移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

東京・名古屋間移動は「新東名Sライナー」もおすすめ

新規投稿 2019/05/26・最終更新 2020/3/22

今回は東京~名古屋間運行の高速バス「新東名S(スーパー)ライナー」の詳細と、国内高速バス車両のインテリア紹介などの記事となります。

f:id:nichinichisou0808:20210317011816j:plain

ご注意

・運行バス車両と車内設備等は乗車時によって異なります

・運行車両や車内設備は乗車(取材)当時の情報となります

・車内電源とは「USB」または「AC」どちらかとなります

 

はじめに

近年では国内都市間の移動手段として「航空」「鉄道」と併せて、「高速バス」も重要な役割を果たしています。

比較的低価格な高速バス路線は、都市間まみならず地方からの利便性も高く、運行路線により従来の鉄道路線との旅客奪い合いで勝利する地域がある一方、現在も東京〜松本間など「鉄道特急vs高速バス」の争いが続いている路線も存在しているようです。


f:id:nichinichisou0808:20190526233306j:image

f:id:nichinichisou0808:20190526233309j:image

f:id:nichinichisou0808:20190526233316j:image

私自身が2016年秋以降、関東地区より岐阜県大垣市へのアクセス数増加による高額な交通費、東京〜名古屋間の頻繁な新幹線移動を高速バス移動に変更することにより、高速バス利用による最大のメリット「移動価格を抑える」恩恵を享受しております。

本記事では私が特に利用頻度の高い高速バス「新東名Sライナー」を中心に、同区間の夜行便、同区間の他社便、そして「新東名Sライナー」など高速バスの車両(外装・内装)のご紹介をいたします。

※運行・運賃料金の正確な情報は各社公式HPをご覧ください

 

「新東名S(スーパー)ライナー」とは

f:id:nichinichisou0808:20210322180459j:plain

JR東海バス所属車両の「新東名スーパーライナー」

JR東海バス・JRバス関東などが東京・名古屋間を共同毎日運行しいる高速バス路線「東名ハイウェイバス(正式には東名高速線)」に複数ある便の1つが「新東名スーパーライナー」となります。鉄道に例えると東海道新幹線の「のぞみ」、東北新幹線の「はやぶさ」に相当する速達便こそが新東名スーパーライナー。東名ハイウェイバスの他並走便と比較時、以下3項目が速達特徴に挙げられます。

「途中にバス停なし」

「新東名高速を走行」

「一般道走行距離が短い」 

次項「東名ハイウェイバス」の路線・便の紹介となります

 

「東名ハイウェイバス」の運行便紹介

東京駅-静岡市-浜松市-名古屋駅を主に、首都高速・東名高速・新東名高速・名古屋高速を昼間に運行するJR高速バス。総称は「東名ハイウェイバス」であり「新東名スーパーライナー」便名に相当します。

f:id:nichinichisou0808:20210322181046j:plain

JRバス関東所属車両の「新東名スーパーライナー」

東名ハイウェイバスにはおおよそ以下の便が設定されています。

※本記事では「中央ライナーなごや」は省略します

■急行

  東京 - 静岡の全停留所に停車する便

 (東名)

■特急

  東京 - 浜松間の8割程度の停留所に停車する便

  (東名ライナー)

■超特急

 ・東京-静岡/浜松間の6割程度の停留所に停車する便

  (東名ライナー)

 ・東京-名古屋間の6割程度の停留所に停車する便

  (スーパーライナー) ※次項比較対象

■直行

 ・東京-名古屋間 停留所なし

  (新東名スーパーライナー) ※本記事のメイン

 ・新宿-名古屋間停留所なし

  (新東名スーパーライナー 新宿)

 ・東京-名古屋間停留所なし

  (東名スーパーライナー)

そして東名ハイウェイバスでは東京発〜名古屋方面に、1日約35便が運行をしています。そしてその大部分は「新東名Sライナー(12便)」と「スーパーライナー(9便)」が占めています。 

便により異なる発着地点と停留所が設定されていますが、東京と名古屋間をストレートで移動する際には「新東名スーパーライナー」をおすすめいたします。

次項「新東名Sライナー」優位点の紹介となります

 

新東名Sライナー vsスーパーライナー

東名ハイウェイバスにおける主力「新東名スーパーライナー」と「スーパーライナー」の運行区間は大部分の便が東京駅〜名古屋駅間です。しかしそれぞれは行程の異なる運行をしており、利用客にも特徴があるようです。

前項にて挙げた「新東名スーパーライナー」の速達特徴をもとに、この2便の差異を紹介します。

■新東名Sライナーは「途中バス停なし」

「スーパーライナー」は東名高速の本線上や、インターチェンジ入口付近に設置のバス停を必ず通ります。概算ですがその数は25停留所を超えます。

東名高速区間ではインターチェンジ外に設置のバス停も少なくないため、頻繁に高速道路を出入りする必要もあります。

名古屋市内の一般道走行時にも「栄」「千種」「名古屋インター」などのバス停が複数設置されています。

f:id:nichinichisou0808:20190920081845j:image

名古屋市内にも停留所のあるスーパーライナー

一方「新東名スーパーライナー」には、途中のバス停設定は一箇所も無いため、確実に所要時間の短縮が可能となります。

※東京方面は「用賀」「霞ヶ関」にて下車のみ可能

 

■新東名Sライナーは「新東名高速走行」

「スーパーライナー」は一般道・都市高速の一部以外は東名高速のみを走行します。

f:id:nichinichisou0808:20210317113643j:plain

一方の「新東名スーパーライナー」は、御殿場以西については東名高速と並走する新東名高速を走行しています。

f:id:nichinichisou0808:20210317110331j:plain

新東名高速は新規格道路と呼ばれてあり、3車線のほぼ全区間で最高速度が120km/hに引き上げられていたり、カーブの多い東名高速とは違い、線形自体が直線部分多いこととからも、大幅な所要時間の短縮が可能です。

