移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

岐阜県「養老の滝」は親孝行の酒の滝 (養老公園観光)

新規投稿 2019/03/15・最終更新 2019/09/30

本日は岐阜県養老郡にある養老の滝周辺の「養老公園」観光記事となります。

f:id:nichinichisou0808:20190926210132j:image

 

はじめに

私を含めた関東の人間は「養老」と聞けば、千葉県でも屈指の観光地にして有数の温泉地「養老渓谷」を思い浮かべるのではないでしょうか。

ところがですよ、東海地方より西では「養老は岐阜県にある観光地」となるようです。

・・・そして今回は私が3年前に初めて存在を知ることとなった、その岐阜県の養老こと「養老公園」をご紹介いたします。

  

養老公園とは

岐阜県養老郡に1880年に開設された「養老公園」は県営の施設となります。

東西に約1,800m、南北約600mと東京ドーム約20個分に及ぶ広大な敷地内には、「養老の滝」「養老神社」「養老天命反転地」「楽市楽座・養老」(以上全て後述)、「養老パターゴルフ場」「こどもの国」など、自然を全身に感じながらのウォーキングや散歩から、スポーツ施設でよりアクティブに楽しめます。

さらに園内には「体で感じる芸術」施設を体感するも良し、歴史を感させる寺社を巡ることさえも可能となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190927013714j:image

養老公園エリア案内 

本記事では以下、養老公園内外の施設をメインに紹介いたします。

■養老の滝エリア

自然の宝庫「養老の滝エリア」は春の桜で始まり、今回記事で紹介する鮮やかな新緑の季節、そして紅葉時期までの一年中豊かな自然の中で快適な散策が楽しめます。

f:id:nichinichisou0808:20190930082037j:image

■養老天命反転地

「養老天命反転地」では体を動かしながら不思議な芸術と触れ合えます。

f:id:nichinichisou0808:20190930090829j:image

■養老ランド

「養老ランド」は養老公園隣接の、どこか懐かしさを感じる遊園地です。

f:id:nichinichisou0808:20190930082139j:image

次項は「養老公園へのアクセス方法」となります。

 

養老公園へのアクセス

養老公園のある岐阜県養老郡までは、鉄道・車のどちらでもアクセスが可能です。

■鉄道利用の場合

ちなみに私は関東の人間なので、まずは名古屋まで行くこととなります。

f:id:nichinichisou0808:20190930091502j:image

養老公園最寄りの「養老駅」には、養老鉄道の大垣駅(始発)より約30分、または桑名駅(始発)からは約45分の乗車時間にてとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190930092542j:image

 

・大垣から養老鉄道

大垣駅から養老鉄道利用時には、JR東海道本線の大垣駅で乗換えです。


f:id:nichinichisou0808:20190930092244j:image

f:id:nichinichisou0808:20190930092306j:image

養老鉄道大垣駅(始発)より約30分。

f:id:nichinichisou0808:20190930092621j:image

・桑名から養老鉄道
桑名駅から養老鉄道利用時には、JR関西本線・近鉄名古屋線の桑名駅で乗換えです。


f:id:nichinichisou0808:20190930092404j:image

f:id:nichinichisou0808:20190930092401j:image

養老鉄道桑名駅(三重県・始発)からは約45分。

f:id:nichinichisou0808:20190930092641j:image

・養老鉄道は楽しい!

養老鉄道では現在、通常塗装列車に加えて「ハローキティラッピング」や「京浜急行塗装」仕様も運行されてるので、「鉄な人」から「ご家族」でも楽しみながら移動ができます。


f:id:nichinichisou0808:20190925124217j:image

f:id:nichinichisou0808:20190925124220j:image

そして養老鉄道を利用すると、養老公園内の施設利用時に特典や割引が付く場合もあります。過去には「天命反転地」の入場料金割引や、特製箸プレゼントなどがありました。


f:id:nichinichisou0808:20190930092743j:image

f:id:nichinichisou0808:20190930092746j:image

※提示用に養老鉄道駅窓口発売の往復乗車券がおすすめ

 

■車利用の場合

車ならば東海縦貫自動車の養老インターから一般道で10分、大垣市街地より一般道で約40分の所要時間です。また養老公園内には複数の無料・有料駐車場が完備されています。

