移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

そうだ、岐阜行こう

今回はこの夏におすすめの岐阜県旅行提案記事となります。(暫定版)

 

5/25暫定公開いたしますが、以下制限がございます

・養老町、郡上市、高山市、飛騨市記事編集中

 →近日中に写真など追加予定です

・詳細スケジュール、運賃・料金など未公開

f:id:nichinichisou0808:20200521155106p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200521011951j:plain
ご注意

本記事はイベントや施設などの開催と営業については「問題なし」としての記事です。最新情報は各施設にてご確認ください。また非常事態宣言下での旅行を推奨する記事ではありません。

 

はじめに

今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」をご存知ですか?

現在でも謎多き戦国武将・明智光秀を中心にとした物語…織田信長、斎藤道三など戦国大名・武将も多数登場するなど、久々にNHKの気合いが入った大河ドラマとなっています。

・光秀の出身地は美濃國説が有力

・光秀は美濃國の斎藤道三に仕えた

・斎藤家に勝利した織田信長は美濃を拠点とした

f:id:nichinichisou0808:20200522020013j:image

岐阜城所蔵の織田信長公像

作品の舞台は美濃國、登場人物も美濃國と深い関係があるいうことで、今年の岐阜県美濃地域では、例年以上に歴史観光に力を入れています。

「麒麟がくる」の聖地巡礼から岐阜県好きになる…アリな上に超良いと思います。

f:id:nichinichisou0808:20200512082518j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512092824j:plain

私も岐阜県は映画作品の聖地巡礼から入りましたが、すでに岐阜県の魅力に取り憑かれています。

 

岐阜旅行を提案します

今回は岐阜県の素晴らしさを強制布教すべく、私自身が訪れた岐阜県内のおすすめスポット(一部除く)で行程を組み立てた「岐阜県旅行ご提案」記事を執筆した次第です。

記事中では都市毎に観光スポットやイベント紹介、おすすめ宿泊施設に飲食店情報まで提供しております。

※執筆者は単に岐阜県が好き、特に大垣市マニアなただの酒呑みのため、岐阜県全体観光には精通しておりません

※本記事内の情報(経路・運賃・料金・施設案内)は調査した上での参考掲載となります

 

本記事執筆にあたり

観光地の紹介記事とは情報は勿論のこと、写真も現地の魅力を伝える重要な役割を果たしています。

本記事執筆にあたり、本来であれば掲載地の全てを私が探訪・体験・取材した素材使用すべきと理解はしております。

しかしながら5月20日現在、日本国内は隣県への旅行すらままならぬ状態です。

結果、岐阜県に精通しておられる方々に資料ご提供(写真・情報)を依頼し、ご協力頂けた結果、本記事が完成をいたしました。

※記事最後にてご紹介させていただきます

 

岐阜県に無いのは空港だけやよ?

岐阜県の観光イメージ…何か湧きますか?

私が見聞きした中では「名古屋の植民地」「何もなさそう」「わからない(浮かばない)」あたりです。

f:id:nichinichisou0808:20200520192944j:image

そこで記事の本題前に岐阜県の真の観光イメージをお伝えできれば、と岐阜県を褒め称えてみます。

・実は観光に超強い岐阜県

世界遺産から自然に寺社仏閣、城に古い街並、夜景に祭行事、郷土料理に銘酒までありとあらゆるスポット・独自文化が揃っています。

平成30年岐阜県外からの岐阜県旅行客数は…東海地方最大の愛知県や、リゾート大国長野県と同程度との結果が出ています。

ちなみに県内の観光地点数(自然,歴史,イベントなど7項目合計数)は、47都道府県中の10番目位に多い450地点程となります。

そして近年では映画「君の名は。」や「映画 聲の形」や「氷菓」の舞台(聖地)としての人気も高まっています。

間違いなく岐阜県は観光大国です!

しかし岐阜の県民性は「堅実・控えめ」なので、大好きなのにお国自慢を外でしない、更には各都市の観光協会のアピールが下手・・・なのかもしれません。

・飛騨高山,白川郷,下呂温泉,中津川宿…全て岐阜県です

コレなんですが本当に「飛騨高山って岐阜県なの?」と言う人がいるんです。県外の人からはこの程度の認知度の岐阜県…飛騨高山に知名度で負けてるか。

f:id:nichinichisou0808:20200521182740j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200521182745j:plain

しかし後述する事情により、当の岐阜県民ですら「飛騨と岐阜は(文化など)違うから、あっちの事はよくわからない」と言う程度の方がいるのも事実。ははは。

しかも県南部は伊勢湾が、北部は日本海がそれぞれ近いため、食べる魚介類にも違いがあるようです。

・県内アクセス良好…とは言い難いかも

まず鉄道ですが、県内南部の岐阜市、大垣市、羽島市などは東海道本線と新幹線による都市圏輸送地域のため、岐阜駅から名古屋駅まで20分、東京や京阪神へのアクセスも便利です。

岐阜県内には新幹線停車駅「岐阜羽島」もありますが、立地などから皆名古屋駅を利用されています。

f:id:nichinichisou0808:20200521181118p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200521181111p:plain

問題は県中部と北部です。JR高山本線を筆頭にローカル線的な運行形態のために利便性が高いとは言えません。

岐阜県は基本車文化のため、高速・路線バスや高速道路網は充実をしています。


f:id:nichinichisou0808:20200522023424j:image

f:id:nichinichisou0808:20200522023420j:image

・・・そして岐阜県内には航空自衛隊の基地はあるのですが、民間機の営業空港はございません。

・結局、観光的魅力は全都道府県にある

特にネット上で「◯◯県は何もないから行く価値なし」と抜かす輩がいますが、大抵は旅行経験も地理知識もない阿保、若しくは余程現地でツイていなかった不運な方しかいません。

観光として魅力の無い都道府県は存在しません。

そして岐阜県の魅力を発見する旅に出ましょう!

  

岐阜県の地方・地域について

折角岐阜県を旅するならば…基礎知識程度ですが、県内の地域についてご説明をさせていただきます。

岐阜県は南部の美濃地方、北部の飛騨地方があります。これはかつての旧区分の美濃國と飛騨國に相当します。

廃藩置県施行時には美濃國のみを岐阜県としましたが、明治9年に筑摩県の一部となっていた飛騨國が岐阜県に編入をしました。

現在の美濃地方はさらに「岐阜地域」「西濃地域」「中濃地域」「東濃地域」と区分されることが頻繁にあります。

f:id:nichinichisou0808:20200512155821j:image

これは岐阜県の自治体区分された地図となります。今回は地図上に名称記載のスポット(市町村)をご紹介いたします。

地図上の岐阜市は「岐阜地域」、大垣市と養老町は「西濃地域」、郡上市は「中濃地域」、高山市と飛騨市が「飛騨地域」となります。右側の真っ白な部分は私の未踏破密集の「東濃地域」となります。

…これで岐阜県内の位置関係はバッチリやよ!

