文小学校付近です。f:id:nichinichisou0808:20200624055459j:plain

清水橋上から興文小学校を振り返ります。f:id:nichinichisou0808:20200624055133j:plain

清水橋です。f:id:nichinichisou0808:20200624055443j:plain

寄り道をして大垣城の桜も是非。これは東門から。f:id:nichinichisou0808:20200624063104j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624064652j:plain

これは西門から。

f:id:nichinichisou0808:20200624064621j:plain

大垣公園です。f:id:nichinichisou0808:20200624055341j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624021824j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624055425j:plain

清水橋に戻り、四季の路を進みます。f:id:nichinichisou0808:20200624055148j:plain

水門川対岸は大垣市役所(作中 西宮邸マンション)。f:id:nichinichisou0808:20200627215129j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624021538j:plain

竹橋は一応、作中にて背景となっています。f:id:nichinichisou0808:20200624021913j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624022151j:plain

竹橋からみる俵橋。f:id:nichinichisou0808:20200624022134j:plain

俵橋付近には一本の淡墨桜があります。f:id:nichinichisou0808:20200624063235j:plain

上記を接写しました。f:id:nichinichisou0808:20200624070216j:plain

俵橋から竹橋方向です。f:id:nichinichisou0808:20200624063308j:plain

俵橋から福祉会館方向です。f:id:nichinichisou0808:20200624021807j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624055515j:plain

以下より美登鯉橋風景が続きます。f:id:nichinichisou0808:20200624021239j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624021254j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624021224j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624055313j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624021326j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624021207j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624021309j:plain 

f:id:nichinichisou0808:20200624055659j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624021928j:plain

作中東屋は背景として描かれていました。f:id:nichinichisou0808:20200627215614j:image

「滝のトンネル」。f:id:nichinichisou0808:20200624055206j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624022017j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624064636j:plain

水のステージから対岸に見る福祉会館。f:id:nichinichisou0808:20200624061240j:plain

虹の橋上から四季の広場を一望します。f:id:nichinichisou0808:20200623040904j:plain

虹の橋と福祉会館。f:id:nichinichisou0808:20200624061316j:plain

虹の橋上より滝にトンネルを見下ろします。f:id:nichinichisou0808:20200627215348j:image

福祉会館側から見た虹の橋南側。f:id:nichinichisou0808:20200624055547j:plain

大垣市総合福祉会館。f:id:nichinichisou0808:20200624021947j:plain

福祉会館内。f:id:nichinichisou0808:20200624021525j:plain

福祉会館バルコニーから見る四季の広場は穴場です。f:id:nichinichisou0808:20200624021509j:plain

福祉会館バルコニーから見る美登鯉橋。f:id:nichinichisou0808:20200624021736j:plain

福祉会館正面口です。f:id:nichinichisou0808:20200624055257j:plain

水門川から「虹の橋」を見上げます。f:id:nichinichisou0808:20200624055329j:plain

貝殻橋からの虹の橋。f:id:nichinichisou0808:20200624055602j:plain

福祉会館を水門川対岸(京橋の上)から。f:id:nichinichisou0808:20200624022003j:plain

水門川は福祉会館付近で支流の牛屋川(写真)と合流します。f:id:nichinichisou0808:20200624064724j:plain

貝殻橋から住吉橋を見ます。f:id:nichinichisou0808:20200624055714j:plain

住吉橋は舟下りの終着でもあります。f:id:nichinichisou0808:20200624061427j:plain

高橋の上から住吉橋を眺めます。(終)f:id:nichinichisou0808:20200624055241j:plain

今回のルートでもある新大橋から住吉橋付近の水門川沿は、桜の木が途切れることがなく満開時には最高に素晴らしいですね。

本項は以上となります。

 

■3.桜散る大垣でも聖地巡礼

f:id:nichinichisou0808:20200627054832j:plain

※低解像度

[撮影情報]

本項では桜散る大垣市街地の聖地紹介となります。

今回は清水橋から四季の広場まで「四季の路」を歩くルートとなります。(記事向けに再構成しました)

記事掲載の写真につきましては、全て2017年4月15,16日に同ミラーレス機撮影で統一されております。

[本編] 

この2017年の4月は月間4回の大垣入り(3週目以外の毎週末)を記録しました。肝心の桜は1週目は(ソメイヨシノ)三分咲き、2週目は満開・・・しかし土曜日は曇天の日曜日が雨天とイマイチ感がありましたが、この日は天候に恵まれました。

大垣には京都から友人も来たのですが、私の乗車する高速バスが2時間の遅延となり、大垣には15時30頃の到着です。

f:id:nichinichisou0808:20200624224002j:plain

旧大垣市役所が完全な状態を維持していました。f:id:nichinichisou0808:20200624225057j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224809j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224713j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224613j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627033850j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224654j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224732j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224431j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224413j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627033941j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627033719j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627034015j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224357j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224551j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624224050j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224516j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224631j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627034034j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624224130j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200626224451j:plain

後日、追記予定です。(6月27日)

本項は以上となります。

 

■4.四季の広場で朝陽を

f:id:nichinichisou0808:20200624135807j:image

※低解像度〜

[撮影情報]

残暑厳しい大垣の早朝「四季の広場」にて、日の出を迎えた記録となります。

記事掲載の写真(四季の広場)につきましては、全て2017年8月27日にミラーレス機撮影で統一されております。

[本編] 

前日の26日は午前からの大垣入りでしたが、今振り返ると当時の行動が頭おかC。

以下どうぞ。

8:10 名古屋駅「かきつばた」にて生ビール(おかわり)

f:id:nichinichisou0808:20200624112713j:image

12:30 大垣「寿司よし」にて生ビール、日本酒

f:id:nichinichisou0808:20200624112910j:image

16:00 大垣 「大垣バール」(新大橋南側)にて生ビール、日本酒

f:id:nichinichisou0808:20200624112939j:image

17:30 大垣 「 橘屋」(新大橋北側)にて酎ハイ

f:id:nichinichisou0808:20200624113005j:image

19:30 大垣 宿でコンビニ飯

f:id:nichinichisou0808:20200624113038j:image

27日 8:30 名古屋駅 「かきつばた」

f:id:nichinichisou0808:20200624113608j:image

こりゃただのアル中でした。

しかし、よくよく思い出してみると、当時私の公開ブログ名は「聖地巡礼に酒は必要」であり、巡礼と呑みが合体をした記事を日々投稿してたのでした。

…本題に戻ります。

27日はジジイだから仕方のない早起き、5:30には宿から外出で大垣公園などの徘徊をして、6:00頃には四季の広場に到着です。


f:id:nichinichisou0808:20200624115919j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624115923j:image

※以上低解像度

現地では徘徊と風景撮影をしつつ、朝陽を待望していました。

タイムラインにて紹介をいたしますが、深い意味はありません。

6:08-6:09 美登鯉橋南側。f:id:nichinichisou0808:20200624073236j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624073250j:image

6:10 美登鯉橋北側。f:id:nichinichisou0808:20200624073306j:image

・・・約15分間は大きな変化なし。

6:25 美登鯉橋南側、徐々に光が差し込んでくる。
f:id:nichinichisou0808:20200624073222j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624073207j:image

6:26 美登鯉橋上より日の出を確認。f:id:nichinichisou0808:20200624073150j:image

6:28 福祉会館北側。f:id:nichinichisou0808:20200624091112j:image

6:29 虹の橋上より美登鯉橋の朝陽具合を見る。f:id:nichinichisou0808:20200624091242j:image

6:32 福祉会館は既に朝陽当たりまくり。f:id:nichinichisou0808:20200624091444j:image

6:33-6:35 滝のトンネルにも朝陽。f:id:nichinichisou0808:20200624091701j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624092026j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624091949j:image

6:37 美登鯉橋。f:id:nichinichisou0808:20200624092631j:image

6:39-6:41 美登鯉橋南側。f:id:nichinichisou0808:20200624093303j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624092505j:image

6:45-6:46 美登鯉橋北側の河辺遊歩道。
f:id:nichinichisou0808:20200624093248j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624093233j:image

6:48 美登鯉橋上。f:id:nichinichisou0808:20200624093854j:image

6:49 美登鯉橋南側。f:id:nichinichisou0808:20200624093911j:image

6:50 福祉会館北東側。f:id:nichinichisou0808:20200624093927j:image

6:51 虹の橋南側。f:id:nichinichisou0808:20200624093942j:image

6:53 虹の橋上より美登鯉橋を見ると、朝陽で輝いている。f:id:nichinichisou0808:20200624094504j:image

6:54 滝のトンネル。f:id:nichinichisou0808:20200624095642j:image

6:56 美登鯉橋南側から見ると、橋は朝陽直撃状態。f:id:nichinichisou0808:20200624095405j:image

6:57 カメラで覗いた朝陽。f:id:nichinichisou0808:20200624095419j:image

6:58 美登鯉橋北側、陽も落ち着いてきたので退散。f:id:nichinichisou0808:20200624095435j:image

7:09 大垣公園の朝陽 f:id:nichinichisou0808:20200624100101j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624100032j:image

7:16 新大橋の朝陽。f:id:nichinichisou0808:20200624100047j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624100115j:image

7:22 大垣駅に来た(だけ)f:id:nichinichisou0808:20200624100418j:image

7:45 再び四季の広場に戻る超不審者な俺さ。f:id:nichinichisou0808:20200624100403j:image

四季の広場とは「春夏秋冬朝昼晩」、いつでも素晴らしく落ち着けるナイススポットなのです。

以上となります。

 

■5.積雪の大垣で聖地巡礼

f:id:nichinichisou0808:20200627061908j:plain※低解像度

[撮影情報]

本項では大垣市街地が積雪時の聖地や風景の紹介となります。

今回は大垣駅〜郭町一丁目まで駅通りを直進、大垣公園を抜けて水門川沿に「四季の広場」内まで「四季の路」を歩くルートとなります。(記事向けに再構成しました)

記事掲載の写真につきましては、全て2018年1月26日に同ミラーレス機撮影で統一されております。

[本編]

前日から大垣降雪の情報を掴んでいたため、この日は急遽平日休みとしての大垣入りです。

f:id:nichinichisou0808:20200627042722j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042645j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042610j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042925j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042320j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042552j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042911j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042811j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042826j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042702j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042842j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042627j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042533j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042350j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042939j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042500j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042741j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042439j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042756j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042955j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627043025j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042405j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042856j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042334j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042422j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627042302j:plain

後日、追記予定です。(6月27日)

本項は以上となります。

 

■6.夜の大垣を聖地巡礼 (予定)

[撮影情報]

本項では夜の大垣市街地での聖地・風景の紹介となります。

撮影は大部分がミラーレス機、一部がiPhoneとなります。

f:id:nichinichisou0808:20200627110007j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627110016j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627110539j:image

※上記は全て高解像度ではありません

後日、公開の予定です。(6月28日)

本項は以上となります。

次項より聖地(スポット別)紹介記事となります

 

聲の形 聖地巡礼 (スポット別)

6/24夜現在、本項目は全体的に掲載する新写真の選別・更新中となります。

[撮影情報]

記事掲載写真の撮影日は未記載としますが、作中作画に近い時期の風景を選別しております。

撮影は大部分がミラーレス機、一部がコンパクトデジカメまたはiPhoneでの撮影となります。

■JR大垣駅 (構内)

f:id:nichinichisou0808:20200627073449j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627073427j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627214815j:image
f:id:nichinichisou0808:20200627214804j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627073437j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627073414j:image※6枚目のみミラーレス撮影

 

■JR東海313系

f:id:nichinichisou0808:20200627215020j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627215034j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627215006j:image

 

■揖斐川

・揖斐大橋 

f:id:nichinichisou0808:20200624194800j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624194746j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624194831j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200627230725j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627230658j:image

f:id:nichinichisou0808:20200627230710j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624194901j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624194846j:plain※2,4,5,6枚目以外ミラーレス撮影

・大垣市花火大会会場 (揖斐川堤防)

f:id:nichinichisou0808:20200629174256j:image

f:id:nichinichisou0808:20200629174218j:image

f:id:nichinichisou0808:20200629174245j:image

f:id:nichinichisou0808:20200629174233j:image※1,2枚目ミラーレス撮影

 

■コロナシネマワールド大垣

f:id:nichinichisou0808:20200604154332j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624142802j:image

f:id:nichinichisou0808:20200624210920j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604154456j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624211043j:plain※3,5枚目以外ミラーレス撮影

 

■養老公園

・養老駅

準備中です。

・養老の滝エリア

f:id:nichinichisou0808:20200623043718j:plain

f:id:nichinichisou0808:20191128075417j:plain

f:id:nichinichisou0808:20191128075650j:plain

f:id:nichinichisou0808:20191128075655j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623043712j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623043707j:plain

・養老天命反転地

f:id:nichinichisou0808:20200624192018j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623043658j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623043702j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200624191917j:plain

 

■ナガシマスパーランド

f:id:nichinichisou0808:20200623040925j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623040725j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623040846j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623040841j:plain

スポット別紹介は以上となります。

次項より作品掲示物など紹介となります

 

大垣市内掲示物

[撮影情報]

映画上映時期から現在までの間に、大垣市内で見かけた関連掲示物となります。

[本編]

大垣駅改札内f:id:nichinichisou0808:20200623111012j:plain

大垣駅北口 大垣市広報 (掲示中)

f:id:nichinichisou0808:20200623113325j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623135052j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623135122j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623135150j:plain

このタイプは旧大垣市役所1Fロビーに最初に展示されました。f:id:nichinichisou0808:20200623110158j:plain 

2017年4月元気ハツラツ市f:id:nichinichisou0808:20200623111126j:plain 

2017年5月にむすびの地記念館に移動f:id:nichinichisou0808:20200623135228j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623110235j:plain

2020年3月現在(※)f:id:nichinichisou0808:20200623141734j:plain

むすびの地記念館屋外用 (掲示中) f:id:nichinichisou0808:20200623105415j:plain

むすびの地記念館屋内用 (掲示中) f:id:nichinichisou0808:20200623111202j:plain

OKBストリート (横)f:id:nichinichisou0808:20191128205351j:plain

ヤナゲン本店跡地 (掲示中※)f:id:nichinichisou0808:20200623141554j:plain※iPhone11撮影

以上となります。

 

最後に

1.本記事掲載写真のご報告

6月26日に本記事にて公開後の写真調査を行い、結果「フルHD相当解像度」の写真が相当数混在をしておりました。お詫び申し上げます。

(公開期間:2019/11/28-2020/6/23)

6月24日より本記事は全写真入替を伴う更新を実施しており、現在では基本的に全写真が4K相当解像度と認識をしております。

2020年6月27日

 

2.あとがき

この記事なのですが、読込が超遅くないですか?

我が家のネットはマンションタイプを3人でバリバリ常時接続なので、記事がなかなか開かんぞ!

本記事掲載の写真につきまして、「可能な限りミラーレス撮影よ」としておりますが、コンデジやiPhoneの写真も「4K解像度」以上としております。

iPhoneは6あたりから写真もキレイだと思いますよ。ただし、画像編集には弱い気がします。(粗が目立つ、破綻するなど)

 

以上となります。

 

ぜひあわせてご覧ください

アニメ「氷菓」聖地を4K画質で眺める

今回はアニメ「氷菓」の聖地・高山市の巡礼写真を、超高解像度(4K相当)でご紹介する記事となります。(初版)

f:id:nichinichisou0808:20200612035910j:image

・画像サイズが大きく読込に時間を要する場合もあります

・掲載画像については作中レイアウト同様のアングルではありません

・参考などとして聖地スポット以外の画像も掲載しています

 

はじめに

本記事にて公開の画像は4K解像度よりさらに精細な6000×4000pixel(一部画像除く)となっています。モニター環境が4Kや5K表示対応、またはiPad Pro(2700×2400pixel)上では、特に高精細な画像をご覧になれます。

本記事の公開理由と推奨閲覧環境につきましては、以下ブログ内リンクをご覧ください。

 

本記事の方向性

記事タイトルは"「氷菓」聖地"となっていますが、大半のスポットを網羅的に紹介する他の聖地巡礼記事とは違う運用を考えています。

本記事前半では(個人的には)初の氷菓聖地巡礼の記録(3K解像度)を、記事後半では近年の聖地巡礼から比較的写りの良い写真(大半が4K以上)を掲載しました。

また一部ではありますが、本記事では高山市と隣接の飛騨市を舞台とする、映画「君の名は。」の高解像度写真も併せて掲載しました。

聖地巡礼(網羅的な)記事は以下ブログ内リンクよりご覧ください。

 

次項より高解像度写真紹介となります。

 

初の飛騨高山聖地巡礼

2014年2月と4月(一部)に、高山市(氷菓)と飛騨市(君の名は。)での聖地巡礼記録となります。

2014年2月とは友人に誘われての「岐阜県初観光」であり「氷菓初巡礼」時期となります。そして初巡礼にして大雪の飛騨高山、、、基本的に関東人には積雪・凍結歩行能力は備わっていませんから、行く先々で滑りまくり、日枝神社の階段では命の危険すら感じた記憶があります。

f:id:nichinichisou0808:20200622225314j:image

・本項の大部分写真はiPhone4s(3264×2448 HDR:ON)での撮影となります

・飛騨市は作品公開前のため、参考(特に気動車)程度です

高山本線 飛騨一ノ宮〜高山間f:id:nichinichisou0808:20200622221425j:image

高山駅構内・旧改札口f:id:nichinichisou0808:20200612041654j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612041709j:image

高山駅(旧駅舎)周辺f:id:nichinichisou0808:20200622223737j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612041647j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622223547j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622221246j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622225400j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622225304j:image

宮川f:id:nichinichisou0808:20200622221301j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622221317j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622221330j:image

宮川に架かる橋f:id:nichinichisou0808:20200622223849j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622223858j:image

宮川朝市f:id:nichinichisou0808:20200622223906j:image

日枝神社f:id:nichinichisou0808:20200622223219j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622223211j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622223202j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622234555j:image

高山本線 飛騨古川付近 f:id:nichinichisou0808:20200622225339j:image

キハ40型気動車(国鉄カラー)f:id:nichinichisou0808:20200622224719j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622225323j:image