(編集者自身が車での旅行をしないため、情報が薄くて申し訳ありません)

f:id:nichinichisou0808:20190926211538j:image

マイカー利用時に特にオススメなのが、養老駅より5〜10分の距離にある「焼肉街道」です。飛騨牛A5等級をおトクに楽しめる焼肉店が軒を連ねています。


f:id:nichinichisou0808:20190927014329j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927014332j:image

次項より養老公園の観光紹介(本編)となります。

 

大垣駅~養老駅の移動

それではさっそく養老公園に行きましょう。

今回は養老鉄道の大垣駅から鉄道利用でのご紹介をいたします。

JR大垣駅を南口に出てすぐ右側に見えるのが、養老鉄道の大垣駅です。 


f:id:nichinichisou0808:20190926211621j:image

f:id:nichinichisou0808:20190926211626j:image


こちらが養老鉄道の大垣駅となります。

f:id:nichinichisou0808:20190925120523j:image

 

養老方面は1番線の列車に乗車します。

f:id:nichinichisou0808:20190930093054j:image

 

大垣市街地を抜けると、養老駅までのどかな田園風景が広がります。


f:id:nichinichisou0808:20190926235126j:image

f:id:nichinichisou0808:20190926235123j:image

 

養老鉄道は全区間単線です。

f:id:nichinichisou0808:20190928015429j:image

 

大垣駅発車から約30分で養老駅に到着しました。


f:id:nichinichisou0808:20190927013225j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927013228j:image

 

駅構内の踏切を渡って改札口へと向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20190927014406j:image

 

1番ホーム屋根には、養老町の名産であり養老の伝説にも出てきた瓢箪が吊るされています。


f:id:nichinichisou0808:20190927014437j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927014729j:image

 

養老駅と出口は1箇所となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190928015717j:image

 

この駅舎は1913年に完成をした、超年代物の歴史的建造物なのです。

f:id:nichinichisou0808:20190926214523j:image

 

駅前にし鎮座しておりますが、養老といえば瓢箪(ひょうたん)とのことです。

・・・ジャッキー・チェンの映画「酔拳」では、瓢箪酒をしこたま飲みながら「飲めば飲むほど強くなる」と言っていたのが私の瓢箪へのイメージです。

f:id:nichinichisou0808:20190925121954j:image

 

土日祝は養老駅前から養老公園の中程まで無料送迎バスが出ています。

散策が目的の場合でも、この先は登り坂の道「しか」ありません。終点「松風橋」まではバス利用で体力を温存するのも良いかもしれません。・・・勿論私は歩きます。

f:id:nichinichisou0808:20190315101819j:plain

 

養老駅から徒歩の場合、10分程緩やかな登り道を歩くと養老公園内となります。 

f:id:nichinichisou0808:20190930093636j:image

 

この坂道を地ひたすらに直進します。

f:id:nichinichisou0808:20190925123632j:image

 

(左) 養老駅から公園までの道程で唯一の信号、しかも歩行者地下通路もあります

(右) 養老ランド・・・前情報から個人的に「超」気になっています (今回立寄ります)


f:id:nichinichisou0808:20190930093801j:image

f:id:nichinichisou0808:20190930093804j:image

 

ゆるやかな上り坂を直進すること10分、既に養老公園の敷地内です。

f:id:nichinichisou0808:20190927050332j:image

 

園内には各地にマップや写真のような標識が設置してあり、そう簡単には迷いません。

さらに園内各所には清潔な洗面設備が不足なく設置されていますのでご安心ください。

ちなみに本日は「養老の滝」「養老神社」「楽市楽座・養老」「天命反転地」「養老ランド」の順に廻ります。

f:id:nichinichisou0808:20190927015539j:image

次項「養老の滝エリア (往路)」に続きます。

 

養老の滝エリア (往路)

(養老駅より約1.3km・養老の滝より約2.4km)

無料送迎バスの終着点であり、駐車場も点在している観光の中心街です。

養老の滝から流れてくる河川に架かる「松風橋」上より、養老山地の方角(南西)を向いています。

f:id:nichinichisou0808:20190927030206j:image

 

川の両岸に滝まで繋がる道が続いていますが、妙見橋までは川の右側にある道を進みます。

f:id:nichinichisou0808:20190927030212j:image

 

