移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

1300年の伝統「ぎふ長良川鵜飼」を満喫する

今回は岐阜県岐阜市で毎年5月から10月に行われる、「ぎふ長良川鵜飼」の記事となります。

また本記事は再投稿にあたり、鵜飼とあわせて手軽に楽しめる岐阜観光も追記をしました。

f:id:nichinichisou0808:20190220195307j:image

新規投稿 2019/02/21・最終更新 2019/05/20

 

はじめに (鵜飼とは)

まずはこちらのイラストの通りの鮎漁となります。

f:id:nichinichisou0808:20170625080943j:plain

篝火を鵜船の船首につけ、鵜匠が鵜を10羽前後手綱で操りながら夜に川底で休んでいる鮎を捕獲する伝統的な漁法となっています。

 

観覧申込方法

2019年分は4月より公式ホームページにて観覧予約が可能です。(乗合船のみ可能、貸切船は要TEL)

www.ukai-gifucity.jp

こちらでは鵜飼の歴史や漁法などから観覧に関しての情報も網羅されています。

 

観覧料金

乗合船で楽しむ場合は大人3,100円/人から、貸しきり船で満喫する場合は最小の船で約40,000円/艘となります。

また、プラン利用以外は食事や飲み物はつかないため、当日持込みや食事の事前予約が可能です。

 

鵜飼当日のアクセス

マイカー(Pあり)、岐阜駅からはバスまたはタクシーで鵜飼観覧船事務所(のりば)を目指しますが、バス利用時は「長良橋」バス停より徒歩1分となります。

 

こちらが長良川に架かる「長良橋」です。

f:id:nichinichisou0808:20190520133610j:image

 

こちらが鵜飼船の乗船受付所となります。

f:id:nichinichisou0808:20190221023937j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170626114229j:plain

 

まずは鵜飼説明を聞く

事務所で受付を済ませると17:45より観覧船のりばにて鵜匠より鵜飼全般のためになる説明があります。よく聞きましょう。

Point

・鵜匠の身分(宮内庁式部職鵜匠)や生活全般説明

・鵜匠と鵜は共同生活をしており深い絆がある

・鵜は海鵜で茨城県にて捕獲されている

・毎日の鵜船の出発順番はくじ引きとなる

・鵜船をはじめとする鵜飼用具一式の説明

・長良川は日本で唯一皇室御用鵜飼である

f:id:nichinichisou0808:20170626114340j:plain

 

鵜が鮎を飲み込めない仕組み(組結い)も実演されます。

f:id:nichinichisou0808:20170626114327j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170625081016j:plain

 

鵜飼観覧船へ乗船

鵜匠による説明が終わると我々はすぐに出船(18:15)となります。

f:id:nichinichisou0808:20190220193840j:image

 

船着場係員の方に「あなた達は運が良い、あの船頭さんは操船技術が最高だ」と言われて嬉しくなりました。(理由は後述)

f:id:nichinichisou0808:20170626114302j:plain

 

我々は乗合船ではなく貸切船としていました。

やはり気兼ねなく見物したかったのです。

f:id:nichinichisou0808:20190520133833j:image

 

漁場へ移動

乗船直後に副船頭さんより本日の鵜飼見物の説明が始まります。

Point

・漁開始時には毎日花火が上がる

・花火を合図に河川近隣は減灯に協力する

・鵜飼漁は「狩り下り」と「総がらみ」の2種類がある

f:id:nichinichisou0808:20170626114706j:plain

 

説明が終わると早速漁場まで移動しますが、船を漕ぎながらも副船頭さんが色々とお話をしてくれました。

f:id:nichinichisou0808:20190220193903j:image

 

この船なかなか速いんです。

f:id:nichinichisou0808:20170626114629j:plain

 

鵜飼漁開始までは酒宴

観覧船か漁場に到着すると漁開始までは待機となり、観覧客は皆盛大な宴会を開始します。

f:id:nichinichisou0808:20190221024030j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170625081313j:plain

 

鵜飼時には向かいの山側を鵜船が通ります。

f:id:nichinichisou0808:20190220194103j:image

 

観覧客が宴会中に鵜船は川上に移動します。

f:id:nichinichisou0808:20190221024115j:plain

 

我々はビールと日本酒を用意しました。

f:id:nichinichisou0808:20170626115247j:plain

 

そして食事には乗船場そばにある鮎料理「泉屋」さんで、天然鮎の弁当を奮発しました。(要事前予約)

f:id:nichinichisou0808:20190220194033j:image

 

この日は岐阜県でも特に良質な鮎で有名な和良川産の天然鮎でした。

f:id:nichinichisou0808:20170626115204j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190220194003j:image

 

鮎ごはん!
f:id:nichinichisou0808:20190220194007j:image

 

岐阜歴史説明のお姉様。長良川鵜飼はユネスコ無形文化遺産登録を狙っているとのことです。

f:id:nichinichisou0808:20170626115225j:plain

 

この船は副船頭さんの話によれば、日本で唯一の「トイレ専用船」となります。近所にトイレがないのでしょう、待機中の観覧客が使用をします。

f:id:nichinichisou0808:20170626115454j:plain

 

船頭さん達も時間まではおのおの過ごしていました。(右にいらっしゃる方が船頭さんです)

f:id:nichinichisou0808:20190520133933j:image

 

鵜飼を堪能する

19:45頃に合図の花火が上がると、まずは川上から下ってきた鵜船と観覧船が並走する「狩り下り」が始まります。

f:id:nichinichisou0808:20190220204308j:image

f:id:nichinichisou0808:20190220204315j:image

f:id:nichinichisou0808:20190220204305j:image

ここで観覧船船頭さんの腕の差が出ると思われるのですが、我々の船は他観覧船と比較して、最後まで鵜船に密着をしていました。

 

鵜匠の掛け声とダイナミックで繊細な動作は見応えがあります。

f:id:nichinichisou0808:20190520074924j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520074928j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626115640j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190221024248j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190221024319j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190221024352j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190520134058j:image

f:id:nichinichisou0808:20190221024424j:plain

 

「狩り下り」の次は「総がらみ」です。6隻の鵜船が横隊となり、鮎を浅瀬に追い込む漁を見物します。この時に観覧船は停船をしています。

f:id:nichinichisou0808:20170625081634j:plain

 

「総がらみ」は見ていてとても幻想的です。

f:id:nichinichisou0808:20170626115911j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190221024502j:plain


そして20:30頃に鵜飼観覧は終了・下船をします。

f:id:nichinichisou0808:20190221024542j:plain

 

乗船場から呑み屋さんまで乗車したタクシーが、開扉すると足下ライトが点灯します。運転手さん曰く「岐阜市内では普通」とのことでした。

f:id:nichinichisou0808:20190520125856j:image

 

その他 鵜飼情報

・荒天時や長良川の増水時には鵜飼漁は中止の可能性もあります

・鵜飼見物時にお酒を飲むのならば、現地(船のりば近く)調達は驚きの高価格なので、事前準備がおすすめです

・大垣の鵜飼通にお聞きしたのですが、当日船頭さん達には心づけを渡すことで更に見物が楽しめる可能性があがります (我々は「仕事後に」と缶ビール10缶程を差し入れました)

 

岐阜市内のおすすめ観光

岐阜まで来たら鵜飼観覧だけでは勿体ないので、数カ所おすすめスポットをご紹介します。

 

JR岐阜駅北口。ここが行動の起点となります。

f:id:nichinichisou0808:20190520122234j:image

 

路線バス乗り場は北口にあり、有人の案内所もあります。

f:id:nichinichisou0808:20190520122316j:image

 

岐阜駅前にある「みんな大好き織田信長公」の像。

f:id:nichinichisou0808:20190520080343j:image

 

①川原町歩き

鵜飼乗船場と隣接しているこちらの町は、古い町並みを楽しめる美観地区となっています。

伝統工芸「岐阜うちわ」のお店や、和紙問屋、カフェなどもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190520075245j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520075238j:image

 

こちらで鮎弁当を予約しておきました。

f:id:nichinichisou0808:20190520075222j:image

 

格子戸や荒格子のある家屋が特徴です。

f:id:nichinichisou0808:20190520075247j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520075230j:image

 

郵便局でしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190520075234j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520075226j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520075241j:image

 

②岐阜城(岐阜公園)見学

金華山にそびえ立つ難攻不落の岐阜城へは、JR岐阜駅から路線バス(約15分)があり、岐阜公園からは鵜飼乗船場までバスがあります。または徒歩で約20分です。

 

こちらが金華山。よく見ると岐阜城が確認できます。

f:id:nichinichisou0808:20190520080217j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520080231j:image

 

標高が高いので、地上より有料ロープウェイに乗車し、下車してから15分程階段を登ります。

f:id:nichinichisou0808:20190520080220j:image

 

岐阜城天守閣より長良川方向を望む。

f:id:nichinichisou0808:20190520080228j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520080235j:image

 

鵜飼の船から夜の岐阜城が確認出来ました。

f:id:nichinichisou0808:20190520134225j:image

 

③岐阜シティ・タワー43

こちらはJR岐阜駅前にある商業施設も含むビルとなります。無料直通エレベーターで43階まで行けば、昼夜問わず岐阜市内が眼下に広がります。

 

JR岐阜駅2階部分より。正面巨大ビルがシティ・タワー43です。

f:id:nichinichisou0808:20190520122200j:image

 

岐阜シティ・タワー43
f:id:nichinichisou0808:20190520080245j:image

 

すぐ下はJR岐阜駅。

f:id:nichinichisou0808:20190520080223j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520080242j:image

 

JR岐阜駅方向の夜景。

f:id:nichinichisou0808:20190520080238j:image

 

ちなみに夜のJR岐阜駅も綺麗です。

f:id:nichinichisou0808:20190520130958j:image

 

④柳ヶ瀬

東海地方有数の繁華街・歓楽街です。岐阜駅からは北に1km程あります。

私はいつも岐阜駅前で呑みますが、参考情報として掲載をします。

f:id:nichinichisou0808:20190520125234j:image

 

⑤天然鮎を食べる

「鮎漁(鵜飼)を見たら天然鮎をたべましょう」

岐阜県は上質な天然鮎を手軽に食べることができます。岐阜県の中でも特に質の高いと評判の郡上鮎は長良川です。他にも和良川や揖斐川など多数の川で美味しい鮎が獲れるようです。

 

シーズンになると私が足繁く通う店の鮎用水槽。

f:id:nichinichisou0808:20190520155909j:image

 

鮎漁が解禁となる5月中下旬から6月にかけては稚魚となり、頭から尾まで残さずに食べられます。私はこの時期が1番好きです。

f:id:nichinichisou0808:20190520155915j:image

 

7月、8月は成魚です。

f:id:nichinichisou0808:20190520155912j:image

 

10月位には落ち鮎となります。

f:id:nichinichisou0808:20190520155919j:image

 

岐阜県の郡上八幡では街角で天然鮎の取引が公然と行われています。

f:id:nichinichisou0808:20190520155904j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520155857j:image

 

関東で食べた養殖鮎です。私は天然も養殖も両方頂きますが、食べ比べてみるとその全てが違います。

f:id:nichinichisou0808:20190520155900j:image

 

岐阜市から広がる観光

JR岐阜駅からすぐにある岐阜バスターミナルからは、(飛騨)高山、郡上八幡、白川郷、長島温泉(運行日注意)まで行く高速バスが頻繁に運行されています。

f:id:nichinichisou0808:20190520122355j:image

しかもこれらの便は事前予約も不要となっています。

 

長良川全国花火大会が気になる

岐阜駅前に作られたこちらは、毎年8月開催の「長良川花火大会」の会場直通バス乗り場の整列路となります。

f:id:nichinichisou0808:20190520122440j:image

 

運用開始をするとこれだけの人が並びます。

f:id:nichinichisou0808:20190520123313j:image

 

さらには土曜日夕方なのにJR岐阜駅改札はこの混雑です。

f:id:nichinichisou0808:20190520123342j:image

私は観覧経験がないのでとても気になります。

 

最後に

2017年に初観覧をして感動した我々は、メンバーを増員して2018年も鵜飼観覧予約をしたのですが、丁度その時期に岐阜で長雨が続き、増水により鵜飼漁は長期間の休業となってしまいました。

・・・そして2019年、勿論行きますよ。

皆様も是非一度は見ておくべきだと思います。

f:id:nichinichisou0808:20190221024626j:plain

ぎふ長良川鵜飼マスコットキャラ「うーたん」

 

 今回は以上となります。

 

こちらめ是非併せてご覧下さい

当ブログでは岐阜県の記事が満載です。

大垣三大祭り「大垣まつり」を楽しむ

今回は岐阜県大垣市にて毎年5月に開催される「大垣まつり」の記事となります。

 

2019年の「大垣まつり」は盛大に開催されましたが、当ブログでは2020年に向けて本記事を引き続き更新してまいります。

新規投稿 2019/03/01・最終更新 2019/05/20

 

はじめに

どの都道府県にも「◯◯三大祭り」なるものは存在するかと思いますが、大垣は岐阜県に存在する1自治体であり、人口16万人の「市」となります。

しかし偉大なる大垣市には「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産にも登録された「大垣まつり」を始めとする「大垣三大祭り」が存在するのです。

f:id:nichinichisou0808:20190227230734j:plain
f:id:nichinichisou0808:20190227230740j:plain
f:id:nichinichisou0808:20190227235242j:plain

※過去開催分ポスターとなり

・初夏の「大垣まつり」

・夏の「水都まつり」

・秋の「十万石まつり」

この中から今回は特に規模の大きい「大垣まつり」を紹介いたします。

 

370年の伝統「大垣まつり」

大垣まつりは毎年5月15日までの15日に近い土曜・日曜(2020年は5/9,10)に開催される大垣を代表する祭であり、大垣八幡神社の例祭となります。

2016年に「大垣まつりの軕行事」は国の重要無形民俗文化財に指定され、更に2017年には「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産にも指定されたことにより、近年は益々の盛り上がりを見せており、人出は30万人近くになることもあります。

 

2019年版のポスターです。「三輌軕」(後述)が揃った図柄となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190405184732j:image

2019年の告知ポスター

 

大垣八幡神社

大垣まつりの中心であり、八幡神社の鳥居前で奉芸が行われます。また本楽の夜には神輿の渡御も執り行われます。

 

平時の境内。参拝者は普段から少なくはありません。が、、、

f:id:nichinichisou0808:20190227214553j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422182020j:image

 

境内には大垣ならではの湧水もあります。

f:id:nichinichisou0808:20190422182017j:image

 

こちらは大垣まつり開催中の八幡神社です。鳥居横から境内までも出店で埋め尽くされます。

f:id:nichinichisou0808:20190514110840j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190405184152j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514004545j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514110606j:plain

 

右はまつり中に境内で開演する「おばけ屋敷」。まつり中は撮影お断りのため、まつり後日に。

f:id:nichinichisou0808:20190422182042j:image

 

大垣まつり開催地区

大垣まつりは大垣駅南口一帯の旧市街地で行われます。

f:id:nichinichisou0808:20190514123858j:image

 

午前中、すいているように見えますが。。。

f:id:nichinichisou0808:20190519011401j:plain

 

徐々に人出が増えてゆき・・・

f:id:nichinichisou0808:20190519011429j:plain


 

祭り開催中の大垣八幡神社へ続く通りは、土曜日夕から夜に最高潮の盛り上がりとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190514000757j:image

f:id:nichinichisou0808:20190227195709j:image

 

 

こちらは大垣駅からのメインストリートです。すごい人出ですね。
f:id:nichinichisou0808:20190227195713j:image

 

祭を彩る13輌の軕

大垣まつりを語る上で外せないのが、お囃子に合わせて移動をする13輌の「軕」(やま)行事となります。

f:id:nichinichisou0808:20190514001506j:image

それぞれの軕は外観・からくりなど独特な趣向を凝らした仕上がりとなっています。

震災や戦火で消失後に再建した軕もあれば、1600年代から現存する軕もあります。

また大垣藩主より1648年に下賜された軕「神楽軕」「大黒軕」「恵比須軕」の三輌は「三輌軕」と呼ばれています。

なお今回は「昼仕様」「夜仕様(未点灯(」「個人的軕ピンポイント」「夜仕様(点灯状態(」を紹介します。(これをもって各軕の全仕様ではありません)

 

・神楽(かぐら)軕

巡行時には常に先頭を行きます。からくりには清めや病魔退散の意味があるとされています。

f:id:nichinichisou0808:20190514020601j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513222524j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514020605j:image

 

・愛宕(あたご)軕

岐阜町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514020736j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232945j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232955j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232951j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022330j:image

 

・菅原(すがわら)軕

新町の軕となります。

f:id:nichinichisou0808:20190227210947j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513224704j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513224659j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514101534j:plain

 

・大黒(だいこく)軕

魚屋町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190227211014j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514090110j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513224956j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514101055j:plain

 

・榊(さかき)軕

竹島町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514015642j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513231025j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513231646j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514101320j:plain

 

・玉の井(たまのい)軕

船町の軕となります。

f:id:nichinichisou0808:20190513225101j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225108j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225057j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225113j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022824j:image

 

・恵比須(えびす)軕

宮町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514020834j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514090446j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513231932j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514101219j:plain

 

・松竹(しょうちく)軕

伝馬町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514032711j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225358j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225351j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225355j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022858j:image

 

・浦嶋(うらしま)軕

俵町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514020915j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225911j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225907j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225904j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022639j:image

 

・猩々(しょうじょう)軕

宮町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514021313j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513230616j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513230248j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232126j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022255j:image

 

・鯰(なまず)軕

魚屋町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514021029j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513224243j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232436j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232539j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232546j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022556j:image

 

・相生(あいおい)軕

本町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514021110j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513230855j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513230852j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513230848j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514101738j:plain

 

・布袋(ほてい)軕

中町の軕となります。

f:id:nichinichisou0808:20190514011906j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513231239j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513231242j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514021957j:image

 

軕のからくり・舞踊

各軕にはそれぞれからくり仕掛があり、からくり人形は人形方が軕内より操作をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190227213853j:image
f:id:nichinichisou0808:20190227213902j:image

 

なんと菅原軕は人形が筆で文字を書きます。2019年は「令和」でした。

f:id:nichinichisou0808:20190514173508j:image

f:id:nichinichisou0808:20190228112005j:image

 

舞踊の軕もあります。

f:id:nichinichisou0808:20180515161615j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180515161630j:plain

 

軕の保管

町内で軕に関係される方々は軕を「宝」と考えておられる様です。

軕は原則町単位で1両となり(例外あり)、使用しない普段時には厳重に保管がされています。

f:id:nichinichisou0808:20190227213933j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514011542j:image

 

浦嶋軕の蔵の内部。

f:id:nichinichisou0808:20190227213939j:image

 

菅原軕の厳重な保管 (漆の劣化を防ぐため)

f:id:nichinichisou0808:20190514154020j:image

写真と情報は匿名様よりご提供です。ありがとうございます。

 

玉の井軕を保管場所から搬出中。

f:id:nichinichisou0808:20190514172011j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514154215j:image

写真は助六様ご提供です。ありがとうございます。

 

相生軕を保管場所から搬出中。

f:id:nichinichisou0808:20190514172048j:image

写真は助六様ご提供です。ありがとうございます

 

大垣まつりのスケジュール

大垣の軕担務者は木曜日からイベントがあるようですが、一般観覧であれば土日の2日間がメインイベントとなります。

金曜日 「先触れ」

f:id:nichinichisou0808:20190514024140j:image

恵比須軕の先触れ風景

 

土曜日 「試楽(しがく)」

13両の軕は朝に八幡神社で「奉芸」を行い、その後大垣市役所前にて「掛芸披露」、それから城下町を「巡行」をして夕方再び八幡神社前に軕が終結をします。

f:id:nichinichisou0808:20190514124252j:image

大垣市役所前の掛芸披露

 

日曜日 「本楽」

「市役所前掛芸披露」と夜宮での「八幡神社前奉芸」は行われませんが、「巡行」及び夕方にはメインストリートで「大垣まつり行列」が行われます。日曜日の夜宮では神輿の渡御が執り行われます。

 

大垣まつりの見どころ

やはりメインは軕行事です、特に奉芸は是非見ておきたいところですが、試楽当日(土曜日)に行われる行事からおすすめポイントを7つ挙げてみました。

Point

①大垣八幡神社前 「奉芸」 8:45〜9:30

②大垣市役所前 「掛芸披露」 9:30〜12:00

③旧市内一円 「軕の巡行」 12:00〜18:00

④大垣八幡神社前 「夜宮」 19:00〜21:00

⑤変化する軕の外観

⑥軕の観察

⑦数多くの屋台見物

⑧芭蕉むすびの地記念館

※上記は2019年のタイムテーブルとなります

☆例年9:30に終わることはありません 

 

①大垣八幡神社前 「奉芸」 

「試楽」「本楽」両日午前中に行われます。大垣八幡神社鳥居前に停止した軕は、それぞれ特徴的なからくり、舞踊を披露します。

f:id:nichinichisou0808:20190514155053j:image

助六様より頂戴したアドバイスによりますと、試楽での本項と次項②は一部開催時間が重なるため、腰を据えて観覧するのであれば、どちらかに絞るのが良いそうです。

 

大垣八幡神社横にて奉芸待ちの軕列。

f:id:nichinichisou0808:20190514023016j:image

f:id:nichinichisou0808:20190228112100j:image

 

奉芸は神楽軕が毎年1番最初となります。

f:id:nichinichisou0808:20190514023336j:image

 

転回や奉芸時にはかなり前のめりになります。

f:id:nichinichisou0808:20190228112132j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514104312j:plain

 

個人的贔屓である浦嶋軕の奉芸風景を紹介します。

f:id:nichinichisou0808:20190228112200j:image

 

八幡神社鳥居前に軕をつけて奉芸となります。

f:id:nichinichisou0808:20190514104357j:plain


浦嶋軕のからくり部分。

 f:id:nichinichisou0808:20190227194923j:image

 

亀の口からはピンポン玉が飛び出します。中にはあたりの玉があるとか。

f:id:nichinichisou0808:20190416002841j:image

 

最前列の子供はからくりで飛び出すピンポン球がお目当ての様です。

f:id:nichinichisou0808:20190227194913j:image

 

奉芸終了後は軕を転回して、大垣市役所へ向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20190514104543j:plain

 

ちなみに八幡神社鳥居内から奉芸を見ると、からくり人形の動きが良く見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190514172536j:image

写真は助六様ご提供です。ありがとうございます

 

②大垣市役所前 「掛芸披露」

かつては大垣藩主が奉芸を終えた軕の上覧をしていましたが、現在はその役を大垣市長が行なっています。

助六様よりアドバイスを頂戴いたしましたが、ここでは各軕の解説が入るとのことで、初めての方や軕について良く知りたい場合はおススメです。

※土曜日開催試楽のみの行事です

 

こちらが大垣市役所の現本庁舎です。隣接地に新庁舎を建築中です。

f:id:nichinichisou0808:20190513234854j:image

 

全ての軕行事は神楽軕が先陣を切ります。

f:id:nichinichisou0808:20190513234843j:image

 

大垣八幡神社の奉芸と同内容ですが、こちらでは各軕の歴史から奉芸の内容、からくりの特徴丁寧な説明が入ります。

f:id:nichinichisou0808:20190513234858j:image 

 

こちらは生演奏による芸となります。

f:id:nichinichisou0808:20190519012241j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513234902j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513234906j:image

 

浦嶋軕はピンポン玉発射!子供殺到。

f:id:nichinichisou0808:20190513234851j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513234846j:image

 

③旧市内一円「軕の巡行」

朝の奉芸が終わると13両の軕は城下町を巡行します。「試楽」では13両の軕が町内をランダムに巡行をします。各軕の現在位置はスマホで確認可能です。

「本楽」では13両の軕が一堂に揃って決まった道順(8.8km)を巡行をします。この巡行は東回りと西回りが年次交代となり、2020年は西回りとなります。

なお、まつり開催中はすべての軕の現在位置をスマホで確認可能です。(後述)

※写真はすべて試楽時の巡行となります

 

f:id:nichinichisou0808:20190227211929j:image

 

稲荷神社にて布袋軕。

f:id:nichinichisou0808:20190227211924j:image

 

軕転回時には、前に沈み込ませてから回ります。

f:id:nichinichisou0808:20180515161150j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180515161021j:plain

 

なお、当品はどの軕がどの場所にいるかを確認するサイトが提供されます。

f:id:nichinichisou0808:20190405183936j:image

 

稲荷神社ですれ違う神楽軕と布袋軕。

f:id:nichinichisou0808:20190405183931j:image

 

メインストリートにて浦嶋軕。

f:id:nichinichisou0808:20190227195129j:image

 

先導者が信号機の高さを確認しながら巡行します。

f:id:nichinichisou0808:20190422174222j:image

f:id:nichinichisou0808:20180515160955j:plain

 

ホントに技術の高そうな軕の転回。

f:id:nichinichisou0808:20190228112246j:image

 

夕方になると13両の軕は大垣八幡神社そばの水門川沿いに集合し、夜宮まで待機をします。この時、軕により提灯を大量に装備していたりと、昼巡行とは違う装いとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190228105033j:image

 

④大垣八幡神社前 「夜宮」

土曜日の「試楽」にて行われる夜の奉芸です。奉芸開始前、辺りの日が落ちてくる19時になると、13両の軕には一斉に明かりが灯されます。

f:id:nichinichisou0808:20180515161310j:plain 

 

奉芸待ちの軕列も点灯をすると幻想的になります。

f:id:nichinichisou0808:20180515161405j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190422181913j:image

 

観覧客も撮影タイムとなり賑わいます。

f:id:nichinichisou0808:20180515161422j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190227194956j:image

f:id:nichinichisou0808:20190227195001j:image

 

水門川向かいから軕の列を眺める。

f:id:nichinichisou0808:20190422181849j:image

 

2018年には試楽夜宮を快適に観覧するために、「特別観覧席」を予約したのですが、奉芸は神社鳥居向きに行うため、軕のダイナミックな転回動作を楽しみこととなります。

ちなみに観覧席料は2018年は2,500円でしたが、2019年には1,000円にディスカウントされており。完売となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20190514125621j:image

 

1番手である神楽軕が奉芸中となります。

f:id:nichinichisou0808:20190422181724j:image

f:id:nichinichisou0808:20190405184123j:image

f:id:nichinichisou0808:20180515161824j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190514105310j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190514104959j:plain

 

軕が転回するときのダイナミックな動きも見ものです。

f:id:nichinichisou0808:20180515161840j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190514104835j:plain

 