 

旅行日程 (暫定)

東京発3泊日4日の旅となり7/25(土)の出発が理想です。

7/25には岐阜県内最大の尺玉を打ち上げる「岐阜新聞 大垣花火大会」が大垣市で盛大に開催されます。さらに郡上市では、祭期間中の幾日かは夜通し開催で有名な「郡上おどり」の真っ最中でもあります。

今回は大垣花火大会のみを視野にいれましたが、郡上でさらに一泊…なんていいと思いますよ。

1日目

移動・養老公園、大垣市街地、大垣花火大会、大垣泊

2日目

岐阜市街地、ぎふ長良川鵜飼観覧、岐阜泊

3日目

郡上八幡市街地、高山市街地、高山泊

4日目

飛騨市街地、高山市街地〜平湯温泉、松本市街地・移動

 

岐阜県内での移動手段 (追記補足予定)

今回は2日目の岐阜-郡上-高山と、最終日の高山-松本間を高速・路線バスとしましたが、岐阜県内返却のレンタカーでも良いと思います。

車ならば白川郷や下呂市など今回紹介のない場所へのアクセスも可能となります。

岐阜駅前、大垣駅前、高山駅前にはトヨレンがあった気がします。

 

旅の行程〜岐阜県は欲張旅もOK

今回は岐阜県の魅力を「見つける・楽しむ」ための一案として、7つのテーマ設定をしました。

 

1.清流と自然から文化も知る

岐阜県はその地形から「飛山濃水(ひざんのうすい)」と言われています。

飛騨地域は3000m級の山々があり、美濃地域は清流木曽三川(木曽川・揖斐川・長良川)を有しています。

f:id:nichinichisou0808:20200521182456j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200521182251j:plain

特に長良川は「日本三大清流」と評される程です。郡上市を水源として、岐阜市街地を流れて木曽川に合流します。

私は川魚の「鮎」が好きでして、ご存知の通り天然鮎は環境の悪い河川には姿をあらわしませんが、岐阜県の河川には良質な鮎が生息をしています。

特に郡上周辺の長良川、和良川、吉田川で漁獲した天然鮎は、品質(姿形・香り・風味) が優れています。そのため「郡上鮎」と呼ばれ国内では最高価値といわれています。

f:id:nichinichisou0808:20200512235247j:plain

また岐阜市内の長良川では、1,300年の伝統漁法「長良川鵜飼漁」により漁獲した鮎は国内唯一の皇室御用鵜飼としても有名ですが、その活動が評価され「清流長良川の鮎」は世界農業遺産に登録されました。

f:id:nichinichisou0808:20200512235234j:plain

さらには毎年全国開催される「清流めぐりきき鮎会2019」では四万十川など国内63河川の中から、岐阜県和良川産の鮎が史上最多となる通算4回目のグランプリを受賞しています。

 

清流の水爆 養老の滝は「日本の滝100選」に選出されております。

 

岐阜県では「清流の国ぎふ」を推進していますが、実際岐阜県には水と深い関わりを持つ都市が多い傾向にあります。

f:id:nichinichisou0808:20200512235239j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512195222j:plain

清流と自然は岐阜県民の誇りなのです。

~岐阜市・大垣市・高山市・郡上市・養老町

 

2.史跡名城を巡って美濃・飛騨の歴史に浸る

岐阜県は戦国時代以降要衝となった美濃國、江戸時代には天領となった飛騨國にそれぞれの歴史文化があります。また東西文化の融合地大垣…興味が尽きることはありません。

岐阜市、大垣市、郡上市には復興ながら天守があり、山城、平城など築城方法も様々。もちろん天守より城下町を望めます。

f:id:nichinichisou0808:20200510233438j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512224110j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512224132j:plain

江戸時代の高山はなかなか山奥深い場所にもかかわらず、鉱物採掘や木材伐採による良好な財政状態からか、幕府直轄地・所謂天領の時期がありました。現在でも市街地に「高山陣屋」(当時の役所)があります。

f:id:nichinichisou0808:20200520083934j:image

岐阜県内には歴史ある神社が数多くあります。中でも飛騨地域を代表する「飛騨一ノ宮神社」など由緒ある神社も数多くあります。

f:id:nichinichisou0808:20200520002927j:image


f:id:nichinichisou0808:20200520002954j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520003000j:image

~岐阜市・大垣市・郡上市・高山市・飛騨市・養老町

 

3.現存する古い町並みをそぞろ歩き

高山市街地の古い町並みをはじめ、岐阜市川原町など空襲被害のない都市や地区には、手入のいきとどいた伝統家屋が軒を連ねています。

現在は伝統工芸製作や土産物屋、酒蔵などに利用されている他、高山や白川郷などでは当時の住宅を内部まで見学することも可能です。

f:id:nichinichisou0808:20200511222224j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200511222545j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512114840j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200520020244p:plain

~岐阜市・郡上市・高山市・飛騨市

 

3.伝統文化、芸術、イベントを楽しむ

1,000年以上続く伝統漁法が間近で見ることのできる「ぎふ長良川鵜飼」は必見です。

f:id:nichinichisou0808:20200511223024j:plain

「養老天命反転地」は誰もが初体験の5感を駆使する芸術作品群。体全体で楽しみましょう。

f:id:nichinichisou0808:20200522034910j:image

「大垣花火大会」の打ち上げ数は3,000発。岐阜県最大となる2尺玉も打ち上げます。

2020年は10月10日予定となりました。(5/22確認)

f:id:nichinichisou0808:20200519191502j:plain

~岐阜市・大垣市・郡上市・養老町

 

4.岐阜グルメに舌鼓は打ち通し

姿から風味まで日本一と名高い天然鮎をはじめ、飛騨牛に飛騨の郷土料理、ラーメン、伊勢湾や日本海の新鮮な魚貝類、まで美味しくいただけます。

f:id:nichinichisou0808:20200512231822j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512231817j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512231755j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512231842j:plain

そして岐阜県はお米の品質も高く、2020年に飛騨地方のコシヒカリが最上級の「特Aランク」を取得しました。(一般財団法人日本穀物検定協会)

f:id:nichinichisou0808:20200521045445j:image


f:id:nichinichisou0808:20200521045514j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521045510j:image

美濃地方では岐阜県ブランド米「ハツシモ(特A→Aランク)」が盛んに作られているようです。(関東地方にはあまり流通しません)・・・米作りは土作り。

~岐阜市・大垣市・郡上市・高山市・養老町

 

5.良質で多種多様な銘酒を楽しもう

岐阜県は酒処なのです。本当です。

岐阜県の良質な水と米、酵母から作られる日本酒、とくれば当然絶品揃いです。県内でも飛騨や美濃地域だけでなく、各都市毎に酒蔵が複数あるため、県内総酒蔵数50とは非常に多いといえます。

f:id:nichinichisou0808:20200521053759j:image


f:id:nichinichisou0808:20200521053752j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521053755j:image

ちなみに私個人は旅行中は朝でも昼でも飲酒をします。そのため旅先ではいつも公共交通機関を利用しています。

f:id:nichinichisou0808:20200521054533j:image

美濃の日本酒

f:id:nichinichisou0808:20200521054623j:image

高山の日本酒

 

6.各地では高所から街を眺めよう

私は煙同様に高い場所が大好きです。民を見下ろすのが大好きです。

f:id:nichinichisou0808:20200511222301j:plain


f:id:nichinichisou0808:20200520235007j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520235011j:image

~岐阜市・大垣市・郡上市・高山市・養老町

 

7.天然温泉ありますよ

「長良川温泉」「飛騨高山温泉」「平湯温泉」など天然温泉完備のホテルから山奥の温泉地まで様々です。

f:id:nichinichisou0808:20200520003224j:image

~岐阜市・(大垣市)・高山市・高山市(平湯温泉)

以上が旅のテーマとなります。詳細おすすめスポット・イベント情報につきましては「岐阜県おすすめスポット紹介」項目をご参照ください。

 