これは筆者の考えですが、新東名高速は静岡や浜松など都市部から離れている関係から、利用車両が少ない=渋滞が起き難い も時間短縮と関係がありそうです。

※新東名スーパーライナーの営業最高速度は不明

 

■新東名Sライナーは「一般道路走行が短い」

これは名古屋市街地周辺の走行ルートに関してとなります。

スーパーライナーは前述の通り、一般道で栄・千種などを経由するため「名古屋インター」から名古屋駅新幹線口バスターミナルまでは繁華街の一般道を約15km、所要時間約30分での走行となります。

f:id:nichinichisou0808:20210317115313j:plain

スーパーライナーの一般道走行時間は50分を超えることもある

それと比較して「新東名スーパーライナー」は「名古屋駅新幹線口バスターミナル」と最寄の高速道路入口まで一般道を10分程度の走行となります。

f:id:nichinichisou0808:20210317113649j:plain

新東名Sライナーの一般道走行時間は全5時間のうち20分程度

 

■総合的に所要時間が5時間を切る

上記の運行事情により「スーパーライナー」は東京・名古屋間の標準的な所要時間は約6時間ですが、「新東名スーパーライナー」は5時間を切る運行も可能となっているようです。

 

■「スーパーライナー」の存在理由

数度の乗車時に観察をしていると、とにかく旅客の乗降が頻繁に行われており、例えば浜松乗車・栄下車など、神奈川県~静岡県~愛知県の生活路線として多くの旅客に日々利用されているのかもしれません。

実際の乗車時に車内が閑散とするのは、栄から名古屋駅の僅かな区間だったと記憶しています。他区間は頻繁に乗客が入れ替わる感じでした。

 

■追加「女性専用席がある」

「新東名スーパーライナー」には3列と4列シートの便があります。どちらの便でも「女性専用」として乗車券を購入時、隣座席は必ず女性(または空席)となります。

次項では「新東名Sライナー」の発着場所紹介となります

 

「新東名スーパーライナー」発着場所

「新東名スーパーライナー」は東京駅(一部新宿駅)、または名古屋駅に隣接の各バスターミナルが発着となります。

今回は夜行便「ドリームとよた」の一部発着場所も紹介いたします。

■JRバス 東京駅高速バスターミナル

東京駅八重洲中央口または八重洲中央南口(東海道新幹線側)のグランルーフ下が「東京駅高速バスターミナル」(乗車場所)の所在地です。f:id:nichinichisou0808:20210317110442j:plain

施設内券売機または窓口にて、乗車券購入が可能です。また奥には待合室・洗面所設備や自販機設置もあります。バスターミナル内に売店、東京駅構内の売店も近距離となかなか便利です。

f:id:nichinichisou0808:20210317113636j:plain
f:id:nichinichisou0808:20210317123703j:plain

待合室向かいに並ぶ高速バスの乗場は10分おきに出発便があります。f:id:nichinichisou0808:20210317110450j:plain

「新東名スーパーライナー」は9番線からの出発となります。 

f:id:nichinichisou0808:20210319090243j:plain
f:id:nichinichisou0808:20210319090228j:plain

主に深夜高速バスの時間帯です。「ドリームなごや」岐阜行は前回1番線からの出発でした。f:id:nichinichisou0808:20210317110345j:plain

降車は日本橋口となります。


f:id:nichinichisou0808:20210327235051j:image

f:id:nichinichisou0808:20210327235048j:image

 

 ■新宿南口交通ターミナル (バスタ新宿)

JR新宿駅南口/新南口と直結している「バスタ新宿」からは「新東名スーパーライナー新宿」1便の発着があります。f:id:nichinichisou0808:20190920082205j:image

バスタ内には窓口と券売機が並び、待合スペースに洗面所さらにコンビニが営業中です。f:id:nichinichisou0808:20210319090219j:plain

JR新宿駅新南口と直結しています。f:id:nichinichisou0808:20210327234854j:image

 

■名古屋駅新幹線口バスターミナル

JR名古屋駅太閤口(東海道新幹線側)が「名古屋駅新幹線口バスターミナル」の所在地です。「新東名Sライナー」の全便が発着しています。f:id:nichinichisou0808:20210317110335j:plain

JR名古屋駅太閤口から1分です。駅反対にある「名鉄バスセンター」や「名古屋駅バスターミナル」と間違わないようにしましょう。f:id:nichinichisou0808:20191030021705p:plain

ターミナル内に売店と洗面所はありませんが、有人窓口と券売機のある待合室には飲料水自販機の設置あります。f:id:nichinichisou0808:20210317012159j:plain

「新東名スーパーライナー」は2番線からの出発でしたが、前回は3番線からの出発でした。

f:id:nichinichisou0808:20191030021526j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191030021730p:plain

 

■JR岐阜駅バスターミナル (暫定紹介)

JR岐阜駅北口のロータリーが「JR岐阜駅バスターミナル」(名称は「JR岐阜」)の所在地です。「ドリームなごや」が1便発着しています。f:id:nichinichisou0808:20210317110429j:plain

JR岐阜駅長良川口の1Fより徒歩1分です。f:id:nichinichisou0808:20210317110342j:plain

JR岐阜駅側に並ぶ5番乗り場となります。バス停前には屋根とベンチがあります。f:id:nichinichisou0808:20210317110438j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210319100316j:plain

次項では「新東名Sライナー」の行程紹介となります

 

「新東名スーパーライナー」の行程

発着場所に続いて「新東名Sライナー」東京〜名古屋間の行程を簡潔にご紹介します。f:id:nichinichisou0808:20210317110319j:plain

1. 東京駅高速バスターミナルから出発をします。液晶案内をはじめバス入場前に番線などアナウンスがあります。f:id:nichinichisou0808:20210319100321j:plain

