移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

大垣ロードバイク巡礼計画 (始動編)

今回はロードバイクで大垣聖地巡礼を目指す記事①となり、計画や所有自転車の紹介となります。

 

はじめに

ブログ記事やSNS上ではロードバイクでの聖地巡礼風景をよく見かけますが、私も「聲の形」の聖地である岐阜県大垣市を走ってみたくなりました。

f:id:nichinichisou0808:20190825213502j:image

・・・現地でレンタサイクルを借りるのも1つの方法ですが、やはり自分の自転車で走るのが夢なのです。

 

聖地自転車経験

これまでも所謂「聖地」を自転車にて巡礼したことがあります。

・和歌山県御坊市周辺

「AIR」聖地巡礼に御坊駅レンタサイクルで日の岬灯台まで行きました

・広島県尾道市

「かみちゅ!」聖地巡礼にホテルのレンタサイクルで巡礼しましたか、坂が多くて死ねました

・長野県大町市

「おねてぃ」聖地巡礼のためレンタカーに自前ロードバイクを積載し、現地で走りを楽しみました。

f:id:nichinichisou0808:20190829200926j:image

f:id:nichinichisou0808:20190829200929j:image

許可を得て室内に保管

 

目指すは「輪行」

実は一時期、自転車をバラして専用袋に収納、列車で聖地まで移動して、現地で自転車を組み上げて走る「輪行」の準備をしていたのですが、色々な事情から流れてしまいました。

しかし、大垣聖地巡礼については、是非とも「輪行」をしたいと思っています。

 

大垣聖地巡礼の距離感

大垣市街地は基本的には平地のため楽々移動を予想しています。

ちなみに少し離れた「養老天命反転地」と「岐阜駅」の距離を出してみましたが、共に15km前後でした。

f:id:nichinichisou0808:20190829210502p:image

岐阜駅まで30-45分程度の所用時間か


f:id:nichinichisou0808:20190829210457p:image

養老付近は登り道のため45-60分程度

なかなか楽しめそうですが、バイパスは交通量が多いので、走行には注意が必要かと。

 

所有自転車

2010年頃に自転車ブームがきていた記憶があるのですが、その時立て続けに購入をした2台のマシンが現役です。

自慢するほどの高級マシンではありませんが、ロードバイクには愛着があります。

 

■購入マシン①

酔った勢いで駅前自転車屋へと突撃・一切の予備知識なく35,000円を支払い、予約注文をしました。

・・・店内の陳列棚から一目で惚れて購入契約し、後日納車されたのがこちら、マウンテンバイク「日産 フェアレディZ」!

出前に来る蕎麦屋のオッサンが毎度チラチラと見ていましたが、もしかして羨望の眼差し?

f:id:nichinichisou0808:20190824155147j:image

購入直後

 

今考えるとなんでオフロードでフェアレディZやねん、と思いますが、何も知らない当時は一目惚れでした。

f:id:nichinichisou0808:20190824154024j:image

現状はボロボロに、、、

 

■走り感想

そして納車翌日、颯爽と街へ走りに出たのですが、すぐに違和感を覚えました。

「なんか超遅い、乗りづらい、楽しくない」

家から立川の昭和記念公園の往復30kmで精根尽き果てました。

「スポーツ自転車は楽しいなんて嘘だ!」

直ぐに自転車の調査を開始すると、私はいわゆる「ルック車」を購入していたことを理解しました。

詳細説明は避けますが、ホンモノのマウンテンバイクの様な走りをすれば、最悪フレームが断裂する可能性もありますし、マウンテンバイクの競技イベントにも出場はできません。

ママチャリがスポーティな見た目となり、いらん装備をゴテゴテにしたのが「マウンテンバイク(ルック※)車」と初めて知りました。

・・・当時の私は落胆したものです。

※バイクメーカーLOOK社とは無関係です

 

■パーツ

フェアレディZのロゴが映えますね。

f:id:nichinichisou0808:20190824154215j:image

f:id:nichinichisou0808:20190824154209j:image

 

しかし見る人が見れば判る安いコンポーネント満載で、自重17kgのマウンテンバイクでした。

f:id:nichinichisou0808:20190824154218j:image

一応シマノパーツ

 

ちなみに一般的な競技にも対応できるマウンテンバイクは、自重10kg以下となります。

f:id:nichinichisou0808:20190829193659j:image

 