旅の拠点紹介

往路、復路と岐阜県内での観光はもちろん、移動・宿泊の拠点をご紹介します。

岐阜県内の拠点につきましては、当然観光スポットがあります。

■東京駅

出発の地、東京駅です。

f:id:nichinichisou0808:20200511083821j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512093919j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200519181643j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200519181729j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200519181705j:plain

 

■JR名古屋駅

今回は在来線(東海道本線)への乗り換え駅です。

f:id:nichinichisou0808:20200519191508j:image

f:id:nichinichisou0808:20200519191454j:image

f:id:nichinichisou0808:20200512093926j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512092819j:plain

 

■JR岐阜駅 (北口)

岐阜県内で乗降客数1位のJR岐阜駅。

本記事内では岐阜市の市街地観光やイベントをご紹介します。

f:id:nichinichisou0808:20191031004933j:image


f:id:nichinichisou0808:20200521065511j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521065504j:image

 

■岐阜バスターミナル

JR岐阜駅から徒歩5分の位置にあります。岐阜県内都市へのアクセスはこちらより高速・路線バスが便利です。郡上八幡へのアクセスに利用します。

f:id:nichinichisou0808:20200511222314j:image

f:id:nichinichisou0808:20200512231848j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512231759j:plain

 

■JR大垣駅 (南口)

岐阜県内で乗降客数3位のJR大垣駅。

本記事内では大垣市の市街地観光やイベントをご紹介します。

f:id:nichinichisou0808:20190905175634j:image


f:id:nichinichisou0808:20200520003850j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520003842j:image

 

■養老鉄道 大垣駅

JR大垣駅に隣接している養老鉄道の大垣駅です。

養老公園へのアクセスに利用します。

f:id:nichinichisou0808:20200512082515j:plain


f:id:nichinichisou0808:20200520003423j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520003429j:image

 

■養老鉄道 養老駅

養老町にある養老観光の玄関口です。

本記事内では養老町の市街地観光をご紹介します。

f:id:nichinichisou0808:20190926214523j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520004341j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200520025110p:plain

 

■郡上八幡城下町プラザ

郡上八幡市の城下町中心にあるバス停です。岐阜バスターミナルからこちらにアクセスをします。

本記事内では郡上市の市街地観光やイベントをご紹介します。

f:id:nichinichisou0808:20190606225337j:image

 

■JR高山駅

高山市の玄関口です。今回は飛騨市へのアクセスに利用します。

本記事内では高山市の中心市街地観光をご紹介します。

f:id:nichinichisou0808:20191108203855j:image

 

■高山濃飛バスセンター

JR高山駅から徒歩2分の位置にあります。岐阜県内のみならず、新宿・大阪・松本への高速・路線バスなども発着しています。

今回は3日目に郡上八幡からこちらに到着、最終日はこちらより松本駅にアクセスをします。

f:id:nichinichisou0808:20200511222701j:image

f:id:nichinichisou0808:20200512082547j:plain


f:id:nichinichisou0808:20200520003714j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520003711j:image

 

■JR飛騨一ノ宮駅

本記事内では高山市の市街地観光をご紹介します。

f:id:nichinichisou0808:20190608032359j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520030250p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200520091727j:plain

 

■JR飛騨古川駅

飛騨市の玄関口です。

本記事では飛騨市の中心市街地観光をご紹介します。

f:id:nichinichisou0808:20200520091907j:image


f:id:nichinichisou0808:20200520003521j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520003942j:image

 

■平湯バスターミナル

高山市の奥座敷です。

本記事では平湯温泉の立ち寄り湯などをご紹介します。

f:id:nichinichisou0808:20200511222404j:image


f:id:nichinichisou0808:20200520003630j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520003623j:image


■JR松本駅 (長野県)

長野県第2の規模の都市、松本市の玄関口です。

最終日にこちらから新宿駅へと向かいます。

f:id:nichinichisou0808:20200511222539j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520015839p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200520004919j:plain

具体的な移動方法・運賃料金・所要時間につきましては、後日追記いたします。

 

岐阜県おすすめスポット紹介

一応、本記事のメインコンテンツとなります。

今回は私のような関東人でも気軽に楽しめ・ちょっと自慢できる(?)、比較的ポピュラーなスポットを選択いたしました。

ただし執筆者は十度の大垣市ファンであるため、やや紹介に偏りがあるかもしれません。ご了承ください。

■岐阜市

岐阜県内最大規模の都市であり、県庁所在地でもあります。

さらに岐阜地域は県内で最も観光客数の多い観光都市でもあります。

岐阜市内を流れる長良川 ※ご提供写真

f:id:nichinichisou0808:20200521182247j:plain

JR岐阜駅周辺

f:id:nichinichisou0808:20200519183418j:plain


f:id:nichinichisou0808:20200520040830j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520040935j:image

岐阜市街地を高所から

f:id:nichinichisou0808:20200512082718j:image

観光スポット

「岐阜城」「川原町」「ぎふ長良川鵜飼」は個人的おすすめ(外せない)として組み込みました。「麒麟がくる」ファンならば、特別展示開催中の岐阜城と歴史博物館は外せませんね。

観光施設など

 1.JR岐阜駅北口広場

 2.岐阜シティ・タワー43展望室

 3.岐阜公園

 4.岐阜歴史博物館

 5.岐阜城

 6.川原町

 7.長良大橋

観光イベントなど

 8.ぎふ長良川鵜飼観覧 (夜)

飲食

 9.グリルあかつき

10.岐阜駅前おすすめ飲み屋 (リンク)

宿泊

11.岐阜グランドホテル

今回紹介するスポット数は多いのですが「岐阜駅前」と「岐阜城周辺」の2エリアとなります。

夜に長良川鵜飼を観覧するのであれば、宿も岐阜城・長良川付近の「岐阜グランドホテル」がおすすめです。駅周辺にも宿泊施設は豊富にあります。

「岐阜駅前エリア」・・・JR岐阜駅より徒歩圏内です (1.2)

「岐阜城周辺エリア」・・・JR岐阜駅北口前より路線バス、またはタクシー (3.-8.)

f:id:nichinichisou0808:20200512082737j:plain

路線バス系統が多いため、写真の柱奥にはバスの案内所もあります。

 

1.JR岐阜駅北口広場 

 (JR岐阜駅北口 地歩1分/無料)

岐阜市街地はまずJR岐阜駅(北口)前からすでにスポットの宝庫です。

まずはなんともカッコイイ駅舎が魅力的!

f:id:nichinichisou0808:20200511222414j:image

「信長ゆめ広場」ではイベントが開催することもあります。

f:id:nichinichisou0808:20200512093931j:image

ゆめ広場には岐阜(美濃)を語る上で決して欠かせない、織田信長公の像。

f:id:nichinichisou0808:20200512082634j:plain

以前に岐阜市街地を運行していた列車。

そして夕方から夜には、駅と周辺の調和が取れた美しいライトアップを見ることができます。

f:id:nichinichisou0808:20200519184240j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200519184256j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512082724j:image

 

2.岐阜シティ・タワー43 展望室

 (JR岐阜駅北口 地歩3分/展望室無料)

