移住したい程に岐阜県が大好きやよ

東京都民が岐阜県への愛を爆発させる予定

岐阜県が聖地のアニメ作品を調べる

今回は岐阜県内が作中の聖地(舞台)として登場するアニメ作品の調査記事となります。

f:id:nichinichisou0808:20190608112045j:plain

岐阜県のアニメ聖地っぷりを見せつけた代表的2作品

 

はじめに

当ブログは「岐阜県」を主題としておりますが、国内アニメ作品の聖地巡礼(舞台めぐり)記事、国内運輸(鉄道・バス)記事は岐阜県に限らず取り扱っております。

しかし今回は敢えて岐阜県にこだわる「岐阜県内の聖地巡礼計画」のために、岐阜県が舞台となったアニメ作品の調査・選定・公表をいたします。

 

今回の作品選定基準

岐阜県が聖地(舞台)となる作品を可能な限り選出し、以下条件に合致する作品をリスト化することとしました。

■岐阜県が聖地となる作品

これは当然の当たり前の基本ですね。

 

■作品全体を通して岐阜県が登場する作品

例えば「第◯話に大垣の店が5分程度登場する」とします。しかし実情は「作中を通して他は一切岐阜県以外」的なスポット聖地の作品は個人的に避けたいと思います。

そして今回は以下の作品が該当により除外をしました。

「僕は友達が少ない」・穂積,西岐阜駅、長良公園のみ 

「恋愛ラボ」・JR岐阜駅前、各務ヶ原イオンのみ

「へうげもの」「信長の忍び」・歴史物で岐阜城のみ (?)

 

■私の好みに近いであろう作品

調査段階で既に肌に合わなそうな作品は独断で見送ります。

 

■現在時点で容易に視聴可能な作品

今回は「せんぼんまつばら 川と生きる少年たち」が視聴困難に該当しました。

1992年の劇場版作品ですがソフト化はVHS版のみのため、視聴手段がありません。

 

岐阜県がバリバリ聖地な作品たち

ここからは岐阜県を主な聖地とし、且つ私の気になる作品の紹介となります。中には既に聖地巡礼まで済ませまている作品もありますが、その場合は感想を記述します。

 

映画「君の名は。」

f:id:nichinichisou0808:20190608014717p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

www.kiminona.com

作品情報

公開:2016年

聖地:飛騨市・高山市 

聖地 (飛騨古川、高山)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から特急ひだ      

  ②松本まで特急あずさ、松本から路線バス

  ③東京駅/バスタ新宿から直通高速バス

岐阜県の中では飛騨市、高山市が聖地となります。しかし実際の作中に数多ある聖地は、東京を含めた日本各地に配置されているため、聖地制覇は難儀しそうな印象を受けました。

2016年劇場公開作品です。あまりに有名な大ヒット作のため、オタクから一般の方々まで飛騨市の聖地巡礼も大盛況だったようです。

本当は(私は)悔しいのですが、岐阜県のアニメ聖地といえば「君の名は。」となる程、ずば抜けた認知度と人気の作品です。

2016年に岐阜県の十六銀行は、岐阜県が舞台である映画「君の名は。」「聲の形」など3作品の聖地巡礼者が岐阜県にもたらす経済効果を230億円と試算しました。そして「君の名は。」の岐阜県巡礼者数を75万人と推定しました。

私は聖地になる以前から飛騨古川には行っておりました。当時より歴史と風情ある町でしたが、どうしても隣接する観光大国高山市よりは地味な印象でした。

「君の名は。」で一躍脚光を浴びることとなりましたが、巡礼者に対する地元の対応は聖地巡礼リピーターを超え、飛騨市に惚れ込むであろう魅力を感じました。

 

一部聖地紹介

飛騨古川駅と気多若宮神社の2箇所は徒歩圏内にある有名聖地です。

f:id:nichinichisou0808:20190528170814j:plain


f:id:nichinichisou0808:20190528192226j:image

f:id:nichinichisou0808:20190528192230j:image

既に軽く聖地巡礼済

■是非あわせてご覧ください

当ブログ内にも「君の名は。」飛騨市の一部と高山市の聖地巡礼記事がございます。

 

映画「聲の形」

f:id:nichinichisou0808:20190608014941p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

koenokatachi-movie.com

作品情報

公開:2016年

聖地:大垣市、岐阜市、養老町

聖地 (大垣、岐阜)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から東海道本線

  ②名古屋まで高速バス、名古屋から東海道本線

大垣市をメインに岐阜市、養老町が聖地となります。聖地は街中いたる場所にあるうえに大垣市、岐阜市、養老町を巡ると、1日で巡礼は終わらないと思われます。

本作は2016年の劇場作品ですが、公開が「君の名は。」とほぼ同時期であったことから、「君の名は。」効果にあやかれたのか、真っ当に作品自体評価をされたのか、2016年劇場ヒット作の仲間入りをすることができました。

