聖地巡礼に酒は必要

「岐阜県大垣市移住」を夢見て東京の片隅で生きています

「や台ずし」は奢られると更に美味しい

本日はチェーン展開しているお寿司屋さん「や台ずし」の記事となります。

◼️はじめに

以前は岐阜県の大垣にしかないお店だと思っていたのですが、家の隣町にある事を知って以来は月2回ペースで食べに行く様になった「や台ずし」。

本日は友人らの奢りとの事で昼食をカップ麺一個にした上、家からスキップをしながら店まで行きました。

 

◼️奢りだから容赦しない!

f:id:nichinichisou0808:20180816080036j:image

 

大垣でも地元でも本当に人気店なので、予約をしてから行くのがベストかと思います。
f:id:nichinichisou0808:20180816080025j:image

 

まだまだ外は暑いですからまずは「生ビール」🍻開店から19時までは半額です。
f:id:nichinichisou0808:20180816080050j:image

 

サラダで胃袋をウォーミングアップです。
f:id:nichinichisou0808:20180816080032j:image

 

海老マヨ到着の時点でビールは既に2杯目。写真を撮ろうとしていたらビールの泡が抜けてしまいました。
f:id:nichinichisou0808:20180816080028j:image

 

本鮪赤身は799円。普段ならば頼みませんが本日は奢りですから。しかも料理の注文も全て私がしてもオーケーとの事です。ふふふ。
f:id:nichinichisou0808:20180816080046j:image

 

鮎の塩焼き。こちらのお店は本当に焼き方が丁寧です。養殖と思われますが、頑張れば頭の骨まで食べられそうです。
f:id:nichinichisou0808:20180816080039j:image

 

1番高い刺身盛合せの注文も友人らの奢りだから成せる技というもの。中央に大トロを配し周辺も豪華な布陣となっています。
f:id:nichinichisou0808:20180816080017j:image

 

いつもならば半額の日本酒を注文のところですが、今夜は4合瓶を入れて皆の財布に揺さぶりをかけます。
f:id:nichinichisou0808:20180816080101j:image

 

友人が注文したハマチのカマ焼き。脂がのりまくりで美味しいです。
f:id:nichinichisou0808:20180816080021j:image

 

生コンではなく蟹味噌は胡瓜と海苔に巻いて食べれば、日本酒と合いすぎます。
f:id:nichinichisou0808:20180816080053j:image

 

茄子のおひたし、野菜も食べないといけませんね。
f:id:nichinichisou0808:20180816080007j:image

 

私は巻物で日本酒を呑むのが大好きです。

しかし、注文時に念を押したにも関わらず、干瓢巻きにワサビが入ってないではないですか。(これで通算2回目) 仕方がないから自分でワサビを塗りながら食べました。

そして、日本酒4合瓶は既に2本目に突入です。

f:id:nichinichisou0808:20180816080043j:image

 

友人が注文した鮪のカツでしょうか。下味が濃い目でお酒が進みます。
f:id:nichinichisou0808:20180816080014j:image

 

ここで爽やかに瓶ビールへと移行し、まさかの「たこ焼き」が登場。
f:id:nichinichisou0808:20180816080057j:image

 

デザートは和風プリン「茶碗蒸し」で締めます。初めて注文しましたが、写真の通り綺麗に仕上がっており、具沢山でもありました。
f:id:nichinichisou0808:20180816080011j:image

 

◼️最後に

いやあ、や台ずしは本当に価格と味のバランスが取れた良いお店ですね。

私の地元には海鮮チェーン「磯○水産」があったのですが、私的には不味い・高い・店員やる気ないしで大嫌いでしたが、今月頭に開店から約1年で閉店をしました。

・・・今は空き家ですから是非、や台ずしに来て頂きたいと思います。

 

本日は以上となります。