JR岐阜駅北口とは空中デッキで繋がっている43階建ての建造物。

商業と住居での43階建築は東海地区で再高層となっています。

専用エレベーターを利用して、43階から東海地区を一望しましょう。

f:id:nichinichisou0808:20200512082623j:image

f:id:nichinichisou0808:20200512231902j:plain

展望室からは東南・東・北方向の見事な眺望が楽しめ、金華山や長良川は勿論のこと遥か先の名古屋駅ビルまでもが見えることもあります。

写真では東方向を向いています。すぐ下に見えるのがJR岐阜駅北口広場となります。

f:id:nichinichisou0808:20191031005059j:image

そしてこの展望台は岐阜の夜間も楽しめます。(22時頃まで)

f:id:nichinichisou0808:20200512092849j:plain

これで無料開放とは素晴らしいですね。

 

3.岐阜公園

 (JR岐阜駅北口 岐阜バス15分「岐阜公園歴史博物館前下車徒歩1分/入園入管無料)

金華山のふもとにある公園です。(追記予定)

f:id:nichinichisou0808:20200512083628j:image

 

4.岐阜市歴史博物館

 (岐阜公園と同様アクセス/観覧料大人310円より)

こちらは情報提供スポットです。

岐阜公園に隣接しています。(追記予定)

f:id:nichinichisou0808:20200511213438j:image

 

5.岐阜城

 (岐阜公園と同様アクセス・山頂ロープウェー往復大人1100円/岐阜城入管料金大人200円)

標高329mの金華山山頂付近には、岐阜市のシンボルでもある岐阜城(模擬天守)があります。

f:id:nichinichisou0808:20200511222309j:image

かつて金華山には稲葉城がありましたが。織田信長公は稲葉城を破棄して新たに岐阜城を造営しました。

現在の岐阜城は再建されたものです。4層構造城内は史料展示室、展望台となります。天守からは中央アルプスや伊勢湾、濃尾平野などが望めます。

G.W.や夏季などは、期間限定で天守からの夜景を楽しむことも出来ます。

f:id:nichinichisou0808:20200510233438j:image

シティ・タワー43よりも高所となる天守より北方向(上段)岐阜市内(下段左)、長良川に架かる岐阜市を代表する長良橋(下段右)を望みます。

f:id:nichinichisou0808:20190719013324j:image

f:id:nichinichisou0808:20200512111125j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512111106j:plain

 

6.長良橋

 (岐阜公園より徒歩3分)

金華山付近の長良川に架かるシンボル的な橋です。

以前は軌道がありましたが、現在は自動車と歩行者橋脚となりました。

f:id:nichinichisou0808:20200512192432j:image

 

7.川原町

 (長柄橋より徒歩3分/ぎふ長良川の鵜飼事務所より徒歩1分)

長柄橋の金華山側、ぎふ長良川鵜飼観覧の受付事務所に隣接している古い町並み地区は、岐阜空襲を奇跡的に受けなかったため、歴史と伝統文化の残る街並みとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20200512114830j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200511222432j:image

f:id:nichinichisou0808:20200512114837j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512114840j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512114833j:plain

 

8.ぎふ長良川鵜飼観覧 (長良川鵜飼事務所)

 (岐阜公園より徒歩3分)

鵜飼とは、鵜匠が鵜を巧みに操りながら川にいる鮎などの魚を獲る伝統漁法です。それを船上から観覧する贅沢な大人の遊び・・・ですが、価格などの敷居は低いので是非。

ここ長良川鵜飼は、日本で唯一の皇室御用鵜飼としても有名です。

f:id:nichinichisou0808:20200512082609j:image

f:id:nichinichisou0808:20200511223024j:image

なお、ぎふ長良川鵜飼につきましては、当ブログ内にて詳細版を公開しております。

ぜひ以下リンクよりご覧ください。 


9.グリルあかつき (飲食)

 (岐阜公園より徒歩18分)

こちらは情報提供スポットです。

特に1,100円のランチが大人気の洋食屋はこの地で50年間支持され続けています。

料理は味も量も提供スピードも完璧とのこと。ただし日曜・祝日定休日です。

f:id:nichinichisou0808:20200512203923j:plain

和牛ビーフシチュー。ランチはコーヒーサービスとのことです。

f:id:nichinichisou0808:20200512203938j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512203932j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512203927j:plain

  

10.岐阜駅前おすすめ飲み屋 (飲食)

岐阜駅前おすすめ飲み屋情報につきましては、当ブログ内にて暫定を公開しております。ぜひ以下リンクよりご覧ください。 

 

11.岐阜グランドホテル (宿泊)

 (長良川鵜飼事務所より徒歩18分)

長良川沿いは金華山の対岸に建つ、長良川温泉では皇室・VIP御用達のホテルです。

なかなか上質であるにもかかわらず、宿泊料金は食事なし3,500円/1泊から(2020.5.12現在)とリーズナブルとなっています。ちなみに岐阜駅からは距離があるため、私は4人乗車でタクシーを利用しました。

f:id:nichinichisou0808:20200511201104j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200511082325j:image

客室からの景色例 ヘタクソでスミマセン。客室からの金華山方向です。

f:id:nichinichisou0808:20200512083621j:plain

 

岐阜市について

岐阜市との出会いは映画「聲の形」の聖地巡礼、しかも当初の活動範囲は駅周辺のみでした。

個人的に岐阜市が熱くなってきたのは「鵜飼」を観覧した頃からでしょうか。

しかし現状、岐阜市にある超豊富なスポットにはほとんど行けていません。駅前の呑み屋には少し詳しくなりましたが・・・

最後に岐阜市街地1番のお気に入りはこちら「メディアコスモス」です。

f:id:nichinichisou0808:20200512082616j:plain

岐阜市立中央図書館を中核施設とする複合施設なのですが、とにかくハイセンス!美しいのです。


f:id:nichinichisou0808:20200520193141j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520193135j:image

超カッコいいデザインのJR岐阜駅紹介記事も公開中です。

以下リンクより是非ご覧ください。 

岐阜市紹介は以上となります。

 

■大垣市

岐阜県2番目の規模となる大垣市は、岐阜県でも産業・工業都市的に見られがちですが、自然と歴史が根付く文化都市でもあります。

「水都大垣」と呼ばれるほど水資源が豊かな城下町には、大垣城や宿場町の面影が残り、また俳人・松尾芭蕉ゆかりの地としても有名です。

宿は大垣駅付近の「クインテッサホテル大垣」がおすすめです。

大垣市東端を流れる揖斐川

f:id:nichinichisou0808:20191110021311p:plain

JR大垣駅周辺

f:id:nichinichisou0808:20200512082503j:image


f:id:nichinichisou0808:20200520041139j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520041133j:image

大垣市街地を高所から 

f:id:nichinichisou0808:20200511222233j:image

観光スポット

水都大垣を満喫できる大垣の街歩き(ミニ奥の細道)や「大垣城」「松尾芭蕉」などの歴史文化にも触れられるスポットも組み込みました。

7月最終土曜日の夜は市内の揖斐川にて「岐阜新聞社主催 大垣花火大会」が開催されます。

観光施設など

 1.JR大垣駅周辺

 2.ミニ奥の細道 (コース中にスポットあり)

 3.大垣市奥の細道むすびの地記念館

 4.大垣城

 5.大垣市街地

観光イベントなど

 6.岐阜新聞大垣花火大会 (夜) 延期

宿泊

 7.クインテッサホテル大垣

 8.大垣の宿泊施設を詳しく紹介 (リンク)

飲食

 9.水まんじゅう (飲食・土産)

10.岐阜タンメン 大垣店 (飲食)

11.大垣駅前おすすめ飲み屋 (リンク)

 

1.JR大垣駅周辺

大垣駅前には「水都」にふさわしい「水都○○」攻めとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190905175634j:image

