聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

「ももへの手紙」聖地巡礼まとめ

きし本日は映画「ももへの手紙」の聖地、広島県呉市大崎下島の聖地巡礼記事となります。

基本は聖地巡礼記事ですが、穏やかな瀬戸内海の島の風景を紹介しておりますので、ファンではない方も是非ご覧ください。

 

※過去記事に大幅な内容更新をした再投稿記事となります。

※場合によっては写真・情報に誤りがあります

※個人宅や学校については詳細は記載せず、画像にも加工を施します

目次

 

◾️はじめに

「ももへの手紙」は2012年に全国ロードショーされた瀬戸内海の小さな島「汐島」が舞台となるファンタジーアニメーション作品です。

汐島のモデルは瀬戸内海にある広島県呉市大崎下島となります。

f:id:nichinichisou0808:20180520140618p:image

劇場公開前フライヤー

 

◾️聖地へのアクセス

東京発の場合、以下の2パターンで移動してみましたが、私的には1.が良かったです。

1. 福山駅まで山陽新幹線に乗車、福山からは山陽本線・呉線と乗り継いで竹原駅で下車し、竹原港より高速フェリー。

 

竹原駅前。

f:id:nichinichisou0808:20180720123130j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720123116j:image

 

どうやら「たまゆら」の聖地らしいです。(少しだけ聖地巡礼しましたので機会があれば公開します)
f:id:nichinichisou0808:20180720123119j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720123125j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720123112j:image

 

こちら竹原港です。大小様々な船が出入りしています。
f:id:nichinichisou0808:20180720123109j:image

 

こちらが大崎下島に行く高速フェリーです。

f:id:nichinichisou0808:20180520004305j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720131336j:image

 

船内は広くて快適ですが、風を感じることが出来る船尾にも出られます。

f:id:nichinichisou0808:20180520114059j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720131404j:image

 

素晴らしい瀬戸内海の穏やかな海。
f:id:nichinichisou0808:20180720131356j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720131359j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520132217j:image

 

2. 広島駅まで山陽新幹線乗車、広島駅前より「沖友天満宮前行」バス1本で大崎下島まで行くことが可能。

f:id:nichinichisou0808:20180520003824j:image

広島駅前バス停

 

バスは広島駅前からも乗車可能ですが、始発は広島バスセンターとなります。

f:id:nichinichisou0808:20180520004249j:image

見た目は路線バス、座席は長距離でも疲れにくい

 

f:id:nichinichisou0808:20180520141740j:image

下蒲刈島あたりから車窓も楽しめる

 

◾️汐島の港

物語冒頭にももと母いく子を乗せたフェリーが到着する汐島の港は、実際には大崎上島の木江港となります。

f:id:nichinichisou0808:20180520131248j:image

 

作中いく子が今治へ行く時に乗船する高速艇が出ている港です。実際は大崎下島の大長(おおちょう)港となります。また、別作品ですが「男はつらいよ」の作中でも使用されたことがあります。

f:id:nichinichisou0808:20180520125848j:image

 

竹原港より約50分の航海を終え大長港に到着した高速フェリー「かがやき」。

f:id:nichinichisou0808:20180520005550j:image

 

始発フェリー出航前の大長港。

f:id:nichinichisou0808:20180520125924j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720130351j:image

 

電話ボックス屋根のみかんは、島の特産品です。

f:id:nichinichisou0808:20180520130002j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720125352j:image

 

併設されている切符売場・待合室はとても味があります。

f:id:nichinichisou0808:20170214102356j:image

f:id:nichinichisou0808:20170214102421j:image

 

待合室外には色褪せてはいますが聖地巡礼マップが掲示されていました。

f:id:nichinichisou0808:20170214102628j:image

 

◾️ももが住む港町の風景

大長地区の北堀には、昭和末期まで農作物を運搬する5トン未満の木造船が大量に係留されていたそうです。

f:id:nichinichisou0808:20180720133311j:image

大長地区の模型。さらに左にいくと御手洗地区がある

 

f:id:nichinichisou0808:20180720130315j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720125426j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720125421j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720132037j:image

