移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

列車のインテリアを眺めませんか

今回は鉄道(バス)車両の車内を紹介する記事となります。

新規投稿 2019/04/20・最終更新 2019/05/07

はじめに

世の中には国内から果ては海外まで、本格的に「車内学」として調査から発表までをされている方々がいらっしゃいます。

私の場合はいつも気まぐれ、さらには適当に車内を撮影しておりますが、ここに来て結構な量の素材が溜まりましたので、まとめて公開をする事にしました。

ご注意

運行車両や車内装備は取材当時のものです

車内電源は「USB」または「AC」となります

記事内の列車運用地域は参考路線となります

紹介列車は運用時または展示中の車両です

JR東日本 E5系

東北新幹線・北海道新幹線にて運行中です。「はやぶさ」では国内最速の営業運転中でもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190425004416j:image

 

■グランクラス

まさに現代に復活した「一等車」であり「走るファーストクラス」とも呼ばれています。

乗車ドアも専用であり、グランクラス利用でない旅客は専用車両への乗車/見学/立入/通り抜けは禁止となっています

f:id:nichinichisou0808:20190425034348j:image

 

座席は独立2列+1列の3列シート設置です。

f:id:nichinichisou0808:20190423172104j:image

 

座席周り。

f:id:nichinichisou0808:20190425034304j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425034307j:image

 

室内は金属的なクールさとソフトさが絶妙に融合しています。

f:id:nichinichisou0808:20190423172052j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425004524j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425035807j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425035805j:image

 

以前は和洋どちらかの軽食が選べました。

また、アルコール類とソフトドリンクはフリーとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190425004520j:image

 

■グリーン車

グリーン車についてもJR東日本としては破格の上質さかと思われます。

f:id:nichinichisou0808:20190423172129j:image

 

フットレスト付きの座席は、各操作を手元のキー操作が可能です。

f:id:nichinichisou0808:20190424112549j:image

 

JR東海/西日本 N700系

東海道山陽新幹線「のぞみ」の主力列車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190425040740j:image

 

車両横のロゴ。Aが大きいのが新造車、小さいロゴはN700系からの改造車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428171807j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428175310j:image

 

■グリーン車

乗り心地、静粛性文句の付けようのない仕上がりです。

f:id:nichinichisou0808:20190428165601j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165606j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165555j:image

 

この座席は過去のグリーン車と比較して相当に座り心地が良いです。そして座席のリクライニングは電動、全座席に電源が装備です。

f:id:nichinichisou0808:20190428165619j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165615j:image

 

シートヒーターも装備。

f:id:nichinichisou0808:20190428165610j:image

 

■グリーン車 (G編成)

基本的には上記と同様の性能・機能と思われますが、座面の柄を一新してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190425044937j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428165725j:image

 

■普通車

以下に2通りの柄を掲載しますが、どちらかがG編成ではないかと勝手に予想しています。

f:id:nichinichisou0808:20190423172111j:image

 

壁側には電源が1個装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428180417j:image

 

上の座席と比較すると、シートの表面柄に差異があります。

f:id:nichinichisou0808:20190428165819j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424112821j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090308j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090320j:image

 

JR東海/西日本 700系

現役車両はかなり減りましたが、2019年内は定期運行をするのではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190428170203j:image

 

以下はJR西日本所属車両です。差異は多々ありますが「JR700」は判別に役立ちます。

f:id:nichinichisou0808:20190428170417j:image

 

車両横のロゴ。

f:id:nichinichisou0808:20190428171841j:image

 

■グリーン車

電動リクライニングや電源装備、N700の前では(個人的に)霞んで見えてしまいますが、グリーン車独特の重厚な雰囲気はあります。
f:id:nichinichisou0808:20190428170208j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428170200j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428171402j:image

 

■グリーン車 (JR西日本所属)

JR東海のグリーン車と比較するとシックな仕上がりです。遮断部扉も高級感があります。

f:id:nichinichisou0808:20190428170312j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428170317j:image