当ブログを少しご覧いただくと「聲の形」の狂信者が運営するブログであると容易に想像がつくかと存じますが、私にとって「聲の形」こそが岐阜県アニメ作品の頂点であると考えています。

ちなみに岐阜県の十六銀行は「聲の形」の岐阜県巡礼者数を14万人と推定しました。

個人的感覚として、大垣市の「商工会」「観光協会」「自治体」は作品と聖地アピール活動、関連イベント開催を活発に行っていましたが、反面大垣市民への浸透度は高くないと感じました。作風が関係している可能性もありますが、作品の人気度に対して、聖地としての人気度はそうでもない気がします。

ただし私自身やSNS繋がりの方々の様に、一度大垣の魅力を知ってしまうと抜け出せなくなりますから要注意です。(笑)

 

一部聖地紹介

美登鯉橋、四季の広場と新大橋は大垣駅より徒歩圏内にある有名聖地です。

f:id:nichinichisou0808:20190528171418j:plain


f:id:nichinichisou0808:20190528195527j:image

f:id:nichinichisou0808:20190528195530j:image

既に50回程は聖地巡礼済であり、これからも巡礼は続く

■是非あわせてご覧ください

当ブログ内にも「聲の形」大垣市、岐阜市、養老町での聖地巡礼記事がございます。

 

TVアニメ「氷菓」

f:id:nichinichisou0808:20190608020133p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

www.kotenbu.com

作品情報

公開:2012年

聖地:高山市 

聖地 (高山)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から特急ひだ      

  ②松本まで特急あずさ、松本から路線バス

  ③東京駅/バスタ新宿から直通高速バス

高山市が聖地となります。しかし高山市は面積が広く、実際の聖地も高山市街地から列車などでの移動も必要な場所もあります。

アニメ放映時、岐阜県の十六銀行は「氷菓」ファンの高山市聖地巡礼による岐阜県への経済効果を21億円と試算、高山市への推定巡礼者数を「年間15万人」としました。

私見ですが、高山市は「超観光都市」である反面、他の産業が活発ではないと思われます。

そのため「聖地巡礼者」も「観光客」として対応することで、放映から7年経過した現在でも「氷菓 聖地巡礼」の勢いが衰えないのではないかと考えています。

・・・実は私が高山市に行く時には「観光・飲食」をメインとし、ついでに聖地巡礼もしている感覚であり、高山市とは「最高に洗練された観光地」と言っても過言ではない筈です。

 

一部聖地紹介

高山市街地では日枝神社や喫茶「バグパイプ」、宮川沿いにも聖地が点在しています。

f:id:nichinichisou0808:20190528171522j:plain


f:id:nichinichisou0808:20190608024236j:image

f:id:nichinichisou0808:20190608024240j:image

既に複数回聖地巡礼済

■是非あわせてご覧ください

当ブログ内にも「氷菓」高山市他の聖地巡礼記事がございます。

 

TVアニメ「ひそねとまそたん」

f:id:nichinichisou0808:20190608020111p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

hisomaso.com

作品情報

公開:2018年

聖地:各務原市

聖地 (各務原市)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から名鉄線   

  ②名古屋まで高速バス、名古屋から名鉄線

岐阜県各務原市が聖地となる本作品ですが、航空自衛隊の岐阜基地内がメインとなるため、平時に一般人が基地内に入場することは無理と考えましょう。

1年に1,2回程基地内に入れるイベントがありますが、例えば「岐阜基地航空祭」はどうやら抽選での招待となり、聖地巡礼のハードルは超高いですね。しかし逆に燃えてきませんか?

ネット配信で全話視聴をしたのですが、ながら見のためあまり記憶に残っておりません。何となくですが、作中の人間関係が潤滑でない印象は受けました。

 

一部聖地紹介

残念ながら各務ヶ原市の写真は所持しておりませんでした。

 

TVアニメ「僕らはみんな河合荘」

f:id:nichinichisou0808:20190608021125p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

www.tbs.co.jp

作品情報

公開:2014年

聖地:岐阜市

聖地 (岐阜)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から東海道本線

  ②名古屋まで高速バス、名古屋から東海道本線

岐阜県岐阜市が本作の聖地となります。巡礼時には岐阜駅より路線バスなどを利用するのが良さげな距離感です。

現時点で未視聴ですが、Amazonプライム・ビデオにて配信中なのでOPのみ視聴をしました。視聴継続予定です。

ちなみに本作は漫画原作であり「一つ屋根の下ラブコメ」作品だそうです。

 

