移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

映画「聲の形」聖地巡礼 ~大垣の四季「番外」

こちらは岐阜県大垣市が主な舞台である 映画「聲の形」の聖地巡り記事 番外編 〜あの聖地は今?となります。 

 

f:id:nichinichisou0808:20190930230915j:plain

本記事内で掲載の施設または建造物などはすべて実名、または所在町名にて紹介いたします。

 

はじめに

今回はいつもとは違う方向性とさせていただきました。

映画「聲の形」上映開始から3年が経過をしましたが、聖地である大垣市街地も時の流れには逆らえず、のた休むことなく街は日々進化をしています。

そこで思いだせる限りご紹介いたします。

記事の趣旨として「聖地が変貌した・消失した」を報告することです。他意など一切ございません(たまにぐちるけどネ)

 

①JR大垣駅ビル外観

作中(特に映画版)では大垣駅ビルの外観が描かれることは「ほぼ」ありませんでした。

 

旧駅ビル

2018年8月末の閉店までの大垣駅ビルは「Apio (アピオ)大垣」として営業をしてきました。ちなみに「映画 聲の形」作中の駅ビル名称は「Epio」となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20190925002340j:image

 

新駅ビル工事中 

アピオ閉店より約8ヶ月間の改装休業期間に入ります。

f:id:nichinichisou0808:20190925043913j:image

 

新駅ビル 

そして2019年4月に「ASTY(アスティ)大垣」としてリニューアルオープンをしました。

f:id:nichinichisou0808:20190712235443j:image

 

旧駅ビル

アピオ時代には酔った後に食べるロッテリアが大好きでした。

f:id:nichinichisou0808:20190925033534j:image

 

新駅ビル工事中 

アスティに改装工事中

f:id:nichinichisou0808:20190925002803j:image

 

新駅ビル 

アピオからアスティへのリニューアルにおいて、建物外観は以前を踏襲しましたが、フロア内は新築かのような改装がおこなわれました。

f:id:nichinichisou0808:20190925002648j:image

 

旧駅ビル

「JR東海 大垣駅」の文字は継続して掲示のようです。

f:id:nichinichisou0808:20190925003509j:image

 

新駅ビル 

駅ビルの地に変更はありませんでしたが、テナントロゴやワンポイントカラーがシックに変更となりました。

f:id:nichinichisou0808:20190925003506j:image

いかがでしたか。新旧駅ビルで写真内構図がほぼ同一なのが自慢ですw

 

②JR大垣駅ビル外観(店舗)

アピオ1階で営業していたベーカリーですが、作中(夏休み)に将也の建つ背景に登場しています。そしてこちらのベーカリーはリニューアルを機に撤退をしました。

 

旧駅ビル 

(作中では背景でしたが)アピオ1Fのベーカリーでした。(しかもおいしかった)

f:id:nichinichisou0808:20180201132331j:plain

 

新駅ビル 

美濃(大垣地区)のお惣菜を食べることが出来るのでしょうか。 

f:id:nichinichisou0808:20190731205908j:image

 

③JR大垣駅ビル前舗道

このあたりも駅ビルリニューアルで大きく変貌を遂げました。映画版には登場しませんが、原作版では幾度か描かれていますので、そちら的な聖地に影響が出そうです。

 

旧駅ビル 

コンビニエンスストアが「サークルK」・・・こりゃまた古いですね。

f:id:nichinichisou0808:20190925030055j:image

 

新駅ビル 

屋根がリニューアル部分としては目立ちます。ほかは案外そのままに見えます。

f:id:nichinichisou0808:20190925030059j:image

 

④JR大垣駅2階連絡通路

 

旧駅ビル 

アピオ閉店後のため店内は写せませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190925003905j:plain

 

新駅ビル 

なかなか落ち着いた雰囲気となったようですね。

f:id:nichinichisou0808:20190925014740j:image

 

⑤JR大垣駅連絡部分

個人的には「変貌した聖地 悲しさ第3位」にしておきたいと思います。大垣駅舎は駅ビルと連絡している訳ですが、こちらも当然リニューアルの手が入りました。

 

旧駅ビル 

作中では「Epio」でしたがここに西宮さん姉妹が立っておられたわけです。

f:id:nichinichisou0808:20190712235353j:image

 