 

東海のグリーン系シートとは違いブラウン系となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190425004616j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190428171738j:image

f:id:nichinichisou0808:20190423172100j:image

 

3列シート側は真ん中席のみ、幅が若干広く設定されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428170451j:image

 

JR東海 300系

「のぞみ」として高速度運転を追記した結果、独特の突き上げなど、乗り心地を犠牲にした感があります。

f:id:nichinichisou0808:20190428170619j:image

 

■グリーン車

あっさりとしたグリーン車内に重厚さは感じられません。「ぷらっとこだま」で良くお世話になりました。

f:id:nichinichisou0808:20190425004652j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20180517170030j:plain

 

JR西日本 500系

f:id:nichinichisou0808:20190428170653j:image

 

■グリーン車

速度追記のためか壁が相当に絞られており、窓側の席は若干窮屈かもしれません。

f:id:nichinichisou0808:20190423172122j:image

 

JR東日本 200系

東北新幹線開業時から運行していましたが、現在は引退をしています。

f:id:nichinichisou0808:20190428170755j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。恐らくは車内リニューアル済みです。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190423172119j:image

 

JR東海 100系

2代目東海道新幹線です。0系と比較して圧倒的な車内サービスの向上が行われました。この精悍な顔つきから現在もファンが多いようです。

f:id:nichinichisou0808:20190428170856j:image

 

■食堂車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190428170853j:image

 

JR東海 0系

「元祖新幹線」である0系の登場時は型番がありませんでした。開業時は最高速度220km/hと世界最速の営業運転でした。

f:id:nichinichisou0808:20190428175337j:image

 

■普通車

リクライニングシートではなく、転換クロスシートです。乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190423172125j:image

 

■食堂車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190428170819j:image

 

JR東日本 E353系

最新鋭の中央本線特急車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428172824j:image

 

■普通車

以前の E351/E257よりも居住性が格段に向上しました。先に投入された常磐線特急 E653と似た感があります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084608j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424112913j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090447j:image

 

JR東日本 E653系

常磐線特急の車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428175115j:image

 

■普通車

個人的にはJR東日本の普通車は完成の域に達したと感じました。質感から座席のフィット感、長時間乗車、各座席電源装備など、不満は全くなしです。

f:id:nichinichisou0808:20190424084618j:image

 

足元も広々です。

f:id:nichinichisou0808:20190425004825j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090559j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090551j:image

 

JR東日本 651系

元常磐線特急、現在は特急「草津」などに運用されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428175141j:image

 

■グリーン車

JR東日本では在来線奇跡の3烈シート車となります。4列改造しないのは最後の良心か?などと考えています。

f:id:nichinichisou0808:20190424113100j:image

 

製造は国鉄時代ですが、良いものは色褪せません。ちなみに車内はリニューアル済みです。

f:id:nichinichisou0808:20190424113057j:image

 

高崎線内にて、向かいは蒸気機関車。

f:id:nichinichisou0808:20190424144535j:image

 

座席周り。フットレストに大型肘置き、厚めのクッションなどまさに「グリーン車」です。

f:id:nichinichisou0808:20190428175236j:image

 

■旅のスタイル

f:id:nichinichisou0808:20190429090645j:image

 

JR東日本 E351系

旧中央本線特急車両となります。既に廃車されましたが、個人的には好きでした。

30年近く運行されていましたが、大規模な車内リニューアルは行われなかったと記憶しています。

f:id:nichinichisou0808:20190428175357j:image

 

■グリーン車

前述651系グリーン車の後ではどうしても見劣りしてしまう4列シートです。グリーン車座席にはシートヒーター機能があります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084605j:image

 

このシートピッチがかろうじでグリーン車であることを主張しているかのようです。

f:id:nichinichisou0808:20190425004915j:image

 