この周辺は駐車場となっています。 

 

f:id:nichinichisou0808:20190927030241j:image

 

植物のことは全くだめですが、この周辺にはこの花がよく咲いていました。

f:id:nichinichisou0808:20190930094346j:image

 

こちら側には商店や寺院、観光施設などが密集しています。

f:id:nichinichisou0808:20190927030223j:image

 

1つ上流よりの「不動橋」上より養老山地を見ています。

川岸は左右ともに駐車場となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190930094315j:image

 

川下を眺めると・・・鯉のぼりです。

f:id:nichinichisou0808:20190930094312j:image

 

この周辺のお店には入ったことがありませんが、滝を見た後に休憩するのには丁度よいかもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20190927030215j:image

 

ちなみにこちら(川の右)側の道には「養老孝子坂」の愛称があり、その名の通り常に緩やかな登りとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190927030254j:image

 

「豊駒」さんの店頭もよい雰囲気があります。

f:id:nichinichisou0808:20190927030219j:image

 

「豊駒」さんを超えると道は左に曲がり、その先の小さな橋を渡ります。

f:id:nichinichisou0808:20190927030244j:image

 

すぐに目に入ってくるのは「ひょうたんらんぷ館」さん、奥が「吉田商店」さんです。

f:id:nichinichisou0808:20190930105022j:image

 

少し先にあるお店が「養老公園 清水(食堂)」さんです。(私はこちらによりました)

f:id:nichinichisou0808:20190930094458j:image

 

どのお店でも瓢箪が必ず売られているようです。

f:id:nichinichisou0808:20190927030237j:image

 

「渡月橋」そばで営業中なのが、商店「大黒屋」さんです。

f:id:nichinichisou0808:20190927030247j:image

 

「大黒屋」さんの店頭も良い雰囲気です。

ちなみにここから先滝までの間、食堂・商店はありません。(滝の傍に飲料水の自販機・オンシーズンは屋台が出店中)

f:id:nichinichisou0808:20190927030230j:image

 

この道の右上にも並行して道が通っており、この周辺では宿屋が数軒あるようです。

f:id:nichinichisou0808:20190930095312j:image

 

こちらは過去営業されていたのでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190927030257j:image

 

民家風の建物もあるようです。

f:id:nichinichisou0808:20190930095452j:image

 

植野山道に見える建物も宿屋です。

f:id:nichinichisou0808:20190930095455j:image

 

このあたりは商店がなくなり、建物自体の数が減ってきます。

f:id:nichinichisou0808:20190927032850j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927032346j:image

 

左側を流れる川を覗いてみます。ご覧の通りどんどん高地に向かっています。

f:id:nichinichisou0808:20190930095557j:image

f:id:nichinichisou0808:20190928060439j:image

 

新緑もみじの屋根です。これが毎年12月前後には黄色から真紅へと美しく紅葉します。

f:id:nichinichisou0808:20190928060228j:image

 

とても趣のある民家(または元宿屋)のようです。

実はここは十字路となっているので、左折して川のほうに進みます。

f:id:nichinichisou0808:20190927030234j:image

 

左折してすぐの妙見橋を対岸に渡り、今度は進行方向左側の道を登っていきます。

f:id:nichinichisou0808:20190927030250j:image

 

妙見橋から先は勾配がややきつくなってきます

先のほうに見えている橋は「紅葉橋」です。

f:id:nichinichisou0808:20190930101523j:image

 

紅葉橋上より先を眺めてみます。

このあたりでは「紅葉橋」と少し先にある「万代橋」に公衆トイレがあります。

f:id:nichinichisou0808:20190930095711j:image

 

養老駅から養老の滝までは全長約4kmの距離となり、養老駅を出発すると常に上り坂となりますが、妙見橋を越えたあたりから少しだけ角度がきつくなります。

f:id:nichinichisou0808:20190928060646j:image

 

右対岸の遊歩道と距離が近くなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190928063550j:image

 

頭上に生い茂っていた葉が減り、光が差してきました。

f:id:nichinichisou0808:20190930095911j:image

 

ここらは少し緩やかとなっています。

現状は存じませんが以前は適当間隔に喫煙所が設置されていました。私も超以前喫煙者でしたが、自然の中で吸うタバコがまた美味いんですよね。

f:id:nichinichisou0808:20190930095915j:image

 

