聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

【雑記】大量の硬貨を両替する方法

本日は私が貯めていた硬貨を口座に入金した記事となります。

 

◾️はじめに

マーケットやコンビニの支払い時、せっかちな私は小銭入れから少額硬貨をいちいち出すのが苦手で、その結果財布の中身は釣銭の1円玉と5円玉が毎日増殖し、更に帰宅するとそれらの少額硬貨を財布から全て出してしまいます。
その結果家では1円玉と5円玉がみるみるうちに貯まってゆくのです。

f:id:nichinichisou0808:20180111010805j:image

1円硬貨選別中 (一応お湯で洗浄します)

f:id:nichinichisou0808:20180111010921j:image

5円硬貨選別中 (しかしお金を触ると手が汚れますね) 

 

今回はそれらを入金処理し、金額を確認しようと思うのですが、貯めていた硬貨が500円や100円玉ならば気分も盛り上がるのかもしれませんが、悲しいかな今回は1円と5円玉のみとなります。

 

◾️銀行窓口で口座に入金は可能だが

私が持ち込んだ都市銀行の窓口入金の受付条件として「入金合計額を明確にする必要がある」とのことで、金額を把握して居なかった私は今回お断りとなりました。

理由の1つとして、銀行側の機械計上額と顧客の計上額での乖離で揉める事例があるからとのことなのです。

逆に入金額さえ明確であれば、大量の硬貨でも窓口より入金可能となる筈です。(詳細可否は銀行・店舗による)

また、口座入金ではなく両替については、割に合わない手数料が必要なのでおすすめはできません。

 

◾️郵便局でも入金は可能

銀行の件は残念でしたが、ここで私は郵便貯金の休眠口座があることを思い出しました。そこで郵便局に硬貨を持参して、口座に入金することとしました。この際にも銀行同様に対応状況の確認は必要と思われます。

 

◾️入金額は把握しておくべきか

本来は把握した上で入金伝票に記入をするのが良いのですが、郵便局での入金時に硬貨枚数が多いなどで金額の把握が難しい場合には、金額欄を空欄とし、窓口で「あるだけ入金」をお願いすれば郵便局の機械計上額=入金額として取扱をしてくれます。

 

◾️郵便局窓口での口座入金に必要なもの

入金処理なのでゆうちょ通帳またはキャッシュカード があれば可能です。

 

◾️大量硬貨持込時の注意点

郵便局(または銀行)では機械にて硬貨枚数の計算をするので、変形硬貨や異物付着硬貨、著しい汚れがある硬貨の持込は避けましょう。ちなみに今回私は硬貨を家で2回洗浄してから金種を分けて持参しました。

 

◾️今回持ち込んだ硬貨

以下写真の量となりました。枚数計算はしませんでしたが7,000枚以上はあるようです

f:id:nichinichisou0808:20180111133604j:image

f:id:nichinichisou0808:20180111133645j:image

上が1円玉、下が5円玉

 

◾️入金結果

郵便局窓口での受付から入金完了までの所要時間はおおよそ15分程度であり、返却・不良硬貨はなし、合計金額は10,147円となりました。なかなか侮れませんね。

f:id:nichinichisou0808:20180111133117j:image

 

◾️入金されたお金の使途

「宵越しの銭を持たない」心情の私は早速、夜の焼肉代金としましたが、半額は来るべき大垣聖地巡礼に備蓄しておきました。

f:id:nichinichisou0808:20180111200045j:image

f:id:nichinichisou0808:20180111200106j:image

f:id:nichinichisou0808:20180111200257j:image

 

◾️最後に

実は我が家には、消費税導入後より反骨精神でひたすら1円硬貨を収集している物好きな同居人がおります。(近頃は引くに引けなくなり、意地になっているらしいですが・・・) 

こちらの1円玉段ボールは既に1人では持ち上げられません。

f:id:nichinichisou0808:20180111133006j:image

数万円はありそうですが、一体どうするのでしょうか。

 

本日は以上となります。