■普通車

振り子列車のた壁側が絞られており、また、走行中には体を固定しにくい「快適」とは言い辛い乗り心地でした。

f:id:nichinichisou0808:20190425004950j:image

 

座席下は埋まっているため、足があまり伸ばせません。

f:id:nichinichisou0808:20190428175430j:image

 

JR東日本 E257系

旧中央本線特急車両となります。既に定期運行から外れ、将来的には東海道本線に移籍されます。

f:id:nichinichisou0808:20190428194957j:image

 

■普通車

個人的には可も不可もない車内と座席です。座席はリクライニング意外にも、座面が前後可動式です。またE351とは異なり足元が広くなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190424084614j:image

 

JR東日本 E257系500番台

千葉方面にて運行中の E257系となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428175638j:image

 

■普通車

個人的には可も不可もない車内と座席です。座席はリクライニング意外にも、座面が前後可動式です。

f:id:nichinichisou0808:20190424084611j:image

 

足元が広くなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190424113158j:image

 

JR東日本 255系

千葉方面にて運行中の特急列車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428175902j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、あまり記憶がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190428175853j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428175850j:image

 

JR東日本 251系

「スーパービュー踊り子」などにて運行中となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428180006j:image

 

■普通車

リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424120016j:image

 

JR西日本 681系

JR西日本内では「サンダーバード」などに幅広く使用されている車両であり、JR東海の大垣〜名古屋に乗り入れもしています。

f:id:nichinichisou0808:20190428180036j:image

 

■グリーン車

流石JR西日本、特別な空間を作り出すのが上手いと思います。もちろん3列シートです。

f:id:nichinichisou0808:20190424084539j:image

 

■普通車

号車によりシートカラーが異なります。

f:id:nichinichisou0808:20190428201818j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424084526j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424084621j:image

 

JR東海 383系

名古屋から長野を結ぶ「しなの」にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195032j:image

 

■普通車

普通車でも前後幅は広く、シートピッチはグリーン車並の1100mmを確保しています。

f:id:nichinichisou0808:20190424084555j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425005043j:image

 

JR東海 キハ85系

名古屋発「ひだ」や「南紀」などで運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195057j:image

 

■普通車

f:id:nichinichisou0808:20190424141608j:image

 

乗り心地は悪くありませんが、岐阜からの高山本線はなかなかワイルドな走りのためか、体が左右に激しく揺られることもあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424141611j:image

 

「ワイドビュー」の名に恥じぬ大型窓からの眺望。

f:id:nichinichisou0808:20190424151436j:plain

 

JR東日本 485系

元は国鉄特急ですが、東武鉄道との相互運転も行い、晩年は「ビバ あいづ」号での運行に当てられた編成となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428180946j:image 

 

■普通車

東武鉄道との相互運転のため、車内リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084558j:image

 

JR東海 キハ181系

当時は超ハイパワーな気動車でした。

f:id:nichinichisou0808:20190428202049j:image

 

■普通車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084529j:image

 

JR東海 381系

国鉄時代に製造された国内初の振り子式電車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428195126j:image

 

■普通車

乗車感覚はまさに「振り子」です。(博物館にて撮影)
f:id:nichinichisou0808:20190424084522j:image 

 

構造状冷房ダクトが車内にありますが、JR西日本の381系では後日に窓際座席を撤去をし、不自然な空間が。(スーパーくろしお)

f:id:nichinichisou0808:20190425005218j:image

 

JR東日本 183系

中央本線特急列車にて運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428195156j:image

 

■普通車

アップグレードを実施した大型座席リニューアル後となります。また、乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084825j:image

 

国鉄 181系

上越本線特急列車として運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428195240j:image

 

■普通車

乗車経験はありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084813j:image

 

国鉄 485系

東北本線特急列車として運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428195302j:image

 

■普通車

乗車経験はあるのですが、シートピッチの狭いこと以外はあまり記憶がありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424084818j:image

 