駅構内には連絡通路「水都ブリッジ」

f:id:nichinichisou0808:20190801191519j:image

南口ロータリー内にある「水都タワー」。 

f:id:nichinichisou0808:20200521225531j:plain

南口には水都の泉(左)/水都北口オアシス(右)

f:id:nichinichisou0808:20200519185110j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200519184804j:plain

これはほんの小手調べとなり、ここからが水都・大垣の魅力爆発となります。

 

2.ミニ奥の細道

 (大垣駅南口より徒歩3分<始点>〜60分<終点>)

江戸時代の有名な俳人・松尾芭蕉が生涯で歩いた距離は2,400キロにも達したとのことです。

芭蕉の旅の終着地であった大垣は「芭蕉ゆかりの地」として、様々な文化的活動を展開していますが、その中の1つに歩く距離を2.2kmに圧縮しつつ、随所に「水都大垣」の魅力を詰め込んだ「ミニ奥の細道」散歩コースを市内の水門川沿いに整備しました。

f:id:nichinichisou0808:20200512214108j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512075852j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512082512j:plain

春になるとこのあたりからコース終点まで、水門川の両岸は桜が満開となります。

f:id:nichinichisou0808:20190905190429j:image

ところで・・・右に大きな石碑がありますが、『奥の細道』で詠まれた句を「句碑」として、このコース上に場所全21箇所設置されています。

f:id:nichinichisou0808:20190904235113j:image

まさに都市部のオアシス。 

f:id:nichinichisou0808:20200512082540j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190905205354j:image

この一帯は「四季の広場」と呼ばれる素晴らしいスポットです。

f:id:nichinichisou0808:20190912210149j:image

f:id:nichinichisou0808:20200512195222j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200520235334j:image

f:id:nichinichisou0808:20190906151331j:image

コース終盤には「船町港跡」と「住吉灯台」で寄り道です。この水門川と往時同様の港及び灯台風景は、国の名勝指定を受けています。

f:id:nichinichisou0808:20200512075947j:plain

船町港跡(左)/住吉灯台(右)


f:id:nichinichisou0808:20190912211202j:image

f:id:nichinichisou0808:20190912211207j:image

まもなく「むすびの地」に到着です。

f:id:nichinichisou0808:20190912211118j:image

松尾芭蕉像と最後の句碑がお出迎え。

f:id:nichinichisou0808:20200512092930j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512092913j:plain

こちらが「ミニ奥の細道」コースの終点となります。

f:id:nichinichisou0808:20190912211103j:image

【参考】桜満開時、新大橋から船町港跡までの水門川両岸は見事です。

f:id:nichinichisou0808:20200512202753j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512202726j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512202743j:plain

「ミニ奥の細道」散策情報につきましては、当ブログ内にて詳細版を公開しております。ぜひ以下リンクよりご覧ください。 

 

■「ミニ奥の細道」みどころ紹介

コースを歩くことで大垣市街地に詳しくなり、松尾芭蕉の句碑以外にも様々な発見があります。

ミニ奥の細道コースは「四季の路」とも呼ばれ、大垣市街地の春夏秋冬、満開の桜からの新緑、紅葉と1年を通して楽しむことが可能です。


f:id:nichinichisou0808:20200521215512j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521215508j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521215541j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521215546j:image

コース上スポット「四季の広場」の四季
時に横道を覗いたりと様々内楽しみがありますが、3つの楽しみ情報をご紹介します。

①水都ならではの自噴湧水群 (飲用可)

大垣八幡神社境内 (所在地はコース上)

f:id:nichinichisou0808:20200519185833j:plain


f:id:nichinichisou0808:20190905185301j:image

f:id:nichinichisou0808:20190905185305j:image

栗屋公園 (コース上に案内あり)

f:id:nichinichisou0808:20200512231855j:plain

郭町商店街 (こちらはコース外)

f:id:nichinichisou0808:20200519185851j:plain

②水門川に架かる意匠を凝らした20以上の橋脚

駅前通り交差点の下を水門川が流れる「新大橋」

f:id:nichinichisou0808:20191102013331j:image

スタート付近「新牛屋橋」/ 市役所近く「清水橋」

f:id:nichinichisou0808:20200512231751j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200512231813j:plain

コース終盤「貝殻橋」の横を流れる牛屋川に架かる橋「京橋」欄干の鏝絵は、橋の多い大垣でも特に風情があります。

f:id:nichinichisou0808:20190905224334j:image

③大垣市役所からの眺望

コース中盤には水門川沿いに大垣市役所があります。(水門川右がコース)

f:id:nichinichisou0808:20200521001743j:image

まだ新品の大垣市役所本庁舎です。

f:id:nichinichisou0808:20191102015256j:image

3階エントランスからは水門川とコースが見下ろせます(工事期間中に撮影)

f:id:nichinichisou0808:20200521001923j:image

8階食堂から北東に見える山は岐阜の金華山です。

f:id:nichinichisou0808:20200512231826j:plain

 

3.大垣市奥の細道むすびの地記念館

 (大垣船町川湊より徒歩1分)

船町川湊に隣接する「奥の細道むすびの地記念館」では、松尾芭蕉の紹介展示をはじめ、大垣の歴史、現在の産業から観光情報までを知ることができます。

f:id:nichinichisou0808:20190905214425j:image

大垣観光協会もこちらにあります。

f:id:nichinichisou0808:20190912211232j:image

大垣市オリジナルアニメ作品のキャラクター。


f:id:nichinichisou0808:20190905214515j:image

f:id:nichinichisou0808:20190905214511j:image

大垣や西美濃の名産・特産品も購入可能です。

f:id:nichinichisou0808:20200512231851j:plain

屋外敷地内では土日などにイベントが定期的に開催されています。

f:id:nichinichisou0808:20200521003453j:image

 

4.大垣城

 (大垣船町川湊より徒歩15分)

大垣城は「城下町・大垣」のシンボルであり、現在の大垣市中心部に築かれた全国的にも珍しい4層天守の平城となります。

f:id:nichinichisou0808:20200306024242j:image

大垣城と言えば、1600年の「関ヶ原の戦い」当時、西軍の石田三成が入城して本拠地としたことで有名です。「巨鹿城(きょろくじょう)」、「麋城(びじょう)」の異名を持ち、江戸幕府の大垣藩では十万石の規模となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20200228234430j:image

西門付近には大垣藩初代藩主である戸田氏鉄公の像があります。

f:id:nichinichisou0808:20200229194153j:image

天守展望室からは、はるか伊吹山や岐阜城まで見えることもあります。

f:id:nichinichisou0808:20200512092901j:image

大垣公園より見る夜間ライトアップされた大垣城。

f:id:nichinichisou0808:20200511222626j:image

「大垣城」情報につきましては、当ブログ内にて詳細記事を公開しております。

ぜひ以下リンクよりご覧ください。 

 

5.大垣市街地

こちらは「おすすめ」ではなく紹介となります。

・大垣市郷土館

歴代大垣藩主の肖像や武具、大垣市ゆかり画家などの美術品などが展示されています。

f:id:nichinichisou0808:20200521222441j:plain

・大垣宿本陣跡

f:id:nichinichisou0808:20200521222508j:plain

・美濃路の町並

f:id:nichinichisou0808:20200521222545j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200521224946j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200521224917j:plain

 

6.岐阜新聞大垣花火大会 (夜)

2020年は10月10日開催予定に延期となりました。

f:id:nichinichisou0808:20190713221959j:image

f:id:nichinichisou0808:20200412142914j:plain

 

