聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

この週末は聖地巡礼ついでに寿司屋3軒を巡ってきた

本日は表題の通りとなります。

 

この週末には岐阜県の大垣・高山を「聲の形」「氷菓」聖地巡礼として巡ってきましたが、今回はその2日間のほぼ全食事を記録した記事となります。

※写真量が多いため聖地巡礼記事とは分離して投稿をします。

 

◾️はじめに

この土日は色々とありまして、2日間の食事全6回の内、3食がお寿司屋さんでの食事となりました。勿論私もお寿司2回目から気付いてはいましたが、色々と断れない大人の理由というものがあるのです。

・・・そして私は体系的には「やや太め」だと認識していますが、そんな人間が1日にどれだけの物を食べるのか是非参考にしてください。

 

◾️土曜日 朝食 (6:20)

f:id:nichinichisou0808:20180603165308j:image

東京発の新幹線「のぞみ」内でおなじみ「プレミアムサンドイッチ」と「紀州南高梅おにぎり」を食べました。この時点ではまだノンアルコール状態です。

f:id:nichinichisou0808:20180603163013j:image

 

◾️土曜日 午前おやつ (10:30)

大垣の夏の風物詩「水まんじゅう」です。よく冷えた水まんじゅうを冷水と一緒に頂くと、とても涼しくて爽やかな甘さが癖になるのです。

f:id:nichinichisou0808:20180603165335j:image

 

◾️土曜日 昼食 (10:45)

f:id:nichinichisou0808:20180603165420j:image

大垣の「すし半」さんです。実は7月に友人たちが大垣に遊びに来るので、その時の宴会用に天然鮎の予約をする予定だったのですが、店の看板娘さんが「今日も生きのいい天然鮎が入ったんよ!」とわざわざ教えてくれたのです。これはもう入店するしかありませんね。

 

お店に居られる時間が約1時間しかなかったので、「いきなりステーキ」ならぬ「いきなり日本酒 水門川」です。お通しはホタルイカの酢味噌和えです。
f:id:nichinichisou0808:20180603165436j:image

 

「カツオのたたき」はニンニクとシソを絡めてポン酢でいただくと空腹に拍車が掛かります。
f:id:nichinichisou0808:20180603165425j:image

 

刺身盛り合わせ。。。本日は特にネタに気合が入っている感じがします。赤貝大好きです。
f:id:nichinichisou0808:20180603165412j:image

 

そして岐阜県は郡上、和良川の天然鮎です。勿論頭から尻尾まで美味しく食べられます。
f:id:nichinichisou0808:20180603165430j:image

 

しかし残念!ここで時間切れのため、泣く泣く鉄火巻で〆ます。
f:id:nichinichisou0808:20180603165416j:image

 

◾️土曜日 午後おやつ (15:30)

f:id:nichinichisou0808:20180603165529j:image

岐阜県は高山までバス移動をし、「氷菓」マニアのTさんと合流した後に喫茶店「バグパイプ」に入店します。

 

春限定の飛騨いちごジュースとレアチーズケーキです。近頃は甘味にも興味があり困っています。

f:id:nichinichisou0808:20180603165553j:image

 

◾️土曜日 夕食① (18:30)

f:id:nichinichisou0808:20180603165615j:image

大垣から高山に移動した私は、Tさんとの夕食を予定していたのですが、この日予約していたお店は「廣寿司」さん。そう、この日2度目のお寿司です。Tさんオススメのお店ですからモチのロンで行きますとも。

 

ビールはエビスビール。

f:id:nichinichisou0808:20180603165746j:image

 

旬の刺身盛り合わせに"バイ貝"を追加でお願いしましたが、バイ貝にスミイカと鯵が特に、特に美味しかったです。
f:id:nichinichisou0808:20180603165729j:image

 

日本酒は飛騨古川「渡辺酒造」のお酒「W(ダブリュー)」です。
f:id:nichinichisou0808:20180603165813j:image

Wには数種類あるそうですが、こちらは山田錦100%だそうです。最初甘くて後味すっきりでした。

f:id:nichinichisou0808:20180603165817j:image

 

富山産の岩牡蠣、手が込んでますね〜。この空豆がまた絶品でした。
f:id:nichinichisou0808:20180603165725j:image

 

「白えび 唐揚げ」は揚げ方が絶妙でサクサクトロっと甘みのある海老の風味を楽しめます。
f:id:nichinichisou0808:20180603165718j:image

 

先程の空豆が美味しかったので「そら豆 天ぷら」も注文しました。
f:id:nichinichisou0808:20180603165734j:image

 

次の日本酒も飛騨の地酒「小町桜」です。淡麗で食べ物と相性が良いです。
f:id:nichinichisou0808:20180603165802j:image

 

「だし巻き卵」。こちらのお店は奥様がお寿司以外の調理をご担当されているようですが、焼き方、揚げ方が絶妙で本当に美味しいのです。
f:id:nichinichisou0808:20180603165742j:image

 

「穴子 白焼き」香ばしさと甘さが日本酒とあいます。
f:id:nichinichisou0808:20180603165809j:image

 

「このわた入り茶碗蒸し」。実は私ナマコはあまり得手ではなかったのですが、この食べ方はアリですね。ナマコの風味がマイルドになってもう食べるのが止まりません。
f:id:nichinichisou0808:20180603165738j:image

 