キハ40型気動車(東海カラー)f:id:nichinichisou0808:20200623025106j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612042021j:image

f:id:nichinichisou0808:20200622225256j:image

キハ40型車内f:id:nichinichisou0808:20200622225347j:image

飛騨古川駅f:id:nichinichisou0808:20200622225248j:image

追記予定です。
次項より常設聖地巡礼記事となります

 

常設 氷菓聖地巡礼

JR高山駅 (作中では登場せず)f:id:nichinichisou0808:20200619123852j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623024829j:image

鍛冶橋交差点f:id:nichinichisou0808:20200623023055j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623023059j:image

宮川f:id:nichinichisou0808:20200623024757j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623024740j:image

鍛冶橋f:id:nichinichisou0808:20200623023158j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623023236j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623023206j:image

弥生橋f:id:nichinichisou0808:20200623023202j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623024235j:image

高山市図書館「煥章館」f:id:nichinichisou0808:20200623024818j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623024810j:image

日枝神社f:id:nichinichisou0808:20200623022641j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623022727j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623022702j:image

f:id:nichinichisou0808:20200619124223j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200619124004j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200623022806j:image

f:id:nichinichisou0808:20200619123815j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200619124158j:plain

白山神社f:id:nichinichisou0808:20200623024526j:image

高山市山口f:id:nichinichisou0808:20200623024154j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623024144j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623024225j:image

飛騨一ノ宮神社f:id:nichinichisou0808:20200623024132j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623024216j:image

平湯温泉f:id:nichinichisou0808:20200623022150j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623022139j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623022116j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623022105j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623022129j:image

市街地ポップなどf:id:nichinichisou0808:20200623015243j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623015248j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623015233j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623024834j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623024749j:image

日々追記します。

 

「君の名は。」聖地巡礼

名古屋駅在来線通路f:id:nichinichisou0808:20200623013902j:image

飛騨古川駅f:id:nichinichisou0808:20200623013851j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623013856j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623013913j:image

f:id:nichinichisou0808:20200619001426j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623014110j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623014106j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623014101j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623014046j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623014050j:image

f:id:nichinichisou0808:20200623014055j:image

少々追記予定です。

 

最後に

以下、全て主観です。

本記事をわざわざご覧くださった方には大変申し訳ないのですが、本記事は「やってしまった」感を強く覚える結果となりました。

楽観的に記事作成を開始したのも束の間、後半部について「掲載したい写真が圧倒的に少ない」「見栄えが良いのはiPhone8撮影写真ばかり」にぶち当たりました。

…理由はなんとなく分かっております。

アニメ版「氷菓」は勿論好きです。・・・しかし程々レベルであり「聲の形」「響け!」の様に、超能動的な聖地巡礼やアクティブなイベント参加などは行っていません。

しかしながら、高山市街地などの観光と風景は好きなので、毎回早朝の古い町並や1番好きな日枝神社での撮影に挑戦はしています…撮影技術もありませんが、間違いなく「作品への敬意と愛が足りない」と言わざるを得ないのです。

以降も掲載写真を慎重に選別しながら追記作業を行います。

 

今回は以上となります。

 

www.sakura0401.com

日本の中心 大垣駅は「こんな」駅 (駅周辺紹介)

新規投稿 2020/03/22・最終更新 2020/06/18

今回はJR大垣駅と周辺の紹介記事(2版)となります。

 

はじめに

大垣駅のある岐阜県大垣市は、ほぼ日本の中央に位置しており、古くは室町時代から江戸時代そして現在に至るまで、陸路の要衝としての役割を果たしています。

f:id:nichinichisou0808:20191001114918j:image

大垣駅からは東京、大阪、金沢、桑名など東西南北への容易なアクセスが可能となっています。

各都市へのアクセス例

・快速(在来線)で岐阜駅まで15分、名古屋駅まで35分、浜松駅まで乗換なしも可能

・快速(在来線)で米原乗換、京都駅まで90分、大阪駅まで120分

・特急(しらさぎ・ひだ)利用で金沢駅まで、高山駅、富山駅まで乗換なし

・名古屋駅から特急(しなの)利用で松本駅、長野駅まで乗換なし

・名古屋駅から新幹線(のぞみ)利用で東京駅まで120分

    (新幹線駅は名古屋、岐阜羽島、米原が大垣駅から各40分でアクセス)

なかなか便利な大垣の早朝から深夜までを、大垣駅を中心とした市街地の風景をご紹介いたします。

項目朝・昼・夕・夜、また昼パートでは大垣駅構内やホーム、南口駅ビルなどの説明写真も掲載をいたします。

※記事内写真は"1日風"であり1日での撮影ではありません

※JRと樽見鉄道は施設共用ですが、今回は「JR大垣駅」と表記します

 

早朝〜午前中

大垣市街地 (南口)

大垣駅へと続くメインストリート(後述)です。f:id:nichinichisou0808:20200612150159j:image

メインストリートにある新大橋。f:id:nichinichisou0808:20200612211914j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200614124441j:plain

大垣駅南口の高屋町交差点付近。f:id:nichinichisou0808:20200612150203j:image

 

JR大垣駅 (南口)

JR大垣駅南口の駅ビルとなります。f:id:nichinichisou0808:20200612211617j:image

JR大垣駅 構内

早朝5:00頃のJR大垣駅の改札口(後述)です。みどりの窓口は既に営業していました。f:id:nichinichisou0808:20200612144643j:image

名古屋方面始発列車は5:00発、米原方面始発は5:23です。f:id:nichinichisou0808:20200326092058j:image

米原行の始発列車となります。f:id:nichinichisou0808:20200321234150j:image

大垣駅の南西側より大垣駅構内を見下ろします。手前は養老鉄道の大垣駅ホームです。f:id:nichinichisou0808:20200306002833j:image

大垣駅の自由連絡通路(後述)大垣駅構内です。f:id:nichinichisou0808:20200306002839j:image

再び南口周辺。大垣駅と市街地に差込む日の出。f:id:nichinichisou0808:20200612145638j:image

f:id:nichinichisou0808:20200618164409j:plain

大垣公園f:id:nichinichisou0808:20200618175053j:plain

大垣駅から米原方向にはJR東海 大垣運輸区(車両基地)があるため、朝には順次出場した列車が大垣始発となります。f:id:nichinichisou0808:20200306113911j:image

再び早朝のJR大垣駅ビル(南口)とロータリーです。f:id:nichinichisou0808:20200614124454j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200326092009j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305222401j:image

南口ロータリーとバス停(後述)です。f:id:nichinichisou0808:20200612211631j:plain

こちらはJR大垣駅北口周辺(後述)です。f:id:nichinichisou0808:20200328050637j:image

f:id:nichinichisou0808:20200328050634j:image

北口の連絡通路(後述)です。f:id:nichinichisou0808:20200328050631j:image

連絡通路から見えるのは南口のマンション街です。f:id:nichinichisou0808:20200328050627j:image

自由連絡通路(後述)からの北口ロータリーです。f:id:nichinichisou0808:20200613032327j:image

 

JR大垣駅構内

改札口はまもなく朝のピークです。f:id:nichinichisou0808:20200613070006j:plain

改札内の跨線橋から米原方向を眺めます。(後述)f:id:nichinichisou0808:20200305232753j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305232745j:image

f:id:nichinichisou0808:20200305234115j:image

ここでJR大垣駅のホームについて説明します。①

 1.東海道本線 大垣終点、名古屋・米原方面始発

 2.東海道本線 米原方面、金沢・大阪方面f:id:nichinichisou0808:20200612121846j:plain

3.東海道支線 美濃赤坂方面始発f:id:nichinichisou0808:20200612121936j:plain

4.東海道本線 名古屋方面、高山方面f:id:nichinichisou0808:20200305232739j:image

5.東海道本線 名古屋方面始発f:id:nichinichisou0808:20200612122000j:plain

大垣駅から名古屋や米原の各方面に向かう通勤列車は、その大半が大垣駅始発となります。f:id:nichinichisou0808:20200611223200j:image

f:id:nichinichisou0808:20200328044506j:image

早朝は5番ホームより名古屋方面、1番ホームより米原方面への始発列車が多いです。…車内を見学してみましょう。f:id:nichinichisou0808:20200612211607j:plain


f:id:nichinichisou0808:20200612120551j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612120546j:image

文字f:id:nichinichisou0808:20200612211625j:plain


f:id:nichinichisou0808:20200612120620j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612120625j:image

朝夕には各2本、大垣〜名古屋間で「ホームライナーおおがき」の設定があり、数百円の着席料金追加で名古屋まで快適な通勤が約束されます。f:id:nichinichisou0808:20200306004007j:image

f:id:nichinichisou0808:20200306004001j:image

f:id:nichinichisou0808:20200326092154j:image

 

朝の運行障害 

どうやら運行障害が発生したようです。改札外に旅客が溢れています。f:id:nichinichisou0808:20200613032308j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613032220j:plain

 

駅周辺

ピーク時には鉄道利用者や路線バス、タクシーが続々と大垣駅を発着しています。f:id:nichinichisou0808:20200613032400j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613032305j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613051212j:image

北口は住宅地が多く、旅客は徒歩で大垣駅に向かう様子です。f:id:nichinichisou0808:20200613032207j:plain

 

養老鉄道養老線 大垣駅

養老鉄道の大垣駅はJR大垣駅南口に隣接しています。(後述)f:id:nichinichisou0808:20200328051107j:image

f:id:nichinichisou0808:20200321174048j:image

f:id:nichinichisou0808:20200321235922j:plain

車内を覗いてみましょう。

f:id:nichinichisou0808:20200618164134j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200618164152j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200328051309j:image

 

朝の樽見鉄道 大垣駅

f:id:nichinichisou0808:20200612211611j:plain

 

〜朝の終わり

朝はここまでとなります。f:id:nichinichisou0808:20200613051209j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613051254j:plain

市の中心部です。f:id:nichinichisou0808:20200618180700j:plain

 

日中

大垣市街地からの大垣駅。f:id:nichinichisou0808:20200612151321j:plain

大垣駅構内f:id:nichinichisou0808:20200321235054j:plain

こちらでは簡潔にJR大垣駅、養老鉄道大垣駅及び大垣駅周辺を南北出口と周辺、駅構内(改札外)、駅構内(改札内)、ホーム、養老鉄道大垣駅、駅ビル、の順にご紹介します。

JR大垣駅 構内

南口、北口は2階橋上駅舎で繋がっています。f:id:nichinichisou0808:20200322092054j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613051205j:plain

大垣駅には「みどりの窓口」や新幹線特急券自販機が設置されています。f:id:nichinichisou0808:20200321235814j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200322092041j:image

ICカード対応自動改札機が設置済みです。f:id:nichinichisou0808:20191110012057j:image

駅構内の北口(水都ブリッジ)側には、キオスク売店と観光案内所、コインロッカーがあります。f:id:nichinichisou0808:20191110012221j:image

ここから左は構内南口方面。f:id:nichinichisou0808:20190713162311j:image

ここから左側は北口に向かう水都ブリッジとアクアブリッジです。f:id:nichinichisou0808:20190801195751j:image

 

JR大垣駅 構内(改札内)

改札口はここ1箇所です(養老線連絡改札を除く)。f:id:nichinichisou0808:20191110011919j:image

改札口から1番線、2,3,4番線、5,6,7番線の各ホームに分岐します。まずは1番線への階段。f:id:nichinichisou0808:20200321235955j:plain

1,2番ホーム階段横には洗面所があります。f:id:nichinichisou0808:20200326092631j:image

手前が2,3,4番線。f:id:nichinichisou0808:20200321235853j:plain

主に2,4番線への階段です。全ホーム上下エスカレーター、エレベーターが設置されています。f:id:nichinichisou0808:20200321235820j:plain

跨線橋から米原方面を眺めます。(1,2番ホーム)f:id:nichinichisou0808:20200613070149j:plain

3,4,5番ホームf:id:nichinichisou0808:20191002141207j:image

跨線橋を北端渡ると5,6,7番線のエスカレーター面。f:id:nichinichisou0808:20200321235908j:plain

JR東海は1,2,3,4,5番ホームを使用します。その中で1,2番線は主に米原方面、3番線は美濃赤坂方面、4,5番線が名古屋方面となります。f:id:nichinichisou0808:20191005040600j:image

左から1,2番線。f:id:nichinichisou0808:20200306001529j:image

左から4,5,7番線、3番線は4番線の米原寄り先端にあります。f:id:nichinichisou0808:20200306001543j:image

樽見鉄道ホームは北寄6,7番線となります。(写真左は右から5,6番線ホーム、写真右が5番ホーム対面の7番ホーム)

f:id:nichinichisou0808:20200306001535j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200306001539j:plain

 

JR大垣駅 南口

JR大垣駅には南と北に駅出口があります。駅ビルと直結しているのが南口となります。f:id:nichinichisou0808:20200612145853j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200321235859j:plain

南口と「ASTY大垣」の連絡口です。f:id:nichinichisou0808:20200322083801j:image
f:id:nichinichisou0808:20200322092145j:image

ASTYの館内1階はレストランフロアです。f:id:nichinichisou0808:20191110012337j:image

南口から駅構内への階段となります。f:id:nichinichisou0808:20190801190052j:image

南口を出た地点から左右を眺めてみます。右側に直進をすると1分で養老鉄道の大垣駅となります。


f:id:nichinichisou0808:20200306015757j:image

f:id:nichinichisou0808:20200306015750j:image

南口から駅ロータリーの視点となります。手前がタクシープール、奥が路線バス停留所となります。大垣駅の路線バスは大半が南口発となります。f:id:nichinichisou0808:20191110011739j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612211554j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200322083825j:image

バス降車場。f:id:nichinichisou0808:20200326092248j:image

バス降車場所側は駅前再開発エリア。f:id:nichinichisou0808:20200326092355j:image

再開発エリア側ロータリーに面している噴水広場「水都の泉」です。f:id:nichinichisou0808:20200322092031j:image

道路を挟んで商店街エリア。f:id:nichinichisou0808:20200326092351j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613051223j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613051238j:plain

南口駅前の高屋町交差点です。(駅を背に)f:id:nichinichisou0808:20200322092106j:image

高屋町交差点です。f:id:nichinichisou0808:20200322092010j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613051140j:plain

南口周辺

大垣駅南口周辺は商店街、ビジネス街、ホテルが立ち並び、最近では高層マンションが増えてきました。f:id:nichinichisou0808:20200613032257j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613032322j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613032210j:plain

市街地中心にある大垣公園では何やらイベント開催中です。

f:id:nichinichisou0808:20200618175319j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200618175250j:plain

市の中心部です。f:id:nichinichisou0808:20200614124555j:plain

 

JR大垣駅 北口

北口は駅構内から自由連絡通路「水都ブリッジ」にて直結しています。手前の屋根部分が路線バス停留所です。f:id:nichinichisou0808:20200322083753j:image

水都ブリッジの下には大垣駅構内の線路が東西に走っています。(奥は大垣駅構内)f:id:nichinichisou0808:20190801191726j:image

f:id:nichinichisou0808:20190801191519j:image

水都ブリッジからの北口階段です。f:id:nichinichisou0808:20190801085311j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613032335j:plain

北口から水都ブリッジへの階段となります。f:id:nichinichisou0808:20190801085318j:image

北口にもロータリーがあり、タクシープールとバス停留所f:id:nichinichisou0808:20190801190646j:image

ロータリーに面した「水都北口オアシス」(広場)には噴水もあります。f:id:nichinichisou0808:20200322092142j:image 

北口ロータリーを連絡通路より見下ろします。f:id:nichinichisou0808:20200322083512j:image

 

北口周辺

北口すぐの交差点です。f:id:nichinichisou0808:20190801190928j:image

水都ブリッジからはショッピングモールに直結する「アクアウォーク」が設置されています。f:id:nichinichisou0808:20190713140044j:image

f:id:nichinichisou0808:20200328051359j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613051122j:plain

アクアウォークから見た大垣駅です。f:id:nichinichisou0808:20200322083815j:image

駅からショッピングモールまでは徒歩3分。f:id:nichinichisou0808:20200322092018j:image

北口住宅地。f:id:nichinichisou0808:20200613051147j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200614124537j:plain

 

養老鉄道 大垣駅

JR東海の大垣駅南口より徒歩1分の位置となります。養老鉄道ではIC乗車券に全線で非対応となります。f:id:nichinichisou0808:20200321235003j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200612145903j:plain

 有人改札口です。f:id:nichinichisou0808:20190801085745j:image

JR大垣駅1番線と養老大垣駅有人改札との連絡通路です。f:id:nichinichisou0808:20200322014929p:plain

改札内待合室にはエアコン完備です。f:id:nichinichisou0808:20200613032351j:plain

ホームは1面2線構造で左1番線 桑名方面、右2番線揖斐方面となります。f:id:nichinichisou0808:20190801085829j:image列車進行方向より。f:id:nichinichisou0808:20190720134418j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613070942j:plain

 

解説も終わりましたので、適当に市街地を見てみます。f:id:nichinichisou0808:20200618175511j:plain

水都ブリッジに装飾が施されました。f:id:nichinichisou0808:20200613032228j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200326174406j:image

f:id:nichinichisou0808:20200322092022j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603013622j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200519235041j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200618182252j:plain

大垣駅構内では何やら旅客整理コーナーを設置中です。f:id:nichinichisou0808:20200613051249j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613051202j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613032311j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200612063421j:plain

ところで、東京駅から大垣駅までは410kmの距離があります。

そして410kmのキロポストは大垣駅構内に接されています。f:id:nichinichisou0808:20200322083812j:image

こちらは1番ホームに設置されています。f:id:nichinichisou0808:20200322083818j:image

f:id:nichinichisou0808:20200326092924j:image昼はここまでとなります。
  

夕刻

f:id:nichinichisou0808:20200618181928j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613032338j:plain

水都ブリッジより名古屋方面を望みます。下のホームは7番線となります。f:id:nichinichisou0808:20200613070346j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200322083427j:image

f:id:nichinichisou0808:20200322092417j:image 

 

f:id:nichinichisou0808:20200322083430j:image

f:id:nichinichisou0808:20200322092013j:image

以下2枚はアクアウォークから米原方向です。f:id:nichinichisou0808:20200322000024j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200322092126j:plain