乗車時の改札はバスの運転士が行います。トランクなどの大型荷物は荷物室に収容可能です。f:id:nichinichisou0808:20210319090246j:plain

出発時刻に遅れた乗客は待ちません

2. 出発をすると、以降のバス停は一切ありませんが、東名高速「足柄」と新東名高速「遠州森町」でそれぞれ10分〜20分程度の休憩が設定されています。休憩時には提示される出発時刻を厳守しましょう。

f:id:nichinichisou0808:20210317110401j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322184257j:plain
f:id:nichinichisou0808:20210322184319j:plain

私は未見ですが、集合時間に遅れた乗客は待ちません 

f:id:nichinichisou0808:20210322184315j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322184238j:plain

私は未見ですが、集合時間に遅れた乗客は待ちません

3. 出発から約5時間で名古屋駅新幹線口バスターミナルに到着しました。おつかれ様です。

f:id:nichinichisou0808:20210317110459j:plain


f:id:nichinichisou0808:20190526232235j:image

f:id:nichinichisou0808:20190526232229j:image

 

名古屋発の便では逆行程となります。また東京行きについては「用賀出口※」「霞ヶ関駅」にて下車(専用)が可能です。

f:id:nichinichisou0808:20210322184246j:plain
f:id:nichinichisou0808:20210322184252j:plain

※写真左・用賀は混雑時に通過することもあり

次項では「新東名Sライナー」の座席予約となります

 

「新東名Sライナー」の乗車方法更新前

「新東名Sライナー」は乗車直前に東京駅バスターミナルで切符を買うこともできますが、楽に&おトクに購入する方法をご紹介します。

※筆者はターミナル購入経験はありません

■乗車券の予約・購入

東名ハイウェイバスの座席予約は、乗車日の1カ月と1日前より可能となり、「高速バスネット」サイトからの購入が便利です。

簡単操作で乗車便と座席の予約をすることができ、支払い前であれば何度でも変更が可能です。

(バス路線により予約受付開始日は異なります)

f:id:nichinichisou0808:20190527034511j:image

https://www.kousokubus.net/BusRsv/ja/

■運賃は基本同額

「東名ハイウェイバス」は「新東名スーパーライナー」でも「スーパーライナー」など、同区間であれば運賃は同額設定ですが、実際には片道2,400円〜5,340円(普通座席)での発売額となります。

この価格差は、主に早割購入の適用期間に購入をすることで発生します。更にクレジットカード決済により若干安価となります。

f:id:nichinichisou0808:20191002165305j:image

「高速バスネット」予約画面より新東名Sライナー運賃の一例

■高速バスネット予約時の注意点

「新東名Sライナー」は便により「2階建バスまたは1階バス」、「3列シートまたは4列シート」が混在をしているため、好みなどにより上記は画面にて要確認事項です。

f:id:nichinichisou0808:20191002165539j:image

「高速バスネット」画面。便を選択後に座席種別と運賃表示がされる

座席予約の指定もグラフィカルな確認と操作が可能です。(要会員登録)


f:id:nichinichisou0808:20190528052508j:image

f:id:nichinichisou0808:20190528052511j:image

左は4列、右は3列シート

■高速バスネットの残念な点 

高速バスネットでは、頻繁に利用する便を「お気に入り」として登録することができ、その便の乗車券購入毎にポイントが貯まる割引サービスもあります。

しかし残念ながら「新東名Sライナー」は対象の便には入っていません。 

f:id:nichinichisou0808:20190920191612j:image

東京〜名古屋便は夜行のみ対象なのです。


f:id:nichinichisou0808:20190920191637j:image

f:id:nichinichisou0808:20190920191634j:image

■運賃・料金支払い後の注意点

運賃や料金の支払いは、予約と同時にクレジットカード決済、または発行されるQRコード持参でのコンビニ支払いとなります。

一度支払いが済むと、旅行(乗車)中止時には「キャンセル料金」が発生します。(規約などをご確認ください)

…コンビニ決済時には、郵送など色々と手間と時間もかかります。

■ところで乗車券は?

クレジットカードによる決済直後、QRコードを含めたオンライン乗車券が登録メールアドレスに送られてきます。

当日の乗車前提示が必要となるので、くれぐれもお忘れなきよう。

コンビニ決済時には、その場で乗車券が発行されます。こちらも乗車前提示が必要となります。(ファミリーマート発見についてはQRコード転送)

次項「新東名Sライナー」のコスパ対決となります  

 

東京〜名古屋 価格&時間対決更新前

「東京〜名古屋」間移動の際に良く利用をする「新幹線のぞみ」「ぷらっとこだま」「新東名スーパーライナー」「格安高速バス※」の4ルートにて、価格と所要時間などを参考比較します。 

f:id:nichinichisou0808:20190530140333j:image f:id:nichinichisou0808:20190530140349j:image f:id:nichinichisou0808:20190530140447j:image

どのルートするかを悩むのも楽しいのが旅かと

※格安高速バスの運行事業者・便は非公開です

①「のぞみ」指定席利用時

f:id:nichinichisou0808:20200831225747j:image

・価格は11100円程度 (通常期)

・所要時間は1時間45分程度と安定している
(金券屋、JR東海株主優待などは今回割愛します)

②ぷらっとこだま指定席利用時

f:id:nichinichisou0808:20190406014603j:image

※車内写真は700系グリーン車
・価格は普通車8300円〜 (通常期)

・所要時間は2時間45分程度と安定している

・近頃はスマートEXに押され気味

・車内販売はなし

③新東名スーパーライナー利用時

f:id:nichinichisou0808:20170212140452j:plain

※写真は2階建3列シート車
・価格は2,400円〜5,250円と変動的

・3列シート車は色々と快適

・ワイド4列シート車も我慢は可能

・所要時間は最速で4時間40分程度

(道路状況により数時間の遅延も頻繁にある)