7.クインテッサホテル大垣 (宿泊)

 (JR大垣駅より徒歩5分)

なかなか上質であるにもかかわらず、宿泊料金は食事なし4,000円/1泊から(2020.5.12現在)とリーズナブルとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20200511201215j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200511082322j:image

客室からの景色例

f:id:nichinichisou0808:20200521154435j:plain

 

8.大垣の宿泊施設を詳しく紹介 (リンク)

大垣駅前(一部岐阜・高山)宿泊情報につきましては、当ブログ内にて記事公開しております。ぜひ以下リンクよりご覧ください。

 

9.水まんじゅう (飲食・土産)

良質な地下水に恵まれた大垣しの夏の風物詩です。市内の和菓子屋さんは風味のバリエーションで工夫を凝らしたり、それぞれのお店で差があります。

f:id:nichinichisou0808:20190913135757j:image


f:id:nichinichisou0808:20190913135821j:image

f:id:nichinichisou0808:20190913135828j:image

 

10.岐阜タンメン 大垣店 (飲食)

岐阜名物「岐阜タンメン」のキャッチフレーズは「岐阜と言えば、岐阜タンメン」です。

基本的に繁華街では無くロードサイド展開をしており、大垣駅からは徒歩で1時間程の距離のため、昼ならばレンタサイクルか路線バス、深夜ならばタクシーで行くことになるかと思います。

f:id:nichinichisou0808:20200521065547j:image

「岐阜タンメン」の特徴としては (以下公式より引用)岐阜タンメンとは関東地方の一般的なタンメンと違い、豚肉、白菜、キャベツ、にんにくから旨みを抽出し、 塩だしのスープと合わせたシンプルながらも味わい深いオリジナルのタンメンです。(引用以上)との事です。

f:id:nichinichisou0808:20200521065544j:image

岐阜県内各所では自宅で楽しめる岐阜タンメンが販売中です。

f:id:nichinichisou0808:20200521214034j:image

 

11.大垣駅前おすすめ飲み屋 (リンク)

大垣駅前おすすめ飲み屋(ランチ対応)情報につきましては、当ブログ内にて記事公開しております

ぜひ以下リンクよりご覧ください。  

 

大垣市について

大垣市との出会いは映画「聲の形」の2016年聖地巡礼です。

これまでに50回以上大垣入りをしています。今考えると「まさかここまで」になるとは・・・私は岐阜ファン、大垣マニアだと思っています。

今回、大垣のおすすめは広くて綺麗な「空」にしました。

f:id:nichinichisou0808:20200412141801j:plain


f:id:nichinichisou0808:20200521213755j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521213758j:image

戦国時代から江戸時代の歴史・文化の中で「大垣」は必ず登場をします。市内には歴史観光施設も数多ありますが、観光イベントの人気が圧倒的に高いのが現状です。

大雑把ですが「ほぼ年間を通して毎月何かしらの祭・イベントの開催がある」と言っても過言ではありません。

そして2018年に大垣は市制100年を迎えた秋の祭では、ホンモノのディズニーパレードを召喚したり、時にはイングラムを出動させたりと、本気のイベントが多い都市だと思っています。

f:id:nichinichisou0808:20200412134254j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200412133848j:plain

大垣市紹介は以上となります。 

 

■養老町

西濃地域の養老郡に属する町です。

清流の水爆 養老の滝

f:id:nichinichisou0808:20190927042953j:image

養老山地

f:id:nichinichisou0808:20190927061202j:image

養老駅周辺

f:id:nichinichisou0808:20200521225329j:plain

養老公園より濃尾平野を望む

f:id:nichinichisou0808:20190927061233j:image

 

観光スポット

岐阜県養老郡に1880年に開設された「養老公園」は県営の施設となります。

公園敷地内「養老の滝」「養老神社」「養老天命反転地」を組み込みました。

観光施設など

 1.養老駅

 2.養老公園

 3.養老の滝

 4.養老神社と菊水泉

 5.養老天命反転地

飲食

 6.きび羊羹

 7.焼肉街道 (予定)

 

1.養老駅周辺

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20190926214523j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521225226j:plain

 

2.養老公園

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20190930094315j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927030215j:image

養老伝説の展示がされている観光案内所です。

f:id:nichinichisou0808:20190927062934j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927032346j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520075402j:image

 

3.養老の滝 

 (養老駅より徒歩45分)

養老の滝は全国527カ所の滝の中から「日本の滝百選」に、養老の滝の菊水泉は「日本の名水百選」にそれぞれ選出されています。さらには“岐阜県を代表するパワースポット”とも言われています。

f:id:nichinichisou0808:20190927042947j:image

 

4.養老神社と菊水泉

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20190930102036j:image

 

5.養老天命反転地

 (養老駅より徒歩15分)

世界的芸術家である荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏が生み出した、体で直接体験できるアート作品群です。

「人間の眠っている本能を呼び起こす」ことがテーマとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20190927052554j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927052605j:image

f:id:nichinichisou0808:20190927053700j:image

「極限で似るものの家」は天井が岐阜県の形状をした不思議迷路。

f:id:nichinichisou0808:20190927055229j:image

「楕円形のフィールド」では五感をフル活用する必要があります。

f:id:nichinichisou0808:20190927060105j:image

養老公園全般情報につきましては、当ブログ内にて詳細版記事を公開しております。

ぜひ以下リンクよりご覧ください。 

 

6.吉備羊羹 (飲食・みやげ)

養老駅前のお店で販売している「吉備羊羹」はなかなかおすすめです。

f:id:nichinichisou0808:20190315100831j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190315100858j:plain

 

養老町について

養老町との出会いは・・・これまた映画「聲の形」の聖地巡礼です。

しかし大垣から近距離であること、四季を楽しめる自然豊かな養老公園に惚れた結果、既に10回近くは訪れています。

そして養老公園のおすすめは・・・新緑同様に気に入っている「美しい紅葉」とします。

f:id:nichinichisou0808:20200521002858j:image


f:id:nichinichisou0808:20200521002954j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521002950j:image

養老町紹介は以上となります。 

 

■郡上市

岐阜県郡上市は岐阜県の中央に位置し、「郡上八幡」地区は水路に囲まれた城下町として栄え、今も古い街並みが広がっています。

郡上八幡は「奥美濃の小京都」として、1年を通して高い観光人気があります。特に夏祭「郡上おどり」は全国的にも有名です。

郡上市街地

f:id:nichinichisou0808:20170626141105j:plain

郡上市街地を高所から

f:id:nichinichisou0808:20200519234812j:plain

観光スポット

「郡上八幡城」「古い街並み」「清流」は一見の価値があります。そして個人的には「日本一の天然鮎」が超おすすめなので、勿論組み込んでおきました。

観光施設など

1.郡上八幡城

2.清流のある街並み

3.