夜宮(奉芸)の動画を是非ご覧ください。

 

⑤変化する軕の外観

各軕はそれぞれ時間などにより見た目が変化をします。

以下は「猩々軕」の変化となります。提灯以外にも幕(水引と呼びます)の模様に違いがあります。


f:id:nichinichisou0808:20190423003825j:image

f:id:nichinichisou0808:20190423003829j:image

 

こちらは「浦嶋軕」の変化となります。横の水引に違いがあります。


f:id:nichinichisou0808:20190423004451j:image

f:id:nichinichisou0808:20190423004447j:image

残念ながら、どの軕がいつどこを変更をするのかは私にはわかりませんが、違いを見つけるのも楽しみかと思います。

 

⑥軕の観察

例えば「鯰軕」の試楽時に装飾されている左右の水引模様ですが・・・

f:id:nichinichisou0808:20190423010131j:image

f:id:nichinichisou0808:20190423010134j:image

左右非対称の「阿吽」を意味する絵が描かれています。

このように軕は時間や向きなどにより、様々な見え方があるようです。

 

⑦数多くの屋台

祭期間中には5〜600店の屋台が軒を連ね、とても賑やかとなります。私は歩き食いが苦手なので屋台物は滅多に買いませんが、これだけの屋台を見ていると楽しくなりますね。

f:id:nichinichisou0808:20190227195952j:image

 

メインストリートの屋台は歩道に設営し、歩道側を向いて営業をします。

f:id:nichinichisou0808:20190227195947j:image

 

屋台の数は東海随一と聞きました。

f:id:nichinichisou0808:20190227195222j:image

f:id:nichinichisou0808:20190227195226j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514110347j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190514110429j:plain

 

ナイスネーミングですね。

f:id:nichinichisou0808:20190514105414j:plain

 

⑧芭蕉むすびの地記念館

大垣市役所なら遠くない位置にある「松尾芭蕉紹介」「大垣観光紹介」「物産販売」施設となります。

f:id:nichinichisou0808:20190514112436j:plain

 

大垣まつり時には幕も装着されます。

f:id:nichinichisou0808:20190514112501j:plain

 

館内では大垣まつり特設コーナーも。

f:id:nichinichisou0808:20190514130830j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514130827j:image

 

大垣や大垣まつりにちなんだ物販もあります。

f:id:nichinichisou0808:20190514112610j:plain


過去の大垣まつりポスター

平成23年までは11両の軕でしたが、平成24年には70年ぶりに13両となりました。


f:id:nichinichisou0808:20190228073849j:image

f:id:nichinichisou0808:20190228073839j:image

f:id:nichinichisou0808:20190228073844j:image

 

追加情報など

・大垣まつりに合わせて市内の宿泊施設は軒並み値上がり、更に満室にもなります。早めの予約が良いでしょう

・2019年は2開催日ともに好天に恵まれました。私は3回目にして初めてです。雨天の場合軕関連行事が中止となる可能性があります

上・好天、下・雨天の同場所

f:id:nichinichisou0808:20190422182135j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422182138j:image

・遠方から観覧に行くのであれば、土曜日の試楽がおススメです

・私の贔屓軕は「浦嶋軕」となります。理由は「聲の形」の西宮さん自宅から1番近いからです

f:id:nichinichisou0808:20190228112510j:image

 

軕位置をリアルタイム配信

巡行中などにお目当ての軕の現在地をスマホでリアルタイムに確認可能なサービスが運用中です。


f:id:nichinichisou0808:20190520181403j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520181441j:image

大垣まつり|リアルタイム位置情報「doconeel」

 

その他 情報など

大垣まつり時、少なくない家で獻燈を見ることができます。

f:id:nichinichisou0808:20190514173706j:image

 

街中で子供神輿を発見しました。かわいい。

f:id:nichinichisou0808:20190228104909j:image

 

軕は夜になると八幡神社から各保管場所に戻るため、住宅街を煌々と光りながら移動をしています。
f:id:nichinichisou0808:20190514131118j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514131111j:image

 

屋台搬入は金曜日夕方以降。そして祭が終わった翌日早朝に街は普段通りに戻っています。すごい。

f:id:nichinichisou0808:20190514170637j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514131115j:image

 

大垣市に本社の「西濃運輸」。大垣はこのようなトラックもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190514132751j:image

 

最後に

私の地元の祭りと言えば・・・「市民のまつり(テキ屋なし)」が最大規模で、他は屋台10件程度の商店街主催の小さな祭りや、町内会レベルのものしかありませんので、この規模の祭りは羨ましい限りです。

はっきり申し上げまして、この祭は関東や近畿、北陸からでも交通費や宿泊費を掛けて観に行く価値は十分にあります。

是非一度はご観覧ください。

 

最後となりますが、本記事の編集につきましては、実際に大垣まつりの軕運営に携わっておられる「助六様」より多大なる情報提供及びアドバイスを頂戴いたしました。誠にありがとうございました。

(記事編集責任は運営者となります)

 

今回は以上となります。

 

併せて是非ご覧ください

まつりに合わせて宿や飲食など大垣市の情報が満載です。

映画 「聲の形」聖地巡礼まとめ

今回は岐阜県大垣市が主な舞台である、劇場作品 「映画 聲の形」の聖地巡礼記事となります。

新規投稿 2019/01/20・最終更新 2019/05/21

Point

・情報・写真が正確とは限りません

・近隣に迷惑をかける行為はやめましょう

・原作版の聖地巡礼記事は別記事とします

f:id:nichinichisou0808:20190118205038p:image

 

はじめに

本記事は以前運営していたブログ上で前後編にて分割公開をしていた記事を1本にまとめてリライトし、2019年の5月に全体をリニューアルいたしました。

以前は未公開であった聖地写真を大量に追加しております。また記事後半では「聲の形」が街や上映館を彩っていた時の様子も紹介しております。

記事内容につきましては頻繁に更新をしております。

 

聖地 大垣へのアクセス

①東京からは東海道新幹線で名古屋まで1時間45分(のぞみ利用)、名古屋から大垣までは在来線で約30分となります。

f:id:nichinichisou0808:20190518222200j:image

 

②東京からはJR高速バスで名古屋まで5時間、名古屋から大垣までは在来線で約30分となります。

f:id:nichinichisou0808:20190518222258j:image

所要時間は新幹線利用の倍以上ですが、移動費は半分となります。  

 

美登鯉橋・周辺

【アクセス】大垣駅南口より徒歩17分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩12分

将也、硝子、結弦ら皆が集まる説明不要の場所です。

f:id:nichinichisou0808:20190518205359j:image

f:id:nichinichisou0808:20190124230954j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518235349j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518235558j:image

 

桜の散り際もいいものです。

f:id:nichinichisou0808:20190125195131j:image

f:id:nichinichisou0808:20180604184744j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180130070303j:plain

 

少し離れた位置から橋を眺めるのが好きです。

f:id:nichinichisou0808:20190125195254j:image

f:id:nichinichisou0808:20190129233239j:plain

 

私もここに寄ると鯉、鳩、鴨達にパンをあげるようにしています。

f:id:nichinichisou0808:20180604180348j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190520055457j:image

 

硝子も水門手話サークルに参加し、週に1回は鯉のパンやり当番をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190518193814j:image

 

実は赤い鯉を探すのは一苦労です。

f:id:nichinichisou0808:20190209075626j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190518194948j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125195124j:image

f:id:nichinichisou0808:20190124231134j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518235840j:image

 

小学生の将也たちが川に飛び込んでいたカットです。

f:id:nichinichisou0808:20190208230540j:image

f:id:nichinichisou0808:20180130070334j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190125195120j:image

 

硝子のノートを川から拾い上げあと「またね」の手話が出た場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180604174755j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190124225004j:image

 

増水時です。

f:id:nichinichisou0808:20190518205427j:image

 

橋を背に駅側を向くと、皆が歩いてくる道です。

f:id:nichinichisou0808:20190124231235j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125195217j:image

 

将也がフランスパンを手に、硝子を励まそうと歩いてくる道です。

f:id:nichinichisou0808:20190520055537j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520055541j:image

  

総合福祉会館・周辺

【アクセス】大垣駅南口より徒歩18分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩13分

高校生の将也と硝子が再会をする場所です。硝子は週に1回こちらに通っています。

f:id:nichinichisou0808:20190518205545j:image

f:id:nichinichisou0808:20190124224921j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518205548j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518205542j:image

f:id:nichinichisou0808:20180130070606j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190518235721j:image

 

正面玄関となります。

f:id:nichinichisou0808:20190520055633j:image

f:id:nichinichisou0808:20180524222549j:plain

 

実際に開催されている手話サークルです。私もこちらのサークルに入りたい!

f:id:nichinichisou0808:20190125195357j:image

 

【1階部分】作中、将也が福祉会館入口から入館してくるカットです。

f:id:nichinichisou0808:20180130070535j:plain

 

【2階部分】写真下の手摺部分に硝子は身を屈めます。

f:id:nichinichisou0808:20180604174910j:plain

 

【2階部分】作中にも描かれているマッサージ機

f:id:nichinichisou0808:20190518193949j:image

 

【2階部分】将也と硝子が向き合い、手話で会話をするカットです。

f:id:nichinichisou0808:20180604174905j:plain

 

【2階部分】上記2枚の写真を別アングルから。

f:id:nichinichisou0808:20190124231401j:image

 

【3階部分】作中硝子がいた部屋ま3階ではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190518235634j:image

f:id:nichinichisou0808:20180130070733j:plain

 

【3-2階部分】将也と認識した硝子が逃げるように降りていく階段です。

f:id:nichinichisou0808:20180130070931j:plain

 

 【3階部分】永束と結弦が見を乗り出しながら、橋にいる将也と硝子を眺めていたバルコニーです。

f:id:nichinichisou0808:20180130071213j:plain

 

バルコニーから橋を眺めると、実際には桜の花が満開で、橋上の様子はよく見えません。

f:id:nichinichisou0808:20180201121448j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190518235703j:image

 

福祉会館よりむすびの地へつながる道です。病院から抜け出した将也が歩いてきた道ではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20180201145330j:plain

 

四季の広場・周辺

【アクセス】大垣駅南口より徒歩17分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩12分

将也が小学生の頃、八重子と美也子(硝子と将也の母親)が待ち合わせた場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180604175031j:plain

 

降雪時にはアイスバーンとなっていました。

f:id:nichinichisou0808:20190129233403j:plain

 

背景として描かれていた東屋です。

f:id:nichinichisou0808:20190125200559j:image

 

小学生時代に硝子が鳩にパンやりをしたり、が一人泣いていた場所です。

f:id:nichinichisou0808:20190518194117j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518194112j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518194109j:image

 

降雪時。

f:id:nichinichisou0808:20180127053907j:plain

 

増水時立入禁止です。

f:id:nichinichisou0808:20180709134555j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190518205655j:image

 

小学生の硝子はこの場所から鳩にパンやりをしていました。

f:id:nichinichisou0808:20190518194429j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518194230j:image

 

「滝のトンネル」と名付けられています。1日のうち午前中より夕方まで流れています。

f:id:nichinichisou0808:20190518194236j:image

 

滝のトンネルを外側より。

f:id:nichinichisou0808:20190518194239j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201135323j:plain

 

奥の階段から将也が降りてきます。

f:id:nichinichisou0808:20190518194419j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518194435j:image

  

将也が足をつまづかせて声を出し、鳩が飛びたってしまいます。

f:id:nichinichisou0808:20190208215919j:image

 

対岸には大きな時計があり、作中でも背景として作画がされていました。

f:id:nichinichisou0808:20190518194752j:image

 

総合福祉会館内より桜の季節に。

f:id:nichinichisou0808:20190518194756j:image

 

(映画)作中では背景としての虹の橋です。原作では虹の橋でイベントが複数あります。

f:id:nichinichisou0808:20190126074404j:image

f:id:nichinichisou0808:20180709134256j:plain

 

私は虹の橋から眺めるこの景 桜満開の夜桜ライトアップです。
f:id:nichinichisou0808:20190125170523j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518205711j:image

 

大垣市役所・周辺

【アクセス】大垣駅南口より徒歩15分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩10分

大垣市役所の所在地が作中では西宮邸のマンションが建っています。

f:id:nichinichisou0808:20190518195135j:image

 

こちらが水門川側、おそらく硝子の家のベランダ側です。

f:id:nichinichisou0808:20190124225817j:image

 

結弦が手話で「硝子の妹」と告白する橋「西外側橋」です。

現在この橋は市役所工事により通行止めとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190518195231j:image

 

橋の反対側では将也が八重子にビンタをくらいます。

f:id:nichinichisou0808:20190518195324j:image

 

作中では夜の出来事です。

f:id:nichinichisou0808:20190129235009j:plain

 

西宮邸から水門川向かいのうねった道。

f:id:nichinichisou0808:20190518195431j:image

f:id:nichinichisou0808:20190130180233j:image

 

将也が硝子を引き上げる時の背景です。

建物が一致している様なので掲載をしますが、作中では高所より見下ろす視点となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190520060335j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520060338j:image

 

【現在】2019年5月現在の一部取壊しされた現市役所と、隣に建設中の新庁舎です。

f:id:nichinichisou0808:20190518222518j:image

f:id:nichinichisou0808:20190208220509j:image

 

大垣公園

【アクセス】大垣駅南口より徒歩12分

将也が保育園帰りのマリアを遊ばせたり、結弦が遊具の中で一夜を過ごした遊具と東屋があります。

f:id:nichinichisou0808:20190124225048j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518195724j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520060428j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125200631j:image

 

家出をした結弦が眠っていた場所です。

f:id:nichinichisou0808:20190125160431j:image

f:id:nichinichisou0808:20190131023605j:image

f:id:nichinichisou0808:20190417163131j:image 

 

作中後半、噴水近くで硝子や永束達が話をし、川井が硝子を励ます場所です。

f:id:nichinichisou0808:20190518195831j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518195821j:image

f:id:nichinichisou0808:20190129233348j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201123938j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180515163623j:plain

 

スプリンクラー動作中。

f:id:nichinichisou0808:20190518235922j:image

 

OKBストリート

【アクセス】大垣駅南口より徒歩3分〜15分

大垣駅より南に伸びている郭町商店街の愛称となります。

 

商店街参考です。

f:id:nichinichisou0808:20190520064349j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520060518j:image

 

この横断歩道は作中のOP曲に併せて、小学生時代の将也達が横断をしていますが、更に高校時代にも登場します。

f:id:nichinichisou0808:20190518195935j:image

 

硝子が将也への贈り物を購入する花屋さんです。

f:id:nichinichisou0808:20190520060551j:image

 

【以前】買い物後は向かい側で信号待ちをしていました。

f:id:nichinichisou0808:20190518200023j:image

 

その向かいでは将也の自転車後部座席に植野が乗り込みます。

f:id:nichinichisou0808:20190518200106j:image

f:id:nichinichisou0808:20180604184736j:plain

 

将也、硝子、植野が3人で会話をする場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180201125606j:plain

 

【以前】2016年当時の風景です。 

f:id:nichinichisou0808:20190520060627j:image

 

【2019-5現在】大垣城への標識は更新され、岐阜バス店舗が閉業しています。

f:id:nichinichisou0808:20190518200142j:image

 

新大橋

【アクセス】大垣駅南口より徒歩5分

【以前】OKBストリートの中間位置にあります。作中では硝子が将也に告白をする場所です。

f:id:nichinichisou0808:20190518200301j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518200250j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518235947j:image

f:id:nichinichisou0808:20190126074559j:image

 

桜の季節となります。

f:id:nichinichisou0808:20190519000109j:image

 

硝子がメール文面を悩んでいるカットです。


f:id:nichinichisou0808:20190518200257j:image

 

 自転車に乗った将也が奥からやってきます。

f:id:nichinichisou0808:20180201132434j:plain

  

同場所の紅葉バージョンとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190209075924j:plain

 

将也と硝子がそれぞれ立っていた位置です。

f:id:nichinichisou0808:20180201125320j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201125236j:plain

 

【2019-4現在】歩道タイルが更新されました。

f:id:nichinichisou0808:20190518200531j:image 

 

大垣市神田町

【アクセス】大垣駅南口より徒歩16分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩9分

花火大会の日に将也が西宮邸にカメラを取りに行く時に通ります。

f:id:nichinichisou0808:20180201132538j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190519000013j:image

 

こちらは序盤に将也が結弦に傘を差し出し(写真上)、終盤では硝子が植野に傘を差し出しす場所です。(写真下)両シーンともに夜でした。

f:id:nichinichisou0808:20180318060849j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180226055122j:plain

 

大垣市民病院

【アクセス】大垣駅南口より徒歩22分、または名阪近鉄バスで10分「市民病院前」下車すぐ

将也が入院をしていた病院です。流石に病院建物内には入れませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190518200603j:image

 

植野が出てくる出入り口でしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190203164238j:image

 

硝子が植野を待つのに立っていた場所です。
f:id:nichinichisou0808:20190203164242j:image

 

興文小学校

【アクセス】大垣駅南口より徒歩12分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩10分

将也と硝子の通っていた小学校です。門の側には作中ではない立派な建物が増築されています。

f:id:nichinichisou0808:20180201120547j:plain

 

興文小学校の桜の木は以前はとても立派だったと聞きます。

f:id:nichinichisou0808:20190518200649j:image

 

校舎は作中と比較すると、耐震工事施工済となっています。

f:id:nichinichisou0808:20180201120712j:plain

 

硝子が一人で遊んでいた遊具です。

f:id:nichinichisou0808:20180201120652j:plain

(日曜日に敷地外より撮影)

 

参考に興文小学校と水門川。

f:id:nichinichisou0808:20190518210023j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518210017j:image

 

JR大垣駅

【アクセス】大垣駅南口より徒歩0分

駅舎自体は作中に登場しませんが、改札口などが登場します。

f:id:nichinichisou0808:20180524222740j:plain

 

【以前】駅ビルは「Apio」となり、作中では「Epio」でした。

f:id:nichinichisou0808:20190518200856j:image

 

【現在】駅ビルは「ASTY」とリニューアルされました。
f:id:nichinichisou0808:20190518200852j:image

f:id:nichinichisou0808:20190519000045j:image

 

JR大垣駅改札付近。

f:id:nichinichisou0808:20180105164950j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190518200938j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518200935j:image


切符を買う将也にお金を差し出す永束のシーンです。

f:id:nichinichisou0808:20190209080426j:image

 

緑の窓口上にあるオブジェ。

f:id:nichinichisou0808:20190518201250j:image
 

実際の路線図です。岐阜駅が太陽女子学園前となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190131023943j:image

f:id:nichinichisou0808:20190124225734j:image

 

【以前】永束が呼び出した硝子と結弦が立っていた場所です。作中では駅ビルは「Epio」でした。

f:id:nichinichisou0808:20190518201207j:image

 

【現在】駅ビルがリニューアルされ、面影がなくなりました。
f:id:nichinichisou0808:20190518201157j:image

 

【以前】2018年8月まで。
f:id:nichinichisou0808:20190518201203j:image

 

【現在】駅ビルがリニューアルされ、面影がなくなりました。
f:id:nichinichisou0808:20190518201211j:image

 

作中では旅行代理店の様でしたが、現在はキオスクとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20180201124159j:plain

 

ホーム参考です。

f:id:nichinichisou0808:20190519000139j:image

 

夏休みに西宮姉妹と待ち合わせをした駅前ロータリーとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190520060736j:image

 

将也の立っていた背景パン屋さんも駅ビルリニューアルで閉店しました。

f:id:nichinichisou0808:20180201132331j:plain

 

大垣市三津屋町

【アクセス】養老鉄道東赤坂駅より徒歩15分、または大垣駅北口より徒歩40分

将也の実家とその付近です。モデルとなった家も理髪店「トムトム」さんです。

f:id:nichinichisou0808:20190124224222j:image

f:id:nichinichisou0808:20190124224212j:image

 

店内もほぼそのままです。(実は家内はほぼそのままだとか)

f:id:nichinichisou0808:20190124224241j:image

 

待合スペースもそのままです。作中硝子は1番左の椅子に座っていました。

f:id:nichinichisou0808:20190124224230j:image

f:id:nichinichisou0808:20190131024352j:image

 

自転車をパクられた将也が歩いて帰宅した道ではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190124224216j:image

 

向かいのアパート。

f:id:nichinichisou0808:20190124224233j:image

 

参考ですが、将也自宅の近辺は長閑です。

f:id:nichinichisou0808:20190124224209j:image

(経営者様に掲載許可済)

 

大垣コロナワールド

【アクセス】大垣駅南口より徒歩20分、または無料直通バスで10分

将也と永束、夏休みに将也と西宮姉妹が映画を観たのはここではないでしょうか。

外観は参考です。

f:id:nichinichisou0808:20190124224326j:image

 

映画館ロビー。

f:id:nichinichisou0808:20180201155250j:plain

 

映画館劇場内廊下。

f:id:nichinichisou0808:20180201133336j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190124224437j:image

 

スタジオ内です。確信はありませんが似ている気がします。

f:id:nichinichisou0808:20180201155420j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180604181331j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201155315j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190124224405j:image

 

アクアウォーク内イートイン「スプリングコート」

【アクセス】大垣駅北口より徒歩3分

将也と永束、夏休みには将也と西宮姉妹で来店をしています。

建物外観は参考となります。

f:id:nichinichisou0808:20190124225446j:image

f:id:nichinichisou0808:20190124225443j:image

 

永束と話していたのはこの辺りでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20180608152520j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180608152517j:plain

 

奥のカウンター席で将也、結弦、硝子が座りながらハンバーガーを食べていました。

f:id:nichinichisou0808:20180608152506j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180608152501j:plain

 

揖斐大橋

【アクセス】大垣駅南口より名阪近鉄バス「岐阜聖徳学園大学, 岐垣線」に乗車し「万石」バス停下車、徒歩5分

物語冒頭で将也が飛び降りようとした橋となります。下に流れる川は揖斐川となります。

f:id:nichinichisou0808:20190518193735j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125192401j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125192356j:image

 

揖斐大橋は大垣市と安八郡を結ぶ全長385mの鉄橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20180130053403j:plain

 

実は作中カットそのままの位置で橋を撮影できるようなので、次回回収予定です。

f:id:nichinichisou0808:20180130053449j:plain

 

初めて来た時はタクシーで3,000円も払ってしまいました。

f:id:nichinichisou0808:20180130053425j:plain

 

しかも到着したのは「大垣大橋」(新幹線側)で、そこから歩いてここまで来ました。

f:id:nichinichisou0808:20180130053544j:plain

 

オープニングシーンで花火を上げていたのはこちら側でしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190124231032j:image

 

参考までに、こちらが大垣大橋です。

f:id:nichinichisou0808:20190125192616j:image

 

橋の南には東海道新幹線の鉄橋が・・・
f:id:nichinichisou0808:20190125192620j:image

 

揖斐川の花火大会

【アクセス】大垣駅南口より名阪近鉄バス「岐阜聖徳学園大学, 岐垣線」に乗車し「万石」バス停下車、徒歩5分

作中、花火大会が開催された場所ではないかと推測されます。実際は「大垣花火大会」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190518210124j:image

f:id:nichinichisou0808:20190209004608j:image

f:id:nichinichisou0808:20190519000219j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201132216j:plain

 

作中の方が屋台が多い印象を受けました。

f:id:nichinichisou0808:20180201133635j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190518210157j:image

f:id:nichinichisou0808:20190519000247j:image

f:id:nichinichisou0808:20190519000318j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416005012j:image

 

とある場所

【アクセス】ソフトピアジャパン周辺

本編をご覧になられた方ならばすぐにわかる場所です。

f:id:nichinichisou0808:20190518201336j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518201328j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518201331j:image

 

とある場所の場内となります。こちらも作中と同様の構造となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190406192913j:image

f:id:nichinichisou0808:20190406192929j:image

f:id:nichinichisou0808:20190406222437j:image

(場内の風景掲載につきまして、匿名様より貴重な現地資料をご提供いただきました。厚く御礼申し上げます)

 

青柳橋・周辺

【アクセス】養老鉄道美濃青柳駅より徒歩15分

作中オープニングで小学生の将也達が手摺を滑って降りた階段と思われます。

f:id:nichinichisou0808:20180201132918j:plain

 

将也達が小学生時代に飛び込んでいた橋です。

f:id:nichinichisou0808:20180201132904j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190126074645j:image

 

こちらは青柳橋のすぐそばにある、高校生の将也が川井と揉めた後に落ち込んでいた橋と思われます。

f:id:nichinichisou0808:20180201132939j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201132954j:plain

 

JR車両313系・車窓(穂積駅周辺)

【アクセス】車窓については穂積駅より徒歩15分

作中、将也と硝子が佐原に会うための移動で乗車した車両はJR東海の313形ではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190124224615j:image

 

ドアそばに向かい合って乗車していました。

f:id:nichinichisou0808:20180201132004j:plain

 

車内参考です。

f:id:nichinichisou0808:20180201131930j:plain

 

また、車窓の景色(硝子が将也にメールをした時)にも流れる聖地があります。穂積駅を岐阜方面にある長良川鉄橋と付近のセメント工場です。

f:id:nichinichisou0808:20180201132100p:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201132033p:plain

 

実際に現地に行ってみました。

f:id:nichinichisou0808:20190124224705j:image

f:id:nichinichisou0808:20190124224709j:image

 

JR岐阜駅

【アクセス】JR岐阜駅より徒歩0分

作中では「太陽女子学園前」駅となっています。

 

ホーム参考です。

f:id:nichinichisou0808:20190518210235j:image

 

将也と硝子が下った1・2番ホームエスカレーターと思われます。

f:id:nichinichisou0808:20190518201408j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201215147j:plain

 

佐原が将也と硝子に気付いて駆け下りてくるエスカレーターです。

f:id:nichinichisou0808:20180318102013j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190126074734j:image

 

岐阜駅周辺

【アクセス】JR岐阜駅より徒歩1〜8分

2階部分は参考です。

f:id:nichinichisou0808:20190518201507j:image

 

将也、硝子、佐原が座って会話をするのはJR岐阜駅前のベンチです。

f:id:nichinichisou0808:20180201214624j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201214704j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190126074838j:image

f:id:nichinichisou0808:20190126074842j:image

 

将也が中座して歩いたあたりでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190518201850j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201214831j:plain

 

JR岐阜駅前参考です。

f:id:nichinichisou0808:20190518210320j:image

 

植野がティッシュを配っていた銀行前です。

f:id:nichinichisou0808:20180201214945j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201215118j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180318102240j:plain

 