④格安高速バス利用時

f:id:nichinichisou0808:20200831225709j:image

・価格は2,000円はザラ

・通常4列シート(要は狭い)が大半

・トイレ設備は無くて当たり前

・所要時間は最速で6時間程度 (参考)

・乗車場所は東京駅より徒歩10分

・下車場所は「ささしまライブ」他

比較結果から

JR高速バス利用時には最安で片道運賃が約2,500円となることもあり、圧倒的な安さとなっていますが、「所要時間」が明確ではありません。

新東名Sライナーでは新東名高速内は比較的順調な走行です。しかし東名高速や首都高速内では頻繁に事故渋滞に巻き込まれることがあります。

・・・個人的には「3列シート」「渋滞無し」が毎回担保されるのであれば(無理ですが)、間違いなく「新東名Sライナー」を毎回利用します。

価格だけならば最安値であろう「格安高速バス」は運行会社によるハズレ便もあり、個人的には2度と乗車選択肢には入りません。今回は参考として追加いたしました。

「新東名Sライナー」の解説は以上です。

次項、新東名Sライナー他,バス車両のご紹介です

 

高速バスの車両紹介更新中 (写真あり)

本項では前述の「東名ハイウェイバス」を含むJRバスなどの高速バス路線、及び車両・内装のご紹介となります。

・新東名スーパーライナー/スーパーライナー/ドリームなごやの車両をメインに、競合他社や別路線など現在運行中に限らず、引退済みのバスについても掲載いたします。

ちなみに編集者はバスマニアではありませんので、勘違い表記などはご理解ください

 

f:id:nichinichisou0808:20201028225039j:plain

JR東海バス所属車両の「ドリームなごや」

JR東海バス 新東名Sライナー①

こちらの車両は日野自動車のハイデッカー「セレガ」となります。

各座席電源とフリーWi-Fiは完備。トイレは最後尾部分に設置してあります。

こちらは「4列シート(ワイド)」車両となり、特別席はありません。f:id:nichinichisou0808:20191029225757j:plain

まるでコクピットな運転席。f:id:nichinichisou0808:20191029235752j:plain

シートカラーは数種類存在するようです。f:id:nichinichisou0808:20191029225828j:plain

座席間には肘置もあります。(写真では収納済)f:id:nichinichisou0808:20191029225739j:plain

前座席の下は空間のため、ある程度は足が伸ばせます。f:id:nichinichisou0808:20191029225822j:plain

4列シートですが、靴を脱いでの足置きもあります。これはJRバス関東にはありません。

f:id:nichinichisou0808:20191029235756j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191029225816j:plain

テーブルと窓側座席の電源。

f:id:nichinichisou0808:20191029225708j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191029235749j:plain

1度だけ隣席にも乗客がいましたが、さほどの窮屈感などはありませんでした。

 

JR東海バス 新東名Sライナー②

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

各座席電源とフリーWi-Fiは完備。トイレは最後尾部分に設置してあります。

こちらは「4列シート(ワイド)」車両となり、特別席はありません。f:id:nichinichisou0808:20191217231805j:plain

f:id:nichinichisou0808:20201024122431j:image

シートや装備については上記①同様、ハイレベルなワイド4列シートです。f:id:nichinichisou0808:20191217231919j:plain

f:id:nichinichisou0808:20201024122252j:image

休憩中、出発時刻はフロントのLEDに出ています。f:id:nichinichisou0808:20201024122247j:image

JR東海バスは「靴が脱げて足置きもある」など細かいサービスに溢れています。f:id:nichinichisou0808:20191217231926j:plain

降車ボタンが天井インテリアに溶け込んでいます。最初は霞が関下車時に探しちゃいました。

f:id:nichinichisou0808:20201028225036j:plain

 

JR東海バス 新東名Sライナー➂

こちらの車両は日野自動車のハイデッカー「セレガ」となります。

各座席電源とフリーWi-Fiは完備。トイレは最後尾部分に設置してあります。

こちらは「4列シート(ワイド)」車両となり、特別席はありません。

(①の車両とは座席カラーが異なる点と思われます) 

f:id:nichinichisou0808:20210317011822j:plain

近頃は後に広告がつくようですね(2021/3)f:id:nichinichisou0808:20210317011825j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210317011819j:plain

 

JR東海バス 新東名Sライナー④ 引退かと

東京・名古屋間は主にJRバス関東とJR東海バスの共同運行となります。

そしてこちらの様な2階建バスは総称として「ダブルデッカー」と呼びます。

写真の車両は三菱の「エアロキング」ですが、国内での2階建バス製造は2010年で中止となっているため、今後の動向が気になるところです。

JR東海バスの投入するダブルデッカー車には、私の知る限りで4タイプの座席仕様が存在します。

全タイプFree-WiFi対応、各座席には電源、トイレは1階部分に設置となります。

まずは路線での最上クラス「プレミアム・シート」設定の車両となります。f:id:nichinichisou0808:20200901013955j:image

プレミアム・シート表示があります。f:id:nichinichisou0808:20200901014003j:image

運転席はモニターだらけ、この右側にはプレミアム・シート専用の荷物置き場もあります。f:id:nichinichisou0808:20200901014013j:image

乗車口付近よりプレミアム・シート区間。f:id:nichinichisou0808:20200901013941j:image

1A,1B座席を前部より。f:id:nichinichisou0808:20200901014016j:image

1A,1B座席を後部より。f:id:nichinichisou0808:20200901014000j:image

1C座席。ヘッドレストは上下稼働、オットマンは固定式。エアコン送風口は4つ独り占め。f:id:nichinichisou0808:20200901013948j:image

f:id:nichinichisou0808:20200901014009j:image

座席フットレストとオットマン。f:id:nichinichisou0808:20200901013944j:image

フットレスト、リクライニング調整は手動。


f:id:nichinichisou0808:20200901014051j:image

f:id:nichinichisou0808:20200901014048j:image

全方位カーテンによるプライバシーも。

f:id:nichinichisou0808:20191029225728j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191030011018j:plain