小田急電鉄 10000形HiSE

現在は長野電鉄にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195325j:image

 

一般車設定のみとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190425005322j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425005319j:image

 

小田急電鉄 3100形NSE

近頃運用から外れましたが、長期間の営業運転でした。

f:id:nichinichisou0808:20190429090736j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428195355j:image

 

一般車設定のみとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190424141214j:image

 

小田急電鉄 30000形EXE

f:id:nichinichisou0808:20190428195436j:image

 

リニューアル前の車内となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424141210j:image

 

東武鉄道 100系

「スペーシア」として東京と日光・鬼怒川を結ぶ豪華特急はJR新宿へも乗り入れます。

f:id:nichinichisou0808:20190428204905j:image

 

■普通車

座席カバーリニューアル後となります。バブル期新造車だけあり、現在でも通用する座席ではないでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190424113347j:image

 

デビュー時には各座席にラジオがありましたが、流石は東武、後日取っ払いました。

f:id:nichinichisou0808:20190424113343j:image

 

東武鉄道 200系

特急「りょうもう」は浅草から群馬・栃木まで運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195503j:image

 

普通車のみの設定となります。

この車両には3,4種類の座席が存在し、その内1種類はシートカバーがリニューアルもされています。

こちらは新造車内座席リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084541j:image

 

なんだか疲れた座席に見えてきます。これに料金を支払うの?

f:id:nichinichisou0808:20190424113230j:image

 

新造車内の座席カバーリニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428195532j:image
f:id:nichinichisou0808:20190428195538j:image

 

座席全体リニューアル後となります。フットレストが無くなりました。
f:id:nichinichisou0808:20190428195543j:image

 

西武鉄道 10000系

「ニューレッドアロー」として運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195610j:image

 

普通車のみの設定となります。

座席交換リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084602j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424113500j:image

 

近畿日本鉄道 名古屋線22000系

f:id:nichinichisou0808:20190428195631j:image

 

レギュラーカーのみの設定となります。

車内リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084623j:image

 

近畿日本鉄道 23000系

「伊勢志摩ライナー」として全車リニューアル後も活躍中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195700j:image
f:id:nichinichisou0808:20190428195654j:image

 

■デラックスカー

車内リニューアル後となります。
f:id:nichinichisou0808:20190424084532j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428200005j:image

 

車内リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084545j:image

 

■レギュラーカー

車内リニューアル後となります。
f:id:nichinichisou0808:20190424084551j:image

 

■サロンカー

車内リニューアル前となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424102020j:image

 

■運転室

f:id:nichinichisou0808:20190424102433j:image

 

■近畿日本鉄道 21000系

「アーバンライナーNEXT」として名阪ノンストップ特急として運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428195746j:image

 

■レギュラーカー

車内リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424084548j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428195845j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424102123j:image

 

■運転室

f:id:nichinichisou0808:20190424102127j:image

 

近畿日本鉄道 30000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200416j:image

 

■ダブルデッカー2階

車内リニューアル後となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424101929j:image

 

南海電気鉄道 50000系

南海の空港特急「ラピート」にて運行中です?

f:id:nichinichisou0808:20190503021926j:image

 

■スーパーシート

車内リニューアル前のシートとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190425005425j:image

 

■運転室

f:id:nichinichisou0808:20190425005423j:image

 

南海電気鉄道 高野線21001系

元祖「ズームカー」。現在は大井川鐵道にて運行されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428200041j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424114916j:image

 

京阪電気鉄道 8000系

f:id:nichinichisou0808:20190428202707j:image

 

■プレミアムシート

着席保証のある座席となります。個人的には料金が同等設定である関東の着席保証がボッタクリに見えてきます。

f:id:nichinichisou0808:20190424115621j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424115610j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428202852j:image

 

■普通車

料金不要でもこの座席です。(ダブルデッカー2回席)

f:id:nichinichisou0808:20190428202733j:image

 