跨線橋から米原方面を眺めます。f:id:nichinichisou0808:20200322083808j:image

f:id:nichinichisou0808:20200322000013j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200322092134j:image

養老鉄道大垣駅です。f:id:nichinichisou0808:20200322083515j:image

f:id:nichinichisou0808:20200322083423j:image

f:id:nichinichisou0808:20200326174849j:image

大垣市街地f:id:nichinichisou0808:20200618180507j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604160303j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200618175722j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200618182219j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613032234j:plain夕刻はここまでとなります。

 

f:id:nichinichisou0808:20200618182025j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200618182100j:plain

夜の風景につきましては写真のみの掲載といたしました。もう大丈夫ですよね?f:id:nichinichisou0808:20200322092136j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613032355j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604142703j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613032329j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200618175958j:plain

 

f:id:nichinichisou0808:20200613032241j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200322092122j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200322092139j:image

f:id:nichinichisou0808:20200321234946j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200322120903j:image

f:id:nichinichisou0808:20200322092119j:image

f:id:nichinichisou0808:20200322083747j:image

f:id:nichinichisou0808:20200322000034j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200611223513j:image

f:id:nichinichisou0808:20200321235804j:plain

列車遅延により臨時列車が出ました。f:id:nichinichisou0808:20200321235057j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200321235829j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200603162154j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200614124546j:plain

 

みどりの窓口閉まってしまいました。(23時以降ということです)f:id:nichinichisou0808:20200322083316j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613051131j:plain

 

大垣駅 終電

この日は土曜日ダイヤ、東海道本線は上下線ともに間もなく終電となります。

f:id:nichinichisou0808:20200618180302j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200618180343j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200611223048j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613070542j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200618175835j:plain

23:36大垣駅始発、最終列車です。(大垣駅付近)
f:id:nichinichisou0808:20200611223043j:image 

以上となります。

 

最後に

手前味噌ではありますが、前回投稿した岐阜駅紹介と今回の大垣駅紹介記事について、個人的に街や施設の撮影時にこだわる点があります。

それは風景として撮影時に「極力フレーム内に人を入れない」です。


f:id:nichinichisou0808:20200326175003j:image

f:id:nichinichisou0808:20200326175509j:image

普通に撮影をすると
岐阜駅改札や駅ビル内、日中の大垣駅周辺では流石に無理と思いますが、人が写り込むならば「目立たないようにする、または逆に混雑時を狙って」撮影をする様にしています。

本記事の大垣駅構内の写真について、殆どが無人状態での撮影となっています。

・・・これは間違いなく、聖地巡礼スポット撮影から自然とついた習慣だと思っています。

 

今回は以上となります。

 

ブログ内記事リンク紹介

なぜか岐阜県大垣の情報が盛りだくさんです。

 

本記事と類似した「JR岐阜駅」「大垣駅」紹介記事があります。 

JR岐阜駅は日本一イケていると思っています。

本ブログ1本目の大垣駅題材記事となります。

内容は・・・ただのストーカーですね。 

 積雪時の大垣駅を紹介しています。

 

■岐阜県の運輸記事など  

 

■大垣市「観光・紹介」記事  

 

鉄道博物館の展示車両を紹介 (名古屋・京都・大宮)

今回は東海、近畿、関東の鉄道博物館(展示車両)紹介記事です。

f:id:nichinichisou0808:20200613231827j:plain

 

はじめに

名古屋「リニア・鉄道館」を皮切りに、京都「京都鉄道博物館」そして大宮「鉄道博物館」と、JR3社(東海・西日本・東日本)の博物館を制覇していました。f:id:nichinichisou0808:20200613014532j:imageリニア・鉄道館(館内展示・所蔵)

近頃の各施設では廃車両の展示だけでなく、大画面解説動画、運転シミュレーターから、列車構造解説に閉塞体験学習、実車でのデモンストレーション…いやはや、すごいです。f:id:nichinichisou0808:20200613235919j:image京都鉄道博物館(梅小路蒸気機関車館)

ちなみに鉄道博物館では展示車両を眺めつつ、趣味の1つでもある「客室風景の撮影」をするのが私の目的であり、楽しみなので他には何もしません。f:id:nichinichisou0808:20200613235947j:image交通博物館(車両ステーション)

そのため本記事では各博物館の展示車両の紹介のみとなり、その他の展示や体験内容には一切触れておりません。

本記事内では「展示車両の一部」を掲載いたします。また各施設の展示車両につきましては、訪問日時点の展示状態となります。

  

リニア・鉄道館 (JR東海・名古屋)

2016年10月28日訪問 収蔵車両数:50両前後

岐阜県大垣市に行き始めると、毎回の様に名古屋駅構内でこちら「リニア・鉄道館」の0系デザイン掲示物が目に入るのです。

というわけで「洗脳されたが目的はなし」的な状態での訪問のためかなり適当です。

f:id:nichinichisou0808:20200613155122j:image最寄駅はあおなみ線の終点、金城ふ頭駅

駅出口からリニア・鉄道館らしき建物が見えています。f:id:nichinichisou0808:20200612203421j:image

2011年に現在地にオープンをしました。正式には「リニア・鉄道館〜夢と思い出のミュージアム〜」です。f:id:nichinichisou0808:20200612203402j:image

展示エリア (屋内)

屋内車両展示・収蔵エリアでは、国鉄〜JR東海時代の歴代車両が大量展示・収蔵されています。展示車両についてはほぼ全て車内(客室)立ち入りも可能です。

まずは鉄道輸送における速度向上の歴史です。f:id:nichinichisou0808:20200612203410j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613060351j:image

■リニア試作車でしょうか。車内への立ち入りも可能です。f:id:nichinichisou0808:20200612203406j:image

■新幹線300系試作車だった気がします。線路走行にて443km/hを記録とかすごい。f:id:nichinichisou0808:20200613075001j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613060556j:image

■こちらは・・・現在は引退直後で大した懐かしさはありませんが、新幹線安定高速化の新時代を切り拓いた700系です。f:id:nichinichisou0808:20200613014211j:image

700系普通車車内です。もちろん通路も自由に歩けます。f:id:nichinichisou0808:20200613165620j:image

■脱国鉄なデザイン・意欲的サービス提供で人気の100系、いいですよね。…と言いつつ私は乗車経験がありません。ちなみに2階建て車両の展示もあります。f:id:nichinichisou0808:20200613014215j:image

2階建て車両の1階は個室グリーン、2階が食堂車になっていました。f:id:nichinichisou0808:20200613170013j:image

■元祖・新幹線0系です。しかも大窓タイプじゃないですか。団体様は皆0系前に並んで記念撮影されていました。f:id:nichinichisou0808:20200613014222j:image

0系普通車車内です。座席は当時の転換クロスシート仕様です。f:id:nichinichisou0808:20200613165405j:image

食堂車はリニューアルされているかと。デビュー時は調度品がもっと簡素でした。f:id:nichinichisou0808:20200613165354j:image

ん…なんだかやる気のない撮影ですみません。0系ドクターイエローです。f:id:nichinichisou0808:20200614041955j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613170335j:image

■気動車特急車両のキハ82、キハ181(写真)があります。個人的には非力だとしてもキハ82を推したいです。f:id:nichinichisou0808:20200613014203j:image

キハ181系普通車車内です。f:id:nichinichisou0808:20200613165312j:image

■カーブの多い山岳地帯(中央東線)を高速走行するための振り子機構を備えており、低い重心の車両がカーブを傾斜疾走する381系が超好きなんです。f:id:nichinichisou0808:20200613014357j:image

低重心構造のため冷房装置は床下搭載です。屋根スッキリ。f:id:nichinichisou0808:20200613014300j:image

車体は鋼鉄ではなく軽量アルミニウムに特急塗装を施しています。f:id:nichinichisou0808:20200613014308j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613014730j:image

JR西日本ではリニューアルして現在も運行中です。f:id:nichinichisou0808:20200613061041j:image

381系の普通車車内です。窓際に見えるダクトは床下の冷房機器用です。f:id:nichinichisou0808:20200613165231j:image

所蔵エリア

■所蔵エリアの車両は車内立ち入りは不可の様です。・・・この165系もかつては大垣駅に来ていたのでしょうか?胸熱ですね。f:id:nichinichisou0808:20200613014255j:image

■所蔵エリアには381系の先頭部をパノラマ改造したバージョンも。ボク嫌い。f:id:nichinichisou0808:20200613014313j:image

展示エリア (屋外)

屋外展示スペースには新快速として颯爽デビューの117系が。東海地区を代表する通勤・近郊車両ではないでしょうか。f:id:nichinichisou0808:20200613061304j:image

117系車内です。当時は飲食可能な休憩スペースとして開放されていました。f:id:nichinichisou0808:20200613170730j:image※現在N700系新幹線が屋外展示、117系は館内

客室撮影コレクション

当時の私は何を考えていたのかは知りたくもありませんが、車両外観は無視をして「客室だけ」撮影していた様です。f:id:nichinichisou0808:20200614041622j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614041614j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614041630j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614041618j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614041627j:image

正面コレクション

普段はあまり見られない正面アングルです。


f:id:nichinichisou0808:20200614042718j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614042714j:image
f:id:nichinichisou0808:20200613014535j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200613014521j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200613014518j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200613014539j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200613014528j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200613014525j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613061210j:image

まとめ

「リニア・鉄道館」の名の通り、高速鉄道の歴史から展示解説が充実しています。在来線の展示車両も鉄道黎明期の車両から国鉄新性能時代まで充実しています。丁寧に見学すれば数時間位は平気で経過をするでしょう。

私的には大部分の展示車両への車内立ち入りが可能な点、とても満足度は高かったです。

2020年現在ではN700系新幹線の展示もあるようです。(写真はイメージ)f:id:nichinichisou0808:20200614001547j:image

…余談です。館内にある大画面での解説動画コーナー、椅子が700系のグリーン座席再利用でした。欲しい!f:id:nichinichisou0808:20200613061410j:image

リニア・鉄道館は以上となります。

 

京都鉄道博物館 (JR西日本 京都)

2016年11月18日訪問 収蔵車両数:50両前後

リニア・鉄道館から約1月後には、アニメ「響け!ユーフォニアム」「たまこまーけっと」聖地巡礼に宇治の紅葉、友人との呑みを合わせ込んだ結果辿り着きました。f:id:nichinichisou0808:20200613021028j:image今回は用事ついでに二条駅から徒歩

2016年に現在地にオープンしました。f:id:nichinichisou0808:20200613021110j:image

プロムナード

駅ホームを思わせる長さのあるスペースには、歴代の優等列車・一等客室(グリーン含)・食堂車などが並びます。
f:id:nichinichisou0808:20200613021101j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613180408j:plain


f:id:nichinichisou0808:20200614045636j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614045640j:image

■その中で異彩を放つ「ザ・新性能車両」国鉄101系が開扉状態で展示されています。f:id:nichinichisou0808:20200613023100j:image

101系が進化して103系、201系、205系から現在までがあるわけです。多分。
f:id:nichinichisou0808:20200613023105j:image


f:id:nichinichisou0808:20200613023151j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613023143j:image
本館1階

■500系…世界一イカすデザインではないでしょうか。運用面などでJR東海に嫌われたのが可哀想。
f:id:nichinichisou0808:20200613021023j:image

未来的!f:id:nichinichisou0808:20200613021056j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613021106j:image

空気抵抗対策で車体裾は絞られいます。が、乗車すると窓側席は窮屈なんですよね。f:id:nichinichisou0808:20200613021040j:image

■100系新幹線のデザインは秀一だと思います。ちなみにJR西所属の車両です。f:id:nichinichisou0808:20200613021004j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613021017j:image

■キハ81系はディーゼル特急の先駆けでしたが、トラブル多発から評判はイマイチの様でした。f:id:nichinichisou0808:20200613180455j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613175145j:plain

■583系は交直昼は特急電車、夜は寝台特急電車として、更に交流・直流対応により北海道、四国以外の全国で運行されていました。f:id:nichinichisou0808:20200613021034j:image 

トワイライトプラザ

■豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス」です。f:id:nichinichisou0808:20200613020957j:image

扇形車庫

大量の蒸気機関車が動態展示されています。

f:id:nichinichisou0808:20200613022515j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613235919j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200613022441j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613022435j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613023244j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613175141j:plain

車内撮影は・・・

室内風景の撮影については、展示車両の大部分が立ち入り不可のため、窓にへばりついての撮影となります。f:id:nichinichisou0808:20200614045755j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614045759j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614045744j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614045748j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614045752j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614045741j:image

細部撮影に燃える

シャープなデザインf:id:nichinichisou0808:20200614044038j:image

イカすロゴf:id:nichinichisou0808:20200614044242j:image

急角度裾絞り / パンタグラフ


f:id:nichinichisou0808:20200614044342j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614044338j:image

JNRロゴf:id:nichinichisou0808:20200614044507j:image

独特な前照灯。f:id:nichinichisou0808:20200614044514j:image

ドアガラスのHゴム / パンタグラフ


f:id:nichinichisou0808:20200614044603j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614044607j:image

パンタグラフf:id:nichinichisou0808:20200614044510j:image

特別車両の証f:id:nichinichisou0808:20200614044517j:image
重厚感f:id:nichinichisou0808:20200614044503j:image 

車両正面コレクション

今回も締めは列車を正面から。f:id:nichinichisou0808:20200614074105j:image


f:id:nichinichisou0808:20200614074209j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614074213j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614074205j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613023322j:image

まとめ

500系新幹線を見ただけでも満足しましたが、大部分の展示車両の車内立ち入り不可が残念でなりません。

扇形車庫の蒸気機関車については、精悍且つメカメカしいフォルムと見ている分には良いと思うのですが、詳しくなりたい衝動には発展しません。

余談ですが館内には収蔵車両に含まれないが、常時展示中の50系客車があります。実は休憩室として設置されています。


f:id:nichinichisou0808:20200614074841j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614074838j:image

京都鉄道博物館は以上となります。

 

鉄道博物館 (JR東日本・大宮)

2018年5月18日訪問 収蔵車両数:40両前後

実は「わざわざ列車を見るために、埼玉しかも大宮からニューシャトル乗換メンドクセー」と考えながら長期間敬遠をしていましたが、ある車両が展示されているのを知ったために行ってきました。

この時期にはブログ運営中のため「興味のない車両もとりあえず撮影する」癖がついていた様です。f:id:nichinichisou0808:20200614064400j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614064357j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614064352j:image

車両ステーション周辺

■200系東北・上越新幹線車両です。f:id:nichinichisou0808:20200614064531j:image

200系普通車車内はリニューアル済の様です。f:id:nichinichisou0808:20200614064535j:image

普段はボンネット内格納の連結器の作動デモが行われていました。f:id:nichinichisou0808:20200614065509j:image

f:id:nichinichisou0808:20200613173938j:plain

■0系東海道新幹線の初期ボンネット仕様です。f:id:nichinichisou0808:20200614065905j:image

0系普通車車内です。f:id:nichinichisou0808:20200614065857j:image

■乗務員室内が見学可能な0系カットモデルです。f:id:nichinichisou0808:20200614065829j:image

■485系特急車両(ボンネット)は交直対応などにより、四国以外の電化区間全域で運用されました。f:id:nichinichisou0808:20200614065837j:image

485系の屋根は交直・周波数対応のために大量の機器が並びます。f:id:nichinichisou0808:20200614065853j:image

485系普通車車内です。f:id:nichinichisou0808:20200614065927j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614065845j:image

■181系特急車両は485系の直流区間運用版的な性能となっています。当時は特急「あずさ」などにて運用されていました。f:id:nichinichisou0808:20200614065834j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614065942j:image

181系普通車車内です。f:id:nichinichisou0808:20200614065938j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614065902j:image

■455系急行車両は交直対応のため、東北本線などで幅広く運用されていました。急行運用消滅後は東北・北陸で長い期間通勤運用されていました。f:id:nichinichisou0808:20200614065849j:image

455系普通車車内です。地方通勤向けに一部ロングシート改造済です。f:id:nichinichisou0808:20200614095900j:plain

■101系は国鉄「新性能電車」の初代通勤車両です。f:id:nichinichisou0808:20200614065841j:image

101系車内です。f:id:nichinichisou0808:20200614065913j:image

■昭和11年登場の国鉄初20m通勤車両クモハ40です。f:id:nichinichisou0808:20200614065909j:image

クモハ40車内です。f:id:nichinichisou0808:20200614065924j:image

■ナデ6110形は大正時代の山手線車両とのこと。現在は国指定重要文化財です。f:id:nichinichisou0808:20200614065920j:image

ナデ6110形車内です。f:id:nichinichisou0808:20200614065935j:image

■C51形蒸気機関車(御召列車仕様)です。f:id:nichinichisou0808:20200614070437j:image

■C57形蒸気機関車です。f:id:nichinichisou0808:20200614070433j:image

■ED75形電気機関車(交流線区用)です。旅客から貨物まで牽引運用します。f:id:nichinichisou0808:20200614070728j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614070721j:image

■EF58形電気機関車は東海道本線での優等列車牽引などで運用されました。f:id:nichinichisou0808:20200614070725j:image

■EF55形電気機関車は戦前の特急列車牽引が主な運用でした。f:id:nichinichisou0808:20200614070733j:image

ミニ運転パーク周辺

■455系急行車両です。f:id:nichinichisou0808:20200614071308j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614071316j:image

普通車車内は見学から休憩、食事も可能スペースです。f:id:nichinichisou0808:20200614071312j:image

仕事ステーション周辺

2018年5月当時は準備中でした。400系新幹線とE5系新幹線(モックアップ)が展示中です。

f:id:nichinichisou0808:20200614071351j:image

正面コレクション

締めは「正面顔コレクション」です。


f:id:nichinichisou0808:20200614071827j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614071830j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614071938j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614071942j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614071946j:image

f:id:nichinichisou0808:20200614072231j:image

まとめ

現存する国内初期の車両から、JR東日本の現役車両(モック)まで、鉄道歴史を感じさせる展示となっています。重文指定を受けた車両や御料車以外の展示車両は大部分が車内立ち入りも可能です。