弁当までデラックスに、、、f:id:nichinichisou0808:20200901015030j:image

個人的乗車感想です。座席など快適装備は最高です。しかし1階席の影響と思われるロードノイズ(高速道路の継ぎ目他)がやや気になりました。

2階部分は全座席が料金不要の普通席(3列デラックス・シート※後述します)となります。

 

JR東海バス 新東名Sライナー⑤

この車両も上記①と同様に三菱ふそうのダブルデッカー「エアロキング」となります。

こちらは「ビジネス・シート」対応車両となり、前方ドア付近に「ビジネス・シート」のステッカーが貼られています。f:id:nichinichisou0808:20190424125042j:image

「ビジネスシート」は2階前部に6席が設定されています。

座席自体が普通席より大型であり、前後スペースも広くとられています。わずか500円追加をすれば快適な移動が約束されます。f:id:nichinichisou0808:20200901015736j:image

ビジネスシート周辺。後述する普通席との差は歴然です。可動式オットマンが装備ですが、足の短い私は前座席まで届きませんでした。f:id:nichinichisou0808:20200901015732j:image

こちらは2階部分の普通席(3列シート)です。

昼便としては貴重な3列シートの運行車両、しかもデラックス・シート仕様となります。

シートカラーは複数存在するようです。f:id:nichinichisou0808:20200901015739j:image

普通席周辺。一部以外の各座席にはフットレストが装備されており、上着掛けに使えるハンガーも用意されています。f:id:nichinichisou0808:20200901015743j:image

f:id:nichinichisou0808:20200901015729j:image

 

JR東海バス 新東名Sライナー⑥廃車

この車両も上記①と同様に三菱ふそうのダブルデッカー「エアロキング」となります。

こちらは全席普通席「3列(デラックス)シート」の車両です。特別料金席はありません。f:id:nichinichisou0808:20190920082346j:image

2階部分となります。

上記②の車両と座席色は違いますが、同様の3列普通席(デラックス・シート)となります。f:id:nichinichisou0808:20190818000219j:image

一部座席を除いてフットレスト、靴を脱いで前座席下への足置きが装備されています。

(私の座席はフットレストが動作しませんでした)f:id:nichinichisou0808:20190818000226j:image

 

JR東海バス 新東名Sライナー➆廃車

この車両も上記①と同様に三菱ふそうのダブルデッカー「エアロキング」となります。

こちらは全席普通席「3列(ノーマル)シート」車両となります。特別席はありません。

(外観は③と同写真)f:id:nichinichisou0808:20190920082346j:image

車両の2階部分となります。

座席の色も仕様も違う普通席(レギュラーシート)となります。同じ金額で・・・この差は何?f:id:nichinichisou0808:20190921024851j:image

予想ですがこのシートはバス製造会社標準の座席と思われます。f:id:nichinichisou0808:20190921073356j:plain

デラックスシートよりも肘置きなどシート全体が見劣りしています。

それでも一部座席以外にフットレスト、靴を脱いでの足置きは装備されています。f:id:nichinichisou0808:20190921024855j:image

  

JR東海バス ドリームなごや

東名ハイウェイバスの深夜便とお考えください。

主に東京駅(新木場駅)~名古屋駅 (JR岐阜駅)などを東名高速走行にて結んでいます。

こちらは恐らく、前述のJR東海バス 新東名Sライナー①と同型設備の車両と推測されますが、こちらでは2階座席(3列デラックスシート)をご紹介します。f:id:nichinichisou0808:20200304183016j:plain

実はこの時スーツで乗車したので、各座席にあるハンガーが大変にうれしかったです。f:id:nichinichisou0808:20200304183435j:plain

余裕で寝られました。f:id:nichinichisou0808:20200304183023j:plain

早朝の名古屋駅到着便(左)と深夜バス発車の東京駅バスターミナル

f:id:nichinichisou0808:20200304183057j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200304183416j:plain

 

JR東海バス ドリームなごや(2020/10/21乗車)

上記便の新型ダブルデッカー車「アストロメガ」です。

以前乗車したJRバス関東のアストロメガは、全座席4列シートでした。一方JR東海バスでは1階部分は4列シート、2階部分は全3列シート、さらに3列シートは新機構となる「クレイドル・シート」採用です。f:id:nichinichisou0808:20201024121524j:image

写真は全て2階部分となります。B,Cシート。f:id:nichinichisou0808:20201024121528j:image

BCシート間は通路に。f:id:nichinichisou0808:20210322191012j:plain

全席カーテンがあります。f:id:nichinichisou0808:20210322191019j:plain

可動式ヘッドレストとフットレスト、座席背面。

f:id:nichinichisou0808:20210322190958j:plain
f:id:nichinichisou0808:20210322191009j:plain

乗車から終点までカーテンは締まっています。f:id:nichinichisou0808:20210322191032j:plain

窓際天井と乗降扉。

f:id:nichinichisou0808:20210322191024j:plain
f:id:nichinichisou0808:20210322191015j:plain

消灯後車内。f:id:nichinichisou0808:20210322191004j:plain

 

JRバス関東 新東名Sライナー(2020/9/28乗車)

こちらの車両は日野自動車のハイデッカー「セレガ」となります。

各座席電源とフリーWi-Fiは完備。トイレは最後尾部分に設置してあります。

こちらは「4列シート(ワイド)」車両となり、特別席はありません。

f:id:nichinichisou0808:20200928175910j:image

f:id:nichinichisou0808:20200928175914j:image

足元のフットレストはありません。f:id:nichinichisou0808:20200928175917j:image

 

JRバス関東 新東名Sライナー②

こちらは「エアロキング」です。

車体にはでかでかと「青春エコドリーム※」と書いてありますから・・個人的には久々に高速バス移動で疲れました。

※深夜の格安便

f:id:nichinichisou0808:20191217231941j:plain

車両外観には自己主張が。

「貴様、新東名スーパーライナーではないな!?」

つーかさ、Ecoって何よ?割引なし時にゃ5,000円を超える運賃なのに・・・

f:id:nichinichisou0808:20191217232202j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191217232158j:plain