車端部座席となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428202738j:image

 

西武鉄道 40000系

f:id:nichinichisou0808:20190428204759j:image

 

■Sトレイン運行時

着席保証、電源使用可能、速達運行時には「Sトレイン」として料金が徴収されます。快適ではありますが、東海や近畿の通勤車と比較するのはやめましょう。

f:id:nichinichisou0808:20190424115617j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424115613j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428204840j:image

 

■通勤運行時

料金不要時にはロングシート、電源使用不可となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428204831j:image

 

■優先席

優先席は運行形態に関係なくロングシートです。

f:id:nichinichisou0808:20190428204836j:image

 

会津鉄道 AT-350,AT-400系

「お座トロ展望車」として2両1組で運行中です。指定席ではありませんが、料金が必要となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428200113j:image

 

展望車両側。

f:id:nichinichisou0808:20190424115916j:image

 

お座敷車両側。

f:id:nichinichisou0808:20190424115921j:image

 

伊豆急行 2100系

現在は仕様変更して運行中となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428200149j:image

 

料金不要でこの座席と眺望、素晴らしいです。

f:id:nichinichisou0808:20190424141357j:image

 

西武鉄道 20000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200246j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120446j:image

 

西武鉄道 6000系

f:id:nichinichisou0808:20190428204726j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428204730j:image

 

東武鉄道 10030系

f:id:nichinichisou0808:20190507204434j:image

 

大幅リニューアルした車内です。

f:id:nichinichisou0808:20190507204429j:image

 

東武鉄道 8000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200344j:image

 

大幅リニューアルした車内です。

f:id:nichinichisou0808:20190424120528j:image

 

京阪電気鉄道 13000系

f:id:nichinichisou0808:20190428200453j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120458j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428202822j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428202827j:image

 

鹿島臨海鉄道 8000形

新型車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428200546j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120443j:image

 

鹿島臨海鉄道 6000形

f:id:nichinichisou0808:20190428200617j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120516j:image

f:id:nichinichisou0808:20190425005508j:image

 

名古屋臨海高速鉄道 1000形

あおなみ線にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200644j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120449j:image

 

JR東海 313系

東海道本線他にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200710j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120539j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424143331j:image

 

JR東海 311系

東海道本線にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200735j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120455j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424143414j:image

 

JR東海 313系3000番台

東海道本線他にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200801j:image

 

313系列ですが転換クロスシートではなく、セミクロスシートです。

f:id:nichinichisou0808:20170826054220j:plain

 

JR東海 キハ75系

高山本線などにて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428200825j:image

f:id:nichinichisou0808:20170826143552p:plain

 

樽見鉄道 ハイモ330-700形

f:id:nichinichisou0808:20190428200932j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120440j:image

 

養老鉄道 600系

f:id:nichinichisou0808:20190428201006j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424120525j:image

 

ワンマン向け運賃収受箱設置済みです。

f:id:nichinichisou0808:20190428202931j:image

 

東京メトロ 13000系

日比谷線向けの最新車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428205307j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428201111j:image

 

ドア上は液晶3枚。

f:id:nichinichisou0808:20190428194932j:image

 

営団地下鉄 3000系

旧日比谷線、現在は長野電鉄で運行中です。
f:id:nichinichisou0808:20190428203010j:image

 

個人的には懐かしすぎる車内。

f:id:nichinichisou0808:20190424120535j:image

 

JR東日本 E231系

常磐線普通列車などで運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190429090955j:image

 

■ダブルデッカー グリーン車

料金が必要となります。

f:id:nichinichisou0808:20190429090948j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090937j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429090943j:image

 

JR西日本 221系

京阪神地区にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201143j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424141454j:image

 

JR西日本 223系

京阪神地区にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201215j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424141451j:image 

 

JR西日本 227系

広島地区にて運行中です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201246j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424141448j:image

 