更に角度がつき、ここからは坂道ではなく登り階段となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190930095807j:image

 

まもなく見えてきたのは万代橋ですが、この距離でこの高低差です。

f:id:nichinichisou0808:20190930100011j:image

 

この万代橋から滝までは1本の道で繋がっています。

f:id:nichinichisou0808:20190930100039j:image

 

 

万代橋上から滝方向の上を眺めます。登り道が続いているのが見えると思います。

あともう少しです。

f:id:nichinichisou0808:20190930100340j:image

次項「養老の滝」に続きます。

 

養老の滝

(養老駅より約4km)

養老駅を出発してから徒歩で約45分、いよいよ養老の滝へと到着しました。

f:id:nichinichisou0808:20190930100449j:image

 

滝の高低差により、滝の下でも流れにも勢いがありますね。

f:id:nichinichisou0808:20190930101813j:image

 

日本の滝100選に選ばれている、幅4m、高さ32mの見事な滝となります。(原寸でどうぞ)

f:id:nichinichisou0808:20190927042950j:image

 

新緑がステキステキ。

f:id:nichinichisou0808:20190927042933j:image

 

毎年7月1日には「滝開き」にて観光客の無事を祈ります。(原寸でどうぞ)

f:id:nichinichisou0808:20190927042947j:image

 

滝付近は標高が859mとなり、夏場は地上よりも涼しくて快適です。

f:id:nichinichisou0808:20190927042940j:image

 

実は滝の先には本格的登山道が続いていますが、それはまた別の機会にします。

f:id:nichinichisou0808:20190927042953j:image

 

おみくじが引けるので毎回運試しをするのですが、いつも大吉を引いています。

f:id:nichinichisou0808:20190930100749j:image

次項「養老の滝エリア (復路)」に続きます。

 

養老の滝エリア (復路)

それでは滝と別れを告げ、今回は帰りも同じ道を通って下山しましょう。

f:id:nichinichisou0808:20190927050010j:image

 

振り返ると万代橋上の新緑も美しいです。

f:id:nichinichisou0808:20190930105030j:image

 

万代橋付近で真上を見上げてみました。

f:id:nichinichisou0808:20190930100931j:image

 

帰り道は終始下り道となります。滝に近いほど急坂となりますので気をつけましょう。

f:id:nichinichisou0808:20190930105016j:image

 

先程の滝ま奥からは別の道で下山も出来ますが、同じ道でも行きとは別の風景が見えてきます。

f:id:nichinichisou0808:20190930105019j:image

 

再び頭上にも葉が生い茂ってきました。 

f:id:nichinichisou0808:20190930101206j:image

 

・・・途中の紅葉橋を対岸に渡りましたので、右に川が流れています。

2015年まで稼動していたリフト乗り場です。

f:id:nichinichisou0808:20190930101906j:image

 

ここの先は妙見橋そばの十字路となり、右にあるのが風情のある民家です。

f:id:nichinichisou0808:20190927050026j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927050018j:image

 

十字路の東側へ進むと東屋の先に「養老神社」へと続く長い階段が確認できます。

f:id:nichinichisou0808:20190930101308j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927050021j:image

※養老神社につきましては別途ご紹介いたします

 

ここからは行きに通った養老孝子坂に戻り、ひたすらに下っていきます。

f:id:nichinichisou0808:20190927050002j:image

 

並行する上の道に見えてきたのは、おそらく宿泊施設です。

f:id:nichinichisou0808:20190927045956j:image

 

先程通った商店が見えてきました。

f:id:nichinichisou0808:20190927045949j:image

 

どうでしょう。行きとは違った景色が広がっていると思いませんか?

f:id:nichinichisou0808:20190927045952j:image

 

ふと見上げれば新緑のもみじです。 

f:id:nichinichisou0808:20190930105026j:image

 

豊駒さんを横から見ることとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190927050146j:image

 

養老伝説の展示がされている観光案内所です。

f:id:nichinichisou0808:20190927062934j:image

 

次のT字路を右折すると松風橋に到着となります。

おつかれさまでした。

f:id:nichinichisou0808:20190927050006j:image

次項「養老神社」に続きます。

 

養老神社 (滝エリア内)