1階部…狭いせまい、見た目から座席の前後左右全部が狭いのです。

f:id:nichinichisou0808:20191217231911j:plain

当然2階だって狭い。

座席は小さい癖に4列を詰め込んだ結果、大抵は体を横にしないと通路を進めません。

f:id:nichinichisou0808:20191217231930j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191217231922j:plain

「電源は2人で1つよ」って喧嘩にならんのでしようか。トイレとWi-Fiはお情け?でついています。

f:id:nichinichisou0808:20191217231914j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191217231935j:plain

上記、最初は代車運用と考えていたら…また別の日にエンカウント。定期運用の罠でした。

f:id:nichinichisou0808:20200304183420j:plain

照明が入る前の車内。

f:id:nichinichisou0808:20210322190339j:plain
f:id:nichinichisou0808:20210322190347j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210317011812j:plain

上記と同タイプの別車両です。

・・・貶しているのに何でこんなに写真があるかって?

最速・東京7:30発の新東名Sライナー1号に運行設定※されたから、乗るしかないのです。

※Sライナー1号での運行は2020/3/15迄

f:id:nichinichisou0808:20200304183005j:plain

よく見ると…エコすぎて座席上の荷物置きまでないのです。ざーけんな!

f:id:nichinichisou0808:20200304183446j:plain

今回この座席(10D)は正直辛かった…窓際のダクトが右足に当たり続けるのです。

10A-10Dの4座席ついて、シートピッチ「だけ」は他座席より広いのです。

f:id:nichinichisou0808:20200304183035j:plain
f:id:nichinichisou0808:20200304183052j:plain

座席は少々リクライニングしますが、後座席に人が居る場合、張り合う勇気と度胸も必要ですね

f:id:nichinichisou0808:20200304183031j:plain

 

JRバス関東 新東名Sライナー③

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

各座席に電源があり、トイレは最後尾部分に設置してあります。

こちらは「4列シート(ワイド)」車両となり、特別席はありません。

f:id:nichinichisou0808:20190424125102j:image

座席配置のイメージです。

f:id:nichinichisou0808:20191030010944j:plain

4列シートですが幅広シート(楽座シート)採用による厚さのある背ずりなど質の向上、十分な足元スペースなど頑張っていると感じました。

f:id:nichinichisou0808:20190424125055j:image

JR東海バスのように靴を脱いでの足置きは装備されていません。

f:id:nichinichisou0808:20190424125114j:image

 

JRバス関東 新東名Sライナー④ 運用離脱

この車両は2019年に新投入された、新型のダブルデッカー車「アストロメガ」です。

開発は海外のスウェーデンSCANIA社とベルギーVanHool社です。

バス通に言わせると「海外のバスメーカーで唯一日本国内の保安基準を満たした」と、いい走りのバスだそうです。

確かに高速走行中も安定走行、静粛性も高いと感じました。

恐らくですが、2020年現在では京阪神路線に移動した模様です。

f:id:nichinichisou0808:20190424190333j:image

f:id:nichinichisou0808:20191030011502p:plain
f:id:nichinichisou0808:20191030010948j:plain

f:id:nichinichisou0808:20191230121953j:image

1階部分です。

車内は全4列シート、トイレは1階に設置してあります。

JRバス関東は「ヨーロピアンスタイル」を押し出しています。f:id:nichinichisou0808:20191029225746j:plain

2階部分です。

車両後部と前部ですが、見事なまでの4列シート。

新型車だからか満席状態でも息苦しさはありませんでした。

f:id:nichinichisou0808:20191029225803j:plain
f:id:nichinichisou0808:20191029225853j:plain

個人的には「座面が狭い」「ホールド感が強すぎる」と感じました。

f:id:nichinichisou0808:20191029225844j:plain

電源は座席によりUSBポート付ケーブルが、前座席背もたれから生えています。

f:id:nichinichisou0808:20190818000326j:image

この座席は…電源が1つしかなさそうでした。(乗車当時)

f:id:nichinichisou0808:20190424190337j:image

・・・私は4列シートが超嫌いです。憎悪していると言っても良い程です。

 

JRバス関東 新東名Sライナー⑤廃車

JRバス関東版の「エアロキング」です。

同社の他路線では運用中形式ですが、東名ハイウェイバスからは撤退したと思われます。 

以前はこの車両が東京駅7:30発となっていたので、3列シート大好きな私は狙い撃ちをしていました。f:id:nichinichisou0808:20190424125038j:image

一部以外の各座席にはフットレストが装備されています。

予想ですがこの車両のシートは、バス製造会社の標準座席と思われます。

f:id:nichinichisou0808:20190424125050j:image

f:id:nichinichisou0808:20190920082708j:image

前後幅も十分すぎるほどあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424133654j:image

2階先頭席は眺望は最高ですが、昼便では日差しとの戦いとなります。確か足置きもありません。

f:id:nichinichisou0808:20190424134012j:image

1階席は天井が低い気がします。また、トイレは1階に設置されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424125105j:image

 

JRバステック スーパーライナー

JRバステックはJRバス関東の完全子会社です。

この時の私は、名古屋便高速バスを理解しておらずに「スーパーライナー」を選択した上、東名高速の渋滞により7時間以上は乗車をしていました。

こちらの車両は三菱ふそうの「エアロエース」、ハイデッカーとなります。

車内は全座席幅広4列シート、トイレは設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424125111j:image

座席間の肘置も普通4列シート者と比較すると幅広です。

f:id:nichinichisou0808:20190424142047j:image

 