個人的には廃車となったE351系を収蔵せずに、全解体が残念ですが、営業時にはパンタグラフ落ちるわ脱線事故起こすわ、終いには「残念な失敗車両」とまで言われていましたから…「展示するわけねーだろ」と考えたのでしょうか。(写真はE351イメージ)

f:id:nichinichisou0808:20200614101058j:plain

鉄道博物館(大宮)は以上となります。

 

最後に

今回の記事内写真につきましては、普段の記事よりも解像度を若干高く設定しました。

そして現在巡りたい鉄道博物館が岡山県にある「津山まなびの鉄道館」です。気動車に特化している様でキハ58系展示が超気になります。

 

今回は以上です。

 

ブログ内記事リンク紹介

■その他の運輸記事など 

■駅の紹介記事など 

列車のインテリアを見比べよう! (写真集)

新規投稿 2019/04/20・最終更新 2020/06/12

今回は鉄道車両の車内をひたすら紹介する記事となります。

ご注意

運行車両や車内装備は取材当時のものです

車内電源は「USB」または「AC」となります

記事内の列車運用地域は参考路線となります

紹介列車は運用時または展示中の車両です

 

はじめに

世の中には国内から果ては海外の列車まで、「車内学」として本格的な調査から発表までをされている方々がいらっしゃいます。

・・・私の場合はいつも気まぐれ、さらには適当に車内を撮影しておりますが、ここに来て結構な量の素材が溜まりましたので、まとめて公開をする事にしました。

お気軽にご覧くださいませ。

 

JR東日本 E5系

東北新幹線・北海道新幹線にて運行中です。「はやぶさ」では国内最速の営業運転中でもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190425004416j:image

 

■グランクラス

まさに現代に復活した「一等車」であり「走るファーストクラス」とも呼ばれています。

乗車ドアも専用であり、グランクラス利用でない旅客は専用車両への乗車/見学/立入/通り抜けは禁止となっています

f:id:nichinichisou0808:20190425034348j:image

 

座席は独立2列+1列の3列シート設置です。

f:id:nichinichisou0808:20190423172104j:image

 

座席周り。

f:id:nichinichisou0808:20190425034304j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425034307j:image

 

室内は金属的なクールさとソフトさが絶妙に融合しています。

f:id:nichinichisou0808:20190423172052j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425004524j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425035807j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425035805j:image

 

以前は和洋どちらかの軽食が選べました。

また、アルコール類とソフトドリンクはフリーとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190425004520j:image

 

■グリーン車

グリーン車についてもJR東日本としては破格の上質さかと思われます。

f:id:nichinichisou0808:20190423172129j:image

 

フットレスト付きの座席は、各操作を手元のキー操作が可能です。

f:id:nichinichisou0808:20190424112549j:image

 

■普通車

f:id:nichinichisou0808:20191102085057j:image

 

JR東海/西日本 N700系

東海道山陽新幹線「のぞみ」の主力列車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190425040740j:image

 

車両横のロゴ。Aが大きいのが新造車、小さいロゴはN700系からの改造車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428171807j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428175310j:image

 

■グリーン車

乗り心地、静粛性文句の付けようのない仕上がりです。

f:id:nichinichisou0808:20190428165601j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165606j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612023616j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190428165555j:image

 

この座席は過去のグリーン車と比較して相当に座り心地が良いです。そして座席のリクライニングは電動、全座席に電源が装備です。

f:id:nichinichisou0808:20190428165619j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165615j:image

 

シートヒーターも装備。

f:id:nichinichisou0808:20190428165610j:image

 

■グリーン車 (G編成)

基本的には上記と同様の性能・機能と思われますが、座面の柄を一新してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190425044937j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165725j:image

 

■普通車

以下に2通りの柄を掲載しますが、どちらかがG編成ではないかと勝手に予想しています。

f:id:nichinichisou0808:20190423172111j:image

 

壁側には電源が1個装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428180417j:image

 

上の座席と比較すると、シートの表面柄に差異があります。

f:id:nichinichisou0808:20190428165819j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424112821j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090308j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090320j:image

 

JR東海/西日本 700系

現役車両はかなり減りましたが、2019年内は定期運行をするのではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190428170203j:image

 

以下はJR西日本所属車両です。差異は多々ありますが「JR700」は判別に役立ちます。

f:id:nichinichisou0808:20190428170417j:image

 

車両横のロゴ。

f:id:nichinichisou0808:20190428171841j:image

 

■グリーン車

電動リクライニングや電源装備、N700の前では(個人的に)霞んで見えてしまいますが、グリーン車独特の重厚な雰囲気はあります。
f:id:nichinichisou0808:20190428170208j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428170200j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428171402j:image

 

■グリーン車 (JR西日本所属)

JR東海のグリーン車と比較するとシックな仕上がりです。遮断部扉も高級感があります。

f:id:nichinichisou0808:20190428170312j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428170317j:image

 

東海のグリーン系シートとは違いブラウン系となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190425004616j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190428171738j:image

f:id:nichinichisou0808:20190423172100j:image

 

3列シート側は真ん中席のみ、幅が若干広く設定されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428170451j:image

 

JR東海 300系

「のぞみ」として高速度運転を追記した結果、独特の突き上げなど、乗り心地を犠牲にした感があります。

f:id:nichinichisou0808:20190428170619j:image

 

■グリーン車

あっさりとしたグリーン車内に重厚さは感じられません。「ぷらっとこだま」で良くお世話になりました。

f:id:nichinichisou0808:20190425004652j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20180517170030j:plain

 

JR西日本 500系

f:id:nichinichisou0808:20190428170653j:image

 

■グリーン車

速度追記のためか壁が相当に絞られており、窓側の席は若干窮屈かもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20190423172122j:image

 

JR東日本 200系

東北新幹線開業時から運行していましたが、現在は引退をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190428170755j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。恐らくは車内リニューアル済みです。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190423172119j:image

 

JR東海 100系

2代目東海道新幹線です。0系と比較して圧倒的な車内サービスの向上が行われました。この精悍な顔つきから現在もファンが多いようです。

f:id:nichinichisou0808:20190428170856j:image

 

■食堂車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190428170853j:image

 

JR東海 0系

「元祖新幹線」である0系の登場時は型番がありませんでした。開業時は最高速度220km/hと世界最速の営業運転でした。

f:id:nichinichisou0808:20190428175337j:image

 

■普通車

リクライニングシートではなく、転換クロスシートです。乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190423172125j:image

 

■食堂車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190428170819j:image

 

JR東日本 E353系

最新鋭の中央本線特急車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428172824j:image

 

■普通車

以前の E351/E257よりも居住性が格段に向上しました。先に投入された常磐線特急 E653と似た感があります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084608j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424112913j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090447j:image

 

JR東日本 E653系

常磐線特急の車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428175115j:image

 

■普通車

個人的にはJR東日本の普通車は完成の域に達したと感じました。質感から座席のフィット感、長時間乗車、各座席電源装備など、不満は全くなしです。

f:id:nichinichisou0808:20190424084618j:image

 

足元も広々です。

f:id:nichinichisou0808:20190425004825j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090559j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090551j:image

 

JR東日本 651系

元常磐線特急、現在は特急「草津」などに運用されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428175141j:image

 

■グリーン車

JR東日本では在来線奇跡の3烈シート車となります。4列改造しないのは最後の良心か?などと考えています。

f:id:nichinichisou0808:20190424113100j:image

 

製造は国鉄時代ですが、良いものは色褪せません。ちなみに車内はリニューアル済みです。

f:id:nichinichisou0808:20190424113057j:image

 

高崎線内にて、向かいは蒸気機関車。

f:id:nichinichisou0808:20190424144535j:image

 

座席周り。フットレストに大型肘置き、厚めのクッションなどまさに「グリーン車」です。

f:id:nichinichisou0808:20190428175236j:image

 

■普通車

f:id:nichinichisou0808:20190719104135j:image

f:id:nichinichisou0808:20190719104132j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090645j:image

 

JR東日本 E351系

旧中央本線特急車両となります。既に廃車されましたが、個人的には好きでした。

30年近く運行されていましたが、大規模な車内リニューアルは行われなかったと記憶しています。

f:id:nichinichisou0808:20190428175357j:image

 

■グリーン車

前述651系グリーン車の後ではどうしても見劣りしてしまう4列シートです。グリーン車座席にはシートヒーター機能があります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084605j:image

 

このシートピッチがかろうじでグリーン車であることを主張しているかのようです。

f:id:nichinichisou0808:20190425004915j:image

 

■普通車

振り子列車のた壁側が絞られており、また、走行中には体を固定しにくい「快適」とは言い辛い乗り心地でした。

f:id:nichinichisou0808:20190425004950j:image

 

座席下は埋まっているため、足があまり伸ばせません。

f:id:nichinichisou0808:20190428175430j:image

 

JR東日本 E257系

旧中央本線特急車両となります。既に定期運行から外れ、将来的には東海道本線に移籍されます。

f:id:nichinichisou0808:20190428194957j:image

 

■普通車

個人的には可も不可もない車内と座席です。座席はリクライニング意外にも、座面が前後可動式です。またE351とは異なり足元が広くなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190424084614j:image

 

JR東日本 E257系500番台

千葉方面にて運行中の E257系となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428175638j:image

 

■普通車

個人的には可も不可もない車内と座席です。座席はリクライニング意外にも、座面が前後可動式です。

f:id:nichinichisou0808:20190424084611j:image

 

足元が広くなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190424113158j:image

 

JR東日本 255系

千葉方面にて運行中の特急列車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428175902j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190428175853j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428175850j:image

 

JR東日本 251系

「スーパービュー踊り子」などにて運行中となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428180006j:image

 

■普通車

リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424120016j:image

 

JR西日本 681系

JR西日本内では「サンダーバード」などに幅広く使用されている車両であり、JR東海の大垣〜名古屋に乗り入れもしています。

f:id:nichinichisou0808:20190428180036j:image

 

■グリーン車

流石JR西日本、特別な空間を作り出すのが上手いと思います。もちろん3列シートです。

f:id:nichinichisou0808:20190424084539j:image

 

■普通車

号車によりシートカラーが異なります。

f:id:nichinichisou0808:20190428201818j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424084526j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424084621j:image

 

JR東海 383系

名古屋から長野を結ぶ「しなの」にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195032j:image

 

■普通車

普通車でも前後幅は広く、シートピッチはグリーン車並の1100mmを確保しています。

f:id:nichinichisou0808:20190424084555j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425005043j:image

 

JR東海 キハ85系

名古屋発「ひだ」や「南紀」などで運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195057j:image

 

■普通車

高山方向先頭車は前面展望も可能です。

f:id:nichinichisou0808:20191102095036j:image

 

乗り心地は悪くありませんが、岐阜からの高山本線はなかなかワイルドな走りのためか、体が左右に激しく揺られることもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424141611j:image

 

「ワイドビュー」の名に恥じぬ大型窓からの眺望。

f:id:nichinichisou0808:20190424151436j:plain

 

JR東日本 485系

元は国鉄特急ですが、東武鉄道との相互運転も行い、晩年は「ビバ あいづ」号での運行に当てられた編成となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428180946j:image 

 

■普通車

東武鉄道との相互運転のため、車内リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084558j:image

 

JR東海 キハ181系

当時は超ハイパワーな気動車でした。

f:id:nichinichisou0808:20190428202049j:image

 

■普通車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084529j:image

 

JR東海 381系

国鉄時代に製造された国内初の振り子式電車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428195126j:image

 

■普通車

乗車感覚はまさに「振り子」です。(博物館にて撮影)
f:id:nichinichisou0808:20190424084522j:image 

 

構造状冷房ダクトが車内にありますが、JR西日本の381系では後日に窓際座席を撤去をし、不自然な空間が。(スーパーくろしお)

f:id:nichinichisou0808:20190425005218j:image

 

JR東日本 183系

中央本線特急列車にて運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428195156j:image

 

■普通車

アップグレードを実施した大型座席リニューアル後となります。また、乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084825j:image

 

国鉄 181系

上越本線特急列車として運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428195240j:image

 

■普通車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084813j:image

 

国鉄 485系

東北本線特急列車として運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428195302j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、シートピッチの狭いこと以外はあまり記憶がありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084818j:image

 

小田急電鉄 10000形HiSE

現在は長野電鉄にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195325j:image

 

一般車設定のみとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190425005322j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425005319j:image

 

小田急電鉄 3100形NSE

近頃運用から外れましたが、長期間の営業運転でした。

f:id:nichinichisou0808:20190429090736j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428195355j:image

 

一般車設定のみとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190424141214j:image

 

小田急電鉄 30000形EXE

f:id:nichinichisou0808:20190428195436j:image

 

リニューアル前の車内となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424141210j:image

 

東武鉄道 100系

「スペーシア」として東京と日光・鬼怒川を結ぶ豪華特急はJR新宿へも乗り入れます。

f:id:nichinichisou0808:20190428204905j:image

 

■普通車

座席カバーリニューアル後となります。バブル期新造車だけあり、現在でも通用する座席ではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190424113347j:image

 

デビュー時には各座席にラジオがありましたが、流石は東武、後日取っ払いました。

f:id:nichinichisou0808:20190424113343j:image

 

東武鉄道 200系

特急「りょうもう」は浅草から群馬・栃木まで運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195503j:image

 

普通車のみの設定となります。

この車両には3,4種類の座席が存在し、その内1種類はシートカバーがリニューアルもされています。

こちらは新造車内座席リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084541j:image

 

なんだか疲れた座席に見えてきます。これに料金を支払うの?

f:id:nichinichisou0808:20190424113230j:image

 

新造車内の座席カバーリニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428195532j:image
f:id:nichinichisou0808:20190428195538j:image

 

座席全体リニューアル後となります。フットレストが無くなりました。
f:id:nichinichisou0808:20190428195543j:image

 

西武鉄道 10000系

「ニューレッドアロー」として池袋線と新宿線で運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195610j:image

 

普通車のみの設定となります。

座席交換リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084602j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424113500j:image

 

西武鉄道 001系

ニューレッドアローの後継「ラビュー」です。

f:id:nichinichisou0808:20200612024533j:image
f:id:nichinichisou0808:20200612024742j:image
f:id:nichinichisou0808:20200612024736j:image
f:id:nichinichisou0808:20200612024732j:image

 

近畿日本鉄道 名古屋線22000系

f:id:nichinichisou0808:20190428195631j:image

 

レギュラーカーのみの設定となります。

車内リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084623j:image

 

近畿日本鉄道 23000系

「伊勢志摩ライナー」として全車リニューアル後も活躍中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195700j:image
f:id:nichinichisou0808:20190428195654j:image

 

■デラックスカー

車内リニューアル後となります。
f:id:nichinichisou0808:20190424084532j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428200005j:image

 

車内リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084545j:image

 

■レギュラーカー

車内リニューアル後となります。
f:id:nichinichisou0808:20190424084551j:image

 

■サロンカー

車内リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424102020j:image

 

■運転室

f:id:nichinichisou0808:20190424102433j:image

 

■近畿日本鉄道 21000系

「アーバンライナーNEXT」として名阪ノンストップ特急として運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195746j:image

 

■レギュラーカー

車内リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084548j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428195845j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424102123j:image

 

■運転室

f:id:nichinichisou0808:20190424102127j:image

 

近畿日本鉄道 30000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200416j:image

 

■ダブルデッカー2階

車内リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424101929j:image

 

南海電気鉄道 50000系

南海の空港特急「ラピート」にて運行中です?

f:id:nichinichisou0808:20190503021926j:image

 

■スーパーシート

車内リニューアル前のシートとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190425005425j:image

 

■運転室

f:id:nichinichisou0808:20190425005423j:image

 

南海電気鉄道 高野線21001系

元祖「ズームカー」。現在は大井川鐵道にて運行されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428200041j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424114916j:image

 

京阪電気鉄道 8000系

f:id:nichinichisou0808:20190428202707j:image

 

■プレミアムシート

着席保証のある座席となります。個人的には料金が同等設定である関東の着席保証がボッタクリに見えてきます。

f:id:nichinichisou0808:20190424115621j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424115610j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428202852j:image

 

■普通車

料金不要でもこの座席です。(ダブルデッカー2回席)

f:id:nichinichisou0808:20190428202733j:image

 

車端部座席となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428202738j:image

 

西武鉄道 40000系

f:id:nichinichisou0808:20190428204759j:image

 

■Sトレイン運行時

着席保証、電源使用可能、速達運行時には「Sトレイン」として料金が徴収されます。快適ではありますが、東海や近畿の通勤車と比較するのはやめましょう。

f:id:nichinichisou0808:20190424115617j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424115613j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428204840j:image

 

■通勤運行時

料金不要時にはロングシート、電源使用不可となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428204831j:image

 

■優先席

優先席は運行形態に関係なくロングシートです。

f:id:nichinichisou0808:20190428204836j:image

 

会津鉄道 AT-350,AT-400系

「お座トロ展望車」として2両1組で運行中です。指定席ではありませんが、料金が必要となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428200113j:image

 

展望車両側。

f:id:nichinichisou0808:20190424115916j:image

 

お座敷車両側。

f:id:nichinichisou0808:20190424115921j:image

 

伊豆急行 2100系

現在は仕様変更して運行中となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428200149j:image

 

料金不要でこの座席と眺望、素晴らしいです。

f:id:nichinichisou0808:20190424141357j:image

 

西武鉄道 20000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200246j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120446j:image

 

西武鉄道 6000系

f:id:nichinichisou0808:20190428204726j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428204730j:image

 

東武鉄道 10030系

f:id:nichinichisou0808:20190507204434j:image

 

大幅リニューアルした車内です。

f:id:nichinichisou0808:20190507204429j:image

 

東武鉄道 60000系

f:id:nichinichisou0808:20191102095236j:image
f:id:nichinichisou0808:20191102095239j:image

 

東武鉄道 8000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200344j:image

 

大幅リニューアルした車内です。

f:id:nichinichisou0808:20190424120528j:image

 

京阪電気鉄道 13000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200453j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120458j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428202822j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428202827j:image

 

京阪電気鉄道 2200系

f:id:nichinichisou0808:20190719105912j:image
f:id:nichinichisou0808:20190719105915j:image