養老の滝へ似続く道の途中に、山道よりも高所にある養老神社は、元正・聖武両天皇が祭神となり、菅公も合祀されています。

f:id:nichinichisou0808:20190315022527j:image

 

境内に菊水泉があり,菊水天神とも呼ばれています。

養老の滝には孝行息子が老父のために腰に下げた瓢箪に汲んだ湧水が酒に変わったという「養老孝子伝説」もあります。

f:id:nichinichisou0808:20190315023524j:image

f:id:nichinichisou0808:20190315024111j:image

 

本殿となります。

f:id:nichinichisou0808:20190315022522j:image

f:id:nichinichisou0808:20190930102036j:image

f:id:nichinichisou0808:20190315022518j:image

 

養老孝子坂からは妙見橋の北向きにある、長い登り階段で繋がっています。

f:id:nichinichisou0808:20190315025116j:image

次項「楽市楽座・養老」に続きます。

 

楽市楽座・養老 (スポーツエリア内)

(養老駅より約1km・養老の滝より約3km)

軽食から郷土料理、地ビールまで楽しめるイートインです。平日は閉まっている店が多いです。

f:id:nichinichisou0808:20190315022413j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927063617j:image

 

平日はしまっている店舗が多く、週末やイベント時には盛大に営業しています。

f:id:nichinichisou0808:20190315022409j:image

f:id:nichinichisou0808:20190315022416j:image

f:id:nichinichisou0808:20190930102109j:image

次項「養老天命反転地」に続きます。

 

養老天命反転地 (スポーツエリア内)

(養老駅より約1km・養老の滝より約3km)

世界的アーティスト荒川修作氏がデザインを担当した、身体で直接体験できるアート作品です。

f:id:nichinichisou0808:20190927053627j:image

 

右奥で入場券を買い求め、そのまま奥へと進むのです。

f:id:nichinichisou0808:20190927053749j:image

 

まず「養老天命反転地記念館」は外壁から内部まで色鮮やかとなっており、内部は不思議な空間となっています。
f:id:nichinichisou0808:20190927052552j:image

 

・・・私は芸術的コメントが苦手なので黙っていますね。

f:id:nichinichisou0808:20190927052557j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927053700j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927052605j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927052554j:image

f:id:nichinichisou0808:20190315022153j:image

 

「極限で似るものの家」は岐阜県の形をした屋根の建物の内部は迷路となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190927055218j:image

 

天井部分は吹き抜けとなっているようです。

f:id:nichinichisou0808:20190927055226j:image

 

照明スタンド、そしてデスクチェア・・・


f:id:nichinichisou0808:20190927055338j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927055336j:image

 

こちらはトイレにバス、そしてベッドです。


f:id:nichinichisou0808:20190927055414j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927055411j:image

 

外観全体。

f:id:nichinichisou0808:20190927055229j:image

 

次にあるのがこの施設でも最大規模を誇る「楕円形のフィールド」です。

f:id:nichinichisou0808:20190927055222j:image

 

楕円形のフィールドはすり鉢状となっており、外周は起伏に富んだ構成となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190927060105j:image

 

外周をまわってみます。

f:id:nichinichisou0808:20190927060058j:image

 

かなり歩きづらいです。

f:id:nichinichisou0808:20190927060102j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927060108j:image

 

対面につきました。先程の極限で似るものの家が見えますね。

f:id:nichinichisou0808:20190927061233j:image

 

すり鉢の底に降りてみます。

f:id:nichinichisou0808:20190315171912j:image

 

実際にはかなりの急勾配なので気をつけましょう。

(施設にて安全装備の貸し出しもあります)

f:id:nichinichisou0808:20190927060611j:image

 

白い迷路状なのが「宿命の家」です。

f:id:nichinichisou0808:20190927060608j:image

 

フィールドの窪みには迷路など様々なオブジェがあります。

f:id:nichinichisou0808:20190927060644j:image

 

これは小さくなった「極限で似るものの家」でしょう。

f:id:nichinichisou0808:20190927060639j:image

 

探索をしていると結構な時間が経過しています。

f:id:nichinichisou0808:20190927060641j:image

次項「芝生広場」に続きます。

 

芝生広場 (スポーツエリア内)

(養老駅より約1km・養老の滝より約3km)

養老公園の芝生広場から養老山方角を望む。

f:id:nichinichisou0808:20190927061202j:image

 