養老鉄道600系・車窓

将也と硝子が養老に遊びに行った時の車両と車窓です。

f:id:nichinichisou0808:20190124224818j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201215325j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201215400j:plain

 

養老鉄道 養老駅

【アクセス】大垣駅より養老鉄道で25分

作中将也と硝子が2人で遊びに行く場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180201220027j:plain

 

2人の降り立ったホームです。

f:id:nichinichisou0808:20170711084641j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190520060926j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520060929j:image

※構内踏切より撮影

 

f:id:nichinichisou0808:20190520060933j:image

 

駅舎参考です。

f:id:nichinichisou0808:20190520060922j:image

 

養老公園

【アクセス】養老鉄道養老駅より徒歩15分、または土日は無料バス5分

将也と硝子が歩いていたシーンで登場します。

f:id:nichinichisou0808:20190520061122j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201225837j:plain

 

公園内参考です。

f:id:nichinichisou0808:20190208230950j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201230036j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201230007j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201233712j:plain

f:id:nichinichisou0808:20171124191941j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190209080748j:image

 

養老の滝

【アクセス】養老鉄道養老駅より徒歩45分

将也と硝子が訪れています。

f:id:nichinichisou0808:20190519000402j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518201927j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518201931j:image

 

養老天命反転地

【アクセス】養老鉄道養老駅より徒歩10分

2人で館内を歩く様子が描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20190209080655j:image

f:id:nichinichisou0808:20170223150800j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190209080650j:image

f:id:nichinichisou0808:20190209011314j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201233815j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201231403j:plain

 

作中ではこのカットで建造物の前を2人で歩いています。

f:id:nichinichisou0808:20180201231431j:plain

 

将也が景色に感嘆の声をあげる場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180201231520j:plain

 

そして足を滑らせて転ぶ坂です。

f:id:nichinichisou0808:20180201231619j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201231651j:plain

 

作中、養老の山々が背景で描かれていますが、特定できませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190520061222j:image

 

ナガシマスパーランド

【アクセス】桑名駅より直通バス35分・他

皆で遊びにきた遊園地です。原作ではJRを利用していましたが、名古屋周りの桑名駅なのでしょうか。

 

園内参考です。

f:id:nichinichisou0808:20180608161607j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190520061319j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520062022j:image

f:id:nichinichisou0808:20171105070128j:plain

f:id:nichinichisou0808:20171105070202j:plain

 

作中にも登場したオール木製コースター「ホワイトサイクロン」は2019年3月に「白鯨」にアップグレードされました。

f:id:nichinichisou0808:20190520062106j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201234341j:plain

f:id:nichinichisou0808:20171105065634j:plain

 

硝子がよろけながら退出してきたホワイトサイクロンの出口です。

f:id:nichinichisou0808:20180201234316j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190520061443j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201234252j:plain

 

硝子を観覧車に誘った植野との2人が歩いた通りです。

f:id:nichinichisou0808:20180608161640j:plain

 

観覧車と内部です。

f:id:nichinichisou0808:20180608161612j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201234928j:plain

 

観覧車乗降口です。

f:id:nichinichisou0808:20190520061934j:image

 

将也がたこ焼きを購入したであろう売店となります。

f:id:nichinichisou0808:20180608153559j:plain

 

落ち込んだ将也が座っていた場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180608153613j:plain

 

将也、植野以外のメンバーが雑談をしていた場所。

f:id:nichinichisou0808:20180608153623j:plain

 

作中に登場したと思われるアトラクションです。

f:id:nichinichisou0808:20180608161542j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190520062337j:image

f:id:nichinichisou0808:20180608153806j:plain

 

 

 

駒込高等学校

【アクセス】本駒込駅より徒歩5分

将也が通っている高校のモデルとなった学校は都区内にあります。

f:id:nichinichisou0808:20180201120817j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201120800j:plain

 

映画上映当時から現在の大垣

主に「聲の形」で賑わっている大垣を振り返ります。(一部京都府)

 

■大垣駅・駅ビル

駅構内の改札口正面に掲示されていたポスターです。

f:id:nichinichisou0808:20190518202033j:image

 

ポスター下に掲示された聖地巡礼マップ。

f:id:nichinichisou0808:20180201162413j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201162353j:plain  

北口には現存する「大垣暮らし」の掲示。

f:id:nichinichisou0808:20180605202356j:plain

 

こちらは水都祭りとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190126083122j:image

f:id:nichinichisou0808:20181204210253j:plain

 

こちら水門川下りと灯台です。
f:id:nichinichisou0808:20190126083127j:image

f:id:nichinichisou0808:20181204210203j:plain

 

最後は大垣公園となります。
f:id:nichinichisou0808:20190126083133j:image

f:id:nichinichisou0808:20181204210353j:plain

 

駅ビルでも商品券があったようです。

f:id:nichinichisou0808:20190518202118j:image

 

大垣駅ビル内ね三省堂書店に掲示してありました。

f:id:nichinichisou0808:20190124230115j:image

 

■OKBストリート

上映中はすべてののぼりが「聲の形」一色で圧巻でした。

f:id:nichinichisou0808:20190518202228j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518202223j:image

f:id:nichinichisou0808:20190519000440j:image

f:id:nichinichisou0808:20190519000519j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518202327j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518202331j:image

 

■ヘアーメイク トムトム

こちらは現在も継続中です。そして大今先生の直筆イラストが!

f:id:nichinichisou0808:20190125204604j:image

 

ファンノートもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190125204558j:image

 

■大垣市役所

一時期は市役所内に設置されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190125195703j:image

 

■大垣市まちづくり市民活動支援センター

「コミックタウンギャラリー大垣2016」の会場でしたが、今ひとつな感じでした。

f:id:nichinichisou0808:20190131011819j:image

f:id:nichinichisou0808:20190131011815j:image

f:id:nichinichisou0808:20190131011823j:image

 

■むすびの地記念館

私もよくお世話になります。(スタンプラリーなど)

f:id:nichinichisou0808:20180604175419j:plain

 

当初は原画・パネル展示もしていました。

f:id:nichinichisou0808:20180605202550j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190418033540j:image

f:id:nichinichisou0808:20190418033536j:image

 

宇治と比較すると、やや寂しい巡礼ノートです。

f:id:nichinichisou0808:20171010051538j:plain

 

■大垣総合福祉会館

一時期ポップが設置されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190518211330j:image

 

■大垣コロナワールド

まさに聖地大垣の映画館に相応しい堂々たる上映っぷりでした。ロードショー時も日本で最後まで上映し、リバイバル上映も2回位は開催されたのではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190520171110j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201162738j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201162757j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180605202002j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190124230251j:image

f:id:nichinichisou0808:20190124230246j:image

 

複製原画展もありました。


f:id:nichinichisou0808:20190520171327j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520171331j:image

 

何ならば毎年西宮さんのご生誕祭に上映してくれませんか。

f:id:nichinichisou0808:20190124230229j:image

 

今のところ最後のリバイバル上映時宣伝。

f:id:nichinichisou0808:20190518203029j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518203025j:image

 

■大垣公園

2016年末に大垣公園で開催されたイルミネーションの様子です。昨年も開催されましたが、聲の形は未出展でした。

f:id:nichinichisou0808:20190125200311j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125200307j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125200303j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125200257j:image

 

■元気ハツラツ市

2017年4月に開催されたハツラツ市は特に盛大で、聲の形の声優さんもトークショーに来ていました。

f:id:nichinichisou0808:20190125195807j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125195815j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125195758j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125195819j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125195802j:image

 

岐阜県2大劇場アニメの並びです。

f:id:nichinichisou0808:20190125195811j:image

f:id:nichinichisou0808:20170403203227j:plain

 

毎年4月には「聲の形」の声優さんを1人トークショーにおよびされています。

f:id:nichinichisou0808:20190125195750j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125195753j:image

 

■ますや

f:id:nichinichisou0808:20171009205423j:plain

 

■アクアウォーク内

BD/DVDの予約宣伝です。さすが聖地は派手にやりますね。

f:id:nichinichisou0808:20190125200851j:image

 

■養老鉄道

色々な駅にポスター掲示がされ、コラボグッズも販売されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190125200206j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125200211j:image

f:id:nichinichisou0808:20190126075055j:image

f:id:nichinichisou0808:20190126075051j:image

 

■養老公園

f:id:nichinichisou0808:20190125200101j:image

 

■養老天命反転地

f:id:nichinichisou0808:20190125195949j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125195952j:image 

 

■謎解き×聲の形

私は不参加のため、イベント概要は不明です。

f:id:nichinichisou0808:20190126081755j:image

 

■聲の形スタンプラリー

2016年、2017年と2018年に開催されました。

f:id:nichinichisou0808:20190126081701j:image

 

2017年以降はスマホスタンプラリーです。

f:id:nichinichisou0808:20190518202947j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518202944j:image

 

■京阪宇治線 木幡駅構内

宇治方面ホームに設置されています。イラスト左上に西宮さんが。

f:id:nichinichisou0808:20190126083627j:image

 

■京都アニメーション ショップ

旧位置のショップとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190126083741j:image

 

■京都アニメーション本社

f:id:nichinichisou0808:20190130012344j:image

 

「映画 聲の形」上映館の様子

2016年9月の新宿ピカデリーとなります。まさかあの時はここまでハマるとは考えていませんでしたが、翌週には大垣に初聖地巡礼をしていました。

f:id:nichinichisou0808:20190520062525j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125171201j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125171126j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125171137j:image

 

こちらも新宿ピカデリーとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190125171140j:image

 

日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞受賞後の特別上映も新宿ピカデリーでした。

f:id:nichinichisou0808:20190125171133j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125171157j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125171150j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125171145j:image

 

パッケージ発売記念 舞台挨拶特別上映は丸の内ピカデリーです。

f:id:nichinichisou0808:20190125174003j:image

f:id:nichinichisou0808:20190125174007j:image

 

2016年大晦日、立川にて極音上映版を観賞しました。


f:id:nichinichisou0808:20190514035225j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514035222j:image

 

2017年の9月には京都アニメーション本社のある京都府宇治市にて凱旋上映がされました。

f:id:nichinichisou0808:20190520062610j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520062607j:image

f:id:nichinichisou0808:20190126082043j:image

f:id:nichinichisou0808:20190126082024j:image

f:id:nichinichisou0808:20190126082050j:image

f:id:nichinichisou0808:20190126082033j:image

 

2018年1月には京都にある同志社大学で開催された「さがの映像祭」にて字幕・副音声つきで上映されました。

f:id:nichinichisou0808:20190520062712j:image
f:id:nichinichisou0808:20190520062715j:image

f:id:nichinichisou0808:20190126082047j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520062811j:image

f:id:nichinichisou0808:20190126082029j:image

 

副音声の最終確認の様子です。

f:id:nichinichisou0808:20190126082038j:image

 

実写版「聲の形」を視聴する

岐阜市のメディアコスモス内図書館にて視聴可能です。(JR岐阜県よりバス15分、または徒歩30分)

f:id:nichinichisou0808:20190125170929j:image

f:id:nichinichisou0808:20190518202527j:image

 

立派な図書館ですね。

f:id:nichinichisou0808:20190125170926j:image

 

こちらがパッケージ(学校教材)となります。身分証明書があれば、県外利用者も館内視聴が可能です。

f:id:nichinichisou0808:20180204120012j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180204120133j:plain

 

YouTubeに公式予告編があります。

f:id:nichinichisou0808:20180204120105j:plain

 

おまけ動画

東海道線 西岐阜〜(聖地)大垣までの車窓となります。大垣入り気分を味わってください。

 

最後に

久々に記事にテコ入れをしましたが、まだまだ内容の充実を考えておりますので、おヒマな時に足をお運びくださいませ。

また、本記事とは別に原作版「聲の形」の聖地巡礼記事もございます。

そして聖地大垣のリアルな魅力をお伝えする記事も沢山ございます。

下記リンクより是非ご覧ください。

 

併せて是非ご覧ください

「聲の形」や「大垣」の記事は他にも沢山ございます。

列車のインテリアを眺めませんか

今回は鉄道(バス)車両の車内を紹介する記事となります。

新規投稿 2019/04/20・最終更新 2019/05/07

はじめに

世の中には国内から果ては海外まで、本格的に「車内学」として調査から発表までをされている方々がいらっしゃいます。

私の場合はいつも気まぐれ、さらには適当に車内を撮影しておりますが、ここに来て結構な量の素材が溜まりましたので、まとめて公開をする事にしました。

ご注意

運行車両や車内装備は取材当時のものです

車内電源は「USB」または「AC」となります

記事内の列車運用地域は参考路線となります

紹介列車は運用時または展示中の車両です

JR東日本 E5系

東北新幹線・北海道新幹線にて運行中です。「はやぶさ」では国内最速の営業運転中でもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190425004416j:image

 

■グランクラス

まさに現代に復活した「一等車」であり「走るファーストクラス」とも呼ばれています。

乗車ドアも専用であり、グランクラス利用でない旅客は専用車両への乗車/見学/立入/通り抜けは禁止となっています

f:id:nichinichisou0808:20190425034348j:image

 

座席は独立2列+1列の3列シート設置です。

f:id:nichinichisou0808:20190423172104j:image

 

座席周り。

f:id:nichinichisou0808:20190425034304j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425034307j:image

 

室内は金属的なクールさとソフトさが絶妙に融合しています。

f:id:nichinichisou0808:20190423172052j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425004524j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425035807j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425035805j:image

 

以前は和洋どちらかの軽食が選べました。

また、アルコール類とソフトドリンクはフリーとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190425004520j:image

 

■グリーン車

グリーン車についてもJR東日本としては破格の上質さかと思われます。

f:id:nichinichisou0808:20190423172129j:image

 

フットレスト付きの座席は、各操作を手元のキー操作が可能です。

f:id:nichinichisou0808:20190424112549j:image

 

JR東海/西日本 N700系

東海道山陽新幹線「のぞみ」の主力列車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190425040740j:image

 

車両横のロゴ。Aが大きいのが新造車、小さいロゴはN700系からの改造車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428171807j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428175310j:image

 

■グリーン車

乗り心地、静粛性文句の付けようのない仕上がりです。

f:id:nichinichisou0808:20190428165601j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165606j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165555j:image

 

この座席は過去のグリーン車と比較して相当に座り心地が良いです。そして座席のリクライニングは電動、全座席に電源が装備です。

f:id:nichinichisou0808:20190428165619j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165615j:image

 

シートヒーターも装備。

f:id:nichinichisou0808:20190428165610j:image

 

■グリーン車 (G編成)

基本的には上記と同様の性能・機能と思われますが、座面の柄を一新してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190425044937j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165725j:image

 

■普通車

以下に2通りの柄を掲載しますが、どちらかがG編成ではないかと勝手に予想しています。

f:id:nichinichisou0808:20190423172111j:image

 

壁側には電源が1個装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428180417j:image

 

上の座席と比較すると、シートの表面柄に差異があります。

f:id:nichinichisou0808:20190428165819j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424112821j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090308j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090320j:image

 

JR東海/西日本 700系

現役車両はかなり減りましたが、2019年内は定期運行をするのではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190428170203j:image

 

以下はJR西日本所属車両です。差異は多々ありますが「JR700」は判別に役立ちます。

f:id:nichinichisou0808:20190428170417j:image

 

車両横のロゴ。

f:id:nichinichisou0808:20190428171841j:image

 

■グリーン車

電動リクライニングや電源装備、N700の前では(個人的に)霞んで見えてしまいますが、グリーン車独特の重厚な雰囲気はあります。
f:id:nichinichisou0808:20190428170208j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428170200j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428171402j:image

 

■グリーン車 (JR西日本所属)

JR東海のグリーン車と比較するとシックな仕上がりです。遮断部扉も高級感があります。

f:id:nichinichisou0808:20190428170312j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428170317j:image

 

東海のグリーン系シートとは違いブラウン系となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190425004616j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190428171738j:image

f:id:nichinichisou0808:20190423172100j:image

 

3列シート側は真ん中席のみ、幅が若干広く設定されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428170451j:image

 

JR東海 300系

「のぞみ」として高速度運転を追記した結果、独特の突き上げなど、乗り心地を犠牲にした感があります。

f:id:nichinichisou0808:20190428170619j:image

 

■グリーン車

あっさりとしたグリーン車内に重厚さは感じられません。「ぷらっとこだま」で良くお世話になりました。

f:id:nichinichisou0808:20190425004652j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20180517170030j:plain

 

JR西日本 500系

f:id:nichinichisou0808:20190428170653j:image

 

■グリーン車

速度追記のためか壁が相当に絞られており、窓側の席は若干窮屈かもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20190423172122j:image

 

JR東日本 200系

東北新幹線開業時から運行していましたが、現在は引退をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190428170755j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。恐らくは車内リニューアル済みです。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190423172119j:image

 

JR東海 100系

2代目東海道新幹線です。0系と比較して圧倒的な車内サービスの向上が行われました。この精悍な顔つきから現在もファンが多いようです。

f:id:nichinichisou0808:20190428170856j:image

 

■食堂車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190428170853j:image

 

JR東海 0系

「元祖新幹線」である0系の登場時は型番がありませんでした。開業時は最高速度220km/hと世界最速の営業運転でした。

f:id:nichinichisou0808:20190428175337j:image

 

■普通車

リクライニングシートではなく、転換クロスシートです。乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190423172125j:image

 

■食堂車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190428170819j:image

 

JR東日本 E353系

最新鋭の中央本線特急車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428172824j:image

 

■普通車

以前の E351/E257よりも居住性が格段に向上しました。先に投入された常磐線特急 E653と似た感があります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084608j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424112913j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090447j:image

 

JR東日本 E653系

常磐線特急の車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428175115j:image

 

■普通車

個人的にはJR東日本の普通車は完成の域に達したと感じました。質感から座席のフィット感、長時間乗車、各座席電源装備など、不満は全くなしです。

f:id:nichinichisou0808:20190424084618j:image

 

足元も広々です。

f:id:nichinichisou0808:20190425004825j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090559j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090551j:image

 

JR東日本 651系

元常磐線特急、現在は特急「草津」などに運用されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428175141j:image

 

■グリーン車

JR東日本では在来線奇跡の3烈シート車となります。4列改造しないのは最後の良心か?などと考えています。

f:id:nichinichisou0808:20190424113100j:image

 

製造は国鉄時代ですが、良いものは色褪せません。ちなみに車内はリニューアル済みです。

f:id:nichinichisou0808:20190424113057j:image

 

高崎線内にて、向かいは蒸気機関車。

f:id:nichinichisou0808:20190424144535j:image

 

座席周り。フットレストに大型肘置き、厚めのクッションなどまさに「グリーン車」です。

f:id:nichinichisou0808:20190428175236j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090645j:image

 

JR東日本 E351系

旧中央本線特急車両となります。既に廃車されましたが、個人的には好きでした。

30年近く運行されていましたが、大規模な車内リニューアルは行われなかったと記憶しています。

f:id:nichinichisou0808:20190428175357j:image

 

■グリーン車

前述651系グリーン車の後ではどうしても見劣りしてしまう4列シートです。グリーン車座席にはシートヒーター機能があります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084605j:image

 

このシートピッチがかろうじでグリーン車であることを主張しているかのようです。

f:id:nichinichisou0808:20190425004915j:image

 

■普通車

振り子列車のた壁側が絞られており、また、走行中には体を固定しにくい「快適」とは言い辛い乗り心地でした。

f:id:nichinichisou0808:20190425004950j:image

 

座席下は埋まっているため、足があまり伸ばせません。

f:id:nichinichisou0808:20190428175430j:image

 

JR東日本 E257系

旧中央本線特急車両となります。既に定期運行から外れ、将来的には東海道本線に移籍されます。

f:id:nichinichisou0808:20190428194957j:image

 

■普通車

個人的には可も不可もない車内と座席です。座席はリクライニング意外にも、座面が前後可動式です。またE351とは異なり足元が広くなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190424084614j:image

 

JR東日本 E257系500番台

千葉方面にて運行中の E257系となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428175638j:image

 

■普通車

個人的には可も不可もない車内と座席です。座席はリクライニング意外にも、座面が前後可動式です。

f:id:nichinichisou0808:20190424084611j:image

 

足元が広くなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190424113158j:image

 

JR東日本 255系

千葉方面にて運行中の特急列車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428175902j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190428175853j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428175850j:image

 

JR東日本 251系

「スーパービュー踊り子」などにて運行中となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428180006j:image

 

■普通車

リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424120016j:image

 

JR西日本 681系

JR西日本内では「サンダーバード」などに幅広く使用されている車両であり、JR東海の大垣〜名古屋に乗り入れもしています。

f:id:nichinichisou0808:20190428180036j:image

 

■グリーン車

流石JR西日本、特別な空間を作り出すのが上手いと思います。もちろん3列シートです。

f:id:nichinichisou0808:20190424084539j:image

 

■普通車

号車によりシートカラーが異なります。

f:id:nichinichisou0808:20190428201818j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424084526j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424084621j:image

 

JR東海 383系

名古屋から長野を結ぶ「しなの」にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195032j:image

 

■普通車

普通車でも前後幅は広く、シートピッチはグリーン車並の1100mmを確保しています。

f:id:nichinichisou0808:20190424084555j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425005043j:image

 

JR東海 キハ85系

名古屋発「ひだ」や「南紀」などで運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195057j:image

 

■普通車

f:id:nichinichisou0808:20190424141608j:image

 

乗り心地は悪くありませんが、岐阜からの高山本線はなかなかワイルドな走りのためか、体が左右に激しく揺られることもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424141611j:image

 

「ワイドビュー」の名に恥じぬ大型窓からの眺望。

f:id:nichinichisou0808:20190424151436j:plain

 

JR東日本 485系

元は国鉄特急ですが、東武鉄道との相互運転も行い、晩年は「ビバ あいづ」号での運行に当てられた編成となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428180946j:image 

 

■普通車

東武鉄道との相互運転のため、車内リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084558j:image

 

JR東海 キハ181系

当時は超ハイパワーな気動車でした。

f:id:nichinichisou0808:20190428202049j:image

 

■普通車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084529j:image

 

JR東海 381系

国鉄時代に製造された国内初の振り子式電車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428195126j:image

 

■普通車

乗車感覚はまさに「振り子」です。(博物館にて撮影)
f:id:nichinichisou0808:20190424084522j:image 

 

構造状冷房ダクトが車内にありますが、JR西日本の381系では後日に窓際座席を撤去をし、不自然な空間が。(スーパーくろしお)

f:id:nichinichisou0808:20190425005218j:image

 

JR東日本 183系

中央本線特急列車にて運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428195156j:image

 

■普通車

アップグレードを実施した大型座席リニューアル後となります。また、乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084825j:image

 

国鉄 181系

上越本線特急列車として運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428195240j:image

 

■普通車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084813j:image

 

国鉄 485系

東北本線特急列車として運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428195302j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、シートピッチの狭いこと以外はあまり記憶がありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084818j:image

 

小田急電鉄 10000形HiSE

現在は長野電鉄にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195325j:image

 

一般車設定のみとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190425005322j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425005319j:image

 

小田急電鉄 3100形NSE

近頃運用から外れましたが、長期間の営業運転でした。

f:id:nichinichisou0808:20190429090736j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428195355j:image

 

一般車設定のみとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190424141214j:image

 

小田急電鉄 30000形EXE

f:id:nichinichisou0808:20190428195436j:image

 

リニューアル前の車内となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424141210j:image

 

東武鉄道 100系

「スペーシア」として東京と日光・鬼怒川を結ぶ豪華特急はJR新宿へも乗り入れます。

f:id:nichinichisou0808:20190428204905j:image

 

■普通車

座席カバーリニューアル後となります。バブル期新造車だけあり、現在でも通用する座席ではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190424113347j:image

 

デビュー時には各座席にラジオがありましたが、流石は東武、後日取っ払いました。

f:id:nichinichisou0808:20190424113343j:image

 

東武鉄道 200系

特急「りょうもう」は浅草から群馬・栃木まで運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195503j:image

 

普通車のみの設定となります。

この車両には3,4種類の座席が存在し、その内1種類はシートカバーがリニューアルもされています。

こちらは新造車内座席リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084541j:image

 

なんだか疲れた座席に見えてきます。これに料金を支払うの?

f:id:nichinichisou0808:20190424113230j:image

 

新造車内の座席カバーリニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428195532j:image
f:id:nichinichisou0808:20190428195538j:image

 

座席全体リニューアル後となります。フットレストが無くなりました。
f:id:nichinichisou0808:20190428195543j:image

 

西武鉄道 10000系

「ニューレッドアロー」として運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195610j:image

 

普通車のみの設定となります。

座席交換リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084602j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424113500j:image

 

近畿日本鉄道 名古屋線22000系

f:id:nichinichisou0808:20190428195631j:image

 

レギュラーカーのみの設定となります。

車内リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084623j:image

 

近畿日本鉄道 23000系

「伊勢志摩ライナー」として全車リニューアル後も活躍中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195700j:image
f:id:nichinichisou0808:20190428195654j:image

 

■デラックスカー

車内リニューアル後となります。
f:id:nichinichisou0808:20190424084532j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428200005j:image

 

車内リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084545j:image

 

■レギュラーカー

車内リニューアル後となります。
f:id:nichinichisou0808:20190424084551j:image

 

■サロンカー

車内リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424102020j:image

 

■運転室

f:id:nichinichisou0808:20190424102433j:image

 

■近畿日本鉄道 21000系

「アーバンライナーNEXT」として名阪ノンストップ特急として運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195746j:image

 

■レギュラーカー

車内リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084548j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428195845j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424102123j:image

 

■運転室

f:id:nichinichisou0808:20190424102127j:image

 

近畿日本鉄道 30000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200416j:image

 

■ダブルデッカー2階

車内リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424101929j:image

 

南海電気鉄道 50000系

南海の空港特急「ラピート」にて運行中です?

f:id:nichinichisou0808:20190503021926j:image

 

■スーパーシート

車内リニューアル前のシートとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190425005425j:image

 

■運転室

f:id:nichinichisou0808:20190425005423j:image

 

南海電気鉄道 高野線21001系

元祖「ズームカー」。現在は大井川鐵道にて運行されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428200041j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424114916j:image

 

京阪電気鉄道 8000系

f:id:nichinichisou0808:20190428202707j:image

 

■プレミアムシート

着席保証のある座席となります。個人的には料金が同等設定である関東の着席保証がボッタクリに見えてきます。

f:id:nichinichisou0808:20190424115621j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424115610j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428202852j:image

 

