聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

「リズと青い鳥」はとても良い作品だと思う

本日は劇場作品「リズと青い鳥」の記事となります。

 

※極力ネタバレはしていませんが、本作品について何も知りたくない方はご注意ください

 

◾️最初に

4/21より封切られた本作品は「映画 聲の形」のメインスタッフが手がけた「響け!ユーフォニアム」のスピンオフ作品となります。

最初の予告編を見た辺りから個人的には生意気にも「コレ、どうなのよ?」状態で、公開後も劇場まで行くかを悩んでいたのですが、以下の記事を拝見した後に行くこととしました。

 

◾️観賞状況

「響け!ユーフォニアム」はTVの2作と劇場版2作を視聴済みですが原作は未読のため、本作品の予備知識はほぼ無しとなります。

また、TVの2ndシーズンでは、みぞれと希美のエピソード(本作品のメインエピソード)が私には一番興味の薄い箇所だったので、劇場公開されても余り見る気は湧いてきませんでした。

しかし4/28に劇場で一度見ると、なかなか気に入ってしまい、本日迄に4度劇場に足を運び、そして毎回(しょうもない)テーマを決めて同じ劇場で観賞するまで(重症)となりました。

f:id:nichinichisou0808:20180506175146j:image

新宿は朝の8時から映画が見られる

 

・1回目は 初めてなので普通の映画鑑賞だった

・2回目は 友人を巻き込みつつ音楽を良く聴きたいと思い

・3回目は 座席前列で作画を集中して観たいと思い

・4回目は 決めたベスト座席で集中して作品に溺れたくなった

 

・・・作品にハマるなんて簡単なものですね。

そして流石に4回も観賞したからか、自分の中でも感想めいたものが湧いてきたので、簡潔にまとめてみました。

しかし、残念なことに私は昔から感想文が超苦手なので、これを読むくらいならば劇場で作品を観た方が早いかもしれません。

 

◾️物語について

約90分の作中には勿論メインストーリーがあるのですが、その中には無数の小イベントが散りばめられており、観ている側を飽きさせない作りだと感じました。

下手をすれば30分で終わってしまいそうな内容に上手く肉付けをしているのではないでしょうか。

逆を言えば全編に渡ってイベントが続くため、終始気を抜けるシーンが殆ど存在しないのではないでしょうか。集中して観ている側は少し疲れてしまうかもしれません。

 

◾️作画について

キャラクターデザインが「聲の形」の西屋太志さんですから、これはもう言うことはありませんが、本編の作画も明らかに聲の形よりも洗練されている気がしました。

元三流アニメーターとして京アニの作画には一切の不満・意見はありませんが、特に瞳の描き込みや髪の毛とスカートの動画に私は感嘆しました。

・・・そして個人的な極論ですが、以降のユーフォニアムはこの絵で良いとすら思いました。

 

f:id:nichinichisou0808:20180506180537j:image

これまでの みぞれ

 

f:id:nichinichisou0808:20180506180548j:image

本作品での みぞれ

 

※画像は作画比較のためにのみ使用します

 

◾️音楽について

作中音楽については「聲の形」の音楽も手がけ、今作でも物語と親和性の高く独創的でもある作曲をされる牛尾憲輔さんです。

そして吹奏楽曲作曲は「響け!ユーフォニアム」てお馴染みの松田彬人さんにより、表題曲は強く印象に残る名曲でした。

余談ですが本作品のサントラはハイレゾ楽曲の中でも高音質とされるDSD 5.6MHz版も配信されており、私としてはこれまでのアニメ作品のサントラで1番に良い音とも感じられました。

エンディングテーマ担当の「Homecomings」については初めて聴くアーティストでしたが、私の好きなアイルランドのバンド「The Cranberries」の実力派Vo.ドロレス・オリオーダンを感じさせる素敵な歌声だと思います。

f:id:nichinichisou0808:20180506193654j:image

ハイレゾ配信がないためCDを購入

 

◾️総合感想

私にとっては「聲の形」と「響け!ユーフォニアム」の良いところが融合した様な、新たな安住の地(逃げ道とも言う)を見つけた気分です。

今までの「響け!」シリーズも勿論良かったのは言うまでもありませんが、今作品では登場人物と物語が完全に音楽と一体化をした印象を強く受けました。

 

◾️唯一気になるのが

演出の関係かもしれませんが、「上履き」の音がどうもしっくりこないんですよね。

 

◾️最後に

あと何回劇場に行くのかは判りませんが、勝手に頑張ります。

 

 

本日は以上となります。