 

鹿島臨海鉄道 8000形

新型車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428200546j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120443j:image

 

鹿島臨海鉄道 6000形

f:id:nichinichisou0808:20190428200617j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120516j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425005508j:image

 

名古屋臨海高速鉄道 1000形

あおなみ線にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200644j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120449j:image

 

JR東海 313系

東海道本線他にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200710j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120539j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424143331j:image

 

JR東海 311系

東海道本線にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200735j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120455j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424143414j:image

 

JR東海 313系3000番台

東海道本線他にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200801j:image

 

313系列ですが転換クロスシートではなく、セミクロスシートです。

f:id:nichinichisou0808:20170826054220j:plain

 

JR東海 キハ75系

高山本線などにて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200825j:image

f:id:nichinichisou0808:20170826143552p:plain

 

樽見鉄道 ハイモ330-700形

f:id:nichinichisou0808:20190428200932j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120440j:image

 

養老鉄道 600系

f:id:nichinichisou0808:20190428201006j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120525j:image

 

ワンマン向け運賃収受箱設置済みです。

f:id:nichinichisou0808:20190428202931j:image

 

東京メトロ 13000系

日比谷線向けの最新車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428205307j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428201111j:image

 

ドア上は液晶3枚。

f:id:nichinichisou0808:20190428194932j:image

 

営団地下鉄 3000系

旧日比谷線、現在は長野電鉄で運行中です。
f:id:nichinichisou0808:20190428203010j:image

 

個人的には懐かしすぎる車内。

f:id:nichinichisou0808:20190424120535j:image

 

JR東日本 E721系

f:id:nichinichisou0808:20191102095409j:image
f:id:nichinichisou0808:20191102095405j:image

 

JR東日本 E231系

常磐線普通列車などで運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190429090955j:image

 

■ダブルデッカー グリーン車

料金が必要となります。

f:id:nichinichisou0808:20190429090948j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090937j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090943j:image

 

JR西日本 221系

京阪神地区にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201143j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424141454j:image

 

JR西日本 223系

京阪神地区にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201215j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424141451j:image 

 

JR西日本 227系

広島地区にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201246j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424141448j:image

 

国鉄 455系

東北本線などで運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428201428j:image

 

ボックス席の普通車となります。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424120542j:image

 

JR東海/西日本 117系

f:id:nichinichisou0808:20190428201355j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429093207j:image

 

転換クロスシートとなります。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424141515j:image

 

JR東日本/西日本 115系

ザ・国鉄近郊列車です。近年では一気に淘汰が進みました。

f:id:nichinichisou0808:20190429094627j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429094637j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429094630j:image

 

車内リニューアル済み車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190429094634j:image

 

国鉄 101系

説明不要の国鉄初の高性能通勤列車です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201331j:image

 

ロングシートですが、近頃の車両の様に着席ガイドやスタンションポールなどはありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424120513j:image

 

JR東海/東日本/西日本 キハ40,キハ48

JR東海管内では既に廃車となりました。

f:id:nichinichisou0808:20190428201544j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429093011j:image

 

国鉄的車内。

f:id:nichinichisou0808:20190424120452j:image

 

紀州鉄道 キハ600形

既に廃車されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428201707j:image

 

シートクッションも弾力を失いペコペコでした。

f:id:nichinichisou0808:20190424120545j:image

 

個人的おすすめの列車シート

皆様はお気に入りの列車シートはありますか?

私的にはJR東海 N700系のグリーン車、JR東日本のE653の普通車となります。体へのフィット感が良く、長時間利用でも疲れにくいと感じています。

 

JR東日本の特急列車普通座席は近年ぐんと質が高まった様に感じる反面、在来線特急列車のグリーン車4列シートをみると、ヤル気のなさを感じてしまい落胆をしております。

 

最後に

本記事につきましては都度追記をする予定です。

そして本記事の高速バス(主にJRバス東海・東日本)バージョンも公開しています。


f:id:nichinichisou0808:20200612024847j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612024851j:image

座席や室内に興味をお持ちであれば、是非!

 

今回は以上となります。

 

ぜひあわせてご覧ください

ブログ内には他鉄道記事があります。

進化する国内鉄道の駅名看板を大紹介!

新規投稿 2020/06/04・最終更新 2020/06/12

今回は様々なデザインが魅力の「駅名標」紹介記事となります。(初版)

 

SNAでは告知済みですが、本記事の素材データを一時紛失状態です。発見次第の更新をいたします。申し訳ございません。

f:id:nichinichisou0808:20191102203155j:image

 

はじめに

特に鉄道旅行をしている際、到着や乗換駅で列車を降りると、私はその駅の駅舎や駅ビルなどの施設外側に行きます。

まあ駅舎も写真撮影はしますが、実は駅外側に必ず掲示してある「駅名表示」の撮影を趣味としています。

f:id:nichinichisou0808:20200603181251j:image


f:id:nichinichisou0808:20200603181442j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603181447j:image

現在、鉄道会社により既に大部分の駅名表示を自社の独自様式に統一していたりもしますが、各社まだまだ独特表記の駅は存在しています。特に観光地の最寄駅では独特なデザインの駅名表示をよく見かけます。f:id:nichinichisou0808:20200530143704j:plain


f:id:nichinichisou0808:20200603184146j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603184122j:image

もちろん統一された駅名表示は実用的ですし、コストダウンも図れます。しかし個人的には様々なバリエーションに富んでいる方が撮影していて楽しいですね。

という訳で今回は、これまで気まぐれに撮影することである程度溜まった、国内の駅名表示写真(駅舎があることも)をご紹介します。

 

正式名称は「駅名標 」です

駅施設の外側に掲示する鉄道事業者名または駅名を「駅名標」と呼びますが、説明よりも見れば納得かと思われますので「東京駅」を例に挙げてみます。

f:id:nichinichisou0808:20200612012631j:image

何処にも駅名がないですね。f:id:nichinichisou0808:20200612012607j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612012535j:image


はい、ズバリこちらの「東京駅」を駅名標(屋外用)と呼びます。f:id:nichinichisou0808:20200603165025j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200603165043j:plain

 

JR東海を例駅名標をご紹介

まずは駅名標(屋外用)の2タイプです。

f:id:nichinichisou0808:20200612000037j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612000032j:image

「屋外用」とは分類になるのですが、実はホーム上に設置するタイプの駅名標(ホーム用)も存在をします。

ホーム駅名標 (JR東海 新幹線駅用)

JR東海の新幹線駅名標は漢字表記が大きく、平仮名は小さなサイズとなっています。f:id:nichinichisou0808:20200603171443j:image


f:id:nichinichisou0808:20200603171509j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603171506j:image

 

ホーム駅名標 (JR東海 在来線駅用)

JR東海の在来線駅名標は平仮名表記が大きく、漢字はその下に、更にローマ字も表記されています。…全駅がJR東海規定のフォント、サイズにて表記される決まりになっています。

実はJR東海が旧国鉄フォントの権利を所有しています。

f:id:nichinichisou0808:20200603171713j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200603171708j:plain

ホーム駅名標のデザインは、各鉄道会社内で統一されていたり、最小限に分類(在来線・新幹線・または路線など)されています。

また今回は天井より吊るすタイプを掲載しましたが、他には「ホーム地面に自立するタイプ」や縦書き平仮名表記の「柱」タイプ、その中でも照明器具あり、なしなどの分類があります。


f:id:nichinichisou0808:20200611232641j:image

f:id:nichinichisou0808:20200611232645j:image

自立式時刻表/ 屋外自立式照明なし

f:id:nichinichisou0808:20200611232756j:image

f:id:nichinichisou0808:20200611232820j:plain柱用は必ず平仮名縦書き

 

その他 掲示物

駅構内には様々な案内表記が設置されていますが、年々進歩しており、薄型化や蓄電可能なタイプも存在しています。

f:id:nichinichisou0808:20200612014015j:image

本記事ではこの中から、よりデザイン性・独自性の高い「駅名標(屋外用)」をご紹介します。

次項では駅名標の歴史や1部タイプを紹介します

 

駅名標の進化と種類

今回は「屋外用駅名標」の記事ということで、参考程度に歴史などをご紹介をいたしますが、同じ鉄道事業者の管理駅であっても、屋外用駅名標には様々なタイプが存在します。

国鉄時代から屋外用についてはサイズも「適宜」となっていました。

現在では各社ともに大型駅、郊外駅での基本形となる駅名標は存在するようですが、全ての駅で用いる訳ではないようです。

今回は西武池袋線・新宿線駅の駅名標を参考にご説明しますが、私もあまり調査をしてませんので「話半分」でお願いいたします。

f:id:nichinichisou0808:20200612011742j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603211551j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200603212213j:plain

西武池袋駅/西武新宿駅

まず屋外用駅名標の照明機能は、昭和25年に初めて八王子駅で採用され、当時はネオン放電管による発光でした。

そして時代により白熱灯、蛍光灯、LEDとより明るく、より省エネルギー化が進んでいます。

縁の材質は鉄より軽量なアルミニウムに、表面はガラスからアクリル、ガラス電動板などへと変化を遂げています。

 

アクリル製カラーユニット(アルマイト加工・照明なし)

西武鉄道の標準デザインです。f:id:nichinichisou0808:20200604014111j:image

アクリル製カラーユニット(アルマイト加工・照明あり)

西武鉄道の標準デザインですが、駅番号が記載されていたりさらに照明もつきます。f:id:nichinichisou0808:20200604014137j:image

箱文字駅名標(発光なしタイプ)

この様に文字を切り出した立体なタイプを「箱文字」と呼びます。f:id:nichinichisou0808:20200603191248j:image

箱文字駅名標(LED発光ありタイプ)

この方式は「LED式箱文字駅名標」と呼ばれ、ステンレスで文字の箱を成形し、その中に光源を入れて表面にはアクリル板を使用します。f:id:nichinichisou0808:20200603190303j:image

私の中では最新流行の超「イカした」タイプです。JR北海道、東日本、東海、西日本の各社、近頃の新駅舎ではLED箱文字が増えています。


f:id:nichinichisou0808:20200603191341j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603191337j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612011827j:image昼夜で表示がかわりカラー対応

ホーム用自立式(照明・時刻表あり)

少しだけホーム駅名標を。

f:id:nichinichisou0808:20200612011857j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612012146j:image

 

箱文字+アクリルユニット (発光不明)

池袋線の終点にして観光地、西武秩父駅はリニューアルされたばかりの駅舎です。f:id:nichinichisou0808:20200604012627j:plain

駅舎外側には他駅にはないフォントの箱文字、駅舎入口にはアクリルユニットと贅沢なく見合わせです。未確認ですが間違いなく双方とも発光するかと。

f:id:nichinichisou0808:20200604012653j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200604012720j:plain

…ということで説明はここまでとなります。この他にも色々なタイプがありますので、

次項では様々なタイプの駅名標をご覧ください

 

地区別 駅名標紹介

こちらがメインコンテンツですが、実際に単なる趣味レベルのため駅により「昼夜揃わない・出口網羅しない」など、イマイチな部分も多々ありますが、どうぞ広い心でお願いします。

地区は「東海」「北海道・東北」「関東」「信越・北陸」「近畿」「中国・九州」となります。 

東海地区(JR)

主に東海道本線、高山本線の駅名標となります。JR東海の中でも特に東海道本線の駅名フォントは似ている駅が多いようですが、個人的には好きかもしれません。

そして今回執筆していて気がついたのですが、名古屋駅の駅名標を撮影していませんでした。40回以上は見ている筈なのに情けないですね。 

■JR岐阜羽島駅

追記中

f:id:nichinichisou0808:20200612012838j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612012841j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612012849j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612012845j:image

 

■JR岐阜駅 (北・南)

f:id:nichinichisou0808:20200612012008j:image

JR岐阜駅舎全景(北口)f:id:nichinichisou0808:20200603153308j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200603140951j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200612001713j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200612001651j:plain

吊り下げ駅名標参考。f:id:nichinichisou0808:20200611234050j:image

岐阜駅ホーム参考。

f:id:nichinichisou0808:20200611233008j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200612001820j:plain

【駅名標】北口 名古屋寄 箱文字タイプ1(点灯なし)。f:id:nichinichisou0808:20191102123854j:image

北口 大垣寄り 箱文字タイプ2(点灯なし)。f:id:nichinichisou0808:20191102123831j:image

北口夜景となります。岐阜駅名標2にはスポットライトの間接照明ですね。1は見えません。f:id:nichinichisou0808:20200603153335j:plain


南口は箱文字タイプが1箇所となりますが、こちらは文字点灯タイプです。f:id:nichinichisou0808:20200603141304j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200612012102j:image

f:id:nichinichisou0808:20191102123905j:image

南口夜景となります。やや見づらいですが文字が発光しています。f:id:nichinichisou0808:20191102123847j:image

 

■JR大垣駅 (南・北)

f:id:nichinichisou0808:20200612015353j:image

JR大垣駅舎全景(南口)f:id:nichinichisou0808:20200611235836j:image

大垣駅構内参考。f:id:nichinichisou0808:20200611233049j:image


f:id:nichinichisou0808:20200612012959j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612012954j:image

 

吊り下げ駅名標参考。
f:id:nichinichisou0808:20200611235820j:image

南口に1箇所の駅名標を確認しています。f:id:nichinichisou0808:20200603140153j:plain

 

箱文字タイプです。駅名は発光しませんが駅ビル名称「ASTY」が発光します。f:id:nichinichisou0808:20200603140221j:plain

南口夜景となります。大垣駅名標にスポットライトの間接照明、ASTYは発光しています。f:id:nichinichisou0808:20200603140337j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200603140355j:plain

2018年まで大垣駅南口です。こちらも箱文字タイプの発光なしです。f:id:nichinichisou0808:20200603143242j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200603143631j:plain

駅ビル名「Apio」に間接照明となっていました。f:id:nichinichisou0808:20200603143653j:plain

 

北口はアクリル駅名標でスッキリとしています。f:id:nichinichisou0808:20200603143156j:plain

夜間バージョンの写真を捜索中ですが、アクリル駅名標は照明ありだった気がします。f:id:nichinichisou0808:20200603143212j:plain

 

■金谷総合駅(JR金山駅)

編集中

f:id:nichinichisou0808:20191103095059j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612014615j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603142437j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200603162809j:plain

f:id:nichinichisou0808:20191102231821j:image

 

■JR名古屋駅 

編集中

f:id:nichinichisou0808:20200612015701j:image

f:id:nichinichisou0808:20200604000400j:image

f:id:nichinichisou0808:20200511084007j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200603020756j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200612014315j:image

 

■JR浜松駅

編集中

f:id:nichinichisou0808:20191103025943j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603162737j:plain

 

■JR静岡駅

「JR東海の駅」との理由でここに選びました。2回も行ったのに何故か記憶が薄くて申し訳ありません。

f:id:nichinichisou0808:20191102123844j:image

 

■JR高山駅 (新駅舎)

東口のみとなります。f:id:nichinichisou0808:20191103094610j:image

f:id:nichinichisou0808:20200611233241j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603114811j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200603142817j:plain

f:id:nichinichisou0808:20191102123851j:image

駅舎ライトアップがずば抜けたセンスの良さです。f:id:nichinichisou0808:20191103094607j:image

f:id:nichinichisou0808:20191102215134j:image

 

■JR高山駅 (旧駅舎)

いいですね。この堂々とした佇まい。箱文字タイプの駅名標は点灯しません。f:id:nichinichisou0808:20200531112359j:plain

f:id:nichinichisou0808:20191102123835j:image

 

■JR飛騨古川駅 

f:id:nichinichisou0808:20200603135007j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200611233303j:image


f:id:nichinichisou0808:20200612014238j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612014243j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531121529j:plain

駅舎も含めてしゃれているとは思うのですが、アルミサッシはあまり合わない気がします。

f:id:nichinichisou0808:20200603135245j:plain

 

■JR飛騨一ノ宮駅

f:id:nichinichisou0808:20200531083124j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200531083121j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200612014422j:image

 

北海道・東北地区(JR) 

■函館駅

個人的にはソリッド美で上位ランクインする駅名標と駅舎の組合せです。箱文字駅名について昼は黒文字、夜は白文字というナイスさです。

f:id:nichinichisou0808:20200604005319j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191102123240j:image

f:id:nichinichisou0808:20200604005610j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200604005629j:plain

 

関東地区(JR)

■武蔵小金井駅

私もよく行く武蔵小金井 通称「ムサコ」北口はLED式箱文字駅名標です。

f:id:nichinichisou0808:20200604010629j:image

f:id:nichinichisou0808:20191103025035j:image

f:id:nichinichisou0808:20200611233320j:image

f:id:nichinichisou0808:20200306032709j:image

大量追記更新予定!