■普通車

料金不要でもこの座席です。(ダブルデッカー2回席)

f:id:nichinichisou0808:20190428202733j:image

 

車端部座席となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428202738j:image

 

西武鉄道 40000系

f:id:nichinichisou0808:20190428204759j:image

 

■Sトレイン運行時

着席保証、電源使用可能、速達運行時には「Sトレイン」として料金が徴収されます。快適ではありますが、東海や近畿の通勤車と比較するのはやめましょう。

f:id:nichinichisou0808:20190424115617j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424115613j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428204840j:image

 

■通勤運行時

料金不要時にはロングシート、電源使用不可となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428204831j:image

 

■優先席

優先席は運行形態に関係なくロングシートです。

f:id:nichinichisou0808:20190428204836j:image

 

会津鉄道 AT-350,AT-400系

「お座トロ展望車」として2両1組で運行中です。指定席ではありませんが、料金が必要となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428200113j:image

 

展望車両側。

f:id:nichinichisou0808:20190424115916j:image

 

お座敷車両側。

f:id:nichinichisou0808:20190424115921j:image

 

伊豆急行 2100系

現在は仕様変更して運行中となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428200149j:image

 

料金不要でこの座席と眺望、素晴らしいです。

f:id:nichinichisou0808:20190424141357j:image

 

西武鉄道 20000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200246j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120446j:image

 

西武鉄道 6000系

f:id:nichinichisou0808:20190428204726j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428204730j:image

 

東武鉄道 10030系

f:id:nichinichisou0808:20190507204434j:image

 

大幅リニューアルした車内です。

f:id:nichinichisou0808:20190507204429j:image

 

東武鉄道 8000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200344j:image

 

大幅リニューアルした車内です。

f:id:nichinichisou0808:20190424120528j:image

 

京阪電気鉄道 13000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200453j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120458j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428202822j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428202827j:image

 

鹿島臨海鉄道 8000形

新型車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428200546j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120443j:image

 

鹿島臨海鉄道 6000形

f:id:nichinichisou0808:20190428200617j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120516j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425005508j:image

 

名古屋臨海高速鉄道 1000形

あおなみ線にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200644j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120449j:image

 

JR東海 313系

東海道本線他にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200710j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120539j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424143331j:image

 

JR東海 311系

東海道本線にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200735j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120455j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424143414j:image

 

JR東海 313系3000番台

東海道本線他にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200801j:image

 

313系列ですが転換クロスシートではなく、セミクロスシートです。

f:id:nichinichisou0808:20170826054220j:plain

 

JR東海 キハ75系

高山本線などにて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200825j:image

f:id:nichinichisou0808:20170826143552p:plain

 

樽見鉄道 ハイモ330-700形

f:id:nichinichisou0808:20190428200932j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120440j:image

 

養老鉄道 600系

f:id:nichinichisou0808:20190428201006j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120525j:image

 

ワンマン向け運賃収受箱設置済みです。

f:id:nichinichisou0808:20190428202931j:image

 

東京メトロ 13000系

日比谷線向けの最新車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428205307j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428201111j:image

 

ドア上は液晶3枚。

f:id:nichinichisou0808:20190428194932j:image

 

営団地下鉄 3000系

旧日比谷線、現在は長野電鉄で運行中です。
f:id:nichinichisou0808:20190428203010j:image

 

個人的には懐かしすぎる車内。

f:id:nichinichisou0808:20190424120535j:image

 

JR東日本 E231系

常磐線普通列車などで運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190429090955j:image

 

■ダブルデッカー グリーン車

料金が必要となります。

f:id:nichinichisou0808:20190429090948j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090937j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090943j:image

 

JR西日本 221系

京阪神地区にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201143j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424141454j:image

 

JR西日本 223系

京阪神地区にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201215j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424141451j:image 

 

JR西日本 227系

広島地区にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201246j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424141448j:image

 

国鉄 455系

東北本線などで運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428201428j:image

 

ボックス席の普通車となります。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424120542j:image

 

JR東海/西日本 117系

f:id:nichinichisou0808:20190428201355j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429093207j:image

 

転換クロスシートとなります。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424141515j:image

 

JR東日本/西日本 115系

ザ・国鉄近郊列車です。近年では一気に淘汰が進みました。

f:id:nichinichisou0808:20190429094627j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429094637j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429094630j:image

 

車内リニューアル済み車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190429094634j:image

 

国鉄 101系

説明不要の国鉄初の高性能通勤列車です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201331j:image

 

ロングシートですが、近頃の車両の様に着席ガイドやスタンションポールなどはありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424120513j:image

 

JR東海/東日本/西日本 キハ40,キハ48

JR東海管内では既に廃車となりました。

f:id:nichinichisou0808:20190428201544j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429093011j:image

 

国鉄的車内。

f:id:nichinichisou0808:20190424120452j:image

 

紀州鉄道 キハ600形

既に廃車されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428201707j:image

 

シートクッションも弾力を失いペコペコでした。

f:id:nichinichisou0808:20190424120545j:image

 

高速バスの車内

実は今回は高速バスの記事を書く予定でした。そして写真を集めて情報収集をすると、私的に薄い記事が予想されたため没にしました。

しかし発掘した資料が勿体ないので、併せて公開をいたします。

ご注意

バス車両は全ての便で同じではありません

今回は全て「昼行便」での紹介となります

運行車両や車内の装備は取材時期のものです

車内電源は「USB」または「AC」となります

今回紹介の路線は事前に乗車券を購入します

JRバス関東「新東名Sライナー」①

東京と名古屋間で運行中の高速バスです。

途中にバス停が一切なく、新東名高速を走行するため、後述の「(東名)スーパーライナー」よりも所要時間が1時間程短縮されます。

こちらの2階建バスは総称として「ダブルデッカー」と呼びます。

車両は三菱の「エアロキング」ですが、国内での2階建バス製造は2010年で中止となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190424125038j:image

 

2階部分。昼便としては貴重な3列シート運行車両です。

各座席には電源が、一部以外の各座席にはフットレストが装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424125050j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424133654j:image

 

2階先頭席は眺望は最高ですが、昼便では日差しとの戦いとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134012j:image

 

1階席は天井が低い気がします。また、トイレは1階に設置されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424125105j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424133605j:image

 

JRバス関東「新東名Sライナー」②

東京と名古屋間で運行中の高速バスです。

こちらの車両は2019年に新投入された、新型のダブルデッカー車「アストロメガ」となり、開発は海外、スウェーデンSCANIA社とベルギーVanHool社です。

バス通に言わせると「海外のバスメーカーで唯一国内の保安基準を満たした」いい走りのバスだそうです。

f:id:nichinichisou0808:20190424190333j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424190341j:image

 

車内は全4列シート、トイレは1階に設置してあります。

・・・私は4列シートが超嫌いです。

さらに電源は2座席に1口という低コストを発揮しています。(事実相違がごさいましたらご指摘ください)

f:id:nichinichisou0808:20190424190337j:image

 

JRバステック (東名)スーパーライナー

バステックはJRバス関東の完全子会社です。

東京と名古屋間を全行程東名高速にて運行します。

こちらの車両は三菱ふそうの「エアロエース」、ハイデッカーとなります。

車内は全幅広4列シート、トイレは設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125111j:image

 

各座席に電源があります。

f:id:nichinichisou0808:20190424142047j:image

 

JR東海バス 新東名Sライナー

東京・名古屋間はJRバス関東との共同運行となります。

車両は三菱ふそうのダブルデッカー「エアロキング」となり、外見はJRバス関東の車両と似ていますが、車内装備は全く異なります。

各座席に電源があり、トイレは1階部分に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125042j:image

 

2階部分。昼便としては貴重な3列シート運行車両です。こちらは普通席となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125046j:image

 

普通席周辺。一部以外の各座席にはフットレストが装備されており、上着掛けに使えるハンガーも用意されています。

個人的にはJRバス関東の同車両よりも、こちらの方が上質にまとめた感を受けます。

f:id:nichinichisou0808:20190424133806j:image

 

そして便により設定されており、アッパーシート扱いである「ビジネスシート」が2階前部に6席あります。

座席自体が普通席よりも大型なうえに、前後のスペースも広いです。わずか500円追加をすれば快適な移動が約束されます。

f:id:nichinichisou0808:20190424125034j:image

 

ビジネスシート周辺。普通席との差は歴然です。オットマン装備ですが、足の短い私には前座席まで届きませんでした。

そして2列シート側の席間には衝立が、通路側にはカーテンが設置されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424125031j:image

 

JRバス関東「新東名Sライナー」③

東京と名古屋間で運行中の高速バスです。

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全幅広4列シート、トイレは設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125102j:image

 

4列シートですが、個人的には幅広シート(楽座シート)採用による質の向上、十分な足元スペースなど頑張っていると感じました。

各座席に電源があり、最後尾にトイレも設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125055j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424125114j:image

 

JRバス関東 「上州ゆめぐり号」

新宿と草津温泉(基本は伊香保温泉経由)を運行しています。

「高速バス」ではありますが、渋川I.C.以降は全て一般道を走行するため、高速道路走行時間の割合が低い路線です。 

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全座席幅広4列シートに各座席電源付き、トイレは後方に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134350j:image

 

草津温泉キャラ「ゆもみちゃん」のプリントもあります。一時期ファンでした。

f:id:nichinichisou0808:20190424134359j:image

 

車内についてですが、以下写真の座席構成は現存しません。

以前は座席1,2番がアッパークラスシートである「Gシート」装備車両がありました。

Gシート運行便では500円の追加で「大型座席・3列シート・前後幅広い・肘置優雅使用」が手に入りました。

f:id:nichinichisou0808:20190424133901j:image

 

ヘッドレスト装備席が「Gシート」です。後方の標準4列シートと比較すると、座席のサイズから違います。

私は頻繁にGシート利用で草津温泉に行っていました。

しかし数年前にJRバス関東は「Gシートを廃止して全座席を幅広4列シートに置換」を公式に発表・装備変更しました。

f:id:nichinichisou0808:20190424143455j:image

 

こちらも現存しないであろう、全座席「標準4列シート」の車両です。現在は「幅広4列シート」に交換済みかと思います。

(現在の車内設備は前述の「新東名Sライナー」4列シート車両と同様と思われます)

f:id:nichinichisou0808:20190424134312j:image

 

JRバス関東 「那須・塩原号」

新宿と那須温泉を運行する路となり、後述する(旧)東野交通との共同運行となります。

こちらの車両は日野自動車のハイデッカー「セレガ」となります。

車内は全座席幅広4列シートに各座席電源付き、トイレは後方に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134344j:image

 

車内設備は前述の「新東名Sライナー」4列シート車両と同様です。

f:id:nichinichisou0808:20190424134338j:image

 

JRバス関東 「東海道昼特急号」

東京・大阪(京都経由)で運行しています。

新幹線よりもかなり価格が抑え込めますが、定時運行で全行程を8.5時間かけて運行します。

実際の乗車は相当以前となり、現在では座席などの装備が変更されている可能性もあります。

この車両は三菱ふそうのダブルデッカー「エアロキング」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134316j:image

 

全座席3列シートです。一部を除く各座席にはフットレストが装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424134333j:image

 

京王電鉄バス 「新宿-長野線」 (プライム車)

東京と長野間で運行中の高速バスとなり、後述アルピコ交通との共同運行となります。

「プライムシート仕様」車両は通常車両より豪華で快適装備となります。

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全1+2列シート、トイレは特別広い個室が設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134305j:image

 

プライム仕様車両の座席は、独立1席+2列の3列シートとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134309j:image

 

一部を除いた各座席には、フットレストが装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424134341j:image

 

登場時には「プライムシングル」として売り出された独立座席には電源とカーテンが追加装備されています。

2012年登場時にはシングル席追加料金が1,000円必要でしたが、後日500円に値下げされ、現在では追加料金なしとなりました。なんてこったい。

f:id:nichinichisou0808:20190424134330j:image

 

アルピコ交通「長野-新宿線」 (プライム車)

東京と長野間で運行中の高速バスとなり、前述京王バスと共同運行となります。

「プライムシート仕様」車両は通常車両よりも豪華で快適装備となります。

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全1+2列シート、トイレは特別広い個室が設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134302j:image

 

京王バスのプライム車両と同様の仕様・運行となります。

ただし、アルピコ車両は全座席に電源が装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424134320j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424134325j:image

 

岐阜バス 「高速岐阜八幡線」

岐阜と郡上八幡で運行をしており、今回の路線で唯一予約不要の路線となります。

郡上市周辺は鉄道が活発ではないため、安くて速い高速バスが有利です。

この車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428203036j:image

全座席標準4列シート、各座席に電源があります。トイレはありませんが、所要時間は2時間を切るため心配は不要と思います。

f:id:nichinichisou0808:20190424143231j:image

 

座席前後がやや狭く感じられます。

f:id:nichinichisou0808:20190424143235j:image

 

同じ区間を運用していたこの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロバス」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190425030924j:image

 

内装については記憶がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190425030921j:image

 

東野交通「那須・塩原号」

新宿と那須温泉を運行する路線となり、前述京王バスとの共同運行となります。

まず「東野(とうや)交通」は2018年に関東自動車株式会社と統合、名称消滅しました。(現在の運行車両及び装備は未確認となります)

こちらの車両は日野自動車のハイデッカー「セレガ」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424143241j:image

 

JRバスの幅広座席採用に対して標準4列シートではないかと思われ、電源なし、2列座席の間の肘置無しと記憶しています。トイレは後方に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424143228j:image

 

おまけ 一般道路線バス

割と行く先で適当に撮影しています。

f:id:nichinichisou0808:20190428203124j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428203120j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428203131j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429093243j:image

 

高速バスの「快適さ」追求

近頃では東京・大阪間などで、個室並みの空間を提供する高速バスも運行されています。

しかし価格は「ぷらこま」より高価・・・。

私は3列独立シートに電源が装備され、フリーWi-Fiと洗面所があれば十分に快適です。

f:id:nichinichisou0808:20190424134347j:image

サービスエリアにバス集合の図

 

個人的おすすめの列車シート

皆様はお気に入りの列車シートはありますか?

私的にはJR東海 N700系のグリーン車、JR東日本のE653の普通車となります。体へのフィット感が良く、長時間利用でも疲れにくいと感じています。

 

JR東日本の特急列車座席は近年ぐんと質が高まった様に感じる反面、在来線特急列車のグリーン車4列シートをみると、ヤル気のなさを感じてしまい落胆をしております。

 

最後に

バスの車内を本記事に追加をしたのは大失敗でした。完成までにがっつり記事3本分以上の時間を要しました。(泣き言ではなく感想)

しかし、本記事につきましては都度追記をする予定です。

 

そして、本記事を平成最後の新規投稿といたします。

 

今回は以上となります。

 

併せてご覧ください

ブログ内には他鉄道記事があります。

大垣のおすすめ呑み屋 (聲の形 聖地巡礼時)

今回は岐阜県大垣駅周辺のおすすめ飲食店(主に呑み屋さん)紹介記事となります。

新規投稿 2019/03/--・最終更新 2019/05/19

f:id:nichinichisou0808:20190213044121j:image

 

はじめに

本記事内の飲食店は全て「聲の形」聖地巡礼時に自分で発見をしたり、地元で縁のできた飲み友達さんから紹介していただいたお店となります。

また既に閉店されたお店も掲載をしましたが、私の大垣呑みの礎となりましたお店ばかりですので、敢えて紹介をさせていただきます。

※特記がない限り各店舗は大垣駅より徒歩10分以内を想定しております

 

すし半

おそらくは私が大垣で1番利用しているお店となります。

本業である寿司は勿論のこと、サイドメニューも充実しており飽きることはありません。更に店主は素材にとてもこだわる方なので、味でがっかりしたことは一度もありません。

f:id:nichinichisou0808:20190412173913j:image

 

シーズン中は天然鮎が水槽で泳いでいます。東京で食べれば1匹2,000近くまで値上がりしますが、大垣ならばリーズナブルに食べられます。

f:id:nichinichisou0808:20190416003237j:image

 

こちらが獰猛で生命力も強い鱧となります。

f:id:nichinichisou0808:20190213021751j:image

 

日本酒は「水門川」を毎回注文しています。なんだか「聲の形」の水門市っぽくて好きなのです。

f:id:nichinichisou0808:20190213014948j:image

 

私のお目当の1つである天然鮎は、6月頃より秋まで様々なサイズを楽しめます。

f:id:nichinichisou0808:20190416004104j:image

f:id:nichinichisou0808:20190209083440j:image

 

こちらは秋の落ち鮎で卵持ちです。

f:id:nichinichisou0808:20190415200251j:image

 

小鮎のフライです。

f:id:nichinichisou0808:20190412170304j:image

 

貝料理も勿論美味しいです。

f:id:nichinichisou0808:20190213171129j:image

f:id:nichinichisou0808:20190213015755j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415195427j:image

 

秋刀魚には脂が乗っています。

f:id:nichinichisou0808:20190415195431j:image

 

夏には様々な鱧料理も楽しめます。

f:id:nichinichisou0808:20190412171119j:image

f:id:nichinichisou0808:20190213032159j:image

 

鰤カマの塩焼き。

f:id:nichinichisou0808:20190213024553j:image

 

年明けに入荷した茨城直送のあん肝。
f:id:nichinichisou0808:20190213024549j:image

 

冬にはフグのひれ酒も良いものです。

f:id:nichinichisou0808:20190209083609j:image

 

こちらはてっさ(河豚の刺身)。

f:id:nichinichisou0808:20190213032250j:image

 

ふぐの白子焼き。

f:id:nichinichisou0808:20190417020027j:image

 

ゴージャスな松茸入り茶碗蒸し。私は大晦日にいただきました。
f:id:nichinichisou0808:20190209083559j:image

 

鰹のたたきは大蒜と茗荷などがあえてあります。
f:id:nichinichisou0808:20190209083604j:image

 

まる吸い。(すっぽんの吸い物)

f:id:nichinichisou0808:20190213015037j:image

 

ランチタイムには「プレミアムランチ」が1,000円で楽しめます。(酒は別注・アイスかコーヒーが付きます)

f:id:nichinichisou0808:20190412171744j:image

私は天然鮎のご縁から大垣で1番呑みに行くお店となりましたが、元気な大将と2枚目若旦那、テキパキとしたホールの娘さんの「元気あっさり接客」もお気に入りです。

 

大垣バール [閉店]

私が大垣で呑み友達を増やすきっかけをくれたお店です。

昼は15時頃には開店し、初代店長は調理学校師範の資格を持ち、更に某ホテルの料理長の経験からハイレベルな串カツやおでん、どて焼きを手軽に楽しむことができました。

初代店長とは今でもごく稀に、大垣で一緒に呑みに行きます。

f:id:nichinichisou0808:20190415200430j:image

 

生ビールも普通のドライではなく「樽生」で差別化を図っていました。

また、串揚げは本家大阪で修行をされたとのことで、色々と具材により衣量を調節されるなどのこだわりも感じました。

f:id:nichinichisou0808:20190213022841j:image

f:id:nichinichisou0808:20190213022837j:image

 

おでんは所謂「関東炊き」ですが、ネタの珍しさが目を引きつつも味付けや火の管理も細かく操作し、なかなかのものでしたが、日本酒は店長が興味薄なので、よく冷えたワンカップが数種類の取り扱いでした。

f:id:nichinichisou0808:20190213022800j:image

 

1日煮込んだ丸ごと玉葱、大根となります。

f:id:nichinichisou0808:20190412172635j:image

 

こちらは鮪とネギのネギまです。

f:id:nichinichisou0808:20190213012228j:image

 

注文が入ってから煮込み始める麩です。一皿一皿きちんと盛り付け、からしもつけてくれる細やかさに仕事への拘りが出ていると思います。

f:id:nichinichisou0808:20190412172700j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415200503j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415200514j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415200510j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416003320j:image

 

そして大阪顔負けのどて焼きもいい味でした。

f:id:nichinichisou0808:20190412172727j:image

こちらのお店は初代店長が辞めた後、新しいスタッフが試行錯誤されていたようですが、2018年に閉店をしました。

 

大衆酒場 盛升 [閉店]

大垣で大衆酒場と言えばこちらです。「吉田類の酒場放浪記」にも登場し、日々常連さんで賑わっている店を切り盛りしていたのは、ホール担当でトークの冴える奥さんと、中日ドラゴンズ大ファンで普段は調理場から出てこない旦那さんの2人でした。

f:id:nichinichisou0808:20190412172906j:image

 

開店直後の店内に滑り込んだ時の様子です。

f:id:nichinichisou0808:20190209081057j:image 

 

こちらのお店は「ビール大ジョッキ」を楽しむことができました。おそらく1リットルジョッキではないでしょうか。超迫力!
f:id:nichinichisou0808:20190209081049j:image

 

毎回違うお通しも楽しみの一つでした。

f:id:nichinichisou0808:20190213020222j:image

 

名方フランク。県外民には名宝フランクと
f:id:nichinichisou0808:20190209081101j:image

 

フグの唐揚げ。

f:id:nichinichisou0808:20190209081044j:image

 

ホタルイカ酢味噌和え。

f:id:nichinichisou0808:20190209082059j:image

 

大アサリ。
f:id:nichinichisou0808:20190209081053j:image

 

ウインナーバター焼き。

f:id:nichinichisou0808:20190412172133j:image

 

ワカサギのフライはサクサクです。こちらのお店は全てのおつまみが美味しいのですが、特に揚げ物はハイレベルでした。

f:id:nichinichisou0808:20190412172200j:image

 

どじょうの唐揚げ。箸が止まらない美味しさでした。

f:id:nichinichisou0808:20190412172226j:image

こちら盛枡さんは、2018年ご亭主逝去により閉店となりましたが、地元にもファンが多かっただけに残念でなりません。

 

寿司吉 駅前本店

先に紹介した「すし半」さんとは間一件挟んだ立地にある寿司屋さんです。地元の方もこの2店は気になるようで、よく話題に登ります。

こちらも素材の良さは勿論のこと、料理にも一手間加えたお料理が楽しめます。

お店は大旦那と息子さんたちが気さくに話しかけてくれる、親切接客もウリのようです。

f:id:nichinichisou0808:20190412174058j:image

 

まずはいきなりランチの紹介となりますが、こちらは「昼の特別セット」となり、昼から少し贅沢なコース料理が2,100円で楽しめます。(ビールまたは日本酒一本付き)

f:id:nichinichisou0808:20190416003353j:image

 

お造りの刺身はいつも新鮮で美味しいです。

f:id:nichinichisou0808:20190415202254j:image

 

三点盛。

f:id:nichinichisou0808:20190415202327j:image

 

焼物。

f:id:nichinichisou0808:20190415202345j:image

 

特製にぎり寿司

f:id:nichinichisou0808:20190415202403j:image

 

茶碗蒸し。ここまでが昼の特別セットとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190415202420j:image

 

大アサリも醤油焼き他の調理法で楽しめます。
f:id:nichinichisou0808:20190213024820j:image
f:id:nichinichisou0808:20190213024839j:image

 

こちらは調理前の鮎となります。
f:id:nichinichisou0808:20190213024836j:image

 

時期により天然鮎も入りますが、養殖鮎でも技巧を凝らした料理が提供されます。
f:id:nichinichisou0808:20190213024828j:image

 

こちらは鮎の肝につけておいた身を焼いたものです。

f:id:nichinichisou0808:20190415202437j:image

 

鱧の梅肉和え。

f:id:nichinichisou0808:20190415202454j:image

 

三重は的矢がきの牡蠣酢。

f:id:nichinichisou0808:20190415202513j:image

f:id:nichinichisou0808:20190209083705j:image

 

秘伝だれの穴子寿司。
f:id:nichinichisou0808:20190209083713j:image

 

卵焼きも自家製のようです。
f:id:nichinichisou0808:20190209083708j:image

 

日本酒は数種類の揃えがありますが、「美濃紅梅」をよく頂きます。

f:id:nichinichisou0808:20190415202532j:image

 

鯛と勘八の刺身。

f:id:nichinichisou0808:20190415202550j:image

 

鳥貝の刺身。

f:id:nichinichisou0808:20190415202638j:image

 

北海道は鵡川直送の本ししゃも。
f:id:nichinichisou0808:20190415202642j:image

 

こちらは東京からのお客も多いように見受けられ、寿司も江戸前となっています。

勿論味は毎回間違いありませんが、(個人的に)店員さんが気配りで話しかけてくれるのがありがたい時もあれば、静かに呑みたいので面倒臭い時もあります。

 

あまん

大垣の地元客の心を掴んで離さない「おふくろの味」おばんざい屋さんですが、店内はカウンター8席程度となっており、人気店のためすぐに満席となってしまいます。

こちらは店主である奥様と、娘さんの2人で切り盛りをされています。

f:id:nichinichisou0808:20190415210351j:image

 

こちらのお店は「酒類2杯」「お料理好きなだけ」で2,000円の明朗会計となっており、このように毎日沢山のお惣菜が並んでいます。

f:id:nichinichisou0808:20190415205643j:image

f:id:nichinichisou0808:20180608164852j:plain


 

入店と同時にお通し的なこちらが登場します。毎回違う料理が出てくるので、レパートリーの広さに驚きます。

f:id:nichinichisou0808:20190213032442j:image
f:id:nichinichisou0808:20190213032456j:image

 

あとは好みを聞いてくれたり、奥様から予告なしに料理が提供されます。
f:id:nichinichisou0808:20190213032504j:image

 

メニューがあるわけではないため料理名は失念しましたが、ご覧いただければ心安らぐ家庭料理であることがお分かりいただけると思います。
f:id:nichinichisou0808:20190213032507j:image
f:id:nichinichisou0808:20190213032500j:image

 

こちらの常連さんは列車に30分揺られて養老から来られる方もいらっしゃる程です。
f:id:nichinichisou0808:20190213032449j:image
f:id:nichinichisou0808:20190213032438j:image
f:id:nichinichisou0808:20190213032453j:image

f:id:nichinichisou0808:20190213032445j:image

 

まさに「おふくろの味」です。

f:id:nichinichisou0808:20190415205709j:image

 

前回はついにサンドイッチ登場です?

f:id:nichinichisou0808:20190514155954j:image

 

お酒は3杯目以降500円となります。

実はこのお店はあまり人に教えたくないんです。いつも明るい常連さんで満席になってしまうので、あまり有名になりすぎると私が入れなくなってしまいそうで・・・

 

橘屋

「聲の形」作中、硝子の告白シーンで登場する新大橋の背景でもお馴染みの、焼き鳥屋さんとなります。

「大垣バール」が閉店してしまった今、私の大垣ハシゴ呑みには欠かせないお店となっており、店内から新大橋を眺めながらの一杯は格別です。

f:id:nichinichisou0808:20190415220528j:image

 

コの字カウンターの店内。店主の先に新大橋があります。

f:id:nichinichisou0808:20190415220549j:image

f:id:nichinichisou0808:20190213034527j:image

 

生ビールは390円とリーズナブル。

f:id:nichinichisou0808:20190415220632j:image

 

少し小振りですが味は抜群の焼き鳥(つくね、ねぎま)。

f:id:nichinichisou0808:20190415220607j:image

 

レバー、とりなど。

f:id:nichinichisou0808:20190213034643j:image

 

味噌をつけた「ドテカツ」とレモンサワーはよくあいます。

f:id:nichinichisou0808:20190416003429j:image

 

こちらは毎回頼みます。きゅうりのぬか漬け。

f:id:nichinichisou0808:20180122122907j:plain

 

甘くて美味しい甘海老唐揚げ。

f:id:nichinichisou0808:20190415220750j:image

 

一見無口そうな店主ですが、常連さんと話していると色々と話してくれます。とにかく安く、美味しく、静かに呑めるのがいいお店です。

 

高屋町ワインバル MIROKU

こちらは大垣在住の方にご紹介して頂きました。敷地内に酒屋さんがあり、そちらから好きなお酒を持ち込んで楽しむことができます。

f:id:nichinichisou0808:20190415221658j:image

 

肉がかなり美味しいです。

f:id:nichinichisou0808:20190415221652j:image

お店も新しく、私もまだ1回の利用ですが、これから頻度が高くなりそうです。

 

や台ずし 駅前町 / 2号店

こちらはチェーン店となりますが、私は大垣に行くようになり始めて知ったお店でした。当時は予約をしなければ入れない程でしたが、現在は大垣駅前に2店舗となり、以前よりは気軽に使えるお店となりました。

f:id:nichinichisou0808:20190209082440j:image

 

開店から19時まではビールや一部日本酒、サワー類が半額となります。太っ腹!