毎年恒例のイベント開催時には、こちらでヒーローショーなども行われます。

f:id:nichinichisou0808:20190927061204j:image

次項「養老ランド」に続きます。

 

養老ランド (滝エリア隣接)

(養老駅より約1km・養老の滝より約3km)

土日祝になると小さな子供達が遊びに来ますが、私はど平日に寄ったせいか、他の客は1人もおりませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190927062344j:image

 

正式名称「ちびっ子遊園地 養老ランド」の通り、年齢が低めの子供をターゲットとしています。


f:id:nichinichisou0808:20190927062417j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927062420j:image

 

貸切の園内です。

f:id:nichinichisou0808:20190927062446j:image

 

確かに利用条件の対象年齢上限が低めに設定されています。


f:id:nichinichisou0808:20190927062450j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927062622j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927062704j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927062707j:image

 

恐らくは大人が遊べる施設はないのではと思いました。

f:id:nichinichisou0808:20190927062730j:image

しかし見ているだけでも懐かしくなる遊園地でした。


f:id:nichinichisou0808:20190927062751j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927062754j:image

次項「養老駅発」に続きます。

 

養老駅発

養老ランドから徒歩10分ほどで養老駅へと戻ってきました。 

f:id:nichinichisou0808:20190927014935j:image

 

今回は大垣行き列車で帰ることとします。おつかれさまでした。

f:id:nichinichisou0808:20190927065554j:image

本編はここで終了となります。

次項より養老公園の観光紹介(追記編)となります。 

 

追記① お土産に是非

養老駅前のお店で販売している「吉備羊羹」はなかなかおすすめです。

f:id:nichinichisou0808:20190315100831j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190315100858j:plain

 

追記② 観光リフト跡

滝エリア内の養老神社よりも高所にあります。

2015年までは稼動をしていたようですが、現在は廃止となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190927062827j:image

 

乗り場案内の看板に味があります。


f:id:nichinichisou0808:20190927062854j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927062857j:image

  

追記③ 養老改元フェスタ

【参考】改元1300年イベント時の大混雑です。

f:id:nichinichisou0808:20190927063038j:image

 

養老神社も大混雑。

f:id:nichinichisou0808:20190315024445j:image

f:id:nichinichisou0808:20190315024441j:image

 

駐車場他、養老公園内では盛大なイベントも開催されました。


f:id:nichinichisou0808:20190927063008j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927063011j:image

 

追記④ 清水屋

養老公園内にて私の寄った飲食店です。

f:id:nichinichisou0808:20190930102249j:image

 

いいですなあ・・・BEER!

f:id:nichinichisou0808:20190930102321j:image

 

田楽に鮎の塩焼きを頂きました。(7月)


f:id:nichinichisou0808:20190930102348j:image

f:id:nichinichisou0808:20190930102352j:image

 

追記⑤ 養老焼肉街道 藤太

「焼肉街道」に数ある店舗から、大垣の大師匠にご教示いただいたのは「焼肉 藤太」さんです。

広い店内は開店とともに満席になる人気店でした。

f:id:nichinichisou0808:20190927065155j:image

 

レンタカーで来たため、仕方なくノンアルコールビールで気分だけ。寂しい。


f:id:nichinichisou0808:20190927065223j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927065220j:image

 

こちらは飛騨牛肉のほか、馬肉で焼肉も楽しめます。


f:id:nichinichisou0808:20190927065250j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927065248j:image

 

最後は絶品焼肉丼で締めました。


f:id:nichinichisou0808:20190927065536j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927065533j:image

 

追記⑥ あの飲み屋名の由来は

皆様もご存知の飲み屋全国チェーン「養老乃瀧」はこの養老の滝から命名されました。ありがたいですね〜。呑みまくりましょう。

f:id:nichinichisou0808:20190315064203j:image

 

最後に

養老公園には実はまだまだ色々な施設があり、公園内で一日中楽しむことも可能です。

・・・実は「聲の形」の聖地にもなっており、私は10回位は天命反転地に行った気がしますw

今回本記事の完全リライトとあわせて、養老公園(滝エリア)の紅葉記事も公開中です。是非ご覧ください。 

 

今回は以上となります。

 

あわせて是非ご覧下さい

当ブログに岐阜県の観光情報記事が満載です。