移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

大垣三大祭り「大垣まつり」を楽しむ

今回は岐阜県大垣市にて毎年5月に開催される「大垣まつり」の記事となります。

 

2019年の「大垣まつり」は盛大に開催されましたが、当ブログでは2020年に向けて本記事を引き続き更新してまいります。

新規投稿 2019/03/01・最終更新 2019/05/20

 

はじめに

どの都道府県にも「◯◯三大祭り」なるものは存在するかと思いますが、大垣は岐阜県に存在する1自治体であり、人口16万人の「市」となります。

しかし偉大なる大垣市には「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産にも登録された「大垣まつり」を始めとする「大垣三大祭り」が存在するのです。

f:id:nichinichisou0808:20190227230734j:plain
f:id:nichinichisou0808:20190227230740j:plain
f:id:nichinichisou0808:20190227235242j:plain

※過去開催分ポスターとなり

・初夏の「大垣まつり」

・夏の「水都まつり」

・秋の「十万石まつり」

この中から今回は特に規模の大きい「大垣まつり」を紹介いたします。

 

370年の伝統「大垣まつり」

大垣まつりは毎年5月15日までの15日に近い土曜・日曜(2020年は5/9,10)に開催される大垣を代表する祭であり、大垣八幡神社の例祭となります。

2016年に「大垣まつりの軕行事」は国の重要無形民俗文化財に指定され、更に2017年には「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産にも指定されたことにより、近年は益々の盛り上がりを見せており、人出は30万人近くになることもあります。

 

2019年版のポスターです。「三輌軕」(後述)が揃った図柄となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190405184732j:image

2019年の告知ポスター

 

大垣八幡神社

大垣まつりの中心であり、八幡神社の鳥居前で奉芸が行われます。また本楽の夜には神輿の渡御も執り行われます。

 

平時の境内。参拝者は普段から少なくはありません。が、、、

f:id:nichinichisou0808:20190227214553j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422182020j:image

 

境内には大垣ならではの湧水もあります。

f:id:nichinichisou0808:20190422182017j:image

 

こちらは大垣まつり開催中の八幡神社です。鳥居横から境内までも出店で埋め尽くされます。

f:id:nichinichisou0808:20190514110840j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190405184152j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514004545j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514110606j:plain

 

右はまつり中に境内で開演する「おばけ屋敷」。まつり中は撮影お断りのため、まつり後日に。

f:id:nichinichisou0808:20190422182042j:image

 

大垣まつり開催地区

大垣まつりは大垣駅南口一帯の旧市街地で行われます。

f:id:nichinichisou0808:20190514123858j:image

 

午前中、すいているように見えますが。。。

f:id:nichinichisou0808:20190519011401j:plain

 

徐々に人出が増えてゆき・・・

f:id:nichinichisou0808:20190519011429j:plain


 

祭り開催中の大垣八幡神社へ続く通りは、土曜日夕から夜に最高潮の盛り上がりとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190514000757j:image

f:id:nichinichisou0808:20190227195709j:image

 

 

こちらは大垣駅からのメインストリートです。すごい人出ですね。
f:id:nichinichisou0808:20190227195713j:image

 

祭を彩る13輌の軕

大垣まつりを語る上で外せないのが、お囃子に合わせて移動をする13輌の「軕」(やま)行事となります。

f:id:nichinichisou0808:20190514001506j:image

それぞれの軕は外観・からくりなど独特な趣向を凝らした仕上がりとなっています。

震災や戦火で消失後に再建した軕もあれば、1600年代から現存する軕もあります。

また大垣藩主より1648年に下賜された軕「神楽軕」「大黒軕」「恵比須軕」の三輌は「三輌軕」と呼ばれています。

なお今回は「昼仕様」「夜仕様(未点灯(」「個人的軕ピンポイント」「夜仕様(点灯状態(」を紹介します。(これをもって各軕の全仕様ではありません)

 

・神楽(かぐら)軕

巡行時には常に先頭を行きます。からくりには清めや病魔退散の意味があるとされています。

f:id:nichinichisou0808:20190514020601j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513222524j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514020605j:image