お通しだけはぼちぼちですかね。

f:id:nichinichisou0808:20190417013003j:image

 

牡蠣酢、海鮮サラダなど。

f:id:nichinichisou0808:20190417012903j:image

 

刺身も悪くありません。

f:id:nichinichisou0808:20190416003536j:image

 

日本酒「辛丹羽」も半額対象。

f:id:nichinichisou0808:20190213040558j:image

 

本マグロの刺身はなかなか美味です。

f:id:nichinichisou0808:20190213040554j:image

 

養殖鮎ですが、焼き方はチェーン店でも侮れません。

f:id:nichinichisou0808:20190213040543j:image

 

たこさんウインナー。

f:id:nichinichisou0808:20190213040546j:image

 

これは烏賊の肝ルイベです。

f:id:nichinichisou0808:20190416003601j:image

 

私はよく巻物3色で〆ます。

f:id:nichinichisou0808:20190416003626j:image

 

私が見たところ大垣の方々にも人気は上々の様で、私も始めて利用した時には個人店かと勘違いをする程でした。安く程々美味しい魚介類を食べたい時におすすめです。

 

盛田屋

こちらは大垣でも人気のうどん屋さんですが、昼からおつまみで一杯やることも可能となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190415204957j:image

 

一番乗りで入店したので空いているように見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190415205019j:image

 

まずは麒麟ラガービールと板わさ、お新香でスタートします。

f:id:nichinichisou0808:20190415205416j:image

 

名物の焼き豚。

f:id:nichinichisou0808:20190415205438j:image

 

またまた名物の手羽先。

f:id:nichinichisou0808:20190415205511j:image

 

私のよく食べる「おかめ定食」は毎回おかずが少しずつ違います。

f:id:nichinichisou0808:20190415205545j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415205553j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415205550j:image

 

カレーうどん定食。

f:id:nichinichisou0808:20190415205105j:image

 

冷やし中華もやっています。

f:id:nichinichisou0808:20190415205615j:image

 

夜に来店したことはないのですが、昼からゆったりと呑むことができ、仕上げに美味しいうどんを食べてからのほろ酔い聖地巡礼は最高です。

 

鉄板創作串料理 恵比寿さん

こちらは大垣の呑み知り合いであるヤングHさんに連れてきていただいたお店です。

どうやら飛騨牛すじのどて煮と、〆の鉄板やきそばが大好評とのことなので、次回チャレンジ予定です。

f:id:nichinichisou0808:20190213102533j:plain

 

店内は全席カウンターとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20180515170935j:plain

 

赤鶏レバー刺がすごく甘くて美味しいのです。これは鮮度抜群ですね。

f:id:nichinichisou0808:20190415210912j:image

 

エリンギ串焼き。

f:id:nichinichisou0808:20190209085636j:image

 

帆立蟹味噌焼きは濃厚な味が癖になります。

f:id:nichinichisou0808:20190415210427j:image

 

アスパラ豚巻は外がカリカリ中はジューシーです。

f:id:nichinichisou0808:20190415210444j:image

 

うずらベーコンと・・・失念しました。

f:id:nichinichisou0808:20190415210509j:image

f:id:nichinichisou0808:20190213165523j:image

 

こちらのお店には2回も呑みに行っているのに、いつも2軒目となってしまいイマイチ堪能できておりません。いつかはいろいろと食べ尽くしたいです。

 

お好み焼き 不二家

こちらは大垣在住の師匠から行くように勧められたお店です。

かなり流行っているようで、家族づれから学生まで幅広い客層が利用しているようです。

f:id:nichinichisou0808:20190416003801j:image

 

店内は2階席もあります。

f:id:nichinichisou0808:20190416003742j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416003747j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416003752j:image

 

焼くのに自信がないのならば、お店の方が焼いてくれるので安心です。

f:id:nichinichisou0808:20190416003757j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416003805j:image

これまでに数回利用をしましたが、大垣駅付近でお好み焼きならば、こちらで間違いないです。

 

日本海庄や アピオ大垣店 [閉店]

大垣駅ビルアピオの3階に入っていたチェーン店呑み屋となります。

友人との待ち合わせや、関西に帰る友人が終電ギリギリまで呑む時にお世話になっていましたが、大垣の方にも人気店のようでした。

 

安く魚介類がいただけるのは良いと思います。

f:id:nichinichisou0808:20190416043726j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416043719j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416043723j:image

 

大垣駅ビルのアピオが改装工事に入り、日本海庄やは閉店となりました。残念ながら新駅ビルでの営業は無いようです。

 

世界の山ちゃんアスティ大垣店

ついに大垣にも名古屋の魔の手が(笑)

流石に有名すぎて新宿にも店舗がありますが、安心して呑める店な反面、面白みは無いかもしれません?

f:id:nichinichisou0808:20190514160458j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514160452j:image

 

味噌かつ?

f:id:nichinichisou0808:20190514160455j:image

 

鶏皮。

f:id:nichinichisou0808:20190514160502j:image

 

酒食家 木の間

大垣の師匠に紹介していただきました。場所は大垣城の裏すぐとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190415201018j:image

 

店内はカウンターのみと思われます。

f:id:nichinichisou0808:20190415201034j:image

 

いつもお通しは気が利いています。

f:id:nichinichisou0808:20190415201014j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415201026j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415201030j:image

 

超おすすめの手作りピザです。

f:id:nichinichisou0808:20190415201022j:image 

 

こちらのお店は毎回超客層が濃いので、私一人での再訪はないかもしれませんが、師匠に会う時には利用します。

 

鉄板 楽蔵

大垣バールの元店長に紹介していただきました。鉄板焼きが楽しめるお店です。

f:id:nichinichisou0808:20190415205850j:image

 

生ビールは1リットル的な大ジョッキです。

f:id:nichinichisou0808:20190415205854j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415205902j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415205857j:image

 

私はまだ1回の利用の上、お店の看板料理「鉄板焼き」を食べていません。店員さんに再訪の約束をしたので、近々行きたいと思います。

 

居酒屋 和伊酒 DEERA

大垣バールの元店長に紹介していただきました。和食とイタリアンが楽しめるお店です。

f:id:nichinichisou0808:20190415200649j:image

 

店内はカウンターと座敷があります。

f:id:nichinichisou0808:20190415200703j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415200717j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514155605j:image

「池田サラダ」です。

f:id:nichinichisou0808:20190415200707j:image

 

「池田ピザ」です。なぜか池田シリーズが多いのです?

f:id:nichinichisou0808:20190415200656j:image

 

カナッペ。

f:id:nichinichisou0808:20190415200712j:image

 

牛肉(失念しました)

f:id:nichinichisou0808:20190514155746j:image

2階利用して確信しました。「ここは超美味しい」です。

 

味処 東京庵

大垣のメインストリートで営業している歴史あるお店です。

f:id:nichinichisou0808:20190416003657j:image

 

そばやラーメン、丼ものもありますが、私はうどんをいただきました。なかなか美味しい!

f:id:nichinichisou0808:20190416003701j:image

私はまだ1回の利用ですが、これから機会を見て再訪したいと思います。

 

ABRI

アクアウォーク内のお寿司屋さんとなります。

昼から堂々とお酒が呑めます。

f:id:nichinichisou0808:20190416043445j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416043500j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416043504j:image

 

刺身もなかなか美味しいと思います。

f:id:nichinichisou0808:20190416043457j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416043453j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416043449j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416043508j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416043511j:image

大垣駅の北口近辺では貴重なお寿司屋さんではないでしょうか。

私はまだ1回の利用ですが、寿司屋さんはつい南口に行ってしまいます。

 

駅前さらしな

大垣駅前にあるうどん・そばのお店となります。

f:id:nichinichisou0808:20190213043743j:image

 

年越しそばで食べた飛騨牛そば。

f:id:nichinichisou0808:20190213043749j:image

私はまだ1回の利用ですが、これから機会を見て再訪したいと思います。

 

岐阜タンメン 大垣店

まず、大垣駅から徒歩では1時間近く掛かりますので、岐阜羽島方面バスがおススメです。

行列か出来る店と聞きました。

f:id:nichinichisou0808:20190514161107j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514161103j:image

 

ハッキリ言って超美味い!関東にもお店をださてください。

f:id:nichinichisou0808:20190514161059j:image

 

不明店

良かったお店ですが、ヘベレケで忘れてしまいました。本当にまじで、大垣の人って皆さま酒強すぎです。

 

サントリーウイスキーのラインナップに感激をしました。

f:id:nichinichisou0808:20190415220920j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415220916j:image

 

忘れてしまいました② 美味しかったです。

f:id:nichinichisou0808:20190415221754j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415221800j:image

 

ロッテリア 大垣アピオ店 [閉店]

まさか〜、なんでロッテリアやねん。かもしれませんが、我が家の近所にロッテリアもマクドナルドもないため、呑んだ後や大垣からの朝出勤前についつい食べたくなるんです。

f:id:nichinichisou0808:20190213081947j:image

 

ホテルに持ち帰りでもたべましたが、このポテトは塩辛いですね。
f:id:nichinichisou0808:20190213081943j:image
f:id:nichinichisou0808:20190213081939j:image

 

私はロッテリアのテリヤキバーガーが超好物で、マクドナルドやモスバーガーでは満足できません。
f:id:nichinichisou0808:20190213081952j:image

 

大垣駅ビルのアピオが改装工事に入り、ロッテリアは閉店となりました。残念ながら新駅ビルでの営業は無いようです。

 

やきにく藤太

こちらのお店は養老町の焼肉街道にあります。駅からはとても離れていますので、大垣からのアクセスとしては車が無難だと思います。

大垣の師匠も「養老で1番は藤太ちゃうかな〜」とおすすめをしてくださいましたが、開店と同時に満席となる可能性もある超人気店です。

f:id:nichinichisou0808:20190417011538j:image

 

車で来たのでノンアルコールビール。。。寂しい。

f:id:nichinichisou0808:20190417010207j:image

 

馬肉の焼肉もあります。

f:id:nichinichisou0808:20190417010135j:image

 

馬刺しも赤身からたてがみまで様々。

f:id:nichinichisou0808:20190213120823j:image

 

こちらの牛肉は勿論飛騨牛です。

f:id:nichinichisou0808:20190417010426j:image

f:id:nichinichisou0808:20190417010422j:image

f:id:nichinichisou0808:20190417010429j:image

 

最後はオンザライスで混合焼肉丼です。

f:id:nichinichisou0808:20190213120930j:image

 

なかなか美味しいお店ですが、クルマが無いとたどり着けないのが痛い所です。

 

養老公園 清水

こちらは養老の瀧そばにあるレストランとなり、徒歩でのみ到達することができます。

f:id:nichinichisou0808:20190213080820j:image

 

養老の瀧まで歩いた後は「滝ビール」がうまい。
f:id:nichinichisou0808:20190213080828j:image

 

名物の豆腐田楽。
f:id:nichinichisou0808:20190213080816j:image

 

そして鮎の塩焼き。疲れも吹っ飛びます。
f:id:nichinichisou0808:20190213080824j:image

 

私はまだ1回の利用ですが、これから養老の滝を見に行くたびに再訪したいと思います。

 

餅惣

こちらは和菓子屋さんとなり、私は水まんじゅうのみいただきました。

f:id:nichinichisou0808:20190416003928j:image

 

おいおーい、なんじゃこのネーミングはw

f:id:nichinichisou0808:20190213074432j:image

 

手前の水まんじゅうは「半分、青い」です。やりますね。

f:id:nichinichisou0808:20190415221924j:image

 

つちや 駅前店

駅前すぐにあるこちらのお店は新しい建物の和菓子屋さんですが、俵町には歴史ある本店が構えています。

 

個人的にはこちらのお店が好きです。

f:id:nichinichisou0808:20190416004129j:image

 

参考までに本店です。

f:id:nichinichisou0808:20190213095248j:plain

 

金蝶園総本家 大垣駅前本店

大垣には和菓子の金蝶園が多くてよくわかりませんが、見た感じ1番混雑をしている様に見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190416003908j:image

 

店頭販売の水まんじゅう。

f:id:nichinichisou0808:20190416003959j:image

 

店頭でいただく水まんじゅう。

f:id:nichinichisou0808:20190416004025j:image

 

店内でいただく水まんじゅうは氷入り。

f:id:nichinichisou0808:20190213043559j:image

 

冬にはぜんざいを頂きました。
f:id:nichinichisou0808:20190213043603j:image

 

最後に

実はまだまだご紹介したいお店があるのですが、写真を撮らなかったお店が結構ありまして今回は見送りました。いつか機会があれば本記事に更新掲載をさせていただきます。

 

併せてご覧ください 

岐阜県の話題満載です。

岐阜県大垣市の宿泊施設まとめ

今回は岐阜県大垣市の宿泊施設紹介の記事となります。(岐阜市・高山市も一部含みます)

新規投稿 2019/04/11・最終更新 2019/04/22

Point

・大垣駅より徒歩圏内にある施設を紹介します

・施設は5,000円前後/シングル1泊を想定しています

・特記以外は部屋内にバス・シャワートイレ完備です

・「宿泊回数」とは私の概算宿泊回数となります

・各施設の感想(総評)は私の主観となります

f:id:nichinichisou0808:20190412103041j:image


f:id:nichinichisou0808:20190422203353j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422203350j:image

はじめに

私は映画「聲の形」聖地巡礼のため大垣入りをすることが多いのですが、東京〜大垣は新幹線利用ならば日帰りも可能です。

しかし折角聖地大垣に来たのならば、宿泊をして1秒でも長く大垣に滞在をするのが私のスタイルです。

そこで今回は、2年半近くの聖地巡礼により宿泊をしたホテルをご紹介いたします。

「聲の形 」聖地巡礼や大垣出張の際には是非ご活用ください(笑)

 

コンフォートイン大垣

立地:大垣駅北口徒歩3分

朝食:あり (無料)

最寄りコンビニ:大垣駅北口すぐのローソン

宿泊回数:10回以上

館内自販機:あり

f:id:nichinichisou0808:20170504042858j:plain

 

客室やバスルームも清潔なので、気分良く過ごせます。

f:id:nichinichisou0808:20170504042935j:plain

 

窓からの眺望例です。左側に大垣駅、右の巨大施設はアクアウォーク大垣となります。

f:id:nichinichisou0808:20190422160754j:image

 

無料朝食について、こちらのホテルは少し前に「ベストイン大垣」からリブランドした際、内容がさらに簡素化されたように感じられました。実はこの朝食が不満で私は足が遠のきました。

上はリブランド以前、下は現在の朝食

f:id:nichinichisou0808:20170504033858j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190412084841j:image

 

総評

時期により4,000円近くで宿泊することも可能となります。

以前は部屋がオートロックでなく、ビールを呑んで寛いでいたら酔っ払いオヤジが部屋に入ろうと間違えていましたが、現在は自動鍵です。

・・・大垣駅からも近く、ホテルから徒歩圏内に大型ショッピングセンターもあり何かと便利でかなりおすすめのホテルです。

 

クインテッサ大垣

立地:大垣駅南口徒歩5分

朝食:あり (有料)

最寄りコンビニ:大垣駅南口すぐのファミリーマート

宿泊回数:4回

館内自販機:あり

f:id:nichinichisou0808:20180226114422j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180105162851j:plain

 

一般的なビジネスホテルよりも広い室内は、手入れも行き届いています。

f:id:nichinichisou0808:20180105162912j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190422160437j:image

 

窓からの眺望例。さらに右側にはJR大垣駅の車庫が見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190422160514j:image

 

バスルームも広くなっています。足が伸ばせる!

f:id:nichinichisou0808:20180226114504j:plain

 

食堂です。

f:id:nichinichisou0808:20180105165654j:plain


朝食については、大垣駅周辺のホテルで群を抜いて質が高いのではないでしょうか。

上は平時朝食、下は正月の朝食

f:id:nichinichisou0808:20170805113733j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180105165712j:plain

 

総評

「ロワジールホテル」からリブランドしましたが、質の高さは健在かと思います。

宿泊料金は時期により変動し、最安値で4,000円となり、平均では6,000円前後ではないでしょうか。

大垣駅からも近く、私は大垣のホテルで1番のおすすめとなります。

 

スーパーホテル大垣駅前

立地:大垣駅南口徒歩5分

朝食:あり (無料)

最寄りコンビニ:大垣駅南口すぐのファミリーマート

宿泊回数:3回

f:id:nichinichisou0808:20170805114328j:plain

 

平均的なビジネスホテルではないでしょうか。清潔感もあり快適に過ごせます。

f:id:nichinichisou0808:20170805114503j:plain

 

窓からの眺望例。これは夕陽となり、右側はクインテッサとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190422160632j:image

 

朝食は健康志向のメニューとなり、過不足なく美味しくいただけます。

f:id:nichinichisou0808:20170805114557j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190422160545j:image

 

総評

宿泊料金は平均で5,000円前後ではないでしょうか。本当にたまたま私はあまり利用をしませんが、全くネガティブな感情はもっていません。いいホテルだと思います。

 

アパホテル 大垣駅前

立地:大垣駅南口徒歩1分

朝食:あり (有料)

最寄りコンビニ:大垣駅南口すぐのファミリーマート

宿泊回数:5回

館内自販機:あり

f:id:nichinichisou0808:20170514162208j:plain

 

ロビー。

f:id:nichinichisou0808:20190422160702j:image

 

廊下。
f:id:nichinichisou0808:20190422160658j:image

 

室内はやや狭く、夜中に隣部屋のイビキが聞こえてきます。またバスルームは不潔ではありませんが、水まわりが臭い気がします。

しかし、最上階には天然温泉がありますから、広く爽やかな温泉利用をオススメいたします。

f:id:nichinichisou0808:20170514162256j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170514162316j:plain

 

窓からの眺望例。駅に近いホテルの宿命なのでしょうか。部屋向きにより日夜大垣駅の走行音が賑やかです。

f:id:nichinichisou0808:20190422160724j:image

手前は養老鉄道大垣駅ホーム

逆に、線路の無い側の部屋は壁の薄さ以外気にならない快適環境です。

 

朝食は過不足なく美味しくいただけます。

f:id:nichinichisou0808:20170514162236j:plain

 

総評

大垣の一等地にあるからか、またはアパホテルの宿泊料金変動システムの弊害か、平日は4,000円台を割ることもありますが、土日祝日はぐんと料金が上がる印象があります。

個人的にはあまり選択肢に入らないホテルです。

 

オカサンホテル

立地:大垣駅南口徒歩15分

朝食:あり(有料)

最寄りコンビニ:セブンイレブンまで徒歩8分

宿泊回数:10回以上

館内自販機:あり

f:id:nichinichisou0808:20170503214556j:plain

 

廊下。

f:id:nichinichisou0808:20190422160840j:image

 

大垣ご当地ホテルとなります。恐らく時代ある建物ですが、リフォーム済みのため清潔感はあります。また、洋室と畳敷の和室があります。しかし注意書きが多いのです。・・・「例の」言語で。

f:id:nichinichisou0808:20190412085028j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422160817j:image

 

部屋によりユニットバスに差があり、以下は新しい設備と思われます。違うタイプを利用した時に湯を抜いたらフロアの下水から逆流してきました。

f:id:nichinichisou0808:20170503215057j:plain

 

以前の朝食は朝定食で毎回大変楽しみにしていました。ですが現在ではビュッフェ方式に変更となりました。

上は以前の定食、下は現在のビュッフェ

f:id:nichinichisou0808:20170503214918j:plain

f:id:nichinichisou0808:20171001090832j:plain

 

総評

価格は1年安定して4,000円前後となっています。私の宿泊時には毎回の様に「某外国人団体」宿泊客がいますが、夜中でも廊下で大声で話しやがります。前述の大垣駅からの距離とあわせると快適度は落ちるかもしれません。

私はすっかり慣れたので良く利用をしますが、大垣お初様や、睡眠の浅い方にはお勧めしません。

 

ホテルグッディ大垣

立地:大垣駅南口徒歩10分

朝食:あり (無料)

最寄りコンビニ:大垣駅南口すぐのファミリーマート

宿泊回数:2回

館内自販機:あり

f:id:nichinichisou0808:20171001085313j:plain

 

廊下。

f:id:nichinichisou0808:20190423123341j:image

 

大垣ご当地ホテルとなります。恐らく時代ある建物です、といいますか。リフォームをおススメしたい程度には経年劣化をしています。

f:id:nichinichisou0808:20171001085516j:plain

 

また基本は風呂・トイレは共同のため、追加料金でユニットバス付きの部屋を取りました。しかしトイレシャワーはありません。

f:id:nichinichisou0808:20171001085531j:plain

 

朝食はなかなか良いと思います。実は品数も多いのですが、私が二日酔いで食べられませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20171001085608j:plain

 

総評

バス・トイレ共同の上にかなり古びた設備ですが、宿泊価格は4,000円前後となります。同じ金額ならば私はオカサンホテルに泊まります。

大垣駅からあまり遠くなく、さらに安い宿としては候補にあがるかもしれません。

 

きみ松旅館

立地:大垣駅南口徒歩15分

朝食:あり (有料)

最寄りコンビニ:セブンイレブンまで徒歩5分

宿泊回数:1回

館内自販機:なし

f:id:nichinichisou0808:20171001085936j:plain

 

部屋にはお菓子屋飲み物のサービスもあります。そして風呂トイレは共同となります。

f:id:nichinichisou0808:20171001090406j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190422182317j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422160900j:image

 

総評

大垣共立銀行本店そばにある旅館となり、3,000円台で宿泊可能です。

私は映画「男はつらいよ」が大好きで、この様な雰囲気ある旅館が大好きです。快適設備さよりも雰囲気で選ぶ旅館かもしれません。

 

岐阜グランドホテル (岐阜市)

立地:JR/名鉄岐阜駅より無料シャトルバス

朝食:あり (有料)

最寄りコンビニ:不明

宿泊回数:1回

館内自販機:あり

f:id:nichinichisou0808:20190412094645j:plain

 

廊下。

f:id:nichinichisou0808:20190422182252j:image

 

岐阜県唯一の皇室御用達ホテルとのことです。VIP部屋でなくとも大満足です。

f:id:nichinichisou0808:20190412084155j:image

 

食事会場。ひ、広い。

f:id:nichinichisou0808:20190412084150j:image

 

盛り付けセンスの無さに我ながら驚きます。

f:id:nichinichisou0808:20190412084146j:image

 

総評

「ぎふ長良川鵜飼」観覧の際に宿泊をしました。皇室御用達といわれておりますが、朝食付き1泊は7,500円程度ですから安心しておススメできます。岐阜駅から距離はありますが、無料シャトルバスも運行中です。

 

ウィークリー翔 岐阜南店 (岐阜市)

立地:JR岐阜駅南口徒歩15分

朝食:なし

最寄りコンビニ:不明

宿泊回数:1回

館内自販機:敷地内にあり

f:id:nichinichisou0808:20180513165834j:plain

風呂(温泉)・トイレ(各階に複数個室)は共同ですが非常に清潔感があります。女性向けに専用シャワールームもあります。

 

初回宿泊時には受付で身分証提示が必要となります。

f:id:nichinichisou0808:20180513165900j:plain

 

廊下。

f:id:nichinichisou0808:20190422160921j:image

 

以下部屋にはTVなし、冷蔵庫なし、電源1個あり、新型エアコン装備の最安部屋となります。

f:id:nichinichisou0808:20180513170010j:plain

 

総評

最安値は1泊1,500程です。・・・間違えても昔のドヤを想像なさらないようご注意ください。私は大垣に行っても夜は常にベロベロで、あとは寝るのみですから試しに宿泊をしました。

なかなかいいですよ。

 

その他岐阜駅前オススメ宿泊施設など

岐阜駅前ですと「ホテルリソル岐阜」や「サンホテル岐阜」が駅にも近く個人的オススメとなります。

 

ホテルリソル岐阜窓からの眺望例。

f:id:nichinichisou0808:20190422161149j:image

 

 

スパホテルアルピナ飛騨高山 (高山市)

立地:高山駅東口徒歩3分

朝食:あり(有料)

最寄りコンビニ:不明

宿泊回数:5回

f:id:nichinichisou0808:20190412175604j:image

 

扉奥中はロビーとカウンター。

f:id:nichinichisou0808:20190412132642j:image

 

廊下。

f:id:nichinichisou0808:20190422160937j:image

 

高山駅前にして最上階露天風呂(温泉)もあり、お部屋もなかなかデラックスなホテルです。今回写真はありませんが、朝食もかなり美味しいですよ。

f:id:nichinichisou0808:20190412132635j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422160958j:image

 

窓からの眺望例。

f:id:nichinichisou0808:20190422161119j:image

 

