聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

「HF Player」でハイレゾ再生をする (Android版)

本日はONKYOがAndroidOS向けに提供しているオーディオプレイヤー「HF Player」の記事となります。

f:id:nichinichisou0808:20180626162705p:image

ロゴはiOS版のみ表示される

 

◾️導入・起動

Playストアよりダウンロード可能となっており、ハイレゾ非対応の本体は無料、アップサンプリング等に対応させる場合は追加キー(1000円)を購入の必要があります。

f:id:nichinichisou0808:20180626155428p:image

 

アプリ起動時には接続されたUSB-DACの対応状況が表示されます。

f:id:nichinichisou0808:20170907151532j:image

 

◾️USBケーブル接続のコツ

 iOSデバイスよりも接続タイミングがシビアな感じを受けますが、アプリ起動前に電源を入れたDACに接続をしておけば問題は発生しない様です。

f:id:nichinichisou0808:20170907150653j:image

 

◾️再生画面

プレイヤー画面となります。

下記では96kHzのハイレゾ楽曲をPCM 384kHzにアップサンプリングして再生中です。

f:id:nichinichisou0808:20180626155601p:image

 

こちらは同楽曲をDSDの5.6MHz(DoP)に変換して出力中です。

f:id:nichinichisou0808:20180626155738p:image

 

歌詞表示にも対応しています。

f:id:nichinichisou0808:20180626155905p:image

 

アルバムジャケットをタップすると、再生中の曲情報が表示されます。

f:id:nichinichisou0808:20180626160045p:image

 

曲の管理方法は「フォルダ」「アーティスト」「アルバム」などiOS版よりも豊富です。
f:id:nichinichisou0808:20180626160104p:image

 

AndroidOS版は文字入力による曲検索も可能です。
f:id:nichinichisou0808:20180626160019p:image

 

◾️イコライザー

イコライザーはPCM出力時に使用可能です。iOS版にある「イコライザー品質」の設定はありません。
f:id:nichinichisou0808:20180626160051p:image

 

オリジナルイコライザーも用意されています。
f:id:nichinichisou0808:20180626160058p:image

 

◾️アップサンプリング/DSD設定

AndroidOS版はDAC接続時にPCMアップサンプリング上限が384kHzまで対応しています。(iOS版は192kHz)

f:id:nichinichisou0808:20180626161419p:image

 

「DSDの出力形式」設定にはiOS版にはない項目「ダイレクト転送」があります。

f:id:nichinichisou0808:20180626161423p:image

 

DSD出力時の設定は2.8/5.6MHzがあります。
f:id:nichinichisou0808:20180626161428p:image

 

◾️設定

AndroidOS版はiOS版よりも設定項目が多くなっています。

f:id:nichinichisou0808:20180626162041p:image
f:id:nichinichisou0808:20180626162032p:image

 

例えばこの辺りの設定はiOS版にはありません。
f:id:nichinichisou0808:20180626162037p:image
f:id:nichinichisou0808:20180626162028p:image

 

◾️使用感想

・音質はiOS版同様に好みであった

・基本はiOS版と同様の機能となるが、現時点ではAndroidOS版が色々と優れている感を受けた

・iOS版にあってAndroidOS版にない機能は「イコライザのHD/SD切替」のみと思われる

・Nexus7 2013でも比較的安定動作をするが、DSD 5.6MHz再生中のマルチタスクでプレイヤーが停止することがあった

 

本日は以上となります。

 

 

他ハイレゾ再生アプリの記事も併せてご覧ください。