そしてお寿司はこの日2回目の鉄火巻からです。私は海苔とシャリにマグロが混然一体となる風味の鉄火巻が1番好きです。
f:id:nichinichisou0808:20180603165758j:image

 

全部掲載すると枚数がかさむので。。。中トロ握りですが、脂の入りが丁度いい塩梅です。f:id:nichinichisou0808:20180603165754j:image

 

雲丹です。礼文島まで行って生きた雲丹を食べたTさんが絶賛していました。
f:id:nichinichisou0808:20180603165750j:image

 

◾️土曜日 夕食② (21:15)

f:id:nichinichisou0808:20180603165850j:image

夕食2軒目は「一茶」さんです。このお店の開店時間は夜の21時以降(不定期)なのですが、地元の方にも絶大なファンがいらっしゃるので、開店直後に満席となります。

 

キリン生ビール大好きです。

f:id:nichinichisou0808:20180603165937j:image

 

「ザク切りキャベツのコールスロー 自家製ドレッシング和え」私は毎回これがお目当てで来ています。日本一美味しいコールスローだと勝手に思っています。
f:id:nichinichisou0808:20180603165921j:image

 

Tさんは揚げ物マニアのため「からあげ」を注文しましたが、「おろしダレ」につけてたべるとジューシーさわやかで幸せになりました。
f:id:nichinichisou0808:20180603165929j:image

 

巨峰サワー。
f:id:nichinichisou0808:20180603165917j:image

 

キュウリの漬物。やや塩味が強いぬか漬けという感じです。日本酒と凄く合いそうです。
f:id:nichinichisou0808:20180603165933j:image

 

「茄子キムチ炒め」最初は辛くないかな、と思いきや甘さの中から辛味が湧いて来ます。キムチとナス、いい組み合わせです。
f:id:nichinichisou0808:20180603165925j:image

 

◾️日曜日 朝食 (6:45)

ワシントンプラザホテルの調子はビッフェではなく、和食または洋食から選択する方式です。ビュッフェでしたら朝から食べすぎるところでした。危ない危ないでぶー。

f:id:nichinichisou0808:20180603164816j:image

 

◾️日曜日 朝のビール (8:45)

f:id:nichinichisou0808:20180603164859j:image

高山といえば「宮川朝市」が有名ですが、勿論私達も朝の8:30頃からぶらつき始めます。

 

露店で手にするはアサヒスーパードライ。朝から飲むとききますね〜。

f:id:nichinichisou0808:20180603170015j:image

 

飛騨牛の串焼きです。価格からするとまあまあでした。
f:id:nichinichisou0808:20180603170008j:image

 

岐阜のソウルフード「明宝フランク」。ケチャップとからしは自分でかけました。こちらはビールともバッチリ合いました。
f:id:nichinichisou0808:20180603170019j:image

 

◾️日曜日 午前おやつ (9:15)

ほろ酔いの我々は高山の陣屋を目指しますが、陣屋前では香ばしい醤油の匂いが。焼き団子の海苔巻は一本90円。こりゃ朝から日本酒が欲しくなりますね。

f:id:nichinichisou0808:20180603170048j:image

 

◾️日曜日 昼食 (13:00)

f:id:nichinichisou0808:20180603170124j:image

この日は夕方から地元で人と会う用事があるので、長野県は松本駅から早めの帰路で「スーパーあずさ」に乗車しますが、時は既に13時です。そう、ランチです。

 

「山里おつまみ弁当」と「キリン一番搾り」です。信州の魅力がつまった酒飲みにはもってこいのお弁当は850円のお得価格です。

f:id:nichinichisou0808:20180603164741j:image

 

◾️日曜日 夕食 (18:00)

この晩は私が個人的に仕事を依頼していた友人との夕食でしたが、メールにて何を食べたいか尋ねたところ「寿司」だそうです。ああ、皆んなお寿司好きだね。まあ、私もお寿司好きなので行くしかないですよね。

 

サッポロ生ビール、突き出しは里芋。

f:id:nichinichisou0808:20180603193426j:image

 

「水茄子の浅漬け」は瑞々しくて美味しいです。
f:id:nichinichisou0808:20180603193442j:image

 

「生ホヤ」は「ホヤの塩辛」と迷いましたが、今回は生ホヤにしました。まいうー。これだけは取り合いに。
f:id:nichinichisou0808:20180603193430j:image

 

「宮古の枝豆」は食べる前から甘い香りが漂ってくる絶品枝豆でした。
f:id:nichinichisou0808:20180603193423j:image

 

海鮮サラダ、、、野菜好きだからいいのですが、海鮮分をもう少しください。
f:id:nichinichisou0808:20180603193419j:image

 

獺祭 純米大吟醸50です。
f:id:nichinichisou0808:20180603193439j:image

 

「鮎の塩焼き」は他のテーブルでも人気のようでした。鮎って川魚でも特別な人気がありますよね。
f:id:nichinichisou0808:20180603193434j:image

 

ラストは単品の組み合わせです。私、本当にマグロ(特に鉄火巻)が好きなんです。こちらのお店の鮪は本当に美味しくて本マグロみたいです。
f:id:nichinichisou0808:20180603193446j:image

 

◾️最後に

皆さんも日夜食べて太りましょう!

ちなみに私、明日から暫くは立ち食いそばとレトルト食品で乗り切ります。もう財布が持たんよ。

 

本日は以上となります。