聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

日々草を育てる⑤

本日は家で育てている日々草の記事Vとなります。

f:id:nichinichisou0808:20180110170550j:image

 

夏に購入した4鉢は現在も全鉢が無事に育っており、近頃気が付いたのですが、室内気温が25度近くなると花付がよくなるようです。

f:id:nichinichisou0808:20180110170727j:image

室温25度以上ではバンバン咲きます

 

・・・今までは買ってきた鉢をそのまま育てていましたが、本年は少しステップアップを図ろうと考えています。

 

1. 摘芯と切り戻しをしっかりと行う

昨年は手入れを怠ってしまったので、今年は日々草の見栄えを良くしたり、花数を増やすことにも気をつけたいと思います。

f:id:nichinichisou0808:20180111050756j:image

手入れせずにピンクだけグングン伸びてしまった。。。

 

2. 既存の日々草を大型プランターに植え替える

現在は小さな4つの鉢で育てていますが、春にはプランターに植え替えてみようと思います。日々草は根の構造から植替難易度は高い様ですが、是非試してみようと考えています。

 

3. 早速昨年収穫したタネを撒く

日々草の種まきは春頃が適しているのですが、現在私は室内で育てているので、早速種まきをすることにしました。それには根拠もあり、現在咲いている日々草に落ちた種から新芽が出たため、室内気温20〜25度前後で発芽すると思われます。

f:id:nichinichisou0808:20180110170910j:image

新芽です(後日水のあげすぎで流出してしまいました)

 

4. そうと決まれば早速種まきをする

近所のコンビニで購入したおつとめ品ミニプランター(培養土と栄養剤つき)です。

f:id:nichinichisou0808:20180110171148j:image

 

昨年収穫した日々草の種ですが、集合住宅ではスペースの関係からこんなに撒ききれませんね。

f:id:nichinichisou0808:20180110172546j:image

 

プランター付属の培養土を敷き詰め、満遍なく水をやります。

f:id:nichinichisou0808:20180110171259j:image

 

普段使用の高濃度培養土を上面に少し敷き、日々草の種を等間隔に撒きます(深さ1cm程度)

f:id:nichinichisou0808:20180110171417j:image

 

HB-101希釈液を霧吹きでかけます。

f:id:nichinichisou0808:20180110171952j:image

 

これで完成です。あとは霧吹きで適度に水あげをしつつ、無事に発芽することを祈っています。

f:id:nichinichisou0808:20180110172114j:image

 

5. 他の発育方法も試す

種は沢山あるので、もう少し暖かくなったらサカタのピートバンへの種まきも考えています。

f:id:nichinichisou0808:20180111050043j:image

 

本日は以上となります。