聖地巡礼に酒は必要

聖地巡礼、国内旅行、酒場、オーディオと雑記

新たな聖地を求めて映画鑑賞

本日は「新たな聖地巡礼先を探す」記事となります。

9/22記事を追記しました

f:id:nichinichisou0808:20180921183824j:image

これは大垣

※今回各作品の画像を記事内研究用としてに引用いたしましたが、各作品が著作権を有しています。

◾️はじめに

現在私は、アニメ作品の聖地巡礼として、「聲の形」の岐阜県大垣市、「氷菓」岐阜県高山市、「響け!ユーフォニアム」の京都府宇治市によく行くのです。

たまたま気に入ったのが京都アニメーション作品の舞台でありますが、そこは趣味の世界ですから、そろそろ新しい巡礼先を体が渇望し始めました。

◾️聖地巡礼のスタンス

・聖地巡礼数は絞込み、その土地を探る

実際の聖地巡礼では日本国内に点在する、アニメ作品毎の膨大な聖地を網羅するのではなく、大垣や宇治、大洗などの私が特に気に入った聖地には複数回〜長期にわたり巡礼します。

・長期(複数回)の同一場所巡礼はおすすめ

現地の行事にも参加をしたり、運が良ければ、ご当地で呑み友達との出会いもあります。

・ブログタイトル「聖地巡礼に酒は必要が」に倣う

そして当ブログの本分も忘れてはいけません。これ、重要なファクターです。タイトルは「聖地巡礼に酒は必要」ですからね。

 

◾️高頻度で視聴中のアニメ作品

個人的に現在気になっているTVアニメ作品は以下の通りとなります。

 

「ヤマノススメ」(現在サードシーズン)

f:id:nichinichisou0808:20180922122358j:image

聖地は埼玉県飯能市や、各地の山にあるが、登山は無理なので残念

 

「からかい上手の高木さん」

f:id:nichinichisou0808:20180922122554j:image

かなり気になる小豆島、いつかは行きそう

 

「あそびあそばせ」

f:id:nichinichisou0808:20180922122751j:image

聖地なさそう・・・残念無念

 

「刻々」

f:id:nichinichisou0808:20180922122737j:image

恐らくは埼玉県所沢周辺、豊島区池袋、JR武蔵野線秋津〜小平周辺ではないかと。私的には見慣れた風景が登場しましたので、聖地巡礼も捗りそうです。

 

「結城友奈は勇者である」

f:id:nichinichisou0808:20180922132241j:image

香川県は観音寺市が聖地となっています。実は私、四国に渡ったことがないものでして、一度は高知、香川には行ってみたいです。

 

「劇場版 カードキャプターさくら」

f:id:nichinichisou0808:20180922125211j:image

これはかなり前からの懸案なのですが、聖地は香港島となるため、私には終生難しいかもしれません。

 

以上の中では、香川県の小豆島がかなり魅力的です。しかし、今は何かが違うんですよね。

 

◾️新たな作品から模索する

Netflixで幾つかのアニメ作品を観た結果、以下の劇場版作品を気に入りました。(★は勢いだけでつけました)

 

「虹色ホタル」

f:id:nichinichisou0808:20180921192921j:image

途中から話の予想はある程度出来きましたが、私はこういう話には弱いのです。一夏で少年が成長するジュブナイル作品です。

泣いた上に絵が好みで★5つ!

 

「マイマイ新子と千年の魔法」

f:id:nichinichisou0808:20180921192931j:image

何となく観ましたが、幸せな気分になる良作でした。昭和30年台、空想好き少女と東京からの転校生の友情が主題。「この世界の片隅に」「ブラックラグーン」の片瀬須直監督です。

当時の時代考証も★4つ!

 

「星を追う子ども」

f:id:nichinichisou0808:20180921192942j:image

新海誠監督作品であり、個人的には「君の名は。」よりも面白い!荒削りに感じる箇所はありましたが、そこがまたいいですぬ。

しかし新海監督は20年ほど前に、PCゲーム「イースエターナルⅠとⅡ」のOPを担当されていましたが、すり鉢状の地形がお好きですね。まさかイースの影響でしょうか。

美しい映像と音楽に★5つ!

 

「夜は短し歩けよ乙女」

f:id:nichinichisou0808:20180921192950j:image

絵柄のみで選択観賞しましたが、世界観、絵、なかなかいいですね。ハッピーエンドでなお良しです。原作者森見登美彦氏原作のアニメ「四畳半神話体系」と「有頂天家族」も気になります。

全てが私好みで★5つ!

 

「夜明け告げるルーのうた」 

f:id:nichinichisou0808:20180921193000j:image

絵が得手ではありませんでしたが、湯浅政明監督、吉田玲子脚本作品を理由に観賞しました。青春物語したが、脚本は然程よくはありませんでした。

音楽シーンが楽しくて★4つ!

 

・・・作品の感想を語るのは非常に苦手な性分故にこれ以上はやめておきますが、上記作品には聖地があるのかを簡潔に調査しました。

 

◾️ここが聖地らしい

「虹色ホタル」…どうやら架空の土地か。しかも作中では舞台の村がダム湖となるため、巡礼は難しいかも。

「マイマイ新子と千年の魔法」…山口県防府市が舞台とのこと(作中でも表記あり)。映画上映当時は監督と現地を巡るツアーもあったとか。

しらない町のためなかなか魅力的だが、作中(戦後すぐ)と現在では時代差で街並みが違いすぎるかも。

「星を追う子ども」…ロケ地として長野県佐久市などの噂があるが、はっきりとしたスポットはわからない。

「夜は短し歩けよ乙女」…作中は常に京都!観ていてわかりやすい。しかし、下鴨神社などすでに私の訪れたスポットも含まれているため、新鮮味に欠けるかも。

「夜明け告げるルーのうた」…京都府与謝野郡井根町との噂もあるが、確実かは不明。

 

◾️引っ張るのは面倒なので結論を

通勤列車の中で色々とくだらない事を考えたりしていると、数日経ってもう2度3度観たい作品が出てきました。

「夜は短し歩けよ乙女」です。

作品自体も気に入りましたが、劇中では夜の京都で大量のハシゴ酒をしたり、酒のエピソードであふれている辺りも気に入りましたが。

 

という事で、近々京都探索の旅に出かけたいと思います。

(もちろん大垣にも行きます)

 

本日は以上となります。