移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

「岐阜タンメン」なるものを東京で知る

新規投稿 2019/04/07・最終更新 2021/02/17

今回は関東地方で購入した岐阜県的カップラーメンと本場店舗の紹介記事となります。

 

はじめに

私は普段からラーメンをあまり食べません。

決して嫌いではありませんが、外食でのラーメンは月に1回以下となり、旅行中もご当地ラーメンを食べる習慣がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190407033845j:image

これは・・・京都で食べた 記憶しかない

そんな私が地元東京のコンビニにて愛する岐阜県のご当地カップラーメンと出会ってしまったのです。

 

「岐阜といえば・・・」岐阜タンメン

上記は商品名となります。(私は後程知りました)f:id:nichinichisou0808:20190406224859j:image

本商品は寿がきや食品の販売ですが、製造は群馬県加ト吉となっていました。

・・・っておい!岐阜でもスガキヤでもないんかい!

それで関東でも入手ができたのかもしれませんね。

 

岐阜タンメンとは

上記によりやや落ち込みましたが、私は本当にラーメン全般について疎いため、少し調査をしてみました。

まず商品名の”「岐阜といえば・・・」岐阜タンメン”は岐阜県内で複数店展開をしている人気店「岐阜タンメン」さんお馴染みのフレーズとのこと。

gifu-tanmen.com 

そして今回は「岐阜タンメン」さん監修のもと、スガキヤがカップ麺商品化、製造は加ト吉となったのが本商品となります。

本家が監修しているのであれば、岐阜ブランドで間違いないでしょう。

f:id:nichinichisou0808:20190406230126j:image

しかも本家サイトでは本商品が宣伝中です。これは期待大かもしれません。

「岐阜タンメン」店舗は大垣市内にもある様ですが、駅から徒歩1時間近くかかりそうな位には遠いです。

 

商品外観

なんかこう「岐阜」という文字だけで神々しく見えてきます。パッケージでは「豚ガラスープ」「ニンニクのコク」「辛味あん」をアピールしています。f:id:nichinichisou0808:20190406224947j:image

 

商品内容物

早速開封をしてみます。

・麺・・・見た目は本家同様の細麺

・かやく・・・湯入れ前に投入

・液体スープ・・・食前に入れる

・辛味あん・・・食前食中に好みで使う 謎f:id:nichinichisou0808:20190407123131j:image左からスープ、かやく、辛味あん

 

f:id:nichinichisou0808:20190407105824j:image

気を遣って具を入れるのは初めて

 

湯を投入する

本商品は熱湯を注ぎ、閉じたフタの上に液体スープを置いて4分待つのです。やけど注意!f:id:nichinichisou0808:20190407105829j:image

f:id:nichinichisou0808:20190407105834j:image

 

ようやく完成!

4分後、液体スープを入れれば完成となります。一仕事終えた達成感に満ちてきました。f:id:nichinichisou0808:20190407105912j:image

 

実食① 「辛味あん」 なし

まず基礎知識「岐阜タンメン」の特徴としては (以下公式より引用)岐阜タンメンとは関東地方の一般的なタンメンと違い、豚肉、白菜、キャベツ、にんにくから旨みを抽出し、 塩だしのスープと合わせたシンプルながらも味わい深いオリジナルのタンメンです。(引用以上)との事です。

一般的に関東でタンメンといえば、鶏ガラ塩スープ(日高屋)になるかと思いますが、根本から違う様ですね。 

 

食前に液体スープをいれているとバッチリニンニクがにおってきました。  

 

そしてこれはグイグイと食が進みますね。

はじめての体験だと思います。

 

実食② 「辛味あん」 全入

半分ほどいただいた後、付属の「辛味あん」を全投入しました。

f:id:nichinichisou0808:20190407061324j:image

 

食べかけで申し訳ございません。f:id:nichinichisou0808:20190407105925j:image

うまい!しかし、からい!喉にくる。

もう少し様子を見ながら投入量を調節した方がいいですね。

 

感想

近所で在庫切れとなる前に買い増しをし、同居人にも勧めて新規購入決定です。f:id:nichinichisou0808:20190407125117j:image

ちなみに袋麺もあります。私は具なしで食べたためかイマイチでした。f:id:nichinichisou0808:20210217184719j:plain

 

そしてついに・・・大垣店へ

5月の大垣まつりに合わせて、岐阜タンメン 大垣店に行ってまいりました。(2021/1/13再訪)f:id:nichinichisou0808:20190519012739j:image

f:id:nichinichisou0808:20210217183859j:plain

店内はカウンターのみでしょうか。f:id:nichinichisou0808:20190519012732j:image

トッピングは「野菜増量」と「ネギ」にしました。f:id:nichinichisou0808:20190519012751j:image

ルールです・・・が某次郎ほど殺伐としていません(二郎暦1回)

f:id:nichinichisou0808:20210217183913j:plain
f:id:nichinichisou0808:20210217183903j:plain

 

夢にまでみた本物の岐阜タンメン。とにかくスープがうまい、水分の少ない麺もうまい(ラーメン好き談)f:id:nichinichisou0808:20190519012742j:image

2度目(2022)はさらに卵を追加。f:id:nichinichisou0808:20210217183906j:plain

カウンターにある「酢もやし」を好みでプラス。f:id:nichinichisou0808:20190519012736j:image

f:id:nichinichisou0808:20190519012748j:image

いやあ、よかったです。ラーメンマニアの友人も気に入っていました。

…やはりカップラーメンより数段美味しいですね。

 

お土産ラインナップ

東海道新幹線、岐阜羽島駅の改札外コンビニにて、様々なバージョンの岐阜タンメンが販売されていました。f:id:nichinichisou0808:20200326172333j:image

ある日の大垣駅南口内コンビニ(常設ではありません)f:id:nichinichisou0808:20210217184457j:plain

 

最後に

記事途中で「日高屋のタンタン麺」と書きましたが、どうやら日高屋自体は群馬県以外の関東のみの店舗の様です。そのため「野菜たっぷりタンメン 麺すくなめ」をご紹介して終わりとします。

f:id:nichinichisou0808:20190407125359j:image

 

今回は以上となります。

 

是非併せてご覧ください

主に飲食店のブログ記事となります。