 

・愛宕(あたご)軕

岐阜町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514020736j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232945j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232955j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232951j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022330j:image

 

・菅原(すがわら)軕

新町の軕となります。

f:id:nichinichisou0808:20190227210947j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513224704j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513224659j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514101534j:plain

 

・大黒(だいこく)軕

魚屋町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190227211014j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514090110j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513224956j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514101055j:plain

 

・榊(さかき)軕

竹島町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514015642j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513231025j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513231646j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514101320j:plain

 

・玉の井(たまのい)軕

船町の軕となります。

f:id:nichinichisou0808:20190513225101j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225108j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225057j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225113j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022824j:image

 

・恵比須(えびす)軕

宮町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514020834j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514090446j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513231932j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514101219j:plain

 

・松竹(しょうちく)軕

伝馬町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514032711j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225358j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225351j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225355j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022858j:image

 

・浦嶋(うらしま)軕

俵町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514020915j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225911j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225907j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513225904j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022639j:image

 

・猩々(しょうじょう)軕

宮町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514021313j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513230616j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513230248j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232126j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022255j:image

 

・鯰(なまず)軕

魚屋町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514021029j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513224243j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232436j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232539j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513232546j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514022556j:image

 

・相生(あいおい)軕

本町の軕となります。
f:id:nichinichisou0808:20190514021110j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513230855j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513230852j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513230848j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514101738j:plain

 

・布袋(ほてい)軕

中町の軕となります。

f:id:nichinichisou0808:20190514011906j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513231239j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513231242j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514021957j:image

 

軕のからくり・舞踊

各軕にはそれぞれからくり仕掛があり、からくり人形は人形方が軕内より操作をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190227213853j:image
f:id:nichinichisou0808:20190227213902j:image

 

なんと菅原軕は人形が筆で文字を書きます。2019年は「令和」でした。

f:id:nichinichisou0808:20190514173508j:image

f:id:nichinichisou0808:20190228112005j:image

 

舞踊の軕もあります。

f:id:nichinichisou0808:20180515161615j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180515161630j:plain

 

軕の保管

町内で軕に関係される方々は軕を「宝」と考えておられる様です。

軕は原則町単位で1両となり(例外あり)、使用しない普段時には厳重に保管がされています。

f:id:nichinichisou0808:20190227213933j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514011542j:image

 

浦嶋軕の蔵の内部。

f:id:nichinichisou0808:20190227213939j:image

 

菅原軕の厳重な保管 (漆の劣化を防ぐため)

f:id:nichinichisou0808:20190514154020j:image

写真と情報は匿名様よりご提供です。ありがとうございます。

 

玉の井軕を保管場所から搬出中。

f:id:nichinichisou0808:20190514172011j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514154215j:image

写真は助六様ご提供です。ありがとうございます。

 

相生軕を保管場所から搬出中。

f:id:nichinichisou0808:20190514172048j:image

写真は助六様ご提供です。ありがとうございます

 

大垣まつりのスケジュール

大垣の軕担務者は木曜日からイベントがあるようですが、一般観覧であれば土日の2日間がメインイベントとなります。

金曜日 「先触れ」

f:id:nichinichisou0808:20190514024140j:image

恵比須軕の先触れ風景

 

土曜日 「試楽(しがく)」

13両の軕は朝に八幡神社で「奉芸」を行い、その後大垣市役所前にて「掛芸披露」、それから城下町を「巡行」をして夕方再び八幡神社前に軕が終結をします。

f:id:nichinichisou0808:20190514124252j:image

大垣市役所前の掛芸披露

 

日曜日 「本楽」

「市役所前掛芸披露」と夜宮での「八幡神社前奉芸」は行われませんが、「巡行」及び夕方にはメインストリートで「大垣まつり行列」が行われます。日曜日の夜宮では神輿の渡御が執り行われます。

 