総評

宿泊料金は時期などでかなり差があります。5,000円台の時もあれば10,000円超えも茶飯事です。特に高山祭り時には要注意です。

外国人ソロまたは家族旅行客(静かな方達)にも人気のホテルです。

 

その他高山駅前オススメ宿泊施設など

高山駅前ですと「スーパーホテル 飛騨・高山」や「飛騨高山ワシントンホテルプラザ」が個人的オススメとなります。

 

ワシントンホテルプラザの朝食。

f:id:nichinichisou0808:20190422161212j:image

 

余談ですが

大垣の方と話をしていると「あの宿は食中毒出した過去があるで」な情報から「あの宿は幽霊が出るからやめた方がいい」などの噂話までもが聞けて面白いです。

 

最後に

大垣市内にはあの「黒川紀章氏」の設計事務所が関わった「大垣フォーラムホテル」があるのですが、私は宿泊をしたことがありません。

・大垣駅から距離がある (路線バスはある)

・ホテル近所は揖斐川と住宅地

・ということは呑み屋があまりない

・・・これが躊躇してしまう理由ですが、大垣花火大会時には断然有利な場所ですから、夏に狙います。

 

今回は岐阜市や高山市のホテルを少々掲載しましたが、実際現地では他ホテル数軒にも宿泊経験がおります。

 

今回は以上となります。

 

是非併せてご覧下さい

大垣市と岐阜市の記事はいかがですか。

大垣市役所新庁舎と「聲の形」聖地巡礼

本日は大垣市役所 新庁舎建設の記事となります。

はじめに

大垣市役所の現本庁舎は昭和39年建設のために現在は老朽化が進行し、維持費増加も懸念されている様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418120428j:plain

 

そして平成29年に新庁舎の建設を開始し、平成31年(令和元年)内に完成の予定です。

大垣大好きな私は、この大垣市役所新庁舎工事を見守ろうと固く心に決め、本記事を書き始めました。(ホントは他に理由がありますが後程)

 

大垣市役所新庁舎イメージと配置

まずは新庁舎を南東から眺めたイメージです。左側の駐車場予定地は現本庁舎が使用中となります。

f:id:nichinichisou0808:20190418011558j:image

 

新庁舎を南西から俯瞰のイメージです。手前駐車場予定地は、まるまる現本庁舎が使用中です。

f:id:nichinichisou0808:20190418011629j:image

 

配置図を見ると「第1来庁者駐車場」全域と「新庁舎」の南側1/5程の土地に現本庁舎が含まれています。

f:id:nichinichisou0808:20190418011632j:image

そのため現本庁舎の北側を部分解体し、土地が空いてから新庁舎建設に移行するようです。

 

新庁舎工事関係業者・団体。さすがお役所。しっかりされている。

f:id:nichinichisou0808:20190514150438j:image

 

全体工程

①水門川沿いでは新立体駐車場が稼働中

②現本庁舎北側を部分解体して土地を開ける

③部分解体後に新庁舎の建設が始まる

④新庁舎完成後に「現本庁舎解体」「第1来庁者駐車場整備」「公園整備」となる

全体工程としては平成29年4月より令和3年末(平成33年末)迄となっています。新庁舎部分については令和元年末頃より共用開始予定とのことです。

※以上の画像と予定は大垣市役所HPにて公開されています

 

大垣市役所を記事とした理由

私は学生の頃に工事現場にて「ザ・ガードマン」でしたが、現代建築や重機についての知識は全くありませんし、残念ながら興味もありません。

・・・実は「大垣市役所」の現本庁舎位置には、映画「聲の形」内で西宮さん一家がお住まいにならるマンションが存在しています。

また先程の配置図にある「西外側橋」では将也が硝子の母親からきっついビンタを喰らっています。

更には将也が西宮家のベランダから下の水門川に命懸けのダイヴをしたのです。

f:id:nichinichisou0808:20190418122733j:image

個人的に大垣市役所付近は一級品の聖地なのです。

 

現実とアニメの「大垣」比較

この項では「現実の大垣」と「聲の形の大垣」を実際に比較してみます。

以下。夜の景色が「聲の形」、昼の景色が「現実」となります。

※今回は比較目的のみに「聲の形」本編画像を使用します

 

①左手の集合住宅に西宮家があります。部屋番号おせーてください。

f:id:nichinichisou0808:20190418013357j:image

現実では左手に現本庁舎があります。橋と右手川沿いの歩道、奥の建物(福祉会館)が一致をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190418015359j:image

 

②将也の立っているのは橋の上です。

f:id:nichinichisou0808:20190418013353j:image

現実で「西外側橋」の上から市役所を背にして撮影をしました。倉庫やロードミラーも一致しています。実は左にある高層マンションも描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20190418015527j:image

 

③ビンタ後に去る西宮母。右には西宮家集合住宅となります。

f:id:nichinichisou0808:20190418013619j:image

現実では右手に現本庁舎があります。(一番奥の大垣共立銀行本店も一致しています)

f:id:nichinichisou0808:20190418015758j:image

 

「聲の形」は原作漫画でも作中での大垣再現度は高かったのですが、映画では更にすんごいことになっているのです。

つまりこれより解体される建築物は、私にとっては西宮さんのお家同様なのです。

そして聖地巡礼の度に嬉々として撮影をしていましたから、大垣市役所変遷の写真がたんまりと溜まっていました。

 

現本庁舎健在時 (2016年当時)

ここからは本題の大垣市役所 新庁舎建設の話題となりますが、まずは現本庁舎が完全健在の頃をご紹介いたします。

現本庁舎は東側に正面入口があります。

f:id:nichinichisou0808:20190418022220j:image

 

西(または北西)側となり、本記事で頻繁に登場します。

f:id:nichinichisou0808:20190418113914j:image

 

こちらは西側からの現本庁舎となります。橋は1枚上の写真と同じとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190418120559j:plain

 

こちらは南西側からの現本庁舎となります。石垣の下には水門川が流れています。

f:id:nichinichisou0808:20190418032609j:image

 

2017年風景

1月28日

北西側より現本庁舎を見る限り、まだ部分解体工事は始まっていません。

f:id:nichinichisou0808:20190418022950j:image

西側からの本庁舎です。

f:id:nichinichisou0808:20190418032641j:image

まだまだ現状維持しております。

f:id:nichinichisou0808:20190418114219j:image

 

2月19日

東側より現本庁舎の正面玄関を眺めます。解体準備は開始していませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190418030407j:image

 

3月5日

まだ現状維持です。

f:id:nichinichisou0808:20190418114429j:image

新庁舎建設予定地では何らかの作業が行われています。

f:id:nichinichisou0808:20190418114516j:image

普段はあまり撮影しないアングルです。

f:id:nichinichisou0808:20190418023017j:image

 

4月2日

北側からの本庁舎。気のせいかもしれませんが、解体予定部分の庁舎内では機材が撤去され始めたのでしょうか。室内には光がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190418023941j:image

たまには異なる視点(水門川舟下り)からとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190418112846j:image

 

4月7日

西側から本庁舎となります。2〜4階の解体予定部分は蛍光灯が消灯しているようです。

f:id:nichinichisou0808:20190418022958j:image

 

4月15日

西側から本庁舎となります。まだ解体予定部分で業務をされているようですが、22時過ぎですよ・・・お疲れ様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418111322j:image

 

4月30日

前回訪問より3週間経過しましたが、外観には特に変化が認められません。
f:id:nichinichisou0808:20190418022955j:image

養生する様子や解体の重機などの姿も認められません。

f:id:nichinichisou0808:20190418023038j:image

 

5月13日

この日は「大垣まつり」。折角なので正面玄関から撮影しました。

f:id:nichinichisou0808:20190418023057j:image

f:id:nichinichisou0808:20190418105121j:image

何となくですが、解体部分は既に庁舎内整理が完了しているように感じられます。

f:id:nichinichisou0808:20190418111348j:image

 

6月24日

本庁舎北側ですが工事向け外壁が組まれました。そして解体部分の窓から硝子が取り外されだしたようです。。。「硝子」は「しょうこ」と読むのは常識ですね。
f:id:nichinichisou0808:20190418023053j:image

本庁舎西側の窓が縦に全て外された箇所があります。予想ではここを境に左側を解体するのではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190418023042j:image

f:id:nichinichisou0808:20190418023046j:image

仮庁舎の案内が開始されました。

f:id:nichinichisou0808:20190418105552j:image

 

7月8日

北西側本庁舎です。どうやら解体予定部分の窓が全て撤去された様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418030519j:image

f:id:nichinichisou0808:20190418030515j:image

 

7月15日

西側からの本庁舎です。一気に廃墟感を醸し出してきました。一部ブルーのシートで囲われています。

直前の状態と比較をすると、本庁舎と水門川の間に並んでいた物置風の建造物が全て撤去されています。
f:id:nichinichisou0808:20190418023023j:image

 

7月22日

北東より現本庁舎です。解体される部分隙間が出来るほどにもぬけの殻状態です。

f:id:nichinichisou0808:20190418101131j:image

そしてついに部分解体の時はきてしまうのか?

f:id:nichinichisou0808:20190418031154j:image

 

7月29日

北西側からの本庁舎です。解体部分には飛散防止の養生シートで囲まれていました。

f:id:nichinichisou0808:20190418031239j:image

 

重機も搬入されていますが、解体用では無いようです。

f:id:nichinichisou0808:20190418031242j:image

 

8月18日

北西側からの本庁舎です。すっかりシートに囲まれたため、こちらから中は窺い知れません。

f:id:nichinichisou0808:20190418031400j:image

f:id:nichinichisou0808:20190418031403j:image

本庁舎北側に重機などのゲートがあります。解体を待つ状態の様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418031407j:image

 

シートの中が気になります。

f:id:nichinichisou0808:20190418101255j:image

 

8月26日

北側ゲート付近です。一気に解体作業が進んでいます。今回残った本庁舎部分とは切断も住んでおり、青のカバーで仮外壁が設置されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190418023014j:image

西側本庁舎です。一部シートが外されています。

f:id:nichinichisou0808:20190418023100j:image

こちらは南西側からの本庁舎です。平和そのものです。

f:id:nichinichisou0808:20190418031508j:image

 

9月9日

北側ゲート付近です。どうやら西側本庁舎の解体作業は終わったようです。
f:id:nichinichisou0808:20190418023034j:image

北西側からの本庁舎。左側にある2階建ての庁舎も今回の解体対象です。

f:id:nichinichisou0808:20190418022948j:image

東側本庁舎正面となります。

f:id:nichinichisou0808:20190418031610j:image

 

9月24日

どうやら解体対象部分は全て解体済みとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20190418023010j:image

 

10月8日

西側本庁舎です。切断面が新たに養生シートで囲まれています。

f:id:nichinichisou0808:20190418023026j:image

 

10月21日

特に変化はありませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190418023007j:image

 

11月3日

工事現場の仮囲い板には新庁舎の告知が表示されています。

f:id:nichinichisou0808:20190418031703j:image

f:id:nichinichisou0808:20190418031706j:image

そして大垣市職員の皆様、夜遅くまで公務お疲れ様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418102644j:image

 

11月19日

西側から本庁舎(西側)です。切断面は完全に埋められ、養生シートも撤去されています。応急工事完了でしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190418023003j:image

 

12月9日

特に変化はありませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190418031847j:image

 

個人的には「ビンタ橋」と呼ぶ聖地の「西外側橋」が通行禁止となりました。

閉鎖期間は平成30年内までと表記されていますが、実は平成31年でも閉鎖状態が継続中です。・・・まさか架け替えたりしないでしょうね。「聖地なくすの反対!」

f:id:nichinichisou0808:20190418031843j:image

 

2018年風景

1月20日

どうやら解体した2階建部分との切断面も応急工事完了でしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190422201027j:image

 

1月26日

雪景色を見に。記憶に間違いがなければ休工でした。

f:id:nichinichisou0808:20190418023154j:image

 

3月17日

ついに新庁舎建設地に様々な重機が搬入され始めました。建設予定には地震発生時の液状化防止のために地盤改良を行うようです。

f:id:nichinichisou0808:20190418031917j:image

 

4月1日

すっかり本庁舎は平静を取り戻したようです。

f:id:nichinichisou0808:20190418023207j:image

f:id:nichinichisou0808:20190418023204j:image

 

4月2日

普段はあまり見る機会のない南西側からの現本庁舎となります。

f:id:nichinichisou0808:20190418023145j:image

 

本庁舎の部分解体も終わり、新庁舎建設現場では慌ただしく作業が続いています。

f:id:nichinichisou0808:20190418023159j:image

 

5月4日

新庁舎建設の西側仮囲い板には新市役所一帯の完成図が表示される様になりました。

f:id:nichinichisou0808:20190418031955j:image

 

6月2日

新たに大通り面に搬入ゲートができました。現場を覗くと重機だらけです。
f:id:nichinichisou0808:20190418023141j:image

f:id:nichinichisou0808:20190418023150j:image

f:id:nichinichisou0808:20190418023137j:image

 

7月7日

北西側からの本庁舎です。こちら側に変化はありません。

f:id:nichinichisou0808:20190418032038j:image

 

8月5日

新庁舎建設現場に巨大重機が搬入されたようですが、お休み中の様です。

f:id:nichinichisou0808:20190418104556j:image

 

9月1日

先月同様に巨大重機は爆睡中です。

f:id:nichinichisou0808:20190418105425j:image

 

11月3日

少し期間が開きましたが、すんごい重機の動作をついに確認しました。(目立ちまくり)

f:id:nichinichisou0808:20190418032125j:image

右手にある煌々としているのが大垣市役所の新立体駐車場となります。

f:id:nichinichisou0808:20190418032714j:image

 

2019年風景

2月2日

約3ヶ月間で新庁舎の鉄筋が組み上がっています。これは北側から見た新庁舎です。

f:id:nichinichisou0808:20190418032224j:image

これは西側から見た新庁舎です。

f:id:nichinichisou0808:20190418032230j:image

新庁舎完成までの間は現本庁舎も安泰です。

f:id:nichinichisou0808:20190418032227j:image

 

4月1日

約2ヶ月経過しましたが、新庁舎建設には目に見えた進捗はなさそうです。(これだから素人はこまる)

f:id:nichinichisou0808:20190418032256j:image

さらに超でかいクレーンが稼働中!

f:id:nichinichisou0808:20190418032301j:image

 

5月10日

約1カ月経過ですが、ものすごい速度で建築が進んでいます。

f:id:nichinichisou0808:20190512173352j:image

f:id:nichinichisou0808:20190512173335j:image

f:id:nichinichisou0808:20190512173346j:image

 

西から。

f:id:nichinichisou0808:20190512173325j:image

 

南西側からです。

f:id:nichinichisou0808:20190512173329j:image

 

5月11日

大垣まつりの掛芸披露が現本庁舎前にて行われました。この組み合わせは今年で最後かもしれません。
f:id:nichinichisou0808:20190512173342j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514150645j:image

 

 

以降は私が大垣入り時に適宜工事進捗を追記をする予定です。

 

最後に

ちなみに付随施設を含めた新庁舎建設が完成をすると、西宮邸跡地は駐車場となります。

・・・おうちに屋根ないやん。

 

現本庁舎には2,3回程度入館をしました。

f:id:nichinichisou0808:20190418121140j:plain

 

今回は以上となります。

 

是非併せてご覧ください

大垣情報ならば宿泊から食事に祭もあります。

 

原作「聲の形」聖地巡礼まとめ

今回は岐阜県大垣市が主な舞台である「聲の形」(原作漫画)の聖地巡礼記事となります。

新規投稿 2019/01/30・最終更新 2019/05.14

Point

・情報・写真が正確とは限りません

・近隣に迷惑をかける行為は禁止です

・映画版の聖地巡礼記事は別記事とします

f:id:nichinichisou0808:20190130095418j:image

はじめに

本記事は以前運営していたブログ「聖地巡礼に酒は必要」上で公開をしていた記事に大幅な内容追加をしつつ、1からリライトをしました。

記事を書いていると改めて気づくのですが、同じ場所でも原作と映画ではシーンが違ったり、キャラクターの動きが違うなど、なかなか面白いなぁと思うのでした。

 

聖地大垣へのアクセス

①東京からは東海道新幹線で名古屋まで、名古屋から大垣までは在来線で約30分となります。

②東京からはJR高速バスで名古屋まで、名古屋から大垣までは在来線で約30分となります。

高速バス利用時、所要時間は新幹線利用の倍以上ですが、移動費は半分となります。

 

美登鯉橋周辺

【アクセス】大垣駅南口より徒歩17分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩12分

将也、硝子、結弦ら皆が集まる説明不要の場所ですね。物好きな私は春夏秋冬とおずれています。

単行本2巻の表紙っぽく撮影しました。

f:id:nichinichisou0808:20180625144441j:plain

 

同じアングルで雪景色を。ハトだらけ。

f:id:nichinichisou0808:20190417065911j:image

f:id:nichinichisou0808:20180625155617j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625151528j:plain

 

やはり夜の橋も必要ですよね。

f:id:nichinichisou0808:20190422201246j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422201249j:image

 

小学生の将也たちが川に飛び込んでいたカットです。

f:id:nichinichisou0808:20190417050906j:image

 

単行本5巻の表紙っぽく・・・と思ったら、対岸から撮影するのが正解ですね。リテイクです。

f:id:nichinichisou0808:20190417070047j:image

後日回収にいきましたが、上記写真位置には階段施錠などで辿りつけず、以下の写真が限界でした。

f:id:nichinichisou0808:20190514040240j:image

 

作中では将也が八重子(硝子の母親)からの言葉を「はい!」で受け取ります。

f:id:nichinichisou0808:20190417071912j:image

 

結弦家出後に西宮一家が揃った時、奥の東屋横で3人話をしていました。

f:id:nichinichisou0808:20180625144041j:plain

 

将也が小学校時代、西宮家に謝罪をするため美也子(将也の母親)が去った後、残された将也の立っていたあたりです。

f:id:nichinichisou0808:20180625150705j:plain

 

チーズケーキプリンセス

【アクセス】大垣駅南口より徒歩16分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩11分

背景として描かれています。私は利用したことはありませんが、かなり評判のお店です。

f:id:nichinichisou0808:20190131025803j:image

 

総合福祉会館・周辺

【アクセス】大垣駅南口より徒歩18分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩13分

高校生の将也と硝子が再会をする場所です。硝子は週に1回こちらに通っています。

f:id:nichinichisou0808:20190417064116j:image

f:id:nichinichisou0808:20180625144934j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625145018j:plain

 

恐らくは1巻冒頭のカットと思われます。

f:id:nichinichisou0808:20190417071049j:image

f:id:nichinichisou0808:20190417071059j:image

 

映画とは違う場面で数回登場します。

f:id:nichinichisou0808:20190417071054j:image

f:id:nichinichisou0808:20180604174910j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190418033811j:image

 

永束と結弦が乗り出し、橋の上の将也と硝子を見ていた場所となります。

f:id:nichinichisou0808:20180130071213j:plain


家出した結弦を探しに出た硝子と会えた時に、将也が美也子に連絡をした電話ボックスです。

f:id:nichinichisou0808:20180625144930j:plain

 

福祉会館そばの桜が満開だったので。

f:id:nichinichisou0808:20190418033928j:image

f:id:nichinichisou0808:20180625145108j:plain

 

四季の広場周辺

【アクセス】大垣駅南口より徒歩17分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩12分

将也が小学生の頃、八重子と美也子(硝子と将也の母親)が待ち合わせた場所です。

f:id:nichinichisou0808:20190417095626j:image

f:id:nichinichisou0808:20190130115029j:image

f:id:nichinichisou0808:20180625155824j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625155802j:plain

 

小学生の硝子はこの場所から鳩にパンやりをしていました。

f:id:nichinichisou0808:20190417071245j:image

 

「滝のトンネル」です。

f:id:nichinichisou0808:20190417071249j:image

f:id:nichinichisou0808:20190418033716j:image

 

背景として描かれていた東屋です。

f:id:nichinichisou0808:20190417064040j:image

 

背景として描かれていた大時計です。

f:id:nichinichisou0808:20190417071342j:image

 

桜が満開の時期となります。

f:id:nichinichisou0808:20190417071346j:image

 

虹の橋〜ハーピアン

【アクセス】大垣駅南口より徒歩17分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩12分

将也が小学生の頃硝子と鉢合わせになる場所であり、また高校生時には硝子捜索で登場をします。

f:id:nichinichisou0808:20180625151102j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190422201343j:image

f:id:nichinichisou0808:20190417072123j:image

f:id:nichinichisou0808:20180625145711j:plain

 

後の建物は総合福祉会館となります。

f:id:nichinichisou0808:20190418034007j:image

 

積雪時でございます。

f:id:nichinichisou0808:20190417071001j:image

 

そして作中にもありました夜の景色。

f:id:nichinichisou0808:20190422201431j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422201427j:image

 

虹の橋に設置されている鍵盤「ハーピアン」です。

f:id:nichinichisou0808:20180625144957j:plain

 

興文小学校

【アクセス】大垣駅南口より徒歩12分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩10分

将也と硝子の通っていた小学校です。こちらがモデルとなったかの確証はないのですが、作中の門と校舎形状から自己判断しました。

f:id:nichinichisou0808:20190417163545j:image

f:id:nichinichisou0808:20190417113534j:image

 

大垣公園

【アクセス】大垣駅南口より徒歩12分

将也が保育園帰りのマリアを遊ばせたり、将也と結弦が硝子を捜索時に登場します。

f:id:nichinichisou0808:20190417070927j:image

f:id:nichinichisou0808:20180625172759j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625172804j:plain

 

大垣さし源

【アクセス】大垣駅南口より徒歩13分

背景として描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20190417070903j:image

 

大垣公園 南側歩道

【アクセス】大垣駅南口より徒歩12分

一度別れた将也と植野が再遭遇する場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180625150812j:plain

 

新大橋

【アクセス】大垣駅南口より徒歩5分

OKBストリートの中間位置にあります。作中では硝子が将也に告白をする場所です

f:id:nichinichisou0808:20180625171729j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625171725j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625173220j:plain

 

雪の新大橋。

f:id:nichinichisou0808:20190422201727j:image

 

上記硝子との会話後に将也が自転車で向かって来る方向です。

f:id:nichinichisou0808:20180625160128j:plain

 

郭町横断歩道

【アクセス】大垣駅南口より徒歩8分

将也の自転車後部座席から植野が飛び降り、硝子と再開する場所です。

f:id:nichinichisou0808:20190417070722j:image

 

大垣市宮町

【アクセス】大垣駅南口より徒歩5分

結弦が帰宅するために歩いていた道です。

f:id:nichinichisou0808:20180625173435j:plain

 

東外側橋

【アクセス】大垣駅南口より徒歩3分

結弦が将也に連続キックを入れていた橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20180625171558j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190417071611j:image

 

八幡大橋

【アクセス】大垣駅南口より徒歩7分

将也が携帯電話のメールを読むために自転車を止めた橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20180625171312j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190418034209j:image

 

桜の季節。

f:id:nichinichisou0808:20190418034130j:image

 

神田町交差点

【アクセス】大垣駅南口より徒歩16分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩9分

将也達が「新人映画賞作品審査会」へと向かう途中に渡る歩道橋です。

f:id:nichinichisou0808:20180625174551j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190422201616j:image

 

養老鉄道 西大垣 第1号踏切

【アクセス】大垣駅南口より徒歩25分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩5分

作中、子供時代の結弦回想シーンで背景に描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20190417071708j:image

 

西公園

【アクセス】大垣駅南口より徒歩25分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩5分

永束が監督となった映画製作時に登場します。

f:id:nichinichisou0808:20180625145022j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190417072212j:image

f:id:nichinichisou0808:20190417072216j:image

 

大垣市スイトピアセンター

【アクセス】大垣駅南口より徒歩15分、または養老鉄道西大垣駅より徒歩10分

作中「新人映画賞作品審査会」の会場です。

f:id:nichinichisou0808:20180625145100j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625145014j:plain

 

審査後に皆で集まっていた場所となります。

f:id:nichinichisou0808:20180625145000j:plain

 

ホールには入れなかったため、こちらで。

f:id:nichinichisou0808:20190422201637j:image

 

恵比寿湯

【アクセス】大垣駅南口より徒歩7分

永束が結弦を男湯に引きずり込もうとしていた銭湯です。

f:id:nichinichisou0808:20180625144918j:plain

 

羽衣公園

【アクセス】大垣駅南口より徒歩18分

銭湯から逃げてきた結弦が偶然、硝子に会う場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180625150903j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190417073911j:image

f:id:nichinichisou0808:20190423111517j:image

 

JR大垣駅

【アクセス】大垣駅南口より徒歩0分

駅舎自体は作中に登場しませんが、改札口などが登場します。

f:id:nichinichisou0808:20180625152748j:plain

 

皆で遊園地へ遊びに行く時の集合場所です。ちなみに左側の下りエスカレーターは、劇場版公開後に設置されました。

f:id:nichinichisou0808:20180625145746j:plain

 

将也が佐原に会うために電車を利用する時に登場します。

f:id:nichinichisou0808:20180625153636j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625154007j:plain

 

JR大垣駅5番ホーム

【アクセス】大垣駅南口より徒歩1分

単行本3巻の表紙っぽく撮影をしました。

f:id:nichinichisou0808:20180625145337j:plain

 

JR東海道線313系

作中何度か描かれていますが313系で間違いないでしょう。

f:id:nichinichisou0808:20190417072900j:image

 

佐原探しの時には将也と硝子が向かいあって乗車していました。

f:id:nichinichisou0808:20180625154003j:plain

 

車内参考です。

f:id:nichinichisou0808:20180625160013j:plain

 

養老鉄道 大垣駅

【アクセス】大垣駅南口より徒歩1分

将也と硝子が2人で遊びに行く時に描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20180625152700j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625145047j:plain

 

大垣駅 ロータリー

【アクセス】大垣駅南口より徒歩0分

作中、このカットが存在した気がするのですが失念しました。(思い出したら追記します)

f:id:nichinichisou0808:20190416005348j:image

 

皆で遊園地へ遊びに行く時の集合場所として植野登場の背景として描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20180625152957j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625152953j:plain

 

将也と硝子が2人で遊びに行く時の和知合わせ場所に描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20180625145038j:plain

 

アクアブリッジ

【アクセス】大垣駅南口より徒歩0分

悲しみで落ち込んだ結弦を将也が送る時に通ります。奥は大垣駅となります。

f:id:nichinichisou0808:20190417072443j:image

f:id:nichinichisou0808:20180625160548j:plain

 