新駅ビル 

うわーーーーん!ぜんぜんべづものになっぢゃっだの・・・

以前の状態でもっと撮影をしておくべきでした。

f:id:nichinichisou0808:20190518201157j:image

 

旧駅ビル 

もう耐性はつきましたでしょうか。

f:id:nichinichisou0808:20190924235316j:plain

 

新駅ビル工事中

この時にはあそこまで変わるとは予想できなかった私・・・

f:id:nichinichisou0808:20190925000723j:plain

 

新駅ビル

西宮さんの面影0.01パーセント・・・

f:id:nichinichisou0808:20190518201211j:image

 

⑦JR大垣駅構内コンビニ

映画作中では「東海ツアーズ」営業所に見えたのですが、2016年9月の初巡礼時に既にコンビニだった気がします。

 

旧駅ビル 

こちらはさほど強烈ではありません。

f:id:nichinichisou0808:20180201124159j:plain

 

新駅ビル

看板の架け替えですみました。

f:id:nichinichisou0808:20190924234305j:plain

 

⑧JR大垣駅構内自動券売機

実は新幹線対応型・在来線型あわせて、自動切符発売機も2016年から2018年の間(時期不明)に新型となっています。

後ほど作中の券売機を確認するからなっ!

 

旧自動券売機

f:id:nichinichisou0808:20190925031046j:image

 

新自動券売機

f:id:nichinichisou0808:20190925031044j:image

 

⑨新大橋

日々の変化は小さなところからくるのです。

作中の告白ポイント新大橋が、2019年に2回もの大変貌を遂げたのはご存知ですか?

個人的には「変貌した聖地 悲しさ第1位」とさせていただます。

 

旧新大橋

ご安心ください。こちらはオリジナル新大橋です。

f:id:nichinichisou0808:20190925035644j:image

 

こちらもオリジナル新大橋です。居るだけで心落ち着きますね。 

f:id:nichinichisou0808:20190930215122j:image

 

新・新大橋 Ver.1

さて、どこが変わったか気付きましたか?(選挙関連ではありません)

よーく見ればすぐにわかると思いますが、心無いことを承知で言わせていただくならば「聖地として全てが台無し」に尽きます。

f:id:nichinichisou0808:20190930215130j:image

 

新・新大橋 Ver.2

これは2019年の6月に気がつきましたが、個人的には意味を理解できません。

気付かれましたか?

上2枚の写真と比較をした時に違和感がありませんか。

f:id:nichinichisou0808:20190930215116j:image

 

そしてオリジナル新大橋と現在の最終形態の比較で〆ます。

f:id:nichinichisou0808:20190930220817j:plain
f:id:nichinichisou0808:20190930220828j:plain

ああもう悲しくて悲しくて・・・

 

⑩郭町商店街「やまてい」

小学生時代の将也達が信号待ちをしていた時など、背景として描かれていた店舗です。

私も詳細は存知かねるのですが、2016年から2017年くらいまでは営業をされていたようですが、近頃ではシャッターが開くことはありません。

 

営業時

実は営業中の写真は一枚しか撮影できませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20190712232946j:image

 

休業中

f:id:nichinichisou0808:20190712233039j:image

最後の撮影は2019年7月です。
f:id:nichinichisou0808:20190925031603j:image

 

⑪郭町商店街「岐阜バス旅行センター」/ ⑫方向指示看板

こちらでは一挙に2聖地の変貌をご紹介します。

まず「やまてい」さんとは横断歩道の真向かいで営業をしていた「岐阜バス旅行センター」さんも作中に何度も出てきました。

 

営業時

こちらの店舗は2016年当初は毎日営業のようでしたが、週末のみ営業に転換しました。

f:id:nichinichisou0808:20190712232942j:image

 

それでも営業は続けていたのですが・・・

そしてここで同時に⑫に相当するものが・・・右に立っているお城型の塔がご覧いただけますか。「大垣城→」と書かれた観光案内看板です。

f:id:nichinichisou0808:20190520060627j:image

 

お城型の塔、なくなっています。

実は後述しますがこちらも作中に1,2回は背景として登場しております。

f:id:nichinichisou0808:20190925031932j:image

 