大垣まつりの見どころ

やはりメインは軕行事です、特に奉芸は是非見ておきたいところですが、試楽当日(土曜日)に行われる行事からおすすめポイントを7つ挙げてみました。

Point

①大垣八幡神社前 「奉芸」 8:45〜9:30

②大垣市役所前 「掛芸披露」 9:30〜12:00

③旧市内一円 「軕の巡行」 12:00〜18:00

④大垣八幡神社前 「夜宮」 19:00〜21:00

⑤変化する軕の外観

⑥軕の観察

⑦数多くの屋台見物

⑧芭蕉むすびの地記念館

※上記は2019年のタイムテーブルとなります

☆例年9:30に終わることはありません 

 

①大垣八幡神社前 「奉芸」 

「試楽」「本楽」両日午前中に行われます。大垣八幡神社鳥居前に停止した軕は、それぞれ特徴的なからくり、舞踊を披露します。

f:id:nichinichisou0808:20190514155053j:image

助六様より頂戴したアドバイスによりますと、試楽での本項と次項②は一部開催時間が重なるため、腰を据えて観覧するのであれば、どちらかに絞るのが良いそうです。

 

大垣八幡神社横にて奉芸待ちの軕列。

f:id:nichinichisou0808:20190514023016j:image

f:id:nichinichisou0808:20190228112100j:image

 

奉芸は神楽軕が毎年1番最初となります。

f:id:nichinichisou0808:20190514023336j:image

 

転回や奉芸時にはかなり前のめりになります。

f:id:nichinichisou0808:20190228112132j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514104312j:plain

 

個人的贔屓である浦嶋軕の奉芸風景を紹介します。

f:id:nichinichisou0808:20190228112200j:image

 

八幡神社鳥居前に軕をつけて奉芸となります。

f:id:nichinichisou0808:20190514104357j:plain


浦嶋軕のからくり部分。

 f:id:nichinichisou0808:20190227194923j:image

 

亀の口からはピンポン玉が飛び出します。中にはあたりの玉があるとか。

f:id:nichinichisou0808:20190416002841j:image

 

最前列の子供はからくりで飛び出すピンポン球がお目当ての様です。

f:id:nichinichisou0808:20190227194913j:image

 

奉芸終了後は軕を転回して、大垣市役所へ向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20190514104543j:plain

 

ちなみに八幡神社鳥居内から奉芸を見ると、からくり人形の動きが良く見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190514172536j:image

写真は助六様ご提供です。ありがとうございます

 

②大垣市役所前 「掛芸披露」

かつては大垣藩主が奉芸を終えた軕の上覧をしていましたが、現在はその役を大垣市長が行なっています。

助六様よりアドバイスを頂戴いたしましたが、ここでは各軕の解説が入るとのことで、初めての方や軕について良く知りたい場合はおススメです。

※土曜日開催試楽のみの行事です

 

こちらが大垣市役所の現本庁舎です。隣接地に新庁舎を建築中です。

f:id:nichinichisou0808:20190513234854j:image

 

全ての軕行事は神楽軕が先陣を切ります。

f:id:nichinichisou0808:20190513234843j:image

 

大垣八幡神社の奉芸と同内容ですが、こちらでは各軕の歴史から奉芸の内容、からくりの特徴丁寧な説明が入ります。

f:id:nichinichisou0808:20190513234858j:image 

 

こちらは生演奏による芸となります。

f:id:nichinichisou0808:20190519012241j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513234902j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513234906j:image

 

浦嶋軕はピンポン玉発射!子供殺到。

f:id:nichinichisou0808:20190513234851j:image

f:id:nichinichisou0808:20190513234846j:image

 

③旧市内一円「軕の巡行」

朝の奉芸が終わると13両の軕は城下町を巡行します。「試楽」では13両の軕が町内をランダムに巡行をします。各軕の現在位置はスマホで確認可能です。

「本楽」では13両の軕が一堂に揃って決まった道順(8.8km)を巡行をします。この巡行は東回りと西回りが年次交代となり、2020年は西回りとなります。

なお、まつり開催中はすべての軕の現在位置をスマホで確認可能です。(後述)