アクアウォーク大垣までは駅舎から直結です。

f:id:nichinichisou0808:20180625160400j:plain

 

アクアウォーク大垣

【アクセス】大垣駅南口より徒歩2分

作中背景として描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20180625145112j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190417051509j:image

 

アクアウォーク内イートイン「スプリングコート」

【アクセス】大垣駅南口より徒歩3分

作中では2,3回登場しています。

f:id:nichinichisou0808:20180608152501j:plain

 

恐らくは、落ち込んでいる結弦の話を将也が聞いてあげる席です。

f:id:nichinichisou0808:20180608152520j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180608152517j:plain

 

夏休みに将也と西宮姉妹でハンバーガーを食べていた席ではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20180608152506j:plain

 

作中にはエスカレーターが描かれていたので、当てずっぽうで掲載をします。

f:id:nichinichisou0808:20190130114715j:image

 

大垣市三津屋町

【アクセス】養老鉄道東赤坂駅より徒歩15分、または大垣駅北口より徒歩40分

将也の実家となります。

モデルとなった家も理髪店「トムトム」さんです。

f:id:nichinichisou0808:20190130114527j:image

f:id:nichinichisou0808:20190130114523j:image

 

外観だけではなく店内も作中と同様です。

f:id:nichinichisou0808:20190417095742j:image

 

ちなみにカットをお願いすれば、調髪中はずっと「聲の形」の楽しいお話が聞けます。

f:id:nichinichisou0808:20190417095737j:image

(経営者様に掲載許諾済)

 

岐阜駅前〜柳ヶ瀬

【アクセス】JR岐阜駅より徒歩1〜15分

将也、硝子、永束、佐原の4人で遊びに来ます。

f:id:nichinichisou0808:20180625151742j:plain

 

別の日に将也が1人歩いていると、ここで植野がティッシュ配りをしていました。

f:id:nichinichisou0808:20180625151746j:plain

 

植野と出会った時の背景にはJR岐阜駅が描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20190417093341j:image

 

遊びに来た将也達がカラオケ屋に行く時に通りますが、実際には近所にカラオケ屋はなさそうでした。

f:id:nichinichisou0808:20180625151738j:plain

 

養老鉄道 車内

単行本7巻の扉絵で描かれています。養老に遊びに行く時には描かれていませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20180201215400j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190417072827j:image

 

養老鉄道 養老駅

【アクセス】大垣駅より養老鉄道で25分

将也と硝子が2人で遊びに行く場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180625160239j:plain

 

作中でもホームと瓢箪は描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20190417073954j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422201816j:image

 

駅舎は描かれていません。

f:id:nichinichisou0808:20180625160235j:plain

 

2人でこの道を登っていきます。

f:id:nichinichisou0808:20180625150938j:plain

 

楽市楽座養老

【アクセス】養老鉄道養老駅より徒歩12分

ここで将也と硝子が2人でランチをとります。

f:id:nichinichisou0808:20190130165319j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625145026j:plain

 

こちらのカレーショップがモデルではないでしょうか。(現在は閉店済)

f:id:nichinichisou0808:20180625144942j:plain

 

盛り方は違いますが、恐らくこちらのカレー。

f:id:nichinichisou0808:20180625145123j:plain

 

2人でこの地図を確認しています。

f:id:nichinichisou0808:20180625151441j:plain

 

養老の滝

【アクセス】養老鉄道養老駅より徒歩45分

将也がはしゃぎながら見ていた滝です。

f:id:nichinichisou0808:20180625181712j:plain

 

養老天命反転地

【アクセス】養老鉄道養老駅より徒歩10分

2人で館内を歩く様子が描かれています。

f:id:nichinichisou0808:20180625145841j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625145846j:plain

 

将也が「コンロ、コンロ」言っているところです。

f:id:nichinichisou0808:20190130114647j:image

f:id:nichinichisou0808:20190130114643j:image

f:id:nichinichisou0808:20180201231619j:plain

 

JR金山駅

【アクセス】大垣駅より東海道本線40分

将也が探していた佐原と出会うのは、こちらの駅のホームとなります。

f:id:nichinichisou0808:20180625151032j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180625151028j:plain

 

将也と硝子2人で佐原探しに来て、空振りに終わった時に描かれている駅外観。

f:id:nichinichisou0808:20180625152252j:plain

 

ナガシマスパーランド

【アクセス】桑名駅より路線バス35分・他

皆で遊びにきた遊園地です。原作ではJRを利用していましたが、名古屋周りの桑名駅なのでしょうか。

 

映画版と然程差異はないのではないかと踏んでおりますが、原作用にあわせた巡礼はしておりません。

ちなみに単行本4巻表紙の場所は私にはわかりませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20180201234252j:plain

 

将也が利用したと思われる売店。

f:id:nichinichisou0808:20180201235023j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180608161640j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180608161542j:plain 

 

硝子と植野が2人で乗った観覧車です。

f:id:nichinichisou0808:20180201234928j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180201234704j:plain

 

最後に

本記事投稿にあたり原作を再度読み直しましたが、例えば病院や花火大会については大垣市内がモデルか判別ができないめ、本記事への掲載は見送りました。

そしてそして、大垣には数十回も聖地巡礼をしている割には、原作版には取りこぼし箇所が目立つことに気がつきました。

早急になんとかせねば、と考えております。

 

そして当ブログ内、映画「聲の形」の聖地巡礼記事ですが、ついに容量問題から正常な記事編集もできない状況です。こちらの記事に項目を分割しつつ対応いたします。(4/22)

 

今回は以上となります。

 

併せてご覧ください

他にも聖地巡礼記事がございます。 

高山のおすすめ呑み屋 (聖地巡礼時)

今回は岐阜県高山市の高山駅周辺おすすめ飲食店(主に呑み屋さん)紹介記事となります。

f:id:nichinichisou0808:20190416004658j:image

はじめに

本記事内の飲食店では全て「氷菓」聖地巡礼時に発見をしたり、高山の方にお聞きしたお店となります。

また、すでに業種替されたお店も掲載をしましたが、私の高山呑みの礎となったお店のため、敢えて紹介いたします。

※特記がない限り各店舗は高山駅より徒歩15分以内を想定しております

 

呑み喰い処 魚魚 (とと) [業種替]

初めて私が高山で見つけた最高の料理屋さんです。和食(海鮮料理)と高山郷土料理、飛騨高山の日本酒が楽しめます。

複数回利用をしましたが、観光客よりも地元の方が多い店です。

 

こちらは前菜となります。毎回手が込んでおり、これだけでお店の良さが伝わります。

f:id:nichinichisou0808:20190415192718j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415193459j:image

 

飛騨牛の刺身。

f:id:nichinichisou0808:20190415193455j:image

 

鯖の刺身。

f:id:nichinichisou0808:20190415193503j:image

 

富山直送の白えび刺身。

f:id:nichinichisou0808:20190415192732j:image

 

富山湾のバイ貝刺身です。私はこちらでバイ貝を初めて食べ、その美味しさに感動して、築地市場場内までバイ貝を買いにいきました。

f:id:nichinichisou0808:20190415192737j:image

 

日本酒は渡辺酒造の蓬莱にごり、または山車をぬる燗でいただきます。

f:id:nichinichisou0808:20190417002054j:image

 

高山郷土料理の漬物ステーキです。

f:id:nichinichisou0808:20190415192728j:image

 

タコの唐揚げ。

f:id:nichinichisou0808:20190415192723j:image

高山入りをする時には必ず寄らせて頂いていたのですが、、、

店主希望によりラーメン屋さん「麺屋 とと」へと業種変貌を遂げました。

f:id:nichinichisou0808:20190415194320j:image

私は麺屋ととには訪れていませんが、友人によると店主が以前よりも生き生きしていたとか。

 

お食事処 一茶 (いっさ)

まずこちらはその日になるまで開店するがわからないのです。しかも開店時間は、、、内緒です。

「魚魚」の店主から紹介されて行くようになりましたが、大抵は高山呑みの2軒目となります。

高山在住のブロガーの方はやはりご存知でしたが、観光客はおらずに地元の方が多い店です。といいますか、「高山人で知らぬ人は居ない店」とまで言われています。

f:id:nichinichisou0808:20190415192352j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415192322j:image

 

開店直後の店内です。

全てカウンター席となりますが、大抵は開店数分で全席が埋まります。

f:id:nichinichisou0808:20190415192403j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415192344j:image

 

特製ドレッシングのコールスローは必ず注文します。

f:id:nichinichisou0808:20190416004626j:image

 

名物のオムレツは外せません。

f:id:nichinichisou0808:20190415192348j:image

 

確か一口カツだったと思います。

f:id:nichinichisou0808:20190415192338j:image

 

漬け物ステーキ。

f:id:nichinichisou0808:20190415192341j:image

 

野菜炒め。

f:id:nichinichisou0808:20190415192330j:image

 

ポテトサラダ。

f:id:nichinichisou0808:20190415192333j:image

 

名物あげつけ。

f:id:nichinichisou0808:20190415192356j:image 

 

こちらも外せない茶碗蒸しです。

f:id:nichinichisou0808:20190415193529j:image

お店は3人で回していらっしゃいますが、店内はいつも明るく楽しい雰囲気です。近頃はようやく顔を覚えて貰えたかも。

ちなみに事前予約は出来ない筈です。

 

本郷

宮川沿いにある日本料理/ダイニングバーとなります。すこしお洒落なお店となり、私は高山通の友人らに紹介をしてもらいました。

f:id:nichinichisou0808:20190415194438j:image

 

2階の個室に通されました。

f:id:nichinichisou0808:20190415194418j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194355j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194409j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194422j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194352j:image
f:id:nichinichisou0808:20190415194359j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194430j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194434j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194442j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194426j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194403j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194415j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415194348j:image

 

Restaurant LE MiDi

飛騨牛フレンチのレストランとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190415193733j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415193725j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415193729j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415193743j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415203517j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415203526j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415203521j:image

 

廣寿司

f:id:nichinichisou0808:20190416004331j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004353j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004349j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004340j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004345j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004318j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004322j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004336j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004327j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004405j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004357j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004401j:image

 

カフェ&レストラン花水木

f:id:nichinichisou0808:20190415202927j:image

 

飛騨牛100%の「高山バーガー」は食べておくべきです。

f:id:nichinichisou0808:20190415202923j:image

 

バグパイプ

アニメ「氷菓」にも登場した喫茶店です。地ビールから

f:id:nichinichisou0808:20190416004425j:image

 

店内。

f:id:nichinichisou0808:20190415230726j:image

 

f:id:nichinichisou0808:20190416004453j:image

 

喫茶去 かつて

アニメ「氷菓」にも登場した喫茶店です。

f:id:nichinichisou0808:20190415230743j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415230740j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415230730j:image

 

おまけ 高山ラーメン達

高山市街地の色々なお店で食べたのですが、いかんせん毎回酔っ払っていまして、どちらのお店かわかりません。

f:id:nichinichisou0808:20190415193654j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415193658j:image

f:id:nichinichisou0808:20190415193702j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416004534j:image

 

店舗と説明につきましては順次追加をいたします。

 

最後に&予告

高山は美味しい物が多すぎて困ってしまいますね。

次回の呑み屋まとめ記事は、京都府(主に京阪本線)を題材といたします。

岐阜県内ではありませんが、どうかお許しください。

 

併せて是非ご覧ください

岐阜県の呑み屋他情報が満載です。

岐阜県を走る鉄道車両たち

今回は岐阜県内を日々疾走する鉄道車両についての記事となります。 

新規投稿 2019/02/20・最終更新 2019/05/12

f:id:nichinichisou0808:20190219181315j:image

はじめに〜①岐阜県を走る列車

岐阜県内を走る鉄道路線といえば、大垣〜東京間を結ぶ季節深夜快速「ムーンライトながら」や岐阜県は通過をしてしまう「サンライズ出雲」の東海道本線が超有名だと思います。

しかし、日本の大手私鉄規模ベスト3で近鉄・東武と肩を並べる名古屋鉄道(名鉄)や、岐阜羽島駅のある東海道新幹線、更にはローカル線も忘れてはいけません。

岐阜県について私は大垣市、高山市からファンとなりましたので、まだまだ記事内情報に偏り・未熟さはありますが、いつかは岐阜県内の鉄道車両を網羅すべく紹介をいたします。

※撮影は岐阜県内・当時使用車両とは限りません

※なかなか下手ですが全て著者撮影写真です

 

JR東海 東海道新幹線 N700系列

岐阜県内の東海道新幹線停車駅は「岐阜羽島」があるため、新幹線も入れておきました。

f:id:nichinichisou0808:20180716012417j:plain

 

福山駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20180716153115j:plain

f:id:nichinichisou0808:20181009174339j:plain

 

大垣市内を疾走。

f:id:nichinichisou0808:20190418071939j:image

 

米原駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20170409220543j:plain

 

確かAのサイズで新造車両か更新車両かがあったはずです。

f:id:nichinichisou0808:20190219153713j:image
f:id:nichinichisou0808:20190219153705j:image

 

グリーン車車内。
f:id:nichinichisou0808:20190219153709j:image

 

普通車車内。

f:id:nichinichisou0808:20190219163608j:image

 

JR東海 東海道新幹線 700系

現役なのになぜか写真の少ない700系です。

f:id:nichinichisou0808:20190219153615j:image

 

名古屋駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20180127153327j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190219153802j:image

f:id:nichinichisou0808:20170516183616j:plain

 

グリーン車車内。

f:id:nichinichisou0808:20190219214400j:plain

 

普通車車内。
f:id:nichinichisou0808:20190219153806j:image

 

JR東海 特急ワイドビューひだ キハ85系

名古屋から岐阜経由、または大阪から岐阜経由で高山本線を疾走する気動車特急もデビュー30年となり、次期特急の話も出てきました。

f:id:nichinichisou0808:20190219144426j:image

 

名古屋駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20190219144422j:image

f:id:nichinichisou0808:20180226051715j:plain

 

岐阜駅にて大阪からの車両を名古屋からの車両に増結します。

f:id:nichinichisou0808:20180226051639j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170826144037j:plain

 

岐阜駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20190219162630j:image

 

高山駅より。

f:id:nichinichisou0808:20190416002526j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416002521j:image

 

ちなみに和歌山へ行く紀勢線特急の「南紀」も同じ車両です。

f:id:nichinichisou0808:20190219144416j:image

 

飛騨古川駅にて「君の名は。」風に。

f:id:nichinichisou0808:20190219144430j:image

 

普通車車内。

f:id:nichinichisou0808:20190219144412j:image

 

「ワイドビュー」の名に恥じぬ巨大な窓。

f:id:nichinichisou0808:20190416002606j:image

 

JR東海 特急ワイドビューしなの 383系

名古屋駅から中央線を通り、岐阜県〜長野県を繋ぐ振り子式車両です。以前は大阪から米原〜岐阜駅を走っていましたが、廃止されました。

f:id:nichinichisou0808:20190219202658j:image

 

松本駅付近にて。

f:id:nichinichisou0808:20190219202655j:image

 

松本駅にて。
f:id:nichinichisou0808:20190219202649j:image

 

グリーン車車内。

f:id:nichinichisou0808:20190219202810j:image

 

普通車車内。
f:id:nichinichisou0808:20190219202815j:image

 

JR西日本 特急しらさぎ 他 681系

JR西日本に車両ですが名古屋から米原を通り、金沢へと向かう時に岐阜・大垣に停車します。

また、ホームライナー大垣として朝夕の着席保証列車としても活躍中です。

f:id:nichinichisou0808:20170409220527j:plain

 

連結に対応した先頭部分。

f:id:nichinichisou0808:20170826144517j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180226114321j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180515171841j:plain

 

米原駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20190219145228j:image

f:id:nichinichisou0808:20190219160801j:image

 

グリーン車車内。さすがの3列シートです。

f:id:nichinichisou0808:20190417020149j:image

 

普通車車内。シートにカラバリがあります。窓上ライトが関西感ありでいいですね。

f:id:nichinichisou0808:20180226114356j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190219162243j:image

 

 

JR東日本 ムーンライトながら 185系

東京駅にて。。。いつまで使うんだ!(引退していたら訂正します)

f:id:nichinichisou0808:20190219145911j:image

 

JR東海 313系

東海道本線新快速に使用されている主力車両となります。一見似ていても6次車位まで製造されており、細かな差異があるようです。

f:id:nichinichisou0808:20170826142933j:plain

 

大垣駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20181008094140j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180716010253j:plain

 

岐阜駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20180604185321j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180604185309j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190416002726j:image

 

雪の大垣駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20180127062055j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180127062034j:plain

 

臨時幕の大垣行きを岐阜駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20190219162515j:image

 

行先表示は幕もあればLEDもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190219191450j:image

f:id:nichinichisou0808:20190219191443j:image

 

大垣にて。

f:id:nichinichisou0808:20170430183221j:plain

 

転換クロスシートの車内。

f:id:nichinichisou0808:20170212135522j:plain

 

3000番台はワンマン運転対応車両となり、旅客使用の開扉ボタンがあります。

f:id:nichinichisou0808:20170826054206j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180127062116j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190423110706j:image

 

車内は転換クロスのではなく、固定ボックスシートです。

f:id:nichinichisou0808:20170826054220j:plain

 

8000番台。

f:id:nichinichisou0808:20190423110734j:image

 

JR東海 311系

313系以前の主力新快速通勤車両となります。
f:id:nichinichisou0808:20190219160053j:image

f:id:nichinichisou0808:20170823231342j:plain

 

大垣駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20170327155128j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180318061041j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180716010154j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190219191545j:image

 

313と311の併結。

f:id:nichinichisou0808:20170826150943j:plain

 

転換クロスシートの車内。

f:id:nichinichisou0808:20190219160137j:image

 

JR東海 211系

名古屋から岐阜県中津川方面に向かう車両となり、製造は国鉄時代となります。

f:id:nichinichisou0808:20190219174706j:image

 

名古屋駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20180716152552j:plain

 

JR東海 キハ25系

高山本線の普通列車に使用されています。

f:id:nichinichisou0808:20190219160906j:image

 

岐阜駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20170826143802j:plain

 

JR東海 キハ75系

高山本線の普通列車に使用されています。

f:id:nichinichisou0808:20170826143510j:plain

 

岐阜駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20190219162320j:image

 

鳥羽駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20190226181201j:image

 

転換クロスシートの車内。
f:id:nichinichisou0808:20190219162324j:image

 

名古屋鉄道

実は名鉄につきましては本当に知識ゼロのため、説明は後日追記をします。申し訳ございません!

 

笠松駅での特急。

f:id:nichinichisou0808:20190219162402j:image

 

名古屋駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20180716012553j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170805165954j:plain

 

岐阜羽島からの竹鼻線。

f:id:nichinichisou0808:20190219161135j:image
f:id:nichinichisou0808:20190219161126j:image
f:id:nichinichisou0808:20190219161130j:image

 

養老鉄道 600系

大垣駅より三重県の桑名を結ぶ、元近鉄子会社の鉄道となります。最近は東急から車両を買い入れた様です。

 

養老駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20190219160253j:image

 

桑名駅にて。
f:id:nichinichisou0808:20190219160249j:image

f:id:nichinichisou0808:20180127062203j:plain

f:id:nichinichisou0808:20171009204146j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190219161207j:image

 

車内。
f:id:nichinichisou0808:20190219161202j:image

 

養老鉄道カラーバリエーション

大垣駅にて撮影しました。

f:id:nichinichisou0808:20180716012655j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170327121902j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170213180318j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170213180306j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190226160849j:image

 

養老鉄道

2019年より営業運転開始の元東急車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190512183048j:image

 

樽見鉄道 ハイモ330系

大垣駅より樽見駅までを結ぶローカル線です。

f:id:nichinichisou0808:20190219160353j:image

 

樽見駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20190219160344j:image

 

ロングシートな車内。

f:id:nichinichisou0808:20170221183931j:plain

 

樽見鉄道 ハイモ295系

大垣駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20170826145632j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190219192008j:image

 

樽見鉄道 ハイモ230系

大垣城にて。

f:id:nichinichisou0808:20170826145649j:plain

 

②過去岐阜県を走り抜けた列車

ここからは現在は運用されていない車両を紹介いたします。廃車されたものから、運用変更にて岐阜県で姿が見られなくなった車両達です。

f:id:nichinichisou0808:20190219204950j:image

 

JR東海 東海道新幹線 0系

名古屋と埼玉の博物館にて。

f:id:nichinichisou0808:20180517165102j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180518163023j:plain

 

リクライニングではなく転換クロスな普通車車内。

f:id:nichinichisou0808:20180518163746j:plain

 

食堂車車内。

f:id:nichinichisou0808:20180517222655j:plain

 

JR東海 東海道新幹線 100系

名古屋博物館にて。

f:id:nichinichisou0808:20180517165034j:plain

 

京都博物館にて。

f:id:nichinichisou0808:20180517171448j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180517182919j:plain

 

普通車車内。

f:id:nichinichisou0808:20180518163807j:plain

 

2階建ての食堂車車内。

f:id:nichinichisou0808:20180517222522j:plain

 

JR東海 東海道新幹線 300系

f:id:nichinichisou0808:20190219160437j:image

 

普通車車内。あの突き上げ感が懐かしいw
f:id:nichinichisou0808:20190219160433j:image

 

JR西日本 東海道新幹線 500系

新大阪から西では運用されております。

f:id:nichinichisou0808:20190219153854j:image

 

東京駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20190219153906j:image

 

京都博物館にて。

f:id:nichinichisou0808:20190219153858j:image

f:id:nichinichisou0808:20190219153902j:image

 

グリーン車車内。

f:id:nichinichisou0808:20190219214449j:plain

 

普通車車内。

f:id:nichinichisou0808:20190226161011j:image



JR東海 特急ひだ しなの キハ82/181系

名古屋博物館にて。

f:id:nichinichisou0808:20180517165133j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190219170418j:image

 

普通車車内。
f:id:nichinichisou0808:20190219170414j:image

 

JR東海 特急しなの 381系

名古屋博物館にて。

f:id:nichinichisou0808:20180517165145j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180517170625j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190219161241j:image

 

普通車車内。

f:id:nichinichisou0808:20180517170124j:plain

 

ワイドビューに改造された381系。

f:id:nichinichisou0808:20180517165207j:plain

 

JR東日本 ムーンライトながら 183/189系

新宿駅にて。

f:id:nichinichisou0808:20180429213437j:plain

 

 

JR西日本 223系

以前は関西より米原経由で大垣駅まで来ていた在来線も、米原止まりとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20170327154951j:plain

 

JR西日本 221系

以前は関西より米原経由で大垣駅まで来ていた在来線も、米原止まりとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20170327154935j:plain

 

車内。

f:id:nichinichisou0808:20190219174851j:image

 

京都駅にて221と223の併結。
f:id:nichinichisou0808:20190219174855j:image

 

JR東海 キハ40/48系

主に高山本線で使用されていましたが、廃車となりました。

f:id:nichinichisou0808:20180716122405j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190219160710j:image

 

車内。この国鉄雰囲気が好きです。

f:id:nichinichisou0808:20190219161045j:image

 

国鉄リバイバルカラー。私のブログアイコンで使用しております。

f:id:nichinichisou0808:20190219160706j:image

 

JR東海 キハ11系

f:id:nichinichisou0808:20190423123649j:image

 

JR東海 117系

私自身が広島地区の117系運用しか知らないため、割愛させていただきます。

f:id:nichinichisou0808:20180517165912j:plain

 

車内。

f:id:nichinichisou0808:20180518003845j:plain

 

動画も是非ご覧ください

YouTubeに上げた大垣付近の車窓動画となります。(クリックでリンク先に飛びます)

東海道線 西岐阜〜大垣 - YouTube

東海道線 大垣行き 大垣駅進入 - YouTube

 

最後に

岐阜県内を駆け抜ける(抜けた)鉄道車両、勿論まだまだこんなものではありません。私は微鉄ちゃんですから、この記事は私が満足いくまでは更にボリュームアップをいたします。(近頃は電気機関車にも興味津々です)

 

・・・郡上にはバスやレンタカーで移動をしたので、ブックマークコメントがつくまで長良川鉄道を忘れていました。。。

 

今回は以上となります。

 

是非併せてご覧ください

岐阜県の記事が満載です。

「君の名は。」聖地巡礼 (飛騨古川編)

今回は岐阜県飛騨市が舞台に含まれる、映画「君の名は。」の聖地巡礼記事となります。

新規投稿 2019/04/11

Point

・情報・写真が正確とは限りません

・近隣に迷惑をかける行為はやめましょう

・岐阜県以外にも聖地があるようです

f:id:nichinichisou0808:20190410161334j:image

はじめに

2016年に劇場公開された名作「君の名は。」は勿論私も劇場で複数回観ました。しかし。ほぼ同時期に劇場公開された「聲の形」に私のリソースは全てを持っていかれました。

そのため当記事はかなり貧弱な聖地巡礼記事となります。その代わりといいますか「君の名は。」上映はるか以前にも飛騨古川には行きましたので、当時の写真も併せて掲載をいたします。

(雪景色は2014年、他は2016年秋撮影)

 

聖地へのアクセス

飛騨古川駅へのアクセス方法は様々ありますが、「特急 ひだ」にて名古屋駅から1本で、または高山駅より各停(または特急)ですぐとなります。

 

今は亡き旧高山駅舎は味がありました。

f:id:nichinichisou0808:20190410150045j:image

 

同、改札口。

f:id:nichinichisou0808:20190410155026j:image

 

今は亡きキハ40系統。確か作中にも災害に遭った同系統が描かれていたはずです。
f:id:nichinichisou0808:20190410150036j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410154957j:image

f:id:nichinichisou0808:20190412162959j:image

 

聖地巡礼と無関係ですが、車内を撮影しまくりました。

今となってはレアですぜ(笑)
f:id:nichinichisou0808:20190410150014j:image

 

国鉄くさくてサイコー。

f:id:nichinichisou0808:20190410151823j:image

 

まさに「網棚」

f:id:nichinichisou0808:20190410151820j:image

 

ワンマン対応運賃表示器

f:id:nichinichisou0808:20190412163042j:image

 

こちらは特急ひだです。名古屋や大阪から出ています。
f:id:nichinichisou0808:20190410151811j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150026j:image

 

飛騨古川付近の車窓。冬と秋。
f:id:nichinichisou0808:20190410150041j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150020j:image

 

飛騨古川駅と駅周辺

特急にて到着。この時には同業巡礼者わんさか。

f:id:nichinichisou0808:20190410150032j:image

 

