聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

鮟鱇で一杯やるために北茨城へ

本日は冬のご馳走、鮟鱇(アンコウ)を食べに行った記事となり、茨城といいましても非聖地巡礼となります。

 

◾️導入編

私は毎冬の1月頃は茨城県に鮟鱇の「どぶ汁」を食べに行くのですが、いよいよ今年もシーズンがやって参りました。

ここ数年は茨城県大洗町の色々なお店を巡ってきましたが、今年は場所をより北へ移動することにしました。

 

◾️列車移動編

出発は上野駅です。

f:id:nichinichisou0808:20180210194548j:image

 

本日は勝田以北へ行くために特急「ひたち」に乗車します。

f:id:nichinichisou0808:20180210194924j:image

f:id:nichinichisou0808:20180210195305j:image

 

私的にはこの車両からJR東日本の指定席座席は著しい進化を遂げたと勝手に思っています。

f:id:nichinichisou0808:20180210194943j:image

 

途中、車内販売をスルーしようとしたのですが、、、大好物「ほや」が目に入ったために茨城の地ビールと共に購入・喫食してしまいました。

f:id:nichinichisou0808:20180210195248j:image

 

途中、磯原駅普通列車に乗り換え、目的駅「大津港」に到着です。

f:id:nichinichisou0808:20180210195338j:image

f:id:nichinichisou0808:20180210195402j:image

 

◾️街中散策編

実は本日は3人でアンコウを食べにきたのですか、他2人は「大津港駅から歩きたくない」との理由で、直接お店前での待ち合わせとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20180210195428j:image

 

普段は聖地巡礼(特に大垣ですが)で歩くことが多い私ですが、一般的な旅行でも知らない土地を歩くのが大好きなため、今回も駅から寄り道をしながらズンズン歩きます。

f:id:nichinichisou0808:20180210195618j:image

 

人のいない道を音楽を大音量で聴きながら歩いていると、ご機嫌のあまり自然と鼻歌も出てきます。

f:id:nichinichisou0808:20180210195644j:image

f:id:nichinichisou0808:20180210195705j:image

 

歩き旅の良いところとは、現地の空気を吸いながら横道に逸れれば、素晴らしい眺望との出会いがあります。

f:id:nichinichisou0808:20180210195738j:image

f:id:nichinichisou0808:20180210195757j:image

f:id:nichinichisou0808:20180210195821j:image

 

こんな民宿で一泊してみたいものです。

f:id:nichinichisou0808:20180210200113j:image

 

震災・津波被害に遭った六角堂も再建されましたが、床が畳から板敷きに変更されたのがやや不評の様です。

f:id:nichinichisou0808:20180210200050j:image

f:id:nichinichisou0808:20180210200201j:image

 

こちらの温泉施設はリニューアル工事期間中に津波被害に遭い、結局再興することなく閉館したとお聞きしました。

f:id:nichinichisou0808:20180210200225j:image

 

◾️食事編

そして本日のメイン、アンコウ料理を頂く「魚力」さんに到着しました。(看板でお店が隠れてしまいました)

f:id:nichinichisou0808:20180210200308j:image

 

お店の前は真っ青な海!

f:id:nichinichisou0808:20180210200402j:image

 

店内はかなり広いですが、あっと言う間に満席となりました。

f:id:nichinichisou0808:20180210200541j:image

 

私は良く歩いたので生ビールが美味い!

f:id:nichinichisou0808:20180210200603j:image

 

同行した2人はアラカルトにも拘る人達なので、本日の「どぶ汁風鍋」は2人前の予約としておきましたが、十分な量です。

f:id:nichinichisou0808:20180210200621j:image

f:id:nichinichisou0808:20180210200650j:image

f:id:nichinichisou0808:20180210201114j:image

 

共酢のタレはあん肝分がやや少なめですが、身はしっかりとしていてなかなかグーです。

f:id:nichinichisou0808:20180210200818j:image

 

大津港近くで採れた生牡蠣は身がしっかりとした歯ごたえでかなり美味です。しかも1個400円を切っていました。「時価」と書いてあったので警戒して1人1個しか注文しませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20180210200910j:image

 

「みぞれ玉乃光」は日本酒がみぞれ状になっている"大人のカキ氷"です。キンキンに冷えてサッパリとした口当たりは、味噌風味の鍋に合います。

f:id:nichinichisou0808:20180210201049j:image

 

稚鰤(ワラサ)を焼いたものです。恥ずかしながら私は稚鰤を知りませんでしたが、字のごとく出世魚「鰤」の1回り小さい魚を指し、食べてみると鰤よりも脂が爽やかですが、血合いなどは鰤そのもので美味しかったです。

f:id:nichinichisou0808:20180210201142j:image

 

こちらも大津港近くで水揚げされたウニを使用したウニ焼きです。私はウニなら蝦夷馬糞雲丹が1番と思っていましたが、考え直す必要がありそうです。

f:id:nichinichisou0808:20180210201221j:image

 

そして締めの雑炊となりました。少し出汁を飲みすぎたので水分が飛んでしまいましたが、なかなか美味しゅうございました。

f:id:nichinichisou0808:20180210201258j:image

 

◾️帰路編

帰りの乗換え時に一旦下車した日立駅です。超カッコいい駅舎ですね。流石日立のお膝元?

f:id:nichinichisou0808:20180210201354j:image

f:id:nichinichisou0808:20180210201417j:image

f:id:nichinichisou0808:20180210201444j:image

 

◾️最後に

実は今回の「魚力」さん、お店の前の景色にとても見覚えがあったのです。帰宅後に過去の写真を漁っていると、、、なんと2009年に同僚と車で食べに行っていましたw

 

当時は自分で鍋に入れるスタイルでした。

f:id:nichinichisou0808:20180210202444j:image

 

共酢です。

f:id:nichinichisou0808:20180210202608j:image

 

本日は以上となります。