国鉄 455系

東北本線などで運行されていました。

f:id:nichinichisou0808:20190428201428j:image

 

ボックス席の普通車となります。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424120542j:image

 

JR東海/西日本 117系

f:id:nichinichisou0808:20190428201355j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429093207j:image

 

転換クロスシートとなります。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424141515j:image

 

JR東日本/西日本 115系

ザ・国鉄近郊列車です。近年では一気に淘汰が進みました。

f:id:nichinichisou0808:20190429094627j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429094637j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429094630j:image

 

車内リニューアル済み車両となります。

f:id:nichinichisou0808:20190429094634j:image

 

国鉄 101系

説明不要の国鉄初の高性能通勤列車です。

f:id:nichinichisou0808:20190428201331j:image

 

ロングシートですが、近頃の車両の様に着席ガイドやスタンションポールなどはありません。(博物館にて撮影)

f:id:nichinichisou0808:20190424120513j:image

 

JR東海/東日本/西日本 キハ40,キハ48

JR東海管内では既に廃車となりました。

f:id:nichinichisou0808:20190428201544j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429093011j:image

 

国鉄的車内。

f:id:nichinichisou0808:20190424120452j:image

 

紀州鉄道 キハ600形

既に廃車されています。

f:id:nichinichisou0808:20190428201707j:image

 

シートクッションも弾力を失いペコペコでした。

f:id:nichinichisou0808:20190424120545j:image

 

高速バスの車内

実は今回は高速バスの記事を書く予定でした。そして写真を集めて情報収集をすると、私的に薄い記事が予想されたため没にしました。

しかし発掘した資料が勿体ないので、併せて公開をいたします。

ご注意

バス車両は全ての便で同じではありません

今回は全て「昼行便」での紹介となります

運行車両や車内の装備は取材時期のものです

車内電源は「USB」または「AC」となります

今回紹介の路線は事前に乗車券を購入します

JRバス関東「新東名Sライナー」①

東京と名古屋間で運行中の高速バスです。

途中にバス停が一切なく、新東名高速を走行するため、後述の「(東名)スーパーライナー」よりも所要時間が1時間程短縮されます。

こちらの2階建バスは総称として「ダブルデッカー」と呼びます。

車両は三菱の「エアロキング」ですが、国内での2階建バス製造は2010年で中止となっています。

f:id:nichinichisou0808:20190424125038j:image

 

2階部分。昼便としては貴重な3列シート運行車両です。

各座席には電源が、一部以外の各座席にはフットレストが装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424125050j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424133654j:image

 

2階先頭席は眺望は最高ですが、昼便では日差しとの戦いとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134012j:image

 

1階席は天井が低い気がします。また、トイレは1階に設置されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424125105j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424133605j:image

 

JRバス関東「新東名Sライナー」②

東京と名古屋間で運行中の高速バスです。

こちらの車両は2019年に新投入された、新型のダブルデッカー車「アストロメガ」となり、開発は海外、スウェーデンSCANIA社とベルギーVanHool社です。

バス通に言わせると「海外のバスメーカーで唯一国内の保安基準を満たした」いい走りのバスだそうです。

f:id:nichinichisou0808:20190424190333j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424190341j:image

 

車内は全4列シート、トイレは1階に設置してあります。

・・・私は4列シートが超嫌いです。

さらに電源は2座席に1口という低コストを発揮しています。(事実相違がごさいましたらご指摘ください)

f:id:nichinichisou0808:20190424190337j:image

 

JRバステック (東名)スーパーライナー

バステックはJRバス関東の完全子会社です。

東京と名古屋間を全行程東名高速にて運行します。

こちらの車両は三菱ふそうの「エアロエース」、ハイデッカーとなります。

車内は全幅広4列シート、トイレは設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125111j:image

 

各座席に電源があります。

f:id:nichinichisou0808:20190424142047j:image

 