 

最後に

本記事は昨日までほぼ同様記事として、別タイトルにて公開をしていました。そして今回リライトのつもりで作業を開始したのですが…気付いたら新たに執筆をしていました。

結局は内容以外の難解記事タイトルも変更したくなりまして、作業の結果、こちらは新作記事となりました。

ところで前記事ですが、公開直後から振るわない状態でして…今回の初版記事もダメならば、一切の追記はせずに終了の予定です。

 

今回は以上となります。

 

あわせて是非ご覧ください

岐阜県や全国の鉄道車両や駅、バスの記事が他にもございます。 

岐阜県鉄道の線路等級を調査してみた (2020版)

新規投稿 2019/06/29・最終更新 2020/06/03

今回は鉄道線路 (主に岐阜県内・東海道本線他) の等級調査記事となります。

※2019年記事リニューアル中です 読み難い構成お詫び申し上げます

Point

本記事内では主にレール部分の解説となります

記事内容には執筆者の想定や私見を含みます

本記事内容は参考程度がおススメです

各資料は撮影当時の状態であり今回の基準です

f:id:nichinichisou0808:20190609004311j:image 

 

はじめに

ここ3年半の間に東海道本線の名古屋駅〜大垣駅間に乗車する頻度が増加している私なのですが、普段利用している山手線や西武池袋線と比較しても、120km/hで走行する快速列車の乗り心地がとても良いのです。

f:id:nichinichisou0808:20200603013622j:image東海道本線 大垣駅構内

f:id:nichinichisou0808:20200603031359j:image東海道新幹線 岐阜羽島駅

技術向上による鉄道車両の高性能化も1要素ですが、東海道本線は線路にも差があるのではないかと考えました。

本記事前半ではかなりアバウトな方法にてレールの種類を予想し、後半では本格的な見分け方をご紹介します。

本記事は私のような「線路(レール)入門者」や「レールに種類なんてあるの?」な方に向けた内容とし、間違っても「軌道」「閉塞」「道床」などは書きません。

 

鉄道線路(レール)の種類

日本国内の鉄道路線には新幹線から近郊線や大都市圏、ローカル線に貨物専用線などと、用途により様々な路線に分別されています。

そしてレールも路線により使い分けがされます。

(厳密にはレール以外のその他設備も重要ですが、今回はレールに絞ります)

実際に使用するレールは1mあたりの重量(kg)により、以下の数種に規格分類され、数値が高い方が性能も高いレールとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190629030251j:image

住友金属様資料より引用

Point

主なレール種類 (主な用途)

・60レール  (新幹線や高速在来線全線、在来線過密ダイヤ本線)

・50Tレール (過去の新幹線レール)

・50Nレール (在来線本線や在来線駅構内)

・40Nレール (ローカル線全区間に多い)

・37レール (ローカル線や営業線外のレール)

・30レール (過去のローカル線レール)

現在の主流と言うには語弊があるかもしれませんが、50Nレールが国内で1番ポピュラーかと思います。

 

線路の性能差と使用例

新幹線乗車時には高速走行でも乗り心地は良好ですが、いわゆるローカル線の場合は低速でも車両が上下左右に揺れながら走行をしていませんか?

高速走行が必要な路線、または列車の走行頻度が高い都市部路線には性能の高いレールが使用されます。

f:id:nichinichisou0808:20190629061920j:image東海道新幹線 岐阜羽島〜米原

 

一方で低速、低頻度運行または旅客扱いの無い路線には、コストが低いレールが使われる傾向にあります。

f:id:nichinichisou0808:20190629061942j:image会津鉄道 湯野上温泉駅

次はもう少し細分化をし、実際のレール使用状況をご紹介します。(ある意味結論)

 

■新幹線のレール

高速走行の全区間にて60kgレールを使用している筈ですが、東京駅など始発駅ではどうでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190629062210j:image東海道新幹線 東京駅

 

■JR在来線のレール

・列車の運行頻度と運行速度により60kgレール使用し、その他路線は50kgNレールが大半を占めます

・路線により走行区間は60レール、駅構内は50Nレールの使い分けもあるようです

・ローカル線は40kgレールを使用することもあるようです

※JR全営業線レールの9割は50Nまたは60レール

f:id:nichinichisou0808:20190629062138j:image常磐線 水戸駅

 

■大手私鉄のレール

各社50kgNレールが大半を占めますが、高架複々線区間の速度アップなどから順次60kgレールが導入されているようです。

f:id:nichinichisou0808:20190629062116j:image近鉄名古屋線 桑名駅

 

■ローカル線のレール

50kgNレールや40kgレールを使用する路線もあるようです。

f:id:nichinichisou0808:20190629062055j:image養老鉄道 養老駅

 

■各社例外のレール

例えば旅客扱のない「列車の車庫」や、旅客扱いのある「全列車が停車する駅」などは、速度と乗り心地はさほど関係ないため、安価な方法で線路を敷設する場合もあるようです。

f:id:nichinichisou0808:20190629062014j:image高山本線 高山駅構内 車庫

次項で早速挫折することに。

 

JR東海様に問い合わせたが・・・

「もしや岐阜県内東海道本線のレール自体は東海道新幹線と同じ規格では?」とまで考え質問をお願いしましたが、現時点で確実な結論は出ていません。 

また本件問い合わせについては、JR東海様より御回答の一部または全部の転載は許可できない旨のご連絡をいただきました。(問い合わせ時期は2017年6月ですが、未だに公開や他言はしていませんw)

そのため本記事では独自で線路(レール)調査を行いました。

 

調査方法と場所

いきなり真面目に調べても私が詰まらないので、今回はまず以下の方法にて調査をします。

1. まずは実際にその区間を乗車をすることです。

2. 駅構内および可能であれば駅近隣の目視調査をします。

f:id:nichinichisou0808:20200603051812j:imageこう見ると割とズボラですね。。。でも大丈夫です。多分。そして主に実地調査を行う駅は以下となります。

 

■名古屋駅・岐阜羽島駅・米原駅(新幹線)

東海道本線は東京~名古屋~岐阜~大垣~大阪へと続く路線であり、高山本線も名古屋から岐阜を経由するため、今回の調査に名古屋駅を含めました。

f:id:nichinichisou0808:20190629015905j:image

f:id:nichinichisou0808:20190629022722j:image

f:id:nichinichisou0808:20190629015908j:image

 

■JR東海道本線 名古屋駅

名古屋駅在来線は東海道本線、高山本線、紀勢本線などが発着していますが、今回は東海道本線を調査しました。

f:id:nichinichisou0808:20190629015902j:image

名古屋駅の東海道本線のホームとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190629064446j:image

 

■JR岐阜駅

主に東海道本線、高山本線が発着をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190629020617j:image

f:id:nichinichisou0808:20190629020620j:image

こちらは高山線ホーム。

f:id:nichinichisou0808:20190629020624j:image

右側の2ホームは東海道本線、左は高山本線ホームとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190629022759j:image

 

■大垣駅

東海道本線、養老鉄道、樽見鉄道が発着をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190629023138j:image

f:id:nichinichisou0808:20190629023135j:image

東海道本線ホームです。

f:id:nichinichisou0808:20190629023141j:image

養老鉄道ホームです。

f:id:nichinichisou0808:20190629023144j:image

樽見鉄道ホームです。

f:id:nichinichisou0808:20190629023148j:image

 

■JR米原駅 (在来線)

後日、米原駅間追記予定!

f:id:nichinichisou0808:20200603025901j:plain

 

■飛騨一ノ宮駅

高山本線の列車が発着をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190629141211j:image

f:id:nichinichisou0808:20190629141216j:image

ちなみにこの車両は現在引退済みです。f:id:nichinichisou0808:20190629141208j:image

 

■高山駅

高山本線の列車が発着しています。駅舎リニューアル後のホーム写真はありません。

f:id:nichinichisou0808:20190629141431j:image

f:id:nichinichisou0808:20190629141441j:image

リニューアル前の高山駅ホームとなります。f:id:nichinichisou0808:20190629141437j:image

 

■飛騨古川駅

高山本線の列車が発着しています。f:id:nichinichisou0808:20190629063001j:image

f:id:nichinichisou0808:20190629063011j:image

f:id:nichinichisou0808:20190629063004j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603015512j:image

以上のように今回は下記5路線のレール種類を調べてみます。

・東海道新幹線

・JR東海道本線

・JR高山本線

・養老鉄道

・樽見鉄道 

・名鉄の一部

 

レールを比較する① (目視適当編)

先程挙げた各レールは規格により寸法も異なるため、慣れれば目視確認も可能ではないかと考えています。さぁ、鍛えましょう(適当)

 

■60レールであってほしい (東海道新幹線 名古屋駅)f:id:nichinichisou0808:20190629063642j:image

 

■60レールに見える (東海道本線 岐阜駅)f:id:nichinichisou0808:20190629063430j:image

 

■奥は60レールかな? (東海道本線 大垣駅)f:id:nichinichisou0808:20190629063427j:image

 

■60レールかな? (山手線 池袋駅通常ホーム)f:id:nichinichisou0808:20190629063414j:image

 

■50Nレールでしょー (東武伊勢崎線 せんげん台駅)f:id:nichinichisou0808:20190629063417j:image

 

■50Nレール (山手線 池袋駅 始発終着ホーム)f:id:nichinichisou0808:20190712010427j:image

 

■50Nレール (西武池袋線 池袋駅)f:id:nichinichisou0808:20190629072807j:image

 

■ずいぶんと細いけど37か40レール? (養老鉄道 大垣駅)

f:id:nichinichisou0808:20190629063433j:image

 

■これはきっと30+(継ぎ目を境に)37レール? (樽見鉄道 大垣駅)

f:id:nichinichisou0808:20190629063424j:image

いかがでしたか?もう目視もばっちりではないでしょうか。

 

おまけ1 新幹線レール運搬車両

東海道新幹線 豊橋駅11番線に停車中の「ロングレール運搬車両」です。

1本200mの新幹線ロングレールを浜松工場より東海道新幹線全線に運搬します。

f:id:nichinichisou0808:20190712045522j:image

 

東海道本線(岐阜県)が60レールの理由

こちらからはやや真面目検証をいたします。

細かな予想結果は書きませんが、以下理由から岐阜県内の東海道本線は60kgレールで間違いないと考えています。

なお国鉄時代からの線路等級を考え、課程計算もした真面目な結論です。

Point

・120km定速による高速走行に耐えるレール

・高速な優等列車も走行するサービス提供レール

・大量の貨物列車が走行する耐久度の高いレール

・短時間の頻繁な列車走行に耐えるレール

・深夜も続く貨物・夜行列車走行に耐えるレール

f:id:nichinichisou0808:20190711234412j:image

f:id:nichinichisou0808:20190711234416j:image共に大垣〜穂積間

 

本記事の最初に述べましたが、レールの種類は「列車の運行本数や走行する速度」から決められるものであるため、鉄道大動脈としての東海道本線は1番耐久性の高い60kgレールが当然かと思います。

・・・いきなり結論ですが、記事はまだまだ続きます。

 

レールを比較する② (実践60kgレール見方)

先程までは「視覚」に頼るあやしげな見分けかたでしたが、以下に挙げるレールには1つだけ明確に60kgレールが含まれています。どれだかわかりますか?

f:id:nichinichisou0808:20190731194710j:image

f:id:nichinichisou0808:20190731194714j:image

f:id:nichinichisou0808:20190731194721j:image

f:id:nichinichisou0808:20190731194718j:image

f:id:nichinichisou0808:20190731194725j:image

f:id:nichinichisou0808:20190731194706j:image

正解は下から2番目となります。継ぎ目部分のボルト本数に注目してください。

仕様により必ずではありませんが、60kgレールの継ぎ目ボルトは写真の様に6本となります。50Nレール以下の継目ボルトは4本となります。

…しかし60レールはロングレールの使用率も高く、駅内以外での継目はなかなか見つかりません。

しかし、この方法は確実なのでおすすめです。

 

結論 岐阜県内のレール種類は?

ここまで長々とやってまいりましたが、私なりの結論を出したいと思います。

しかし現在でもターミナル駅の各ホーム線路判別に難儀しています。

■東海道本線 

名古屋〜大垣間の線路規格について、営業線のほぼ全区間で「60レール=新幹線と同じレール」で間違いは無いと思います。

f:id:nichinichisou0808:20200603020756j:image名古屋駅 東海道本線2,3,4,5,6番ホームは全60レールの可能性

f:id:nichinichisou0808:20200603071827j:image奥3番ホームは確実に60レール

f:id:nichinichisou0808:20200603025636j:image東海道本線(高山本線)特急始発11番ホームは50Nレール

営業線では駅間の走行区間は全て60レール(しかもロングレール)の様です。

名古屋〜大垣間での313系快速は、120km/hの定速運転が可能なので当然かもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20200603035259p:image穂積〜大垣間f:id:nichinichisou0808:20200603035252j:image西岐阜〜穂積間

しかし名古屋駅の一部ホームが50Nレールの可能性、また岐阜駅や大垣駅などの一部において50Nレール使用が確認されました。(後述)

f:id:nichinichisou0808:20190629064646j:image

後日、大垣駅〜米原駅間追記予定!

f:id:nichinichisou0808:20200603025922j:plain

 

■高山本線

岐阜駅〜飛騨古川駅(恐らく猪谷駅)まで全線が50Nレールと予想されます。単線でカーブも多く現状は特急列車でも最高速度が95km/hであるため、現状60kgレールは不要ではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190629064649j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603072156j:image

左端のは待避線でしょうか、50Nレール以下ですね。f:id:nichinichisou0808:20200603114831j:image

この駅は特急全力通過駅ですが50Nレールです。f:id:nichinichisou0808:20200603115000j:image

 

■樽見鉄道

樽見鉄道は50Nレールを使用しつつ、木材枕木を利用しているのではないでしょうか。

東大垣駅周辺は40レール?と木製枕木にも見え、始発駅である大垣駅構内6番ホームは40レール以下に見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190629132522j:image東大垣駅付近

f:id:nichinichisou0808:20190712024502j:image大垣駅6番線のレールは低規格に見える

終点、樽見駅は、、、わかりません。

f:id:nichinichisou0808:20200603025527j:image

 

■養老鉄道

主要線路は40Nレールかなあと考えています。

大垣駅構内は40Nレール以下に見えました。

f:id:nichinichisou0808:20190712024336j:image

f:id:nichinichisou0808:20190712024332j:image大垣駅

養老駅。

f:id:nichinichisou0808:20200603025450j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603025446j:image

その他の養老線駅構内です。 

f:id:nichinichisou0808:20190712024442j:image【参考】その他 大垣市内の養老鉄道(東赤坂駅)

f:id:nichinichisou0808:20190712024445j:image【参考】その他 大垣市内の養老鉄道(西大垣駅)

 

■東海道新幹線

…実は新幹線の特に駅内はあまり自信がありません。感覚が掴みづらくて…すみません。

まずは岐阜羽島駅です。乗降客数は少ないですが請願駅ではなく国鉄の戦略駅です。

ホーム左が0,1番線で右ホームが3,4番線です。0,4番線は関ヶ原での大雪など遅延・運休時に列車が待機するための戦略ホーム、ホーム間の線路はのぞみ通過用です。

f:id:nichinichisou0808:20200603011715j:imageレールは全て60レールかと思われますが、通過線は枕木に厚みがあるような・・・

f:id:nichinichisou0808:20200603011712j:imageよく見ると奥の線路(列車停車線)だけ小さいような…

f:id:nichinichisou0808:20200603011835j:image

 

お次は岐阜羽島駅ではなく滋賀県の米原駅調査となります。通過・停車線共に60レールですね。

(ただし新幹線は線路その他設備や管理・整備方法が在来線よりも複雑です)

f:id:nichinichisou0808:20190712091555j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603024543j:image

 

最後は名古屋駅です。この2本は待避線や始発の線路のため、もしかしたらコストダウンが図られているかもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20190629072636j:image

間近で見ると…多分60レールかと。f:id:nichinichisou0808:20200603115656j:image

以上、本記事メインコンテンツの岐阜駅内の線路等級項目でした。(まだまだ続きます)

 

■追加参考情報

岐阜県内のレール状態を追加調査しましたが、走行中列車の中より撮影をしたため、規格適中率は低そうです。

高山本線「美濃太田駅」、中央本線(西線)「多治見駅」「中津川駅」の3駅および周辺では50kgNレールにて運用中のようです。

 

1.美濃太田駅。

f:id:nichinichisou0808:20190629143037j:image

2. 多治見駅付近。

f:id:nichinichisou0808:20190629143040j:image

3.中津川駅周辺

f:id:nichinichisou0808:20190629143043j:image

4.岐阜県内、名鉄の笠松駅では50Nレールを使用中

f:id:nichinichisou0808:20190629164655j:image

5.愛知県内、名鉄名古屋駅構内は50Nレールですね。

f:id:nichinichisou0808:20200603025413j:image

 

・・・まだ見ぬ長良川鉄道の線路が60レールだったらどうしよう。

一応、現時点での総合結果となりますが、次項からは「例外」をご紹介します。

 

レールの謎① JR大垣駅

前振り

前述のただし岐阜駅や大垣駅などの一部において50kgNレールが確認されました。についての追記です。

既に50回近く訪れている私の心の故郷・東海道本線 大垣駅ですが、レール観察をしていると妙なことに気付きました。

f:id:nichinichisou0808:20190711225252j:image岐阜方面からいよいよ大垣駅に進入時。東海道本線は見事な60レール、左端と右にある樽見鉄道のレールは遠くからでも小さく見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190712055356j:image2・4番線ホーム。3番線は米原方向にある支線ホームとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190711234943j:image左は養老鉄道、右は東海道本線など。

f:id:nichinichisou0808:20190711225308j:image7番線は確か樽見鉄道が使用しています。

f:id:nichinichisou0808:20190711225312j:image整然と並ぶJR線路。

f:id:nichinichisou0808:20190711225246j:image

 

疑惑

そしてここからが「大垣駅レール疑惑」となります。

こちらの写真は右1番線・左2番線となります。

しかしよくよく注視をすると、なんとなく1番線のレールが50Nに見えます。f:id:nichinichisou0808:20190711225300j:image

左2番線はレールの頭が雪から出ていますが、右1番線のレールは埋まっています。もしかして1

番線はレール高が低いのでしょうか。f:id:nichinichisou0808:20200603111321j:image

1番線側から眺めても、やはり2番線のレールは60kg、1番線のレールは50kgNに見えます。f:id:nichinichisou0808:20190711225417j:image

2番線レールを真横から見ると間違いなく60レールでしょう。高さがありますね。f:id:nichinichisou0808:20190711234638j:image

 

次に右が4番線で左が5番線ですが、5番線は50Nレールに見えてしまいます。f:id:nichinichisou0808:20190711225316j:image

4番線側から眺めても、やはり4番線のレールは60kg、5番線のレールは50kgNに見えます。f:id:nichinichisou0808:20200603015802j:image

左から3,4,5番線のレールですが、やはり中央4番線へ続くレールだけ大きくありませんか?f:id:nichinichisou0808:20190711225256j:image

さらに雪の大垣駅で目視です。

右4番線はレールの頭が雪から出ていますが、左5番線のレールは埋まっています。もしかして5番線はレール高が低いのでしょうか。f:id:nichinichisou0808:20190711234601j:image

 

結果

・・・色々と調べてみたところ、大垣駅での「東海道本線」該当ホームは2,4番線となるようで、2番線と4番線は他ホームと以下の差があります。

・特急列車停車

・寝台列車通過

・貨物列車通過

それではホーム順番に線路種類を確定させます。

まず1番ホームについて、よく線路を観察すると、頻繁に繋ぎ目がありました。そして繋ぎ目のボルトは4本なので50Nレールのようです。f:id:nichinichisou0808:20200603110130j:image

次に2番ホームです。1番ホームに停車の運転室から右線路(2番ホーム)の先を見ると、60レールの繋ぎ目があります。やはり2番ホームは60レールのようです。f:id:nichinichisou0808:20200603110327j:image

3番ホームには繋ぎ目があり、また始発ホームですので50Nレールかと思います。

そして4番線のレールの繋ぎ目は、以下のように6本ボルトなので60kgレール確定となりました。f:id:nichinichisou0808:20190731194750j:image

さらに4番線(奥)はロングレール(説明省略)を奢っているのに対して、5番線(手前)はボルト4本の50Nレール確定+ロングレールではありません。f:id:nichinichisou0808:20190731195724j:image

貨物列車通過中の4番線線路。f:id:nichinichisou0808:20200603015904j:image

特急列車停車中の4番線。f:id:nichinichisou0808:20200603120054j:image

以上、JR大垣駅構内について東海道本線ホーム(2,4番線)以外のレールは、50Nレールを使用していました。経済的ですね。

 

レールの謎② JR岐阜駅

大垣駅と同じ理由にて調査中ですが、構内60レール無い疑惑があります。

f:id:nichinichisou0808:20200603015602j:image


f:id:nichinichisou0808:20200603020104j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603020107j:image

f:id:nichinichisou0808:20200603031125j:image

後日追記予定です。

 

おまけ2 レールが・・・無い!