この手の自転車が悪いとは思いませんが、私の求めているものではありませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190829193703j:image

 

今では近所買い物用「鈍星号」として余生を送っています。

f:id:nichinichisou0808:20190829193805j:image

ブレーキはシマノでなく単価1,000円程

 

購入バイク②

不勉強による理想と現実の差に懲りた私は(少しだけ)スポーツ自転車の勉強をして、2台目の自転車はスポーツ自転車専門店で購入をしました。

最後までクロスバイクとロードバイクで悩みましたが、最終的にはロードバイクに絞り込み、お財布事情とデザインの好みからTREK社の入門的ロードバイク「1.2」を選択しました。

ちなみに今回「輪行」をするのはこちらの自転車となります。

f:id:nichinichisou0808:20190824160049j:image

購入当時

 

f:id:nichinichisou0808:20190824160153j:image

現在でもキレイキレイ

 

■走り感想

納車直後から明らかに今までの自転車とは違いました。加速性能、舗装路での乗心地、疲れにくいハンドル・・・「こんな自転車が欲しかったんだよぉ」と当時は感動をしたものです。

家から津久井湖までの往復100kmを走破した時には最高に楽しかったものです。

 

■追加・交換部品

パーツ(コンポーネント)の交換はブレーキのみ行い、他は標準装備のままです。

私は「制動力こそ安全」主義のため、シマノ社の最上級ブレーキ「BR-R650」を前後に奢ることで交換費用は1万円超えでしたが、私のロードバイクで唯一自慢できるパーツです(笑)
f:id:nichinichisou0808:20190824160139j:image

リアブレーキ

 

f:id:nichinichisou0808:20190824161228j:image

フロントブレーキ

 

■ベル

一度も鳴らしたことのないベルですが、装着義務があるためにシートポスト(座席下)に安物を装置しています。

f:id:nichinichisou0808:20190824160202j:image

設置義務あり

 

■尾灯

同じくシートポストにはテールランプ(尾灯)を装着してあります。

一般的な自転車には装着義務により「反射板」が自転車後に付いていますが、尾灯装着時においては反射板は免除されます。

f:id:nichinichisou0808:20190824160159j:image

設置義務あり

 

■バックミラー

これがなかなか便利パーツのバックミラーです。右ハンドル下に装置しています。

特に交通量の多い幹線道路走行時、わざわざ後ろを向かずに手元を見れば、後方状況が把握できるのです。

f:id:nichinichisou0808:20190824160143j:image

超便利!

 

バックミラー運用イメージです。ミラーは可動式のため好きな角度に調整可能です。

f:id:nichinichisou0808:20190824165934j:image

 

■アクセサリー

多分役に立たない空気入れ(下の棒)とドリンクホルダーです。

f:id:nichinichisou0808:20190824160147j:image

 

■ビンディングペダル

ロードバイクはより高速走行をするために、専用靴と専用ペダルをロック(一体化)する「ビンディング」機能があります。

一般的自転車を漕ぐ時には、脚の踏込み時に加速をしますが、ビンディングならば脚とペダルが一体化するので、踏込み以外でも常時の加速が可能です。

f:id:nichinichisou0808:20190824160156j:image

マウンテンバイク用

ちなみに私もビンディングを取り付けましたが、手軽さと歩きやすさから「マウンテンバイク」用としました。

 

個人的ロードバイク考

ちなみにロードバイクユーザーは様々拘りがあるようですが、私には全くありません。

本格ロード風な格好はしませんし、他人様のバイクやコンポーネントを値踏みする興味もありません。

一般道で他バイクや自動車との競争や右側車線走行などもってのほかです。

ただし安全に考慮した上、速度制限内で力一杯の速度で走るのは大好きです。(貧脚ですが)

自転車運転はマイペースで楽しく安全に「道交法遵守」が基本です。

 

最後に

私は大の酒好きのため、なかなか自転車趣味との両立が難しいのですが、「愛する大垣」のためならば酒も我慢できそうです。

・・・次回は長期間走行していなかったバイクのメンテナンスや「輪行」について記事にする予定です。

f:id:nichinichisou0808:20190829204639j:image

雨風に捨て置かれた同居人のバイク

 

今回は以上となります。

 

あわせてご覧ください