JR東海バス 新東名Sライナー

東京・名古屋間はJRバス関東との共同運行となります。

車両は三菱ふそうのダブルデッカー「エアロキング」となり、外見はJRバス関東の車両と似ていますが、車内装備は全く異なります。

各座席に電源があり、トイレは1階部分に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125042j:image

 

2階部分。昼便としては貴重な3列シート運行車両です。こちらは普通席となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125046j:image

 

普通席周辺。一部以外の各座席にはフットレストが装備されており、上着掛けに使えるハンガーも用意されています。

個人的にはJRバス関東の同車両よりも、こちらの方が上質にまとめた感を受けます。

f:id:nichinichisou0808:20190424133806j:image

 

そして便により設定されており、アッパーシート扱いである「ビジネスシート」が2階前部に6席あります。

座席自体が普通席よりも大型なうえに、前後のスペースも広いです。わずか500円追加をすれば快適な移動が約束されます。

f:id:nichinichisou0808:20190424125034j:image

 

ビジネスシート周辺。普通席との差は歴然です。オットマン装備ですが、足の短い私には前座席まで届きませんでした。

そして2列シート側の席間には衝立が、通路側にはカーテンが設置されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424125031j:image

 

JRバス関東「新東名Sライナー」③

東京と名古屋間で運行中の高速バスです。

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全幅広4列シート、トイレは設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125102j:image

 

4列シートですが、個人的には幅広シート(楽座シート)採用による質の向上、十分な足元スペースなど頑張っていると感じました。

各座席に電源があり、最後尾にトイレも設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125055j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424125114j:image

 

JRバス関東 「上州ゆめぐり号」

新宿と草津温泉(基本は伊香保温泉経由)を運行しています。

「高速バス」ではありますが、渋川I.C.以降は全て一般道を走行するため、高速道路走行時間の割合が低い路線です。 

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全座席幅広4列シートに各座席電源付き、トイレは後方に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134350j:image

 

草津温泉キャラ「ゆもみちゃん」のプリントもあります。一時期ファンでした。

f:id:nichinichisou0808:20190424134359j:image

 

車内についてですが、以下写真の座席構成は現存しません。

以前は座席1,2番がアッパークラスシートである「Gシート」装備車両がありました。

Gシート運行便では500円の追加で「大型座席・3列シート・前後幅広い・肘置優雅使用」が手に入りました。

f:id:nichinichisou0808:20190424133901j:image

 

ヘッドレスト装備席が「Gシート」です。後方の標準4列シートと比較すると、座席のサイズから違います。

私は頻繁にGシート利用で草津温泉に行っていました。

しかし数年前にJRバス関東は「Gシートを廃止して全座席を幅広4列シートに置換」を公式に発表・装備変更しました。

f:id:nichinichisou0808:20190424143455j:image

 

こちらも現存しないであろう、全座席「標準4列シート」の車両です。現在は「幅広4列シート」に交換済みかと思います。

(現在の車内設備は前述の「新東名Sライナー」4列シート車両と同様と思われます)

f:id:nichinichisou0808:20190424134312j:image

 

JRバス関東 「那須・塩原号」

新宿と那須温泉を運行する路となり、後述する(旧)東野交通との共同運行となります。

こちらの車両は日野自動車のハイデッカー「セレガ」となります。

車内は全座席幅広4列シートに各座席電源付き、トイレは後方に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134344j:image

 

車内設備は前述の「新東名Sライナー」4列シート車両と同様です。

f:id:nichinichisou0808:20190424134338j:image

 

JRバス関東 「東海道昼特急号」

東京・大阪(京都経由)で運行しています。

新幹線よりもかなり価格が抑え込めますが、定時運行で全行程を8.5時間かけて運行します。

実際の乗車は相当以前となり、現在では座席などの装備が変更されている可能性もあります。

この車両は三菱ふそうのダブルデッカー「エアロキング」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134316j:image

 

全座席3列シートです。一部を除く各座席にはフットレストが装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424134333j:image