JR上野駅地上ホームのレールが何故か剥がされています。

f:id:nichinichisou0808:20190712055822j:image

 

線路のある風景 (全国)

最後は線路写真をいくつか公開します。なるべくワイルド(ローカル規格、木枕木、繋ぎ目多い)線路をチョイスしたつもりですが、都会的なものもあります。お気軽にご覧ください。

 

■中央線 新宿駅 特急始発ホーム

50Nですね。隣の中央快速線は60レール。

f:id:nichinichisou0808:20200603030303j:image

■中央線 松本駅 特急始発ホーム

恐らくは全ホーム50Nレールかと。

f:id:nichinichisou0808:20200603030344j:image

■磐越西線 野沢駅

f:id:nichinichisou0808:20190629072639j:image

■紀州鉄道 西御坊周辺

何せ実際脱線するくらいにワイルドですから。
f:id:nichinichisou0808:20190629072648j:image

■大糸線 信濃木崎駅

1日1往復の特急運用があるからか脱ローカル風。
f:id:nichinichisou0808:20190629072654j:image

■秩父鉄道 秩父駅付近

f:id:nichinichisou0808:20190629072651j:image

■長野電鉄 小布施駅

とても薄いレールに驚きました。

f:id:nichinichisou0808:20190629072645j:image

■西武秩父線 横瀬駅

特急停車するからでしょうか。右端は50Nですがその隣は60レールにも見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190629143359j:image

■西武池袋線 石神井公園駅

西武池袋線では複々線高架区間の石神井公園付近より、練馬付近までが60レールを使用しており、明らかに乗り心地が違います。

f:id:nichinichisou0808:20190712033710j:image

■鹿島臨海鉄道 大洗線 大洗駅

驚きの50Nレール+PC枕木です。JRが絡むと違いますね。

f:id:nichinichisou0808:20190711225755j:image

■JR東日本 大糸線 海ノ口〜簗場

まっすぐの線路、すてき。f:id:nichinichisou0808:20190629072706j:image

■JR東日本 中央快速線 豊田駅

60レール!f:id:nichinichisou0808:20200603020350j:image

しかし待機ホームは50N。f:id:nichinichisou0808:20200603035746j:image

■京浜急行・JR東日本 品川駅周辺

上下全て60レールですね。f:id:nichinichisou0808:20200603020356j:image

■西部池袋線 池袋駅

特急発着専用ホームです。f:id:nichinichisou0808:20200603115328j:image

■鹿島臨海鉄道 東水戸〜常澄

またまた真っ直ぐですが線路は40レール以下に見える気がします。

f:id:nichinichisou0808:20190711225010j:image

■呉線 竹原駅付近

真っ直ぐ3弾!f:id:nichinichisou0808:20190711225014j:image

■北陸本線 木之本駅

右は60レールに見えないこともないですか、左(待避線)が50Nレールで間違い無いかと。f:id:nichinichisou0808:20190711225004j:image

■会津鉄道 芦ノ牧温泉駅

レール繋ぎ目ありすぎ!f:id:nichinichisou0808:20190629072700j:image

■会津鉄道 会津田島駅

右(電化線)と左(非電化線)で線路の種類が明らかに違いますね。

f:id:nichinichisou0808:20190629134026j:image

■京阪宇治線 木幡駅・宇治駅

京阪宇治線は全区間50Nレールっぽいですね。

f:id:nichinichisou0808:20200603030117j:image

f:id:nichinichisou0808:20190629072657j:image

■中央本線 甲府駅

基本全列車停車ですから50Nレールかもしれません。
f:id:nichinichisou0808:20190629072642j:image

■奈良線 木幡駅

多分50Nレールです。f:id:nichinichisou0808:20190711225620j:image

■京浜東北線 王子駅

JR東日本の60レール大集合?あやしい。f:id:nichinichisou0808:20190711225626j:image

■磐越西線 会津若松駅

50Nレールに見えますが何せ後ろは全て線路が無いため、列車は低速で入ってきます。
f:id:nichinichisou0808:20190711225613j:image

■西武新宿線 所沢駅

左はほぼほぼ50Nレールでしょう。右は、、、60レールに見えてきます。f:id:nichinichisou0808:20190711234904j:image

■西武新宿線 小平駅

f:id:nichinichisou0808:20200603035702j:image

■東武スカイツリーライン 浅草駅

何せここの制限速度は15km/hですから、60レールを使用する意味はなさそうです。

f:id:nichinichisou0808:20190711234857j:image

■大井川鐵道 千頭駅

なかなかワイルドレール。

f:id:nichinichisou0808:20190711234908j:image

■東武伊勢崎線 春日部駅

私の中では東武といえば50Nレール。(偏見です)f:id:nichinichisou0808:20200603020233j:image

f:id:nichinichisou0808:20190711234900j:image

■山陽本線 尾道駅〜東尾道

驚きの60レール。とは言え山陽本線ですからね。
f:id:nichinichisou0808:20190711225623j:image

■東武アーバンパークライン 春日部〜藤の牛島

見間違えかもしれませんが、まさか東武野田線に60レール? 時代は変わりました。f:id:nichinichisou0808:20190712020525j:image

■山陰本線 京都駅

左特急ホームは60レール、右在来線は50Nレールですかね。やるっ。f:id:nichinichisou0808:20190712020522j:image

■東北新幹線 東京駅

ずっと線路ばかりを眺めていると、どれもこれも50Nレールに見えてきます。f:id:nichinichisou0808:20190711235030j:image

■東海道新幹線 東京駅

新幹線は車止めも頑丈そうですね。f:id:nichinichisou0808:20200603020309j:image

f:id:nichinichisou0808:20190712091518j:image

 

■雪の大垣駅

雪が積もれば線路なんて皆隠れてしまうから60も50Nもレールなんて全部一緒ですね。

f:id:nichinichisou0808:20190629072708j:image

※記事内写真は著者が駅構内・連絡通路・踏切内にて撮影

 

最後に

この間特急「草津」に大宮駅から乗車し、終点の長野原草津口駅まで行きました。

f:id:nichinichisou0808:20200603035916j:image

そうすると大宮〜高崎か新前橋駅までは基本60レール、新前橋〜渋川〜長野原草津口駅までは50Nレールでした。

高崎線を舐めている訳ではありません。しかし全区間50Nレールを予想していた私には不意打ちとなりました。

やはり特急列車の走る路線だからなのか、現在のJR東日本の営業区間は50Nレール以上なのかと勝手に悩んでいました。

f:id:nichinichisou0808:20190712002703j:image

f:id:nichinichisou0808:20190712002707j:image

上写真 大宮駅60レール、下写真 長野原草津口駅50Nレール

 

今回は以上となります。

 

あわせて是非ご覧ください

岐阜県や全国の鉄道車両や駅、バスの記事が他にもございます。 

岐阜県が聖地のアニメ作品を調べる

新規投稿 2019/06/08・最終更新 2020/06/12

今回は岐阜県内が作中の聖地(舞台)として登場するアニメ作品及び、スポット紹介記事となります。

f:id:nichinichisou0808:20200531150013j:plain

 

はじめに

2016年の夏以降「君の名は。」「聲の形」などの劇場作品が相次いで超人気作品になると同時に、大勢の作品ファンが舞台である岐阜県を訪れ始めました。(所謂聖地巡礼・舞台探訪)

そして気がつけば、岐阜県は国内でも上位の巡礼人気県となっていました。

舞台となっている岐阜県内の自治体は、アニメで振興を目的とした「ぎふアニメ聖地連合」を結成。新たな観光誘致として「アニメ聖地岐阜」を打ち出しています。

…話は変わりますが、私のブログ開始理由は「聲の形 聖地紹介記事でトップをとる」と意気込むほどに当時は聖地巡礼に燃えていました。

今回は超好きな岐阜県の計画に勝手に賛同し、岐阜県が舞台となったアニメ作品及び作中聖地の調査・公開をすることとしました。

頑張れ岐阜県、頑張れ大垣市!

 

本記事の運用基準

岐阜県が聖地(舞台)の作品を数多く紹介するために、ガバガバ運用ルールを以下の通り設定しました。

■岐阜県の風景や魅力満載な作品

まずはこれが重要ですが、なんとも簡潔でアバウトな基準ですね。

・作品全体が岐阜県・・・超超最高!

・作品半分が岐阜県・・・超最高!

・TVでの単発岐阜県・・・最高!

全作品の視聴確認は難しいですが、その辺りはきっちり調査いたします。

■作品・聖地紹介から観光提案まで

本ブログでは「県内の聖地紹介(本記事)」と、既に公開中の県内観光提案記事での相互運用を計画中です。

アニメ作品聖地巡礼と岐阜県観光・呑み屋紹介の融合記事を目指します。

■記事内での紹介粒度など

作品により視聴や聖地巡礼をせずに紹介することも有ります。「作品概要」「聖地の情報」「スポット写真」データが揃えば紹介は可能となります。

スポット紹介での位置情報は掲載しない方向です…私個人は巡礼時に地図は殆ど使用をしませんし、寧ろ無い方がワクワクするからです。

聖地巡礼には「街を知り、発見しながら探す」楽しみもあると考えています。

 

岐阜県が聖地なアニメ作品

ここからは本記事の主題、岐阜県を聖地とする劇場/TVアニメ作品及び聖地スポットの紹介(一部)となります。

各作品の聖地スポット写真の掲載には努めますが、一部未視聴・写真未回収作品もありますこと、ご了承ください。

(聖地写真を撮影・記事掲載するのが趣味のため、本記事上にスポット写真を精力的に掲載をしますが、個々スポットの場所等情報は省略をいたします)

 

映画「君の名は。」

f:id:nichinichisou0808:20190608014717p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

www.kiminona.com

作品情報

公開:2016年

聖地:飛騨市・高山市・(名古屋市)

聖地 (飛騨古川、高山)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から特急ひだ      

  ②松本まで特急あずさ、松本から路線バス

  ③東京駅/バスタ新宿から直通高速バス

※巡礼マップ配布中 (未確認)

岐阜県内の飛騨市、高山市が作中の聖地スポット所在地となります。


f:id:nichinichisou0808:20200612073031j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612073027j:image

聖地も内包する観光スポットの古い町並

2016年劇場公開作品です。あまりに有名な大ヒット作のため、オタクから一般の方々まで飛騨市の聖地巡礼も大盛況だったようです。

本当は(私は)悔しいのですが、岐阜県のアニメ聖地といえば「君の名は。」となる程、ずば抜けた認知度と人気の作品です。

2016年に岐阜県の十六銀行は、岐阜県が舞台の劇場作品「君の名は。」「聲の形」など3作品について、聖地巡礼者が岐阜県にもたらす経済効果は230億円と試算をし、「君の名は。」の岐阜県巡礼者数を75万人と推定しました。

飛騨古川は歴史と風情のある町、そして日本三大裸祭りの1つであり気多若宮神社の例祭「古川祭」など観光度も高いのですが、隣接する観光大国・高山市と比較するとやや地味な印象でした。

今回「君の名は。」で一躍脚光を浴びることとなりましたが、巡礼者に対する地元の対応は聖地巡礼リピーターを超え、飛騨市に惚れ込むであろう魅力を感じました。

 

聖地スポット紹介

飛騨市、高山市にスポットが存在しています。

飛騨市については、飛騨古川駅周辺と気多若宮神社、飛騨市図書館は飛騨古川駅より徒歩圏内にある聖地スポットですが、宮川町落合バス停は最寄りが高山本線の角川駅となります。(バス停は未踏により写真掲載なし)

f:id:nichinichisou0808:20200531121529j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530234749j:image

f:id:nichinichisou0808:20190528170814j:plain


f:id:nichinichisou0808:20190528192226j:image

f:id:nichinichisou0808:20190528192230j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530234718j:image※図書館内の撮影には現地にて許可申請が必要

高山市にある日枝神社は、JR高山駅より約2kmと徒歩圏内にはあります。f:id:nichinichisou0808:20200530235513j:image

作中描かれていた高山本線の列車です。(右は高山駅撮影)


f:id:nichinichisou0808:20200530222723j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530222726j:image

 

■イベントなど

2016年秋には地元商店街でワークショップ的な展開が行われていたりとなかなか賑やかでしたが、近年のイベント情報は不明です。

f:id:nichinichisou0808:20200530224637j:image


f:id:nichinichisou0808:20200530224702j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530224705j:image

上:飛騨古川駅構内 / 下:さくら物産館

主に飛騨市内に掲示されていた飛騨市メッセージ入りのポスターです。

f:id:nichinichisou0808:20200531060609j:image

■是非あわせてご覧ください

当ブログ内にも「君の名は。」飛騨市の一部と高山市の聖地巡礼記事がございます。

 

映画「聲の形」

f:id:nichinichisou0808:20190608014941p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

koenokatachi-movie.com

作品情報

公開:2016年

聖地:大垣市、岐阜市、養老町

聖地 (大垣、岐阜)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から東海道本線

  ②名古屋まで高速バス、名古屋から東海道本線

※巡礼マップ配布中 (市内観光協会にて配布)

岐阜県内の大垣市、岐阜市、養老町、瑞穂町が作中の聖地スポット所在地となります。

f:id:nichinichisou0808:20200612151321j:image大垣市街地


f:id:nichinichisou0808:20200612073836j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612073832j:image

聖地大垣は歴史と芸術、豊かな自然や水源も魅力

本作は2016年の劇場作品ですが、公開が「君の名は。」とほぼ同時期であったことから、「君の名は。」効果にあやかれたのか、真っ当に作品自体評価をされたのか、2016年劇場ヒット作の仲間入りをすることができました。

当ブログをご覧いただくと「聲の形」の狂信者が運営していると容易に想像がつくと存じますが、私にとっては「聲の形」こそが岐阜県アニメ作品の頂点であると考えています。

ちなみに岐阜県の十六銀行は「聲の形」の岐阜県巡礼者数を14万人と推定しました。

個人的感覚として、大垣市の「商工会」「観光協会」「自治体」は作品と聖地アピール活動、関連イベント開催を活発に行っていました。反面、大垣市民への作品浸透度はさほど高くないと感じます。

作風が関係している可能性もありますが、作品の人気度に対して、聖地としての人気度は然程でもないのでは?