ウィラーエクスプレス 「リボーン」

東京(新宿)~名古屋にて乗車しました。今や真当な高速路線バスとなったウィラー、初利用は3列シート車両に乗車しました。

移動自体はなかなか快適でしたが、なんでトイレないのかな。f:id:nichinichisou0808:20200827074403j:image

3列シート×6の18人が定員です。f:id:nichinichisou0808:20200827074346j:image

f:id:nichinichisou0808:20200827074349j:image

シートのリクライニング、フットレスト操作はリモコン。(ワイヤード)f:id:nichinichisou0808:20200827074358j:image

足は前座席下に置けます。f:id:nichinichisou0808:20200827074354j:image

 

ウィラーエクスプレス

準備中

f:id:nichinichisou0808:20210327235332j:image

f:id:nichinichisou0808:20210327235329j:image

f:id:nichinichisou0808:20210418190427j:image

 

京王バス 「新宿~名古屋線」

こちらの車両は日野自動車のハイデッカー「セレガ」となります。

各座席電源とフリーWi-Fiは完備。トイレは最後尾部分に設置してあります。

こちらは「4列シート(ワイド)」車両となり、特別席はありません。f:id:nichinichisou0808:20210322180200j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322180214j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322180154j:plain

京王バスは洗面所が広いのが特徴。170cm身長でも室内で立つことが可能です。

f:id:nichinichisou0808:20210322180211j:plain
f:id:nichinichisou0808:20210322180151j:plain

 

杉崎高速バス (東京~名古屋)

私が利用した中で唯一「まとも」と感想の格安高速バスでした。

座席は普通の4列シート、洗面所やWi-Fiなどは一切なし。

f:id:nichinichisou0808:20200827075439j:image

f:id:nichinichisou0808:20200827075435j:image

 

JRバス関東 上州ゆめぐり号

新宿と草津温泉(基本は伊香保温泉経由)を運行しています。

「高速バス」ではありますが、渋川I.C.以降は全て一般道を走行するため、高速道路走行時間の割合が低い路線です。 

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全座席幅広4列シートに各座席電源付き、トイレは後方に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134350j:image

草津温泉イメージキャラクター「ゆもみちゃん」のかわゆいプリントもあります。一時期ファンでした。

f:id:nichinichisou0808:20190424134359j:image

車内について、以下写真の座席構成は現存しておりません。

〜以前は座席1,2番がアッパークラスシートである「Gシート」装備車両がありました。

Gシート運行便では500円の追加料金で「大型座席・3列シート・前後幅広い・肘置優雅使用」が手に入り幸せでした。

f:id:nichinichisou0808:20190424133901j:image

前列ヘッドレスト装備席が「Gシート」です。後方の標準4列シートと比較すると、座席のサイズから違います。そして私は頻繁にGシート利用で草津温泉に行っていました。

・・・しかし数年前にJRバス関東は「Gシートを廃止して全座席を幅広4列シートに置換」を公式に発表・装備変更をしました。

f:id:nichinichisou0808:20190424143455j:image

こちらも現存しないであろう、全座席「標準4列シート」の車両です。

f:id:nichinichisou0808:20190424134312j:image

現在は全座席「幅広4列シート」に交換済みかと思います。

(現在の車内設備は前述の「新東名Sライナー」4列シート車両と同様と思われます)

f:id:nichinichisou0808:20191030010944j:plain

シート自体に厚みもあります。

f:id:nichinichisou0808:20191030011028j:plain

 

JRバス関東 那須・塩原号

新宿と那須温泉を運行する路となり、後述する(旧)東野交通との共同運行となります。

こちらの車両は日野自動車のハイデッカー「セレガ」となります。

車内は全座席幅広4列シートに各座席電源付き、トイレは後方に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134344j:image

車内設備は前述の「新東名Sライナー」4列シート車両と同様です。

f:id:nichinichisou0808:20190424134338j:image

 

JRバス関東 東海道昼特急号

東京・大阪(京都経由)で運行しています。

新幹線よりもかなり価格が抑え込めますが、定時運行で全行程を8.5時間かけて走行します。

この車両は三菱ふそうのダブルデッカー「エアロキング」となります。

(実際の乗車は相当以前となり、現在では座席などの装備が変更されている可能性もあります)

f:id:nichinichisou0808:20190526202447j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424134316j:image

全座席3列シートです。一部を除く各座席にはフットレストが装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424134333j:image

 

 

京王電鉄バス 新宿-長野線 (プライム車)

東京と長野間で運行中の高速バスとなり、後述アルピコ交通との共同運行となります。

「プライムシート仕様」車両は通常車両より豪華で快適装備となります。

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全1+2列シート、トイレは特別広い個室が設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134305j:image

プライム仕様車両の座席は、独立1席+2列の3列シートとなります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134309j:image

一部を除いた各座席には、フットレストが装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424134341j:image

登場時には「プライムシングル」として売り出された独立座席には電源とカーテンが追加装備されています。

2012年登場時にはシングル席追加料金が1,000円必要でしたが、後日500円に値下げされ、現在では追加料金なしとなりました。なんてこったい。

f:id:nichinichisou0808:20190424134330j:image

わかりづらい写真ですが、最後尾には着替えも出来るワイドな洗面所があります。

f:id:nichinichisou0808:20191030010953j:plain

 

アルピコ交通 長野-新宿線 (プライム車)

東京と長野間で運行中の高速バスとなり、前述京王バスと共同運行となります。

「プライムシート仕様」車両は通常車両よりも豪華で快適装備となります。

こちらの車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

車内は全1+2列シート、トイレは特別広い個室が設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424134302j:image

京王バスのプライム車両と同様の仕様・運行となります。

ただし、アルピコ車両は全座席に電源が装備されています。

f:id:nichinichisou0808:20190424134320j:image

f:id:nichinichisou0808:20190424134325j:image

 