4.郡上八幡の古い街並み

5.小径

4.食品サンプル発祥の地

観光イベントなど

6.郡上おどり (夜)

飲食

6.郡上鮎

 

1.郡上八幡城

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20200511145646j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520071215j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520020809p:plain

f:id:nichinichisou0808:20200520071344j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520020847p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200520020837p:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512083636j:image

f:id:nichinichisou0808:20200511145638j:image

f:id:nichinichisou0808:20191031013439j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520071735j:image

 

2.清流のある街並み

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20191031060353p:plain

宗祇水は名水百選の第1号として有名です。

f:id:nichinichisou0808:20190305213238j:image

f:id:nichinichisou0808:20200510233504j:image

いがわ小径では鯉に餌をあげられます。

f:id:nichinichisou0808:20190305213342j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626141319j:plain

f:id:nichinichisou0808:20190305213339j:image

f:id:nichinichisou0808:20170626141335j:plain

 

3.郡上八幡の古い街並み

郡上八幡の古い街並みは、国の重要伝統的建造物保存地区に選定されています。

f:id:nichinichisou0808:20200520021337p:plain

f:id:nichinichisou0808:20200520021258p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200519235029j:plain

吉田川沿いにある旧役場は昭和11年に建てられた洋風建築で、現在では観光案内所などとなっています。

f:id:nichinichisou0808:20170626141252j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200520022219p:plain
f:id:nichinichisou0808:20200519234926j:plain

f:id:nichinichisou0808:20170626141201j:plain

 

4.食品サンプル発祥の地

現在準備中です。


f:id:nichinichisou0808:20200522105149j:image

f:id:nichinichisou0808:20200522105154j:image

f:id:nichinichisou0808:20200522105342j:image

f:id:nichinichisou0808:20200522105338j:image

 

5.郡上おどり (夜)

夏の間の一月以上続く郡上を代表する祭です。

今回の提案日程ですと、郡上おどりの期間真っ最中のため参加してみてはいかがですか。

毎日夜開催のため郡上八幡宿泊をおすすめします。

f:id:nichinichisou0808:20200520021814p:plain

f:id:nichinichisou0808:20190305213623j:image

 

6.黒肉桂 (土産)

桜間見屋にて販売している伝統ある手作りニッキ飴は郡上の特産品です。普通仕様とニッキ多め仕様があります。

f:id:nichinichisou0808:20200520193329j:image

 

7.郡上鮎 (飲食)

郡上八幡は天然鮎(5月下〜10月)や鰻、蕎麦、茶などが特にお勧めとなります。郡上の天然鮎は「郡上鮎」と呼ばれ、何度も日本一の栄誉に輝いています。そして東京の高級料亭にも卸される最高品質とのことです。

白昼堂々街中で天然鮎の取引が行われているのです。関東では考えられない光景です。

f:id:nichinichisou0808:20190305234908j:image


f:id:nichinichisou0808:20200522105618j:image

f:id:nichinichisou0808:20200522105615j:image
f:id:nichinichisou0808:20200519234942j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200519234823j:plain


天然鮎が超好きな我々は、さらに郡上鮎を食べさせてくれる料理屋「新橋亭」にも行きました。

f:id:nichinichisou0808:20190305213518j:image

明方ハムは郡上のソウルフードです。

f:id:nichinichisou0808:20190305213533j:image

天然鮎定食とはたまりませんね。でも鮎田楽は皆に不評でした。

f:id:nichinichisou0808:20190305213537j:image

 

郡上市について

郡上市には「郡上鮎」を食べるためだけに2017年に初探訪をしました。

私はとにかく毎回「天然鮎」が目的のため、皆様とは少し観光目的がズレているかもしれませんが、おすすめは・・・「美しい水」です。

f:id:nichinichisou0808:20200520193420j:image


f:id:nichinichisou0808:20200520193511j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520193518j:image

郡上市紹介は以上となります。

 

■高山市 (中心市街地)

岐阜県を代表する観光都市として、歴史・伝統文化を色濃く残す城下町でもあります。

宿は高山駅付近の「スパホテルアルピナ飛騨高山」がおすすめです。

JR高山駅周辺

f:id:nichinichisou0808:20200519185839j:image

大垣市街地を高所から 

f:id:nichinichisou0808:20200512082744j:image

観光スポット

「古い町並み」「高山陣屋」「宮川」は必見ですが、個人的に神社を幾つか組み込みました。特に「飛騨一之宮神社」は飛騨地方で最高格の神社です。

観光施設など

 1.JR高山駅

 2.古い町並み

 3.宮川沿い・宮川朝市

 4.中心街の街並み

 5.高山陣屋

 6.櫻山八幡宮

 7.飛騨山王宮 日枝神社

 8.日枝神社御旅所

 9.飛騨一ノ宮市街地・臥龍桜

10.飛騨一之宮神社

宿泊

11.スパホテルアルピナ飛騨高山 (宿泊・天然温泉)

飲食

12.高山駅前おすすめ飲み屋 (リンク)

 

1.JR高山駅

f:id:nichinichisou0808:20191108203855j:image

f:id:nichinichisou0808:20200519235004j:plain

 

1.古い町並み

正式名称は「飛騨高山古い町並 三町伝統的建造物群保存地区」となります。

f:id:nichinichisou0808:20200512082537j:image

f:id:nichinichisou0808:20200510233447j:image

f:id:nichinichisou0808:20191110145824j:image


f:id:nichinichisou0808:20191110112347j:image

f:id:nichinichisou0808:20191110112730j:image

f:id:nichinichisou0808:20191110145126j:image

こちらは100年の歴史がある「吉島家住宅」。かつては造り酒屋の屋敷でした。家屋内の見学も可能です。

f:id:nichinichisou0808:20191110112638j:image

f:id:nichinichisou0808:20191110182748j:plain


f:id:nichinichisou0808:20191110114636j:image

f:id:nichinichisou0808:20191110114632j:image

f:id:nichinichisou0808:20191110114628j:image

中庭まであります。 

f:id:nichinichisou0808:20191110114550j:image

再び町並にもどります。

f:id:nichinichisou0808:20191110212101j:plain

f:id:nichinichisou0808:20191110194924j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191110194919j:plain

 

f:id:nichinichisou0808:20191110190631j:plain

こちらは高山市図書館です。雰囲気がありますが新築です。最上階からは高山市街地を展望することがかのうです。(図書館内無許可撮影禁止)

f:id:nichinichisou0808:20191110145049j:image

 

3.宮川・宮川朝市 

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20200521011711j:image

f:id:nichinichisou0808:20191110145119j:plain

f:id:nichinichisou0808:20191110201527j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200520062458j:image
f:id:nichinichisou0808:20200520062508j:image
f:id:nichinichisou0808:20200520062502j:image
f:id:nichinichisou0808:20200520062243j:image

【参考】宮川の代表的な橋「中橋」と春の高山祭です。

f:id:nichinichisou0808:20200512082756j:image

そして高山と言えば「朝市」です。宮川沿いで毎朝開催されています。

f:id:nichinichisou0808:20191110150032j:image

テント店舗だけではなく、戸建店舗も朝市専用店があります。

f:id:nichinichisou0808:20191110145907j:image

 

4.中心街の街並み

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20200511222340j:image

f:id:nichinichisou0808:20191110145840j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191110145755j:plain

 

5.高山陣屋

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20200520083934j:image

f:id:nichinichisou0808:20190719005747j:image

 

6.白山神社

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20200520084153j:image

 

7.櫻山八幡宮

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20191110123240j:image

f:id:nichinichisou0808:20200512082750j:image

8.日枝神社

春の高山祭を例祭とする別名飛騨山王宮日枝神社。

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20200520084043j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520084110j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520084105j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520084059j:image

f:id:nichinichisou0808:20191110145055j:image

御神木は樹齢1,000年とも言われる大杉です。

f:id:nichinichisou0808:20200520062243j:image

 

 9.日枝神社御旅所

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20200520193713j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520193718j:image

 