一部聖地紹介

JR岐阜駅前、長良橋や河原町など岐阜市街地に聖地が集中しているようです。

f:id:nichinichisou0808:20190608024555j:image


f:id:nichinichisou0808:20190608024623j:image

f:id:nichinichisou0808:20190608024618j:image

(観光時撮影写真が聖地付近と偶然一致)

 

TVアニメ「星空へ架かる橋」

f:id:nichinichisou0808:20190608022033p:plain

オフィシャルホームページ 

■公式リンクと作品情報

www.marv.jp

作品情報

公開:2011年

聖地:高山市 

聖地 (高山)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から特急ひだ      

  ②松本まで特急あずさ、松本から路線バス

  ③東京駅/バスタ新宿から直通高速バス

高山市が聖地となる本作ですが、「氷菓」聖地巡礼と重なる箇所が多く感じられ、興味があるのならば2作品同時に聖地巡礼も可能ではないかと思います。

現時点で未視聴です。またAmazonプライム・ビデオにて有料配信中なので視聴は悩みどころです。

絵はあまり好みではありません・・・ちなみに元はアダルトゲームで、後にTVアニメ化された作品のようです。

 

一部聖地紹介

高山市街地や高山市の「飛騨一ノ宮」駅とその周辺などが聖地のようです。

f:id:nichinichisou0808:20190608032333j:image


f:id:nichinichisou0808:20190608032359j:image

f:id:nichinichisou0808:20190608032356j:image

(「氷菓」巡礼・観光時撮影写真が、聖地付近と偶然一致)

 

TVアニメ「ひぐらしのなく頃に」

f:id:nichinichisou0808:20190608022214p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

www.oyashirosama.com

作品情報

公開:2016年

聖地:白川村

聖地 (白川郷)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から高速バス  

  ②松本まで特急あずさ、松本から路線バスで高山、さらにバス

  ③東京駅/バスタ新宿から直通高速バスで高山、さらにバス

超有名集落である「白川郷」が本作の聖地です。

本作は未視聴でしたがNetflixにて少々視聴をしました。続きを観てみようかな、と思いました。

閉鎖された村で起こる連続殺人事件が主題の本作は、元は「同人ゲーム」であり、2019年は17周年になる長寿人気作品です。

白川郷は大勢の外国人も観光に訪れる程であり、週末は集落全体が非常に混雑をします。聖地巡礼目的ならば平日を狙いたいところです。

 

一部聖地紹介

白川郷の「和田家」や各家屋、展望台からの景色などが聖地に含まれるようです。

f:id:nichinichisou0808:20190608030019j:image


f:id:nichinichisou0808:20190608032432j:image

f:id:nichinichisou0808:20190608030022j:image

(観光時撮影写真が聖地付近と偶然一致)

 

TVアニメ「のうりん」

f:id:nichinichisou0808:20190608103453p:plain

オフィシャルホームページ

■公式リンクと作品情報

www.no-rin.tv

作品情報

公開:2014年

聖地:美濃加茂市

聖地 (美濃大田)へのアクセス例:

  ①名古屋まで東海道新幹線、名古屋から高山本線  

  ②松本まで特急あずさ、松本から路線バスで高山、さらに高山本線

  ③東京駅/バスタ新宿から直通高速バスで高山、さらに高山本線

岐阜県中濃地方の美濃加茂市が主な聖地となります。

本作は「農業高校ラブコメ」作品となり、放映当時視聴していた記憶があり、パロディネタから下品ネタ、しかし農業に関しては真面目な作品として大いに楽しませてもらいました。

しかし既に記憶は飛んでおり、またAmazonプライム・ビデオにて有料配信中でしたが、ベッキー大好きな同居人が、当時の録画データを残していました。

 

一部聖地紹介

美濃太田駅が聖地とのことですが、以下写真は「参考資料」と認識してください。


f:id:nichinichisou0808:20190608104649j:image

f:id:nichinichisou0808:20190608104652j:image

 

最後に

ここまで紹介した作品につきましては、聖地巡礼を前向きに考えている最中でございます。

特に私の岐阜県未踏破地域であり、視聴経験もある「のうりん」「ひそねたまそたん」は気になっております。うん、行きたい。

 

※記事中の聖地と予想される写真の全ては著者撮影です

是非あわせてご覧ください

聖地巡礼記事は他にもございます。