まず⑪につきまして「岐阜バス旅行センター」さんは2018年に閉店しました。

そして⑫についてはご覧の通り新しい案内看板に交換されました。


f:id:nichinichisou0808:20190925031939j:image

 

閉店後日「岐阜バス旅行センター」さんの看板は白一色となっていました。

f:id:nichinichisou0808:20190925031936j:image

 

⑫の大垣城への標識の旧バージョンとなります。新バージョンに用はありません。

f:id:nichinichisou0808:20190925035746j:image

 

⑬大垣市役所本庁舎

「大垣市役所本庁舎」自体は聖地ではありません。

ただし「映画 聲の形」作中では、西宮様の住居を含む集合住宅が建っています。

しかも現市役所を取り囲んでいた倉庫や屋外照明などが、何故か作中にも描かれているのです。なんてこったい。

様々な角度から「健在時」「部分解体後」「新庁舎建築中」の3段階でご覧ください。

(本内容につきましては当ブログ別記事にて特集しております)

 

まずは正面玄関より

健在時

f:id:nichinichisou0808:20190418030407j:image

 

部分解体後

f:id:nichinichisou0808:20190418031610j:image

 

新庁舎建築中

新庁舎に合併吸収されそうな勢いですね。

f:id:nichinichisou0808:20190925054436j:image

 

次はやや北西より

健在時

f:id:nichinichisou0808:20190727014149j:image

 

部分解体後

サクッときられました。

f:id:nichinichisou0808:20190925010818j:image

 

新庁舎建築中

f:id:nichinichisou0808:20190925010826j:image

 

最後は西より 

健在時
f:id:nichinichisou0808:20190925010837j:image

 

部分解体後
f:id:nichinichisou0808:20190925010821j:image

 

新庁舎建築中①
f:id:nichinichisou0808:20190925010840j:image

 

新庁舎建築中②
f:id:nichinichisou0808:20190925010828j:image

 

⑭チーズケーキプリンセス

特に原作版で描かれていた気がします。映画版はどうでしたか・・・

私は利用経験がないので詳細は不明ですが、2019年に看板がリニューアルとなりました。

 

以前の看板

かわいらしい色使いでした。

f:id:nichinichisou0808:20190925032404j:image

 

現在の看板

一転、渋い色使いとなりました。

f:id:nichinichisou0808:20190925032401j:image

 

⑮養老鉄道600番台車両

作中、2人で養老へ行くのに乗車した「走る聖地」です。

しかし近頃では別の車両を買い入れ、この系統は次々と廃車への道を進んでいます。

全滅も近いのでは?

 

旧車両

元近鉄車両の鋼鉄製ですよ。渋くてかっこいい!

f:id:nichinichisou0808:20190826125255j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826142749j:image

 

新車両

個人的趣味によりノーコメント。

養老鉄道がこの車両で埋め尽くされた日には、もう乗らない!

f:id:nichinichisou0808:20190826132043j:image

f:id:nichinichisou0808:20190826144740j:image

 

⑯大衆酒場「盛升」

ラストを飾るのは「大垣一の大衆酒場」といっても過言ではなく、「吉田類の酒場放浪記」に大垣市で唯一紹介された店でした。

f:id:nichinichisou0808:20190925044640j:image

 

ご夫婦で営んでましたがご主人急逝により閉店となりました。

f:id:nichinichisou0808:20190925044644j:image

 

お知らせなど

本記事の流れからは外れますが、たまにはふと聖地を振り返ってみるのもよいかと思いました。

最初は別物として新記事にしようかも悩みました(久々上げた新規記事、誤情報連発により半日で下げました)。近頃は「新規記事」を投稿していないので。

 

ところで・・・自己弁護っぽくなりますが、相応の資料を用意する手間などから、決して手抜き記事ではございません。信じてくださいね。ね?

  

ここまでお読みいただくと・・・

新規巡礼コースにつきましては準備中です。しばらくお待ちください。

以下の巡礼コースがご覧いただけます

(ブログ内リンクです)

1. 清水橋〜美登鯉橋 (本編記事)

2.大垣市内 (夕陽)

3.大垣駅〜総合福祉会館 (桜満開・晴天)

4.清水橋〜美登鯉橋 (桜散始め・晴天) NEW