10.飛騨一ノ宮市街地・臥龍公園

飛騨一宮水無神社の最寄り駅となります。

高山市街地から流れてくる宮川です。

f:id:nichinichisou0808:20200521004629j:image

臥龍公園では毎年春に樹齢1,100年の一本桜「臥龍桜」が咲き誇ります。


f:id:nichinichisou0808:20200521004716j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521004712j:image

 

11.飛騨一宮水無神社

飛騨國の一宮(一番社格の高い神社)として、古くから飛騨人の心の拠り所です。

編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20191110150056j:image

f:id:nichinichisou0808:20191110150116j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520003000j:plain


f:id:nichinichisou0808:20200520060901j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520060907j:image


12.スパホテルアルピナ飛騨高山 (宿泊・天然温泉)

 (JR高山駅より徒歩5分)

宿泊料金は朝食付き9,000円/1泊から(2020.5.12現在)ですが、高山祭りやオンシーズン時期により割高となる場合があります。

最上階には天然温泉浴場があり、高山市内を見晴らしも抜群です。

f:id:nichinichisou0808:20200511201132j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200511201336j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200511082341j:image

客室からの景色例

f:id:nichinichisou0808:20200511222153j:image

 

13.高山駅前おすすめ飲み屋 (飲食)

高山駅前おすすめ飲み屋情報につきましては、当ブログ内にて暫定公開しております。ぜひ以下リンクよりご覧ください。  

 

14.高山ラーメン (飲食)

私はあまりラーメンを食べない上に、実は高山ラーメンの定義もしりません。

参考程度のおすすめはあります。「麺屋とと」「豆天狗 本店」です。


f:id:nichinichisou0808:20200521062327j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521062323j:image

 

おまけ 冬の高山市街地

飛騨高山は豪雪地帯です。

朝の気温は余裕で零下2桁にもなりますが、宮川朝市は開催されています。

f:id:nichinichisou0808:20200521012800j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521010319j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521010323j:image

 

高山市について

初探訪は2014年となります。熱烈な高山ファンの知人に誘われたのがきっかけでした。

それが今はすっかり高山ファンになりました。

高山市は「◯◯の小京都※」から脱退し、独自の魅力を追求した結果大成功を収めた訳ですが、偉ぶっている何処ぞの古都とは違い、旅人には最高のサービスを提供してくるます。

高山(飛騨含む)は「日本一の観光地」であると私は断言をします。

※評議会審査を通過しないと小京都は名乗れません

そして高山のおすすめは・・・市街地から車で10分も走ると広がる「田園風景」です。

f:id:nichinichisou0808:20200520190114j:image

高山市紹介は以上となります。 

  

■飛騨市 (構成中)

飛騨市街地

f:id:nichinichisou0808:20200519234856j:plain

飛騨市を高所から

f:id:nichinichisou0808:20200520092012j:image

構成及び編集中です。

f:id:nichinichisou0808:20200512082643j:image

f:id:nichinichisou0808:20200512082534j:image

f:id:nichinichisou0808:20200511222346j:image

f:id:nichinichisou0808:20200511222439j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520084747j:image
f:id:nichinichisou0808:20200520084733j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520084755j:image

f:id:nichinichisou0808:20200520084741j:image

 

 

f:id:nichinichisou0808:20200519234801j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200519234713j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200511222545j:image

 

おまけ 冬の飛騨市街地

豪雪地帯です。しかも寒いので、の鯉さん達、冬季は別の場所に避難しています。

f:id:nichinichisou0808:20200521013152j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521013233j:image

 

■高山市 (平湯温泉)

飛騨高山バスセンターより松本駅までの路線バスは「奥飛騨温泉郷」の平湯温泉にあるバスターミナルに全便停車をします。

バスターミナルからは乗鞍岳や上高地に向かうこともできます。

f:id:nichinichisou0808:20200519234754j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200511144530j:plain

おすすめは途中下車をして、バスターミナルから徒歩5分程にある日帰り温泉「平湯の湯」での入浴です。寸志で入浴することができます。

f:id:nichinichisou0808:20200511222643j:image

f:id:nichinichisou0808:20200511222705j:image

2019年12月現在 温泉施設内撮影は禁止となりました

f:id:nichinichisou0808:20200512082734j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521225415j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200512093902j:image

 

おまけ 冬の平湯温泉

豪雪地帯です。下の雪に埋もれた建物は「平湯の湯」の男性更衣室です。

f:id:nichinichisou0808:20200521013358j:image

f:id:nichinichisou0808:20200521013355j:image

 

岐阜県の日本酒 (私の好みw)

ちなみに私は飛騨「渡辺酒造店」、下呂「天領酒造」、大垣「渡辺酒醸造」と「三輪酒造」、そして中津川「三千櫻酒造」の日本酒を好んで呑みます。

 

飛騨は渡辺酒造店のにごり酒、またはWが超美味いです。

f:id:nichinichisou0808:20200521055408j:image

ホテルで朝からにごり酒

f:id:nichinichisou0808:20200521060611j:image

 

下呂の天領酒造はハズレなしの安定したハイレヘルな美味さ。

f:id:nichinichisou0808:20200521055550j:image

正月用に箱入りを奮発

f:id:nichinichisou0808:20200521055553j:image

裏天領と実家常備酒「どぶろく」

 

大垣現地では「芭蕉 水門川」、家常備酒は「白川郷」です。

f:id:nichinichisou0808:20200521055839j:image

大垣では「芭蕉 水門川」に限る
f:id:nichinichisou0808:20200521055835j:image

自宅常備酒

 

近所の飲み屋は三千櫻酒造を切らさない様にしてくれている。

f:id:nichinichisou0808:20200521060038j:image

その他、高山の「山車」、揖斐の「房島屋」、大垣「美濃紅梅」が美味しいと思います。

 

執筆に際しての御礼

本記事公開にあたり、岐阜県を愛してやまぬお二人より貴重な資料ならびに情報を無償提供していただきました。厚く御礼申し上げます。(コメントも頂戴いたしました)

岐阜市スポットご協力

岐阜聖地巡礼者☆★様 岐阜聖地巡礼者☆★ (@gifuseichi19) on Twitter

岐阜は自然が豊か場所です。
都市部に金華山や長良川がありとてもゆっくりくつろげます。
レトロ好きが喜ぶような古い建物もたくさんあります。
ぜひ散策してみてください♪

 (岐阜歴史博物館、長良橋、グリルあかつき全写真と貴重な情報をご提供くださいました)

 

郡上市スポットご協力

舞調様  一ノ橋美晴(舞調) (@ItinohasiMiharu) on Twitter

岐阜は水がとても綺麗なところです!

水を意識しながら散策をしてみてはいかがでしょうか。

素敵な発見がきっとあると思います!

 (郡上八幡城全て、山内一豊と妻の像写真と貴重な情報をご提供くださいました)

ご提供いただいた資料の著作権は協力者様に帰属いたします。取り扱いにはご注意ください。

 

最後に

「そんなコトわざわざ言わんでも」と思われるかもしれませんが、本記事中の写真については、人のいない時を狙って撮影しています。

高山市の「古い町並み」の日中は大混雑するので、早朝に撮影しています。

「岐阜県は全然スカスカじゃない!」を言いたかったのです。念のため。

f:id:nichinichisou0808:20200512235243j:plain

これでも空いている方です

今回は以上となります。

 

あわせて是非ご覧下さい

■岐阜県の鉄道関連記事

■岐阜県の聖地巡礼記事

■岐阜県の観光記事

■岐阜県大垣市の観光記事