ただし、私自身やSNS繋がりの方々の様に、一度大垣の魅力を知ってしまうと、なかなか抜け出せなくなりますから・・・要注意です。

 

聖地スポット紹介

大垣市では美登鯉橋、四季の広場、新大橋他多数のスポットはJR大垣駅より徒歩圏内ですが、市民病院や揖斐大橋はバス他、また青柳橋と将也自宅には列車でのアクセスが便利です。

f:id:nichinichisou0808:20200531134306j:image大垣観光協会より配布中の巡礼マップ

 

f:id:nichinichisou0808:20200531121718j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531122326j:image

f:id:nichinichisou0808:20190528171418j:plain

桜満開の美登鯉橋は外せません。

f:id:nichinichisou0808:20200531122340j:image


f:id:nichinichisou0808:20190528195527j:image

f:id:nichinichisou0808:20190528195530j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531105414j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531105418j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531105647j:image※市立病院館内の撮影は一切不可

f:id:nichinichisou0808:20200531105643j:image

作中、夏の大垣花火大会があります。


f:id:nichinichisou0808:20200531113049j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531113052j:image

 

■岐阜市

岐阜市ではJR岐阜駅構内から北口周辺にスポットが固まっています。

f:id:nichinichisou0808:20200531104800j:image


f:id:nichinichisou0808:20200531104850j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531104847j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531104755j:image

■養老町

養老町では養老駅、養老孔子坂、養老の滝、天命反転地がスポットです。

f:id:nichinichisou0808:20200531103958j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531103954j:image
f:id:nichinichisou0808:20200531103950j:image

■瑞穂町

瑞穂町は長良川のJR東海道本線鉄橋付近です。

f:id:nichinichisou0808:20200531105155j:image

■列車

作中描かれていた東海道本線と養老鉄道列車です。


f:id:nichinichisou0808:20200530231500j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530231504j:image

 

■関連イベントなど

2016年秋には市街地各所にて作品展開が行われていました。また2017〜19年迄の毎年、春の「元気ハツラツ市」には聲の形の担当声優さんをゲストで迎えたり、夏からのスマホスタンプラリーイベントが開催された実績があります。

f:id:nichinichisou0808:20200530231708j:image


f:id:nichinichisou0808:20200530231739j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530231735j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530231713j:image上:JR大垣駅構内 / 中:商店街・むすびの地記念館 / 下:大垣市役所

現在も大垣市役所にて交付している「大垣市 聲の形 婚姻届・出生届」です。

f:id:nichinichisou0808:20200531061233j:imageコロナワールド大垣

劇場公開中に大垣市街地に掲示されていた、大垣市にある映画館の作成と思われるメッセージ入りポスターです。

f:id:nichinichisou0808:20200531060913j:image

■観光案内もアニメな大垣市

アニメや映画作品の大聖地となった大垣市、大垣観光協会は大垣市の観光PRをアニメーション作品として制作・公開中です。

youtu.be

youtu.be

・・・当ブログ内でも岐阜県、特に大垣市の観光記事を多数公開中です。 

 

■是非あわせてご覧ください

当ブログ内に「聲の形」大垣市、岐阜市、養老町での聖地巡礼記事がございます。

記事内では作中聖地スポットの大部分を網羅しています。是非ご覧ください。

 

映画「ルドルフとイッパイアッテナ」

f:id:nichinichisou0808:20200531141549p:plainオフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報 

www.rudolf-ippaiattena.com

作品情報

公開:2016年

聖地:岐阜市

聖地 (岐阜)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から東海道本線

岐阜県岐阜市が本作の聖地となります。

f:id:nichinichisou0808:20200618231936j:image岐阜市街地

構成中です。

聖地スポット紹介

※ご注意

記事編集者は本作品の聖地巡礼を行なっていません。聖地情報及び写真は参考程度となります

岐阜駅前の信長公像から駅前風景は徒歩にて、岐阜城(金華山)周辺と長良川金華橋周辺のスポットは路線バス利用が便利です。岐阜商業高校は金華橋よりさらに約2km北方向となります。

f:id:nichinichisou0808:20200531121848j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530220827j:image北口駅前


f:id:nichinichisou0808:20200530220858j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530220902j:image

岐阜城と金華山

f:id:nichinichisou0808:20200531073818j:image岐阜駅前織田信長公像

 

TVアニメ「氷菓」

f:id:nichinichisou0808:20190608020133p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

www.kotenbu.com

作品情報

公開:2012年

聖地:高山市・(掛川市)

聖地 (高山)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から特急ひだ      

  ②松本まで特急あずさ、松本から路線バス

  ③東京駅/バスタ新宿から直通高速バス

※巡礼マップ配布中

岐阜県内の高山市が作中の聖地スポット所在地となりますが、高山市は面積が広く、実際に作中スポットも高山市街中心部をはじめ、高山駅の隣駅から徒歩だったり、路線バスで約1時間掛かるスポットもあります。

f:id:nichinichisou0808:20200612151535j:image高山市街地


f:id:nichinichisou0808:20200612113413j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612113404j:image

聖地高山市は国内最上級の観光スポット

アニメ放映の2012年、岐阜県の十六銀行は「氷菓」ファンの高山市聖地巡礼による岐阜県への経済効果を21億円と試算、高山市への推定巡礼者数を「年間15万人」としました。

そして現在でも聖地巡礼ファンは絶えないのは素晴らしいです。「氷菓」の原作小説である「古典部シリーズ」は、2001年から2020年の今も絶賛連載中の影響も大きいかもしれません。

これは私見ですが、高山市は「超観光都市」である反面、他の産業はあまり活発ではないと思われます。そのため「聖地巡礼者」も「観光客」として対応することで、ますます勢いがましているのではないかとも考えています。

・・・実は私が高山市に行く時には「観光・飲食」をメインとし、ついでに聖地巡礼もしている感覚であり、高山市とは「最高に洗練された観光地」と言っても過言ではない筈です。

 

聖地スポット紹介 

高山市街中心部の高山駅(旧駅舎・後述)から比較的近距離にある古い街並み、宮川沿いにスポットは多いのですが、市街中心以外にもスポットはあります。

f:id:nichinichisou0808:20200531134444j:image高山市観光課が配布中の巡礼マップ

 

f:id:nichinichisou0808:20200531121911j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531112359j:image


f:id:nichinichisou0808:20200531112428j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531112423j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531110951j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531001357j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531110948j:image

f:id:nichinichisou0808:20190608024240j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531001317j:image※図書館内撮影は現地許可申請が必要、また高山市の許可なく館内写真の公開は不可

f:id:nichinichisou0808:20200531001219j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531111001j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612063322j:image

こちらは高山駅より約5kmの位置にある山口町です。f:id:nichinichisou0808:20200531111710j:image

こちらの臥龍桜(満開時)と一宮水無神社は、高山本線の飛騨一ノ宮が最寄り駅です。f:id:nichinichisou0808:20200531110045j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531001512j:image

こちらは高山市の奥座敷平湯温泉です。バスターミナルや温泉施設、風景に宿泊施設などのスポットがあります。f:id:nichinichisou0808:20200531111123j:image


f:id:nichinichisou0808:20200531111054j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531111050j:image

こちらのお宿にも聖地宿泊をしました。f:id:nichinichisou0808:20200531001310j:image

 

■関連イベントなど

過去にはJR東海の旅行紹介が売り出されたこともあります。高山市は2012年(氷菓放映)当時、既に観光地高山とアニメ舞台の観光スタイルを打ち出していたのですね。

さすが一流観光地は行動も早いですね…って、高山市は「ぎふ聖地連合」には現在は未参加ですが、独自色にて観光価値を高めたことも関係しているかもしれません。

 

高山市内に現在も掲示されている公式観光ポスターです。

f:id:nichinichisou0808:20200531061401j:image

 

■是非あわせてご覧ください

当ブログ内にも「氷菓」高山市他の聖地巡礼記事がございます。

記事内では作中聖地スポットの大部分を網羅しています。是非ご覧ください。

 

TVアニメ「ひそねとまそたん」

f:id:nichinichisou0808:20190608020111p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

hisomaso.com

作品情報

公開:2018年

聖地:各務原市

聖地 (各務原市)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から名鉄線   

  ②名古屋まで高速バス、名古屋から名鉄線

岐阜県各務原市が聖地となる本作品ですが、航空自衛隊の岐阜基地内がメインとなるため、平時に一般人が基地内に入場することは無理と考えましょう。

1年に1,2回程基地内に入れるイベントがありますが、例えば「岐阜基地航空祭」はどうやら抽選での招待となり、聖地巡礼のハードルは超高いですね。しかし逆に燃えてきませんか?

ネット配信で全話視聴をしたのですが、ながら見のためあまり記憶に残っておりません。何となくですが、作中の人間関係が潤滑でない印象は受けました。

 

聖地スポット紹介 (参考)

残念ながら各務ヶ原市の聖地写真は所持しておりませんでした。といいますか、各務原市は現在未踏地域となります。

そして作中とは無関係の風景の筈ですが、各務原市参考風景を掲載いたします。

f:id:nichinichisou0808:20200530225602j:image

 

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

f:id:nichinichisou0808:20190914001428j:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

ao-buta.com

作品情報

公開:2018年

聖地:大垣市

聖地 (大垣)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から東海道本線

  ②名古屋まで高速バス、名古屋から東海道本線

本作品については現在未視聴であり、また今後見ることもないと考えています。

今回何故取り上げたのがは、「既に聖地巡礼が済んでいた」からとなります。

f:id:nichinichisou0808:20200618232131j:image大垣市街地

「映画 聲の形」の大垣と被っており、更に私は大垣にて写真を大量に撮影していましたので、観てない、知らない内に聖地巡礼がほぼ完了していました。

追記・・・アマゾンプライムで対象話を視聴しました。 

 

聖地スポット紹介

JR大垣駅ビルや南口近辺商店街、ビジネスホテルなど短時間での巡礼が可能です。

f:id:nichinichisou0808:20200612063421j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531065326j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200531065353j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200531003644j:image

■おまけ

スーパーホテル夜景と客室。

f:id:nichinichisou0808:20200612063651j:image
f:id:nichinichisou0808:20200612063648j:image

■列車

作中描かれていた東海道本線です。


f:id:nichinichisou0808:20200612063827j:image

f:id:nichinichisou0808:20200612063824j:image

 

TVアニメ「刀使ノ巫女」

f:id:nichinichisou0808:20200531141658p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

tojinomiko.jp

作品情報

公開:2018年

聖地:関市、羽島市

聖地 (関)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から東海道本線、岐阜よりバス

岐阜県関市、羽島市(1話)が本作の聖地となります。

構成中です。

聖地スポット紹介 (一部参考)

※ご注意

記事編集者は本作品の視聴と聖地巡礼を行なっていません。聖地情報及び写真は参考程度となります

1話にのみ登場するJR岐阜羽島駅構内をご紹介します。

JR岐阜羽島駅は東海道新幹線のみで在来線はありません。

f:id:nichinichisou0808:20200530143704j:image


f:id:nichinichisou0808:20200530143755j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530143751j:image

そして作中とは無関係の風景の筈ですが、関市参考風景を掲載いたします。

f:id:nichinichisou0808:20200530145919j:image

 

TVアニメ「僕らはみんな河合荘」

f:id:nichinichisou0808:20190608021125p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

www.tbs.co.jp

作品情報

公開:2014年

聖地:岐阜市

聖地 (岐阜)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から東海道本線

  ②名古屋まで高速バス、名古屋から東海道本線

※巡礼マップ配布中 (未確認)

岐阜県岐阜市が本作の聖地となります。巡礼時には岐阜駅より路線バスなどを利用するのが良さげな距離感です。

現時点で未視聴ですが、Amazonプライム・ビデオにて配信中なのでOPのみ視聴をしました。視聴継続予定です。

ちなみに本作は漫画原作であり「一つ屋根の下ラブコメ」作品だそうです。

 

聖地スポット紹介

※ご注意

記事編集者は本作品の視聴と聖地巡礼を行なっていません。聖地情報及び写真は参考程度となります

岐阜駅前の信長公像から駅徒歩にて、金華山周辺(伊奈波神社・日中友好庭園)と長良川周辺スポット(長良橋・鵜飼観覧事務所・長良川温泉ほか)は、路線バス利用が便利です。

f:id:nichinichisou0808:20190608024555j:image


f:id:nichinichisou0808:20190608024623j:image

f:id:nichinichisou0808:20190608024618j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531080903j:image

 

TVアニメ「星空へ架かる橋」

f:id:nichinichisou0808:20190608022033p:plain

オフィシャルホームページ 

■公式リンクと作品情報

www.marv.jp

作品情報

公開:2011年

聖地:高山市 

聖地 (高山)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から特急ひだ      

  ②松本まで特急あずさ、松本から路線バス

  ③東京駅/バスタ新宿から直通高速バス

高山市が聖地となる本作ですが、「氷菓」聖地巡礼と重なる箇所が多く感じられ、興味があるのならば2作品同時に聖地巡礼も可能ではないかと思います。

f:id:nichinichisou0808:20200618232257j:image高山市街地

現時点で未視聴です。またAmazonプライム・ビデオにて有料配信中なので視聴は悩みどころです。

絵はあまり好みではありません・・・ちなみに元はアダルトゲームで、後にTVアニメ化された作品のようです。

 

聖地スポット紹介

※ご注意

記事編集者は本作品の視聴と聖地巡礼を行なっていません。聖地情報及び写真は参考程度となります

高山市街地と高山市「飛騨一ノ宮」駅周辺などが聖地のようです。

f:id:nichinichisou0808:20200531082309j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531082802j:image


f:id:nichinichisou0808:20200531083121j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531083124j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531083208j:image

 

TVアニメ「ひぐらしのなく頃に」

f:id:nichinichisou0808:20190608022214p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

www.oyashirosama.com

作品情報

公開:2016年

聖地:白川村

聖地 (白川郷)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から高速バス  

  ②松本まで特急あずさ、松本から路線バスで高山、さらにバス

  ③東京駅/バスタ新宿から直通高速バスで高山、さらにバス

超有名集落である「白川郷」が本作の聖地です。

本作は未視聴でしたがNetflixにて少々視聴をしました。続きを観てみようかな、と思いました。

閉鎖された村で起こる連続殺人事件が主題の本作は、元は「同人ゲーム」であり、2019年は17周年になる長寿人気作品です。

白川郷は大勢の外国人も観光に訪れる程であり、週末は集落全体が非常に混雑をします。聖地巡礼目的ならば平日を狙いたいところです。

 

聖地スポット紹介

※ご注意

記事編集者は本作品の視聴と聖地巡礼を行なっていません。聖地情報及び写真は参考程度となります

白川郷の「和田家」や各家屋、展望台からの景色などが聖地に含まれるようです。

f:id:nichinichisou0808:20190608030019j:image


f:id:nichinichisou0808:20190608032432j:image

f:id:nichinichisou0808:20190608030022j:image

(観光時撮影写真が聖地付近と偶然一致)

 

TVアニメ「のうりん」

f:id:nichinichisou0808:20190608103453p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

www.no-rin.tv

作品情報

公開:2014年

聖地:美濃加茂市

聖地 (美濃大田)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から高山本線  

  ②松本まで特急あずさ、松本から路線バスで高山、さらに高山本線

  ③東京駅/バスタ新宿から直通高速バスで高山、さらに高山本線

岐阜県中濃地方の美濃加茂市が主な聖地となります。

本作は「農業高校ラブコメ」作品となり、放映当時視聴していた記憶があり、パロディネタから下品ネタ、しかし農業に関しては真面目な作品として大いに楽しませてもらいました。

しかし既に記憶は飛んでおり、またAmazonプライム・ビデオにて有料配信中でしたが、ベッキー大好きな同居人が、当時の録画データを残していました。

 

聖地スポット紹介 (参考)

※ご注意

記事編集者は本作品の視聴と聖地巡礼を行なっていません。聖地情報及び写真は参考程度となります

美濃太田駅が聖地の1つとのことですが、以下写真は「参考資料」と認識してください。

f:id:nichinichisou0808:20200531113710j:plain

 

聖地巡礼について

以前には聖地巡礼をメインコンテンツとしたブログを運営していました。

その名残として、現ブログにも岐阜県以外が聖地の作品の巡礼記事を公開中です。

しかし現在では新作アニメ作品の聖地巡礼は岐阜県以外は停止しております。「聲の形」「氷菓」…そして岐阜県自体が私の聖地となったなっため、岐阜県を巡礼していれば幸せなのです。

ちなみに私の初めての聖地巡礼は、1999年頃「めぞん一刻」の東京都東久留米市となります。

…そして同居人Aは1995年に「耳をすませば」の聖蹟桜ヶ丘巡礼をしており、なかなかの古参です。

現在では岐阜県高山市(氷菓聖地)に行くのが生き甲斐のようです。

…同居人Bは2003年から長野県大町市(おねてぃ)、2013年から茨城県大洗町(ガルパン)に現在も聖地巡礼をしています。

3人共通の聖地は茨城県大洗町のみですが、以前は皆で大洗宿泊巡礼をしていました。

 

こんな巡礼をしていました

巡礼の目的や手段は皆様多彩ですが、ここでは私のポリシーをご紹介します。

個人的には「聲の形」「響け!ユーフォニアム」、「かみちゅ!」のように、メインの街と近隣自治体に多数の作中スポットがある=街が作中そのもの!的なのが好きです。国内各地にバラける巡礼はやや苦手でしてAIR巡礼は骨が折れました(未完ですが)

 そして巡礼では「街の雰囲気」を1番に重視していました。単にスポット回収をするのではなく、観光、飲食などの「旅行」としての聖地巡礼を目指していました。

 その地の聖地以外の魅力的スポット、街や歴史に自然から行事、そして良い呑み屋のある「何度でもいきたくなる場所」が理想的聖地となります。

そのため一度その地を気いると「四季が見たい」「年中イベント見たい」など、何度でもそこに行く理由が自然と増える訳なのです。


f:id:nichinichisou0808:20200531122656j:image

f:id:nichinichisou0808:20200531122700j:image

左:春の高山祭 / 右:大垣まつり

 

国内おすすめの聖地 (土地)

上項を踏まえて、最後に岐阜県以外も含めたおすすめ聖地をご紹介します。聖地+聖地以外の魅力に溢れている土地です。

…私は以下の聖地には最低でも5回、最高では50回以上の巡礼をしております。そしてさらに最高値になると現在の住居地に「移住」をした経験もあります。

茨城県大洗町(ガールズ&パンツァー)


f:id:nichinichisou0808:20200530173840j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530173833j:image

長野県大町市(おねがいティーチャー など)


f:id:nichinichisou0808:20200530172006j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530172015j:image

長野県松本市(オレンジ など)


f:id:nichinichisou0808:20200530172041j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530172044j:image

岐阜県岐阜市(聲の形 など)


f:id:nichinichisou0808:20200530173449j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530173453j:image

※長良川写真・岐阜聖地巡礼者☆★様よりご提供

岐阜県大垣市(聲の形 など)


f:id:nichinichisou0808:20200530172303j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530172300j:image

岐阜県高山市(氷菓 など)


f:id:nichinichisou0808:20200530172212j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530172216j:image

岐阜県養老町(聲の形)


f:id:nichinichisou0808:20200530174109j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530174119j:image

和歌山県日高町(AIR)


f:id:nichinichisou0808:20200530173546j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530173549j:image

京都府宇治市(響け!ユーフォニアム)


f:id:nichinichisou0808:20200530172118j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530172123j:image

京都府京都市(たまこまーけっと など)


f:id:nichinichisou0808:20200530172343j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530172334j:image

広島県尾道市(かみちゅ! など)


f:id:nichinichisou0808:20200530172410j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530172407j:image

広島県呉市(ももへの手紙)


f:id:nichinichisou0808:20200530172443j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530172450j:image

東京都東久留米市 (めぞん一刻 など)


f:id:nichinichisou0808:20200530212143j:image

f:id:nichinichisou0808:20200530212147j:image

全体的に水の綺麗な街を選ぶ傾向にあるようです。

  

最後に

近日更新時に詳細を記載予定ですが、本記事紹介作品の内、自ら能動的に聖地巡礼をしたのは「君の名は。」「聲の形」「氷菓」の3作品のみとなります。

しかし本記事中聖地スポット写真は、全て自前にて用意をいたしました。・・・運がいいなw

未踏の各務原(ひそねとまそたん聖地)と美濃太田(のうりん聖地)は資料がまったくありません。

 

今回は以上となります。

 

是非あわせてご覧ください

聖地巡礼記事は他にもございます。また岐阜県観光記事もご覧ください。 

www.sakura0401.