※写真はすべて試楽時の巡行となります

 

f:id:nichinichisou0808:20190227211929j:image

 

稲荷神社にて布袋軕。

f:id:nichinichisou0808:20190227211924j:image

 

軕転回時には、前に沈み込ませてから回ります。

f:id:nichinichisou0808:20180515161150j:plain

f:id:nichinichisou0808:20180515161021j:plain

 

なお、当品はどの軕がどの場所にいるかを確認するサイトが提供されます。

f:id:nichinichisou0808:20190405183936j:image

 

稲荷神社ですれ違う神楽軕と布袋軕。

f:id:nichinichisou0808:20190405183931j:image

 

メインストリートにて浦嶋軕。

f:id:nichinichisou0808:20190227195129j:image

 

先導者が信号機の高さを確認しながら巡行します。

f:id:nichinichisou0808:20190422174222j:image

f:id:nichinichisou0808:20180515160955j:plain

 

ホントに技術の高そうな軕の転回。

f:id:nichinichisou0808:20190228112246j:image

 

夕方になると13両の軕は大垣八幡神社そばの水門川沿いに集合し、夜宮まで待機をします。この時、軕により提灯を大量に装備していたりと、昼巡行とは違う装いとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190228105033j:image

 

④大垣八幡神社前 「夜宮」

土曜日の「試楽」にて行われる夜の奉芸です。奉芸開始前、辺りの日が落ちてくる19時になると、13両の軕には一斉に明かりが灯されます。

f:id:nichinichisou0808:20180515161310j:plain 

 

奉芸待ちの軕列も点灯をすると幻想的になります。

f:id:nichinichisou0808:20180515161405j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190422181913j:image

 

観覧客も撮影タイムとなり賑わいます。

f:id:nichinichisou0808:20180515161422j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190227194956j:image

f:id:nichinichisou0808:20190227195001j:image

 

水門川向かいから軕の列を眺める。

f:id:nichinichisou0808:20190422181849j:image

 

2018年には試楽夜宮を快適に観覧するために、「特別観覧席」を予約したのですが、奉芸は神社鳥居向きに行うため、軕のダイナミックな転回動作を楽しみこととなります。

ちなみに観覧席料は2018年は2,500円でしたが、2019年には1,000円にディスカウントされており。完売となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20190514125621j:image

 

1番手である神楽軕が奉芸中となります。

f:id:nichinichisou0808:20190422181724j:image

f:id:nichinichisou0808:20190405184123j:image

f:id:nichinichisou0808:20180515161824j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190514105310j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190514104959j:plain

 

軕が転回するときのダイナミックな動きも見ものです。

f:id:nichinichisou0808:20180515161840j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190514104835j:plain

 

夜宮(奉芸)の動画を是非ご覧ください。

 

⑤変化する軕の外観

各軕はそれぞれ時間などにより見た目が変化をします。

以下は「猩々軕」の変化となります。提灯以外にも幕(水引と呼びます)の模様に違いがあります。


f:id:nichinichisou0808:20190423003825j:image

f:id:nichinichisou0808:20190423003829j:image

 

こちらは「浦嶋軕」の変化となります。横の水引に違いがあります。


f:id:nichinichisou0808:20190423004451j:image

f:id:nichinichisou0808:20190423004447j:image

残念ながら、どの軕がいつどこを変更をするのかは私にはわかりませんが、違いを見つけるのも楽しみかと思います。

 

⑥軕の観察

例えば「鯰軕」の試楽時に装飾されている左右の水引模様ですが・・・

f:id:nichinichisou0808:20190423010131j:image

f:id:nichinichisou0808:20190423010134j:image

左右非対称の「阿吽」を意味する絵が描かれています。

このように軕は時間や向きなどにより、様々な見え方があるようです。

 

⑦数多くの屋台

祭期間中には5〜600店の屋台が軒を連ね、とても賑やかとなります。私は歩き食いが苦手なので屋台物は滅多に買いませんが、これだけの屋台を見ていると楽しくなりますね。

f:id:nichinichisou0808:20190227195952j:image

 