 

大長地区を上から眺める。

f:id:nichinichisou0808:20180520120355j:image

 

このあたりでは「男はつらいよ」の作中、寅さんが商売をしていました。

f:id:nichinichisou0808:20180720132813j:image

 

こちらも北堀でしょうか。橋の向こう側は瀬戸内海となり、先に見えているのが岡村島となります。

f:id:nichinichisou0808:20180520103029j:image

 

こちらは南堀と思われます。

f:id:nichinichisou0808:20180520114337j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520103209j:image

 

作中にも登場する「汐島唯一のコンビニ(雑貨店)」です。

f:id:nichinichisou0808:20180520103316j:image

 

◾️ももの逃走経路

家の中で初めて3匹の妖怪を認識したももは家を飛び出し一目散に逃げ出します。

こちらがももの家となりますが、一般家屋のため説明は省略します。

f:id:nichinichisou0808:20180520103724j:image

 

こちらも説明は省略します。

f:id:nichinichisou0808:20180520104309j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520103527j:image

 

ここは「なんとなく似た風景だなあ」程度なので、適当です。

f:id:nichinichisou0808:20180520141830j:image

 

天満宮。ここまで逃げたももでしたが、妖怪達に気づかれてしまう場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180520104156j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520141904j:image

 

この御手洗地区は建造物群保存地区に選定されており、古い街並みが楽しめます。

f:id:nichinichisou0808:20180520105930j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520122951j:image

 

確かこの辺で清涼飲料水「オランジーナ」のCM(先生登場)を撮影・放映していました。

f:id:nichinichisou0808:20180520112011j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720125812j:image

 

松浦時計店。直せない時計はなく、日本中から故障品修理依頼が来ているそうです。

f:id:nichinichisou0808:20180520120457j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520133429j:image

 

この街角もももが走っているシーンがあります。

f:id:nichinichisou0808:20180520110042j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520121432j:image

 

保存地区の建物は私には同じように見えてしまうので、とりあえず載せておきます。

f:id:nichinichisou0808:20180520110121j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520120914j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520174106j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520115936j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520110148j:image

 

走りつづけたももが疲れて座り込む場所は満船寺下となります。

f:id:nichinichisou0808:20180520110508j:image

 

逃げた末に道に迷ったももに陽太が道案内をするシーンで登場します。御手洗港がすぐそばです。

f:id:nichinichisou0808:20180520173030j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520182844j:image

 

◾️その他聖地

こちらは駐在所となります。作中では郵便配達員の幸市が立ち寄ります。

f:id:nichinichisou0808:20180520111735j:image

 

多分ですが、台風直撃時にももと幸市が配達バイクで出発する場所です。

f:id:nichinichisou0808:20180520113607j:image

 

千砂子波止&高灯篭は本編背景で登場しています。

f:id:nichinichisou0808:20180520115657j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520174124j:image

 

旧越智医院は作中、いく子が休養する病院です。

f:id:nichinichisou0808:20180520113704j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520175130j:image

 

こちらは大長地区を少し高台に行くとある場所です。本作品のキービジュアルの背景です。

f:id:nichinichisou0808:20180520122027j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520141254j:image

 

御手洗地区の「街並み保存センター」に展示してあるPOPは色褪せていました。

f:id:nichinichisou0808:20180520123843j:image

 

◾️大崎下島散策 (聖地巡礼以外)

とにかく穏やかです。

f:id:nichinichisou0808:20180720125914j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720125918j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720125927j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720125930j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720125911j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720131654j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720131647j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720132641j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720132631j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720131651j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720125934j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720125923j:image

 

恵比寿神社は本殿と鳥居が県道で分断されています。

f:id:nichinichisou0808:20180520172944j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520173004j:image

 

宇津神社。

f:id:nichinichisou0808:20180520173059j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720125747j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520173133j:image

 

いきなり現れるホーロー看板。

f:id:nichinichisou0808:20180520120646j:image

 