鈍行で到着。私以外は誰も降りない。(2014年)

f:id:nichinichisou0808:20190410155058j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150256j:image

 

奥の跨線橋には後ほど行きます。

f:id:nichinichisou0808:20190410150803j:image

 

し、親切。

f:id:nichinichisou0808:20190410150727j:image

 

か、かわいい。
f:id:nichinichisou0808:20190410150724j:image

 

この時にはかなりの巡礼者がいらっしゃっいました。

f:id:nichinichisou0808:20190410150243j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150312j:image

 

この辺り(タクシー乗り場)も登場していた気がします。

f:id:nichinichisou0808:20190410150220j:image

 

駅舎全景。

f:id:nichinichisou0808:20190410150252j:image

 

冬の駅舎付近。

f:id:nichinichisou0808:20190410160641j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150239j:image

 

高山側から飛騨古川駅を。
f:id:nichinichisou0808:20190410150320j:image

※線路写真は全て踏切より撮影

 

飛騨古川駅を背にして高山方向。
f:id:nichinichisou0808:20190410150316j:image

 

あのシーンですね。
f:id:nichinichisou0808:20190410150248j:image

 

ホーム番が違うけど列車がきたよー。で、皆でベスト撮影ポイントの奪い合いでした。

メジャー聖地になると、比例して行儀の悪い奴が増えるのが難点かもしれません。
f:id:nichinichisou0808:20190410150215j:image

 

古川の町並み

あまり作中と関連はありませんが、個人的に古い町並みが好きなので。

f:id:nichinichisou0808:20190410150553j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150621j:image

 

作中に登場した商店もあるのですが、撮影を忘れました。

f:id:nichinichisou0808:20190410150651j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150715j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150606j:image

 

実は私は巡礼以前より飛騨古川に通っている理由がこちら、日本酒「蓬莱」で有名な渡辺酒造さんです。

f:id:nichinichisou0808:20190410150701j:image

 

こちらの冬恒例の濁り酒は絶品ですよ。
f:id:nichinichisou0808:20190410150647j:image

 

町並みに戻ります。
f:id:nichinichisou0808:20190410150550j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150617j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410160729j:image

 

この小川、冬には鯉を避難させています。

f:id:nichinichisou0808:20190410150643j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150657j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410160309j:image
f:id:nichinichisou0808:20190410160305j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150557j:image

 

2016年夏〜秋は「君の名は。」で最高に盛り上がった時期かもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20190410150601j:image

 

中にはでっかいイラストが。

f:id:nichinichisou0808:20190410150614j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416003047j:image

f:id:nichinichisou0808:20190416003052j:image

 

そして組紐教室が開催中でした。少し気になりましたが、約束の時間があるため後ろ髪を引かれる思いで立ち去りました。

f:id:nichinichisou0808:20190410150625j:image

 

こちらの図書館は作中に登場する聖地となります。許可を得れば館内撮影も可能でした。

f:id:nichinichisou0808:20190410150639j:image

 

気多若宮神社

作中瀧君がよる人事と言われています。

飛騨古川駅から北に向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20190410150944j:image

 

10/29なのに時折雪がパラついていました。

f:id:nichinichisou0808:20190410150940j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150949j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410160806j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150954j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410150935j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410152011j:image

 

高山市 日枝神社

一気に飛びますが、三葉の家の神社のモデルとの噂も。

f:id:nichinichisou0808:20190410151403j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410152040j:image

 

最後に

都内や秋田、広島など様々なロケ地が存在する模様ですが、私はこれ以上の深追いはしません。

そもそも聖地巡礼としての飛騨古川は、よく行く「氷菓」の聖地である高山市に合わせ込んでの偶然の巡礼だったのです。

 

・・・同じく岐阜県が聖地である「聲の形」の舞台、大垣市では「君の名は。」の宣伝も頻繁にしていたんですよ。飛騨では見なかったなぁ (高山市内にはありました)

f:id:nichinichisou0808:20190410152624j:image

f:id:nichinichisou0808:20190410152628j:image

 

高山の呑み屋で見つけました。
f:id:nichinichisou0808:20190410152121j:image

 

公開当時の新宿ピカデリー。

f:id:nichinichisou0808:20190410215008j:image

 

追記

当ブログの「岐阜県が大好きやよ」の「やよ」は岐阜県では一般的に使われている様ですが、本作で三葉ちゃんの言い方があまりにも可愛いので、思い出してブログタイトルに使用をしました。

 

今回は以上となります。

 

併せて是非ご覧ください

その他聖地巡礼記事となります。

「岐阜タンメン」なるものを東京で知る

今回は関東地方で購入した岐阜県的カップラーメンの記事となります。

はじめに

私は普段からラーメンをあまり食べません。

決して嫌いではありませんが、外食でのラーメンは月に1回以下となり、旅行中もご当地ラーメンを食べる習慣がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190407033845j:image

これは・・・京都で食べた 記憶しかない

そんな私が地元東京のローソンにて愛する岐阜県のご当地カップラーメンと出会ってしまったのです。

 

「岐阜といえば・・・」岐阜タンメン

上記は商品名となります。(私は後程知りました)

f:id:nichinichisou0808:20190406224859j:image

本商品は寿がきや食品の販売ですが、製造は群馬県加ト吉となっていました。

・・・っておい!岐阜でもスガキヤでもないんかい!

それで関東でも入手ができたのかもしれませんね。

 

岐阜タンメンとは

上記によりやや落ち込みましたが、私は本当にラーメン全般について疎いため、少し調査をしてみました。

まず商品名の”「岐阜といえば・・・」岐阜タンメン”は岐阜県内で複数店展開をしている人気店「岐阜タンメン」さんお馴染みのフレーズとのこと。

gifu-tanmen.com 

そして今回は「岐阜タンメン」さん監修のもと、スガキヤがカップ麺商品化、製造は加ト吉となったのが本商品となります。

本家が監修しているのであれば、岐阜ブランドで間違いないでしょう。

f:id:nichinichisou0808:20190406230126j:image

しかも本家サイトでは本商品が宣伝中です。これは期待大かもしれません。

「岐阜タンメン」店舗は大垣市内にもある様ですが、駅から徒歩1時間近くかかりそうな位には遠いです。

 

商品外観

なんかこう「岐阜」という文字だけで神々しく見えてきます。パッケージでは「豚ガラスープ」「ニンニクのコク」「辛味あん」をアピールしています。

f:id:nichinichisou0808:20190406224947j:image

 

商品内容物

早速開封をしてみます。

・麺・・・見た目は本家同様の細麺

・かやく・・・湯入れ前に投入

・液体スープ・・・食前に入れる

・辛味あん・・・食前食中に好みで使う 謎

f:id:nichinichisou0808:20190407123131j:image

左からスープ、かやく、辛味あん

 

f:id:nichinichisou0808:20190407105824j:image

気を遣って具を入れるのは初めて

 

湯を投入する

本商品は熱湯を注ぎ、閉じたフタの上に液体スープを置いて4分待つのです。やけど注意!

f:id:nichinichisou0808:20190407105829j:image

f:id:nichinichisou0808:20190407105834j:image

 

ようやく完成!

4分後、液体スープを入れれば完成となります。一仕事終えた達成感に満ちてきました。

f:id:nichinichisou0808:20190407105912j:image

 

実食① 「辛味あん」 なし

まず基礎知識「岐阜タンメン」の特徴としては (以下公式より引用)岐阜タンメンとは関東地方の一般的なタンメンと違い、豚肉、白菜、キャベツ、にんにくから旨みを抽出し、 塩だしのスープと合わせたシンプルながらも味わい深いオリジナルのタンメンです。(引用以上)との事です。

一般的に関東でタンメンといえば、鶏ガラ塩スープ(日高屋)になるかと思いますが、根本から違う様ですね。 

 

食前に液体スープをいれているとバッチリニンニクがにおってきました。  

 

そしてこれはグイグイと食が進みますね。

はじめての体験だと思います。

 

実食② 「辛味あん」 全入

半分ほどいただいた後、付属の「辛味あん」を全投入しました。

f:id:nichinichisou0808:20190407061324j:image

 

食べかけで申し訳ございません。

f:id:nichinichisou0808:20190407105925j:image

 

うまい!しかし、からい!喉にくる。

もう少し様子を見ながら投入量を調節した方がいいですね。

 

感想

近所で在庫切れとなる前に買い増しをし、同居人にも勧めて新規購入決定です。

f:id:nichinichisou0808:20190407125117j:image

それにしても岐阜県内の実店舗で食べたい!

 

そしてついに・・・

5月の大垣まつりに合わせて、岐阜タンメン 大垣店に行ってまいりました。

f:id:nichinichisou0808:20190519012739j:image

 

店内はカウンターのみでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190519012732j:image

 

トッピングは「野菜増量」と「ネギ」にしました。

f:id:nichinichisou0808:20190519012751j:image

 

夢にまでみた岐阜ラーメン。うまい!

f:id:nichinichisou0808:20190519012742j:image

 

カウンターにある「酢もやし」を好みでプラス。

f:id:nichinichisou0808:20190519012736j:image

f:id:nichinichisou0808:20190519012748j:image

いやあ、よかったです。

やはりカップラーメンより数段美味しいですね。

 

最後に

記事途中で「日高屋のタンタン麺」と書きましたが、どうやら日高屋自体は群馬県以外の関東のみの店舗の様です。そのため「野菜たっぷりタンメン 麺すくなめ」をご紹介して終わりとします。

f:id:nichinichisou0808:20190407125359j:image

 

今回は以上となります。

 

是非併せてご覧ください

主に飲食店のブログ記事となります。

桜咲く大垣「聲の形」聖地巡礼と「令和」公布

今回は私の年間定例イベントとなりました、「大垣 水門川の桜観賞」記事となります。 

はじめに

この岐阜県入りでは別件の用事などがあり、さらに切符予約時には「4/1から新元号」と強く思い込んでおりまして、「新元号と共に大垣入り」を勝手に狙っていました。

なので今回は「平成最後の大垣入り(?)」もしくは「『令和』公布直後に大垣入り」記念としておきます。

 

今回は高速バスで

JRバスの関東と東海では東京〜名古屋間が何かの記念により、普段よりも運賃の安い座席が多く用意されていたため、久々に高速バスで名古屋入りをしました。

f:id:nichinichisou0808:20190404071523j:image

 

この路線は久々利用&バスには詳しくないのですが、この車両って以前は3列座席だったうな・・・車内更新されたのか4列座席となっていました。
f:id:nichinichisou0808:20190404071520j:image

 

そして名古屋高速を走行中にTV生放送を視聴。

「令和」をほぼリアルタイムに知ることが出来ました。

「れいわ」いい響きやね。

昭和は遠くに〜感もありますが(昭和生まれなので)、3時代を生きられる謎のラッキー感と次代への希望に嬉しくなりますね。

 

・・・道路状況が良く名古屋駅には少々の早着となります。

「新東名Sライナー」は途中に停留所がないため、早着も余裕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190404071528j:image

 

大垣駅

名古屋から快速系統列車に乗車すれば約35分久々の大垣です。ここに毎日帰ってこられる人々が羨ましい。

f:id:nichinichisou0808:20190403200648j:image

f:id:nichinichisou0808:20190403200522j:image

 

大垣駅ビル商業施設は4/25に「アスティ」としてリニューアルオープン予定です。個人的には楽しみな新規店舗ラインナップとなりましたが、ロッテリアがサヨナラしたのは痛恨や〜。
f:id:nichinichisou0808:20190403200526j:image

 

駅ビルは現在も工事中ですが、すでに外観にも少し変化がありますね。
f:id:nichinichisou0808:20190403200556j:image

 

大垣市街地と桜と聖地巡礼

8月下旬に閉店予定のヤナゲン本店(百貨店)は、以前は屋上遊園地があったりなど、相当に大垣では流行っていた様です。

ヤナゲン閉店により岐阜県下の百貨店は、岐阜市の高島屋のみになるとのことです。
f:id:nichinichisou0808:20190403200634j:image

 

新大橋にはドドーンと県議選立候補者の掲示がありました。

・・・しかも以前と舗装が変わっていますね。少しずつですが聖地にも変化の波が。
f:id:nichinichisou0808:20190403200445j:image

参考  2月上旬の同場所となります。

f:id:nichinichisou0808:20190403235802j:image

 

晴れていて桜も咲いているけど、寒いのです。

前日の関東は20度近い気温だったためか、さらに冷える気がいたします。。。
f:id:nichinichisou0808:20190403200539j:image
f:id:nichinichisou0808:20190403200535j:image

 

期間限定、水門川の舟下りはなかなか盛況な様です。
f:id:nichinichisou0808:20190403200656j:image

f:id:nichinichisou0808:20190403200710j:image

 

頻繁に舟下りが行われている水門川。

f:id:nichinichisou0808:20190403200454j:image

 

空とさくらいい配色な四季の広場付近。

f:id:nichinichisou0808:20190403200714j:image

 

こちらは美登鯉橋から上写真を撮影した場所を眺める位置です。

f:id:nichinichisou0808:20190403200437j:image

 

そしておなじみ美登鯉橋。なかなかの咲き具合ですが、恐らく満開になるのはこの週末かと。

そして橋は桜の時期には大人気のため、この撮影のために人の居ない翌朝早くに来ました。
f:id:nichinichisou0808:20190403200441j:image

f:id:nichinichisou0808:20190404104305j:image

 

この辺りも満開となれば、桜の屋根が出来上がります。

f:id:nichinichisou0808:20190403200852j:image

 

水門川から灯台方面を望みます。
f:id:nichinichisou0808:20190403200718j:image

 

舟下りの最終地点となります。
f:id:nichinichisou0808:20190403200639j:image

 

芭蕉結びの地記念館

私的重要文化財の数々が常設展示されています。

そしてこの日は桜の咲いた春休みのためか、家族連れや団体様も大勢いらっしゃいます。

f:id:nichinichisou0808:20190403200508j:image

 

どうやら実写映画でも大垣は舞台となった様です。で、その聖地巡礼パンフ(観光協会制作)にでは聲の形にも登場する「大垣市立病院」が舞台として紹介されていますが、実際に病院の中まで巡礼をしていいのでしょうか。(今までは遠慮をしていました)

f:id:nichinichisou0808:20190403200659j:image

 

確か大垣オリジナルアニメのキャラクターだったかと。かわゆい。

f:id:nichinichisou0808:20190403200500j:image

 

大垣市役所 新庁舎

来るたびに建物が上に伸びている気がします。長いクレーンがカコイイ。

f:id:nichinichisou0808:20190403200552j:image

 

大垣の夜桜

昼間とほぼ同じ場所ですが、夜桜もおススメ!

f:id:nichinichisou0808:20190403200544j:image

 

水門川沿や美登鯉橋近くはライトアップもされており、夜桜見物の人々で賑わっています。

f:id:nichinichisou0808:20190403200652j:image

f:id:nichinichisou0808:20190403200512j:image

f:id:nichinichisou0808:20190403200644j:image

 

大垣城と桜です。実際はもうすこし良い色合いです。

f:id:nichinichisou0808:20190403200450j:image

 

大垣での飲食

今回は昼に用事がありシラフでしたが、夜には怒涛の4軒はしご酒となりました。

 

1軒目は夕方から一人で駅前「や台ずし」です。実はいきたいお店がお休みだったので、こちらとしました。 (や台ずしもすっきよ)

f:id:nichinichisou0808:20190403200706j:image

f:id:nichinichisou0808:20190403200703j:image

f:id:nichinichisou0808:20190403200504j:image

 

2軒目、3軒目、4軒目は大垣の師匠他、大垣の方々とビール、日本酒、ウィスキー、サワーを吞み、無事に二日酔いとなりました。

 

2軒目「木の間」さんは大垣城から徒歩1分。全席カウンターですが、なんでも美味しく特にピザがおススメです。
f:id:nichinichisou0808:20190403200517j:image

f:id:nichinichisou0808:20190403200434j:image

 

いきなり旬のホタルイカ!近頃は漁獲量が減少しているとか。

f:id:nichinichisou0808:20190403200531j:image

 

こちらは、、、4軒目の謎の店のナポリタンです。

f:id:nichinichisou0808:20190403200548j:image

 

少し大垣宣伝

今週末は大垣市街地の桜は満開となり4/6は盛大なイベントが開催されます。

f:id:nichinichisou0808:20190404093227j:image

そして毎年4月には有名声優さんも「元気ハツラツ市」にくるのですが、今年も超豪華!

水田 わさびさん  現役ドラえもん!!

ゆきの さつきさん  聲の形 将也の母「美也子」約他多数!!

大垣ってなにげに凄すぎ。

 

最後に

「大垣市」は昨年めでたく市制100年を迎え、今年は次の100年への新しい1年が始まりましたが、「令和」も今年を1年目として、大垣と共に新しい区切りから希望ある未来を目指す訳です。超良い感じですね。

 

そして来月には大垣最大にして、さらに長い歴史のある「大垣まつり」が盛大に開催されるため、次回は祭にあわせて大垣入りをいたします。

f:id:nichinichisou0808:20190404105811j:image

 

今回は以上となります。

 

是非あわせてご覧ください

大垣の情報が満載です。

「聲の形」聖地巡礼45回の記録

今回は岐阜県大垣市が主な舞台の作品「聲の形」の聖地巡礼記事となります。

はじめに

名作「聲の形」。私は劇場版から入りましたが、9月22日に新宿の劇場で観た翌週末には大垣で聖地巡礼を開始しました。

f:id:nichinichisou0808:20190323051715j:image

過去にも「ガルパン」の茨城県大洗などは、5年間で20回程度の聖地巡礼をしてきましたが、今回の大垣は2年半の間で45回となっていました。

そこで今回は作中でも重要な場所である「美登鯉橋(作中:水門橋)」を45回巡礼分、公開させていただきます。

※5/14現在も本記事な追記をしております
f:id:nichinichisou0808:20190322173158j:image

*参考のため本編より画像を引用

最初にご注意として記載をいたしますが、基本的に本文中は似たような写真ばかりとなります旨ご了承ください。

 

2016年 聖地巡礼日

2016年は6回大垣入りをしました。

 

2016年9月29日

初大垣聖地巡礼となります。右も左もわからないまま街を彷徨っていました。

f:id:nichinichisou0808:20190322160006j:image

 

2016年10月15日

2回目から既に大垣コロナワールドで「映画 聲の形」を観ていました。

f:id:nichinichisou0808:20190323023828j:image

 

2016年10月28日

岐阜市にも聖地巡礼の足を伸ばしはじめました。
f:id:nichinichisou0808:20190322160522j:image

 

2016年11月19日

この時は「響け!ユーフォニアム」の宇治とあわせた聖地巡礼でした。

f:id:nichinichisou0808:20190322160858j:image

 

2016年12月2日

この頃にJR大垣駅の南口下りエスカレーターが稼働開始しました。

また、この頃初めて養老の滝の聖地巡礼をしました。

f:id:nichinichisou0808:20190322161146j:image

 

2016年12月27日

将也自宅のモデルや揖斐大橋など遠距離の聖地巡礼を開始しました。

f:id:nichinichisou0808:20190322161446j:image

 

2017年 聖地巡礼日

2017年は24回大垣入りをしました。

 

2017年1月28日

この時も「響け!ユーフォニアム」の宇治とあわせた聖地巡礼でした。

f:id:nichinichisou0808:20190322161905j:image

 

2017年2月18日

大垣市「聲の形 婚姻届」配布が開始された頃かと思います。

f:id:nichinichisou0808:20190322161920j:image

 

2017年3月5日

大垣コロナワールドでは「映画 聲の形」絶賛上映中でした。

f:id:nichinichisou0808:20190322162820j:image

 

2017年4月3日

この年はソメイヨシノの開花が遅れ気味でした。
f:id:nichinichisou0808:20190322162809j:image

 

2017年4月8日

待ちに待った桜が満開となりました。
f:id:nichinichisou0808:20190322162824j:image

 

2017年4月16日
f:id:nichinichisou0808:20190322162829j:image

 

2017年4月29日

大垣コロナワールドではこの時も「映画 聲の形」絶賛上映中でした。

f:id:nichinichisou0808:20190322162815j:image

 

2017年5月13日

初の「大垣まつり」観覧です。夜は大垣コロナワールドでした。

f:id:nichinichisou0808:20190322164001j:image

 

2017年6月7日

この頃に初めて岐阜県の天然鮎と出会いました。

そしてこの日は「聲の形」の西宮さんの生誕祭です。
f:id:nichinichisou0808:20190322164013j:image

 

2017年6月24日

この日は岐阜市にて鵜飼見物も兼ねていました。

f:id:nichinichisou0808:20190322164422j:image

 

2017年7月8日

この辺りになると現実逃避も兼ねて聖地巡礼していますね。

f:id:nichinichisou0808:20190322164845j:image

 

2017年7月15日

f:id:nichinichisou0808:20190322165203j:image

 

2017年7月22日

「聲の形 スマホスタンプラリー2017」開始日です。
f:id:nichinichisou0808:20190322165207j:image

 

2017年7月30日

「大垣花火大会」に合わせて聖地巡礼しました。
f:id:nichinichisou0808:20190322165211j:image

 

2017年8月18日

郡上八幡と高山(氷菓 聖地巡礼)にも足を伸ばしました。
f:id:nichinichisou0808:20190322164008j:image

 

2017年8月27日

f:id:nichinichisou0808:20190322164017j:image

 

2017年9月10日

「聲の形 スマホスタンプラリー2017」を絶賛繰り返し中でした。

f:id:nichinichisou0808:20190323024027j:image

 

2017年9月24日

前日に宇治で「映画 聲の形」の上映があり、大垣にも寄りました。

f:id:nichinichisou0808:20190323024051j:image

 

2017年10月8日

初めての「十万石まつり」観覧です。

f:id:nichinichisou0808:20190323024133j:image

 

2017年10月21日

22日京都でのユーフォニアム定期演奏会のため、大垣にも寄りました。

f:id:nichinichisou0808:20190322170615j:image

 

2017年11月3日

初めて「ナガシマスパーランド」に聖地巡礼しました。
f:id:nichinichisou0808:20190323022550j:image

 

2017年11月19日

聖地でもある「養老の滝」の紅葉見物にきました。
f:id:nichinichisou0808:20190322170628j:image

 

2017年12月9日

この頃から水門川の鯉にパンあげをする習慣がつきました。
f:id:nichinichisou0808:20190322170619j:image

 

2017年12月31日

大垣にて年越しをしました。
f:id:nichinichisou0808:20190322170623j:image

 

2018年 聖地巡礼日

2018年は14回大垣入りをしました。

 

2018年1月20日

この日から大垣コロナワールドでは「映画 聲の形」リバイバル上映開始です。

f:id:nichinichisou0808:20190323024254j:image

 

2018年1月26日

「雪の大垣が見たい」それだけの理由でした。夜は大垣コロナワールドでした。f:id:nichinichisou0808:20190323024259j:image

 

2018年2月3日

原作の聖地巡礼を開始したり、岐阜図書館で「実写 聲の形」を視聴しました。
f:id:nichinichisou0808:20190323024250j:image

 

2018年2月25日

大垣駅で偶然知合いと出会い、そのまま飲みに行きました。

f:id:nichinichisou0808:20190323025315j:image

 

2018年3月17日

この時も偶然、大垣の飲み屋で知合いと遭遇し、さらに飲みに行きました。

f:id:nichinichisou0808:20190323025625j:image

 

2018年4月1日

素晴らしい桜です。

f:id:nichinichisou0808:20190323025813j:image

 

2018年5月11日

「大垣まつり」前日に大垣入りをしました。

f:id:nichinichisou0808:20190323030119j:image

 

2018年6月2日

高山の「氷菓」聖地巡礼とあわせて大垣入りをしました。

f:id:nichinichisou0808:20190323024509j:image

 

2018年6月7日

この日はめでたい「聲の形」の西宮さんの生誕祭です。
f:id:nichinichisou0808:20190323024515j:image

 

2018年7月7日

「岐阜 長良川鵜飼」にあわせて大垣入りをしましたが、鵜飼は長雨による増水で中止となりました。

f:id:nichinichisou0808:20190323030409j:image

 

2018年8月4日

「聲の形 スマホスタンプラリー2018」と大垣「水都まつり」で大垣入りをしました。

大垣駅にてたまたま知合いと出会い、軽く飲みに行きましたが大垣は偶然が多いです。
f:id:nichinichisou0808:20190323024505j:image

 

2018年9月1日

大垣コロナワールドでは「映画 聲の形」リバイバル上映中です。

そして、なんとこの回だけ「美登鯉橋」の写真を撮り忘れました。ガッカリ。

f:id:nichinichisou0808:20190323031241j:image

 

2018年10月7日

「十万石まつり」観覧と、作中で将也自宅のモデルとなった床屋さんでカットを「してもらいました。

f:id:nichinichisou0808:20190323031420j:image

 

2018年11月3日

4日京都でのユーフォニアム定期演奏会のため、大垣にも寄りました。

f:id:nichinichisou0808:20190323031542j:image

 

2019年 聖地巡礼日

2019年は現時点で3回大垣入りをしています。

 

2019年2月3日

この日は大垣での新しい出会いのために聖地巡礼です。

f:id:nichinichisou0808:20190322173451j:image

 

2019年4月1日

この日は「令和」公布日であり。大垣の桜を見に行きました。

f:id:nichinichisou0808:20190514175017j:image

 

2019年5月10日

「大垣まつり」のために大垣入りです。

f:id:nichinichisou0808:20190514175249j:image

 

 

好きな景色を押売り

流石に同じ橋の写真だけでは手抜きっぽいので、美登鯉橋と並行している虹の橋から見た美登鯉橋も撮影をしました。

以下写真のほぼ中央にあるのが美登鯉橋となります。

f:id:nichinichisou0808:20190323045102j:image

 

夜桜満開時。

f:id:nichinichisou0808:20190323045050j:image

 

大雪時。

f:id:nichinichisou0808:20190323045042j:image

 

雲の多い夕刻。

f:id:nichinichisou0808:20190323045058j:image

 

夜間。

f:id:nichinichisou0808:20190323045038j:image

 

夕焼け時。

f:id:nichinichisou0808:20190323045054j:image

 

最後に

ここまで大垣での聖地巡礼を続けたのは「聲の形」の魅力もさることながら、「大垣」「岐阜」の土地、人、食なども非常に魅力的であると確信しております。

近頃ではオンラインにて大垣市に関するサークル活動にも所属させて頂き、さらに大垣を深く知りたいと熱苦しくなっております。

 

今回は以上となります。

 

併せて是非ご覧ください

大垣の記事はブログ内にまだございます。