 

京王電鉄バス 「新宿-長野線」 (プライム車)

東京と長野間で運行中の高速バスとなり、後述アルピコ交通との共同運行となります。

「プライムシート仕様」車両は通常車両より豪華で快適装備となります。

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全1+2列シート、トイレは特別広い個室が設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134305j:image

 

プライム仕様車両の座席は、独立1席+2列の3列シートとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134309j:image

 

一部を除いた各座席には、フットレストが装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424134341j:image

 

登場時には「プライムシングル」として売り出された独立座席には電源とカーテンが追加装備されています。

2012年登場時にはシングル席追加料金が1,000円必要でしたが、後日500円に値下げされ、現在では追加料金なしとなりました。なんてこったい。

f:id:nichinichisou0808:20190424134330j:image

 

アルピコ交通「長野-新宿線」 (プライム車)

東京と長野間で運行中の高速バスとなり、前述京王バスと共同運行となります。

「プライムシート仕様」車両は通常車両よりも豪華で快適装備となります。

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全1+2列シート、トイレは特別広い個室が設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134302j:image

 

京王バスのプライム車両と同様の仕様・運行となります。

ただし、アルピコ車両は全座席に電源が装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424134320j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424134325j:image

 

岐阜バス 「高速岐阜八幡線」

岐阜と郡上八幡で運行をしており、今回の路線で唯一予約不要の路線となります。

郡上市周辺は鉄道が活発ではないため、安くて速い高速バスが有利です。

この車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428203036j:image

全座席標準4列シート、各座席に電源があります。トイレはありませんが、所要時間は2時間を切るため心配は不要と思います。

f:id:nichinichisou0808:20190424143231j:image

 

座席前後がやや狭く感じられます。

f:id:nichinichisou0808:20190424143235j:image

 

同じ区間を運用していたこの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロバス」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190425030924j:image

 

内装については記憶がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190425030921j:image

 

東野交通「那須・塩原号」

新宿と那須温泉を運行する路線となり、前述京王バスとの共同運行となります。

まず「東野(とうや)交通」は2018年に関東自動車株式会社と統合、名称消滅しました。(現在の運行車両及び装備は未確認となります)

こちらの車両は日野自動車のハイデッカー「セレガ」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424143241j:image

 

JRバスの幅広座席採用に対して標準4列シートではないかと思われ、電源なし、2列座席の間の肘置無しと記憶しています。トイレは後方に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424143228j:image

 

おまけ 一般道路線バス

割と行く先で適当に撮影しています。

f:id:nichinichisou0808:20190428203124j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428203120j:image

f:id:nichinichisou0808:20190428203131j:image

f:id:nichinichisou0808:20190429093243j:image

 

高速バスの「快適さ」追求

近頃では東京・大阪間などで、個室並みの空間を提供する高速バスも運行されています。

しかし価格は「ぷらこま」より高価・・・。

私は3列独立シートに電源が装備され、フリーWi-Fiと洗面所があれば十分に快適です。

f:id:nichinichisou0808:20190424134347j:image

サービスエリアにバス集合の図

 

個人的おすすめの列車シート

皆様はお気に入りの列車シートはありますか?

私的にはJR東海 N700系のグリーン車、JR東日本のE653の普通車となります。体へのフィット感が良く、長時間利用でも疲れにくいと感じています。

 

JR東日本の特急列車座席は近年ぐんと質が高まった様に感じる反面、在来線特急列車のグリーン車4列シートをみると、ヤル気のなさを感じてしまい落胆をしております。

 

最後に

バスの車内を本記事に追加をしたのは大失敗でした。完成までにがっつり記事3本分以上の時間を要しました。(泣き言ではなく感想)

しかし、本記事につきましては都度追記をする予定です。

 

そして、本記事を平成最後の新規投稿といたします。

 

今回は以上となります。

 

併せてご覧ください

ブログ内には他鉄道記事があります。