メインストリートの屋台は歩道に設営し、歩道側を向いて営業をします。

f:id:nichinichisou0808:20190227195947j:image

 

屋台の数は東海随一と聞きました。

f:id:nichinichisou0808:20190227195222j:image

f:id:nichinichisou0808:20190227195226j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514110347j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190514110429j:plain

 

ナイスネーミングですね。

f:id:nichinichisou0808:20190514105414j:plain

 

⑧芭蕉むすびの地記念館

大垣市役所なら遠くない位置にある「松尾芭蕉紹介」「大垣観光紹介」「物産販売」施設となります。

f:id:nichinichisou0808:20190514112436j:plain

 

大垣まつり時には幕も装着されます。

f:id:nichinichisou0808:20190514112501j:plain

 

館内では大垣まつり特設コーナーも。

f:id:nichinichisou0808:20190514130830j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514130827j:image

 

大垣や大垣まつりにちなんだ物販もあります。

f:id:nichinichisou0808:20190514112610j:plain


過去の大垣まつりポスター

平成23年までは11両の軕でしたが、平成24年には70年ぶりに13両となりました。


f:id:nichinichisou0808:20190228073849j:image

f:id:nichinichisou0808:20190228073839j:image

f:id:nichinichisou0808:20190228073844j:image

 

追加情報など

・大垣まつりに合わせて市内の宿泊施設は軒並み値上がり、更に満室にもなります。早めの予約が良いでしょう

・2019年は2開催日ともに好天に恵まれました。私は3回目にして初めてです。雨天の場合軕関連行事が中止となる可能性があります

上・好天、下・雨天の同場所

f:id:nichinichisou0808:20190422182135j:image

f:id:nichinichisou0808:20190422182138j:image

・遠方から観覧に行くのであれば、土曜日の試楽がおススメです

・私の贔屓軕は「浦嶋軕」となります。理由は「聲の形」の西宮さん自宅から1番近いからです

f:id:nichinichisou0808:20190228112510j:image

 

軕位置をリアルタイム配信

巡行中などにお目当ての軕の現在地をスマホでリアルタイムに確認可能なサービスが運用中です。


f:id:nichinichisou0808:20190520181403j:image

f:id:nichinichisou0808:20190520181441j:image

大垣まつり|リアルタイム位置情報「doconeel」

 

その他 情報など

大垣まつり時、少なくない家で獻燈を見ることができます。

f:id:nichinichisou0808:20190514173706j:image

 

街中で子供神輿を発見しました。かわいい。

f:id:nichinichisou0808:20190228104909j:image

 

軕は夜になると八幡神社から各保管場所に戻るため、住宅街を煌々と光りながら移動をしています。
f:id:nichinichisou0808:20190514131118j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514131111j:image

 

屋台搬入は金曜日夕方以降。そして祭が終わった翌日早朝に街は普段通りに戻っています。すごい。

f:id:nichinichisou0808:20190514170637j:image

f:id:nichinichisou0808:20190514131115j:image

 

大垣市に本社の「西濃運輸」。大垣はこのようなトラックもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190514132751j:image

 

最後に

私の地元の祭りと言えば・・・「市民のまつり(テキ屋なし)」が最大規模で、他は屋台10件程度の商店街主催の小さな祭りや、町内会レベルのものしかありませんので、この規模の祭りは羨ましい限りです。

はっきり申し上げまして、この祭は関東や近畿、北陸からでも交通費や宿泊費を掛けて観に行く価値は十分にあります。

是非一度はご観覧ください。

 

最後となりますが、本記事の編集につきましては、実際に大垣まつりの軕運営に携わっておられる「助六様」より多大なる情報提供及びアドバイスを頂戴いたしました。誠にありがとうございました。

(記事編集責任は運営者となります)

 

今回は以上となります。

 

併せて是非ご覧ください

まつりに合わせて宿や飲食など大垣市の情報が満載です。