足、開きすぎ〜。

f:id:nichinichisou0808:20180520182300j:image

 

大崎下島は温暖な気候からか、色々な花が島内で楽しめます。

f:id:nichinichisou0808:20180520182324j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720125721j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720125717j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720130014j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720130017j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720131604j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720131608j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720131553j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720133457j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720131612j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720131601j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720125713j:image
f:id:nichinichisou0808:20180720125725j:image

 

御手洗地区の各家にはこの様な綺麗な花飾りが付いています。

f:id:nichinichisou0808:20180520182348j:image

 

にゃーん。

f:id:nichinichisou0808:20180520182909j:image

 

◾️瀬戸内海を望む

穏やかな海、いいですね。

f:id:nichinichisou0808:20180520121618j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520174156j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520122558j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720125515j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720131740j:image

 

瀬戸内海を島の高台から見るために、この先の階段を登りますよ〜。

f:id:nichinichisou0808:20180720131814j:image

 

これは御手洗地区です。
f:id:nichinichisou0808:20180720131817j:image

 

まだまだ登ります。

f:id:nichinichisou0808:20180520142118j:image

 

登り切ると「歴史の見える丘の上公園」から瀬戸内海がよく見えます。こちらは大長地区です。

f:id:nichinichisou0808:20180520121748j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520121807j:image

 

こちらは御手洗地区となります。

f:id:nichinichisou0808:20180520121854j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720125546j:image

f:id:nichinichisou0808:20180720132724j:image

 

◾️大長みかんの産地

島の山間部には所狭しとみかんやレモンが栽培されています。

f:id:nichinichisou0808:20180520122312j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520131648j:image

 

この運搬機に収穫物を載せて山の下まで降りて行きます。

f:id:nichinichisou0808:20170214104456j:image

 

オンシーズンは町にみかんが溢れます。・・・しかしこの状態で盗まれないのでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20170214104703j:image

 

このケース、中身は全部みかんです。

f:id:nichinichisou0808:20180520181722j:image

 

しかも安い。買いましたが甘めで美味しいです。

f:id:nichinichisou0808:20170214104719j:image

 

島にはみかんの博物館もあります。

f:id:nichinichisou0808:20180520182233j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520181649j:image

 

なんとみかんの缶詰はこの地が発祥だったのです。

f:id:nichinichisou0808:20180520181709j:image

 

◾️島での食事

私はお昼は脇坂屋さんにします。

f:id:nichinichisou0808:20180520182215j:image

f:id:nichinichisou0808:20180520132606j:image

 

穴子丼はなかなか美味しかったです。

f:id:nichinichisou0808:20180520125551j:image

 

穴子の刺身です。

f:id:nichinichisou0808:20180520125606j:image

 

「ももへの手紙」のポスターを掲示されていました。写真撮影をお願いしたら聖地巡礼のガイドブックをいただけました。

f:id:nichinichisou0808:20180520125629j:image

 

◾️島での宿泊

1回目巡礼時は「オレンジハウス」さんです。

f:id:nichinichisou0808:20180720130119j:image

 

窓の外はすぐに大長港なんです。

f:id:nichinichisou0808:20180720132509j:image

 

アットホームな感じが落ち着きます。

f:id:nichinichisou0808:20180720123634j:image

 

2回目巡礼時は「ゆたか海の家」です。

f:id:nichinichisou0808:20170214111108j:image

 

シャコがとても美味しかった記憶が、、、なにせ3年前の事ですので、忘れてしまいました。

f:id:nichinichisou0808:20170214111141j:image

f:id:nichinichisou0808:20170214111158j:image

 

◾️まとめ

これまでに2回訪れましたが、時間流れが緩やか、海は穏やか、人々も穏やかでとてもいい土地です。「この世界の片隅に」の呉中心街にも行きたいので、近いうちに尾道市、呉市、広島市ツアーに行くかもしれません。

 

本日は以上となります。

 

 

他聖地巡礼記事もよろしくお願いします。