聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

「カードキャプターさくら クリアカード編」に期待したい

本日の記事は表題の通りとなります。

 

ご注意!

本記事内には「カードキャプターさくら」聖地巡礼に関する情報は一切ありません。

 

2016年に原作漫画の新章開始と同時に、新作アニメ制作のアナウンスもあり、2017年には劇場版旧作品のリバイバル上映まで着々と展開をしてきた「カードキャプターさくら」(以下CCさくら) 。いよいよTVアニメーション「CCさくら クリアカード編」 として放映が開始しました。

f:id:nichinichisou0808:20180106203753j:image

今回は約20年前の作品「CCさくら クロウカード編/さくらカード編」と併せて簡潔に書いてみたいと思います。

 

◼️CCさくらとは

講談社の少女漫画雑誌「なかよし」に1996年より2000年まで連載されていました。アニメ版は1998年より2000年までに劇場版2作品を含めて制作された魔法少女作品となります。

 

◼️初代CCさくらとの出会い

実はオンエア当時は全く観ておらず、存在さえ知らない自分は、友人よりLDを貸された際もまったく興味を示さずに、むしろお目目の大きなキャラクターに違和感さえ覚えていました。実はこのころの私はパンク・グランジ音楽を聴いたり演奏することに傾倒しており、然程アニメに興味がなかった時期だったと思います。

f:id:nichinichisou0808:20180106191750j:image

 

◼️CCさくらにハマった理由

ここの記憶が曖昧なのですが、気づいたら上記より数年後にはどっぷりとハマっていました。特に「劇場版CCさくら 封印されたカード」がお気に入りで、DVD視聴した私はリアルタイムで劇場に行かなかった事に死ぬほど後悔をしたものです。

2017年にはリバイバル上映により2作が劇場で公開され、「封印されたカード」では久々に川上とも子さんの声を聴くこともできました。

f:id:nichinichisou0808:20180106201555j:image

 

◼️CCさくらの魅力

私的にはメインキャラクターの「木之本桜」の魅力に尽きると思います。といいますかそこにしか興味はありません。

f:id:nichinichisou0808:20180107082137j:image

また、本作品は劇中曲にも魅力的な楽曲が多く「さくらのテーマI&Ⅱ」は特に名曲かと思います。
ちなみに私が1番好きなキャラソンは木之本桜役の丹下桜さんが歌う「しあわせの魔法」です。

しあわせの魔法 (カードキャプターさくら) - YouTube

 

◼️旧作内容について所感

実は私原作版は作画以外はあまり興味がない、というより大川七瀬の話は詰まらなくて少々苦手なのです。

その点アニメ版は脚本に大川七瀬は参加しているものの、天才浅香守生監督のおかげで作品の程を成していると私は考えており、特に「劇場版 封印されたカード」は私の中では別格の傑作映画であると思っています。

・・・とりあえず、桜ちゃんが超絶可愛ければ全てを許せるのです。

 f:id:nichinichisou0808:20180106203729j:image

 

◼️クリアカード編に思う事

新章の原作版は3巻まで購入しましたが、現在の所はあまり期待していません。しかし、新作アニメ版は引続き浅香監督ですから大いに期待をしています。

f:id:nichinichisou0808:20180106195736j:image

単行本3巻に同梱の新作DVDを見る感じでは、作画レベルにはあまり期待ができないかもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20180106191918j:image

と上記に記載しましたが本日、早速TVアニメーション第1話を視聴すると、かなり良い感じでした。話は良くも悪くも何時ものCCさくらでしたが、そこが安心して見られるのかもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20180107082321j:image

そして早速エンディングがお気に入りとなりました。ボーカルを早見沙織さんが担当している点もポイント高いです。

 

◼️掘り出されたグッズなど

当時大量に購入した関連グッズは引っ越しやらで大抵は捨ててしまいましたが、我が家にはまだまだありました。いくつかのカードキャプターさくらグッズを集めてみました。

・DVDとBD

左下と右上は北米版となりますが、当時は海外版にまで手を出していた様です。

f:id:nichinichisou0808:20180106191944j:image

 

北米TV版は随所に改変が行われており、もはや別物と言っても過言ではありません。以下はOP映像。

f:id:nichinichisou0808:20180106192201j:image

f:id:nichinichisou0808:20180106192216j:image

 

北米TV版では「木之本桜」ではなく、「サクラ・アバロン」と改名されています。

f:id:nichinichisou0808:20180106192231j:image

 

北米劇場版は日本語音声・英語音声を収録しています。

f:id:nichinichisou0808:20180106192435j:image

 

・トレーディングカード

実はかなりのカードをコンプリート済みです。限定カードも入手しましたが、、、CCさくらブーム再燃でプレミアにならないかしら。

f:id:nichinichisou0808:20180106192513p:image

f:id:nichinichisou0808:20180106192559j:image

物置にはDVD販促の等身大POPや各種ポスター、グッズの残りがまだまだある様な気がします。

 

・2017誕生日イベントに参加

2017年に開催された「カードキャプターさくらお誕生日会」に無謀にも参加し、初めて丹下桜さんの歌をライブで聴きましたが「生きてて良かった」と思うのでした。ちなみに当日のお客は老若男女はては外国人まで参加する盛況振りでした。

f:id:nichinichisou0808:20180106193242j:image

 

◼️最後に

大人気作品の再始動は自分自身がどハマりした過去もあり、今回はとても期待をしていますが、放映時間の日曜日朝は大抵旅行で不在がちなのが困りものです。

それとこの作品に所謂"聖地"ってできないですかね。

 

本日は以上となります。