岐阜バス 高速岐阜八幡線

岐阜と郡上八幡で運行をしており、今回の路線で予約不要の路線となります。

郡上市周辺は鉄道が活発ではないため、安くて速い高速バスが有利です。

この車両は三菱ふそうのハイデッカー「エアロエース」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190428203036j:image

全座席標準4列シート、各座席に電源があります。トイレはありませんが所要時間は2時間を切るため心配は不要と思います。

f:id:nichinichisou0808:20190424143231j:image

座席前後がやや狭く感じられます。

f:id:nichinichisou0808:20190424143235j:image

f:id:nichinichisou0808:20190920082742j:image

 

同区間を運用していたこちらの車両は、三菱ふそうのハイデッカー「エアロバス」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190425030924j:image

内装については記憶と記録がありません。

f:id:nichinichisou0808:20190425030921j:image

 

アルピコ交通 松本-高山線

長野県松本と岐阜県高山間で運行をしており、予約不要の路線となります。

・・・実は有料道路は運行しますが、高速道路は走行をしません。

f:id:nichinichisou0808:20190920083156j:image

全座席標準4列シート、電源・トイレはありません。

f:id:nichinichisou0808:20190920083153j:image

 

濃飛バス 高山-松本線

長野県松本と岐阜県高山間で運行をしており、予約不要の路線となります。

・・・実は有料道路は運行しますが、高速道路は利用しません。

f:id:nichinichisou0808:20190920083442j:image

全座席標準4列シート、トイレはありません。

f:id:nichinichisou0808:20190920083439j:image

なぜか電源は2系統あります。


f:id:nichinichisou0808:20190920083515j:image

f:id:nichinichisou0808:20190920083519j:image

 

東野交通 那須・塩原号

新宿と那須温泉を運行する路線となり、前述JR巻頭バスとの共同運行となります。

・・・しかし「東野(とうや)交通」は2018年に関東自動車株式会社と統合、名称消滅しました。(現在の運行車両及び装備は未確認となります)

こちらの車両は日野自動車のハイデッカー「セレガ」となります。

f:id:nichinichisou0808:20190424143241j:image

JRバスの幅広座席採用に対してこちらは標準4列シートではないかと思われます。また、電源なし、2列座席の間の肘置無しと記憶しています。トイレは後方に設置してあります。

f:id:nichinichisou0808:20190424143228j:image

 

 

 

日光自然博物館 低公害バス

自然豊かな奥日光を走行する低公害バス「わたすけ号」、実は短距離路線バスです。

f:id:nichinichisou0808:20190921025325j:image

f:id:nichinichisou0808:20190921025320j:image

「高速バス車両・設備」の紹介は以上となります

次項「おまけ的追記集」となります

 

バス写真

大部分が新東名スーパーライナーですが、珍しい車両ではありません。(撮影した車両についてはあまり理解もしていません)

f:id:nichinichisou0808:20210322195053j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322195049j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322195045j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322195021j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322195024j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322195103j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322195057j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322195111j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322195032j:plain

f:id:nichinichisou0808:20210322195028j:plain

f:id:nichinichisou0808:20200901043828j:image

f:id:nichinichisou0808:20200901043822j:image

f:id:nichinichisou0808:20200901043833j:image

f:id:nichinichisou0808:20200901043813j:image

f:id:nichinichisou0808:20200901043839j:image

f:id:nichinichisou0808:20200901043810j:image

f:id:nichinichisou0808:20200901043817j:image

おそらくは以前の東京駅バスターミナルです。

f:id:nichinichisou0808:20191015010830j:image

f:id:nichinichisou0808:20190921025443j:image

工事中のバスタ新宿。

f:id:nichinichisou0808:20190921025524j:image

 

私論 高速バスの「快適さ」「安さ」どこまで追求?

近頃では東京・大阪間などで、個室並みの空間を提供する高速バスも運行されています。

しかし価格は「ぷらこま」よりも高価なことが多く、夜間移動を必要としない私には縁がありません。

更に日本の道交法で高速バス座席は、フルフラットに倒すことができないため、個人的には高級夜行バスには興味がありません。

私は3列独立シートに電源が装備され、フリーWi-Fiと洗面所があれば十分に快適と感じます。

 

そして高速バスには「新幹線と比較時、いかにして大垣まで安価で行けるのか」を常に求めています。

ただし「安さを求めて」はおりますが、現在は廃止された「格安ツアーバス」について私は一切の利用経験はありません。

個人的には「JR系バス会社」「鉄道系バス会社」「古くからのNBA(公益社団法人日本バス協会)会員会社」を便選択の目安としています。

f:id:nichinichisou0808:20190424134347j:image

サービスエリアにバス大集合の図

f:id:nichinichisou0808:20191013221215j:image

バスはよく群れるw

f:id:nichinichisou0808:20191015210751j:image

はとバスチームさん

 

最後に

3/17 追記

緊急事態も明けるであろうと予想し、記事の更新を開始しました。

ところで…一時期は「ウィラーバス」になびいていましたが、やめました。

・雪の予報時点で運休にされた

・バスにはほぼトイレがない

・キャンセル料金高すぎ

・コロナで下請けバス会社便を運休…便激減

・岐阜に行く便がない

なんか「ツアーバスかよっ」と思ってしまいました。

「乗るならJR東海バス」かJR東海ですね。

 

 

実はSNSではブツクサと文句をたれていましたが、今回の更新から「新東名スーパーライナー」に限り、JR東海バス車両の推奨とさせていただきました。

そして久々に夜行バス「ドリームなごや16号」などに相次いで乗車をしましたが、3列シート車両の快適さは昔とは比較になりませんでした。

 

ところで当ブログには同じ「東京〜名古屋」間を比較的安価で移動可能な「ぷらっとこだま」(近頃はスマートEXに駆逐されそう)の記事もございます。下記リンクより是非ご覧くださいませ。

 

それでは良い旅を。

 

今回は以上となります。

 

 

 

是非あわせてご覧ください

ブログ内には他にも運輸記事があります。見てやってください。