聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

東武沿線で吉田類氏放浪の店に行く さらに後

本日は表題通りの記事となります。

 

こちらのお店「やまよし」さんを当ブログで記事とするのは3回目となります。

 

「やまよし」さんは私の家からは西武池袋線〜JR武蔵野線〜東武スカイツリーラインと3社線を乗り継いで、所謂ドアtoドアで約1時間30分の所要時間となりますが、そこまでしても行きたくなる癖になるお店なのです。

f:id:nichinichisou0808:20180716125116j:image

 

この日も我々と同時に別の予約客が入店し、瞬く間に店内は満席となりました。私達を含めてこちらの常連さんは腰が重いですから、一度呑み始めると誰も帰りませんw

そしてカウンター上のメニューは毎回少しずつ変化があります。
f:id:nichinichisou0808:20180716125007j:image

 

毎月、季節の草花模様にかわる敷紙。そして細かいことですが「箸置き」を出してくれる居酒屋さんはいいですよね。箸置きがない場合、仕方がないので私は箸袋を折って自分で作ります。
f:id:nichinichisou0808:20180716125023j:image

 

本日もお通しがすんばらすぃです。今回は特にとうもろこしが気に入りました、
f:id:nichinichisou0808:20180716125011j:image

 

本日も最初は店主おすすめの日本酒に委ねると、愛媛県の「石鎚」なるお酒を出していただきました。さわやかフルーティーな感じです。
f:id:nichinichisou0808:20180716125031j:image
f:id:nichinichisou0808:20180716125056j:image

 

いつもながら豪勢な刺盛りにはサザエやシメサバ、茄子までも。
f:id:nichinichisou0808:20180716125059j:image

 

「生枝豆 味風香」という甘みの強い新潟品種の枝豆です。
f:id:nichinichisou0808:20180716125027j:image 

 

谷中生姜。昔は嫌いな食べ物でしたが、今では酒の友達です。
f:id:nichinichisou0808:20180716125112j:image

 

揚げ出し豆腐。
f:id:nichinichisou0808:20180716125035j:image

 

確か「初がつお新玉ねぎ和え」です。
f:id:nichinichisou0808:20180716125039j:image

 

次のおすすめ日本酒は岐阜県養老町(聖地大垣市の隣!)の「無風(むかで)」です。養老は上質な水と親孝行の酒で有名な土地ですから、もちろん美味しいのですが、ラベルイメージとは違い、爽やかな味が広がる日本酒となっています。
f:id:nichinichisou0808:20180716125043j:image
f:id:nichinichisou0808:20180716125049j:image

 

若鶏スペアリブガーリック揚げ。
f:id:nichinichisou0808:20180716125103j:image

 

生ほや貝酢。ほや貝サイコー。
f:id:nichinichisou0808:20180716125015j:image

 

お新香盛り合わせ。普段スーパーやコンビニで美味しくない化学風味の安漬物ばかり買っているので、これは感激ですね。
f:id:nichinichisou0808:20180716125108j:image

 

巨大なカキフライに付け合わせの野菜もいい感じです。
f:id:nichinichisou0808:20180716125019j:image

 

具体的な金額は忘れましたが、こちらのお店はお会計がいつも思った程の金額にはなりません。これは呑むメンバー全員の共有意見であり、そこからも「やまよし」さんの満足度は高いのではないかと